FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

瞳の日に考える、日本語の誤用

2006-01-03-Tue
まだ3日ですから、三が日といいまして、いちおうお正月気分があっても許されるでしょう。そこで、まず、新年のあいさつについてです。

次のうち、ふさわしくないのはどれでしょう。

1)賀正
2)謹賀新年
3)謹んで初春のお慶びを申し上げます
4)頌春
5)新年明けましておめでとうございます

おわかりでしょうか? しばらく考えてみてください。

ここで、いきなり解説を書いてもいいのですが、シンキングタイム。「今日は何の日?」という話題にしましょう。読みながら、上の問題考えてくださいね。

今日1月3日は「瞳の日」だそうです。瞳といえば平井堅の「瞳をとじて」が思い出されます。

Ken Hirai Films Vol.7
Ken Hirai Films Vol.7
posted with amazlet on 06.01.03
DefSTAR RECORDS (2004/11/24)
売り上げランキング: 3,313
おすすめ度の平均: 4.8
4 思いがかさなるその前に・・・
5 良かった~。
5 マジでやばい!!


smart ass なわたしとしては、君は瞳を閉じられるのか? と屁理屈を言いたくなります。

瞳とは一般的には瞳孔のことです。人間は意識的に瞳孔を開閉できません。また、広義では黒目のことを瞳といいますが、やはり黒目だけを閉じるというわけにもいきません。日本語としては「目を閉じる」が正しいでしょう。目は黒目と白目の両方を含んだ言い方ですからね。

楽曲にする場合文字数(音韻数)が合わないんだよ。無粋なことを言うな。そうおっしゃるむきには「眼(まなこ)」ということばをお教えしましょう。「眼(まなこ)を閉じて」とすれば、歌詞としてられても音韻数の面は解決します。もっとも、少しばかり切実さが消えて、まろやかな感じになっちゃいますけどね。

さて、閑話休題です。最初の新年の挨拶についての質問どうでしょうか。今の「瞳」のような、多少、へ理屈みたいな指摘ですが、そのつもりで。では、解説です。

1)「賀正」。この「賀」は喜ぶ、祝うという意味がありますので、「正月を喜ぶ、祝う」ということで、別段問題はありません。

2)「謹賀新年」。「謹」は「謹んで」です。「心を正し、身をひきしめて」くらいの意味でしょうか。「心を正し、身をひきしめて新年を喜び祝う」わけですから問題はありません。

3)は「新年」でなく「初春」となっています。これはどうでしょうか? 「初春」も新年のこととして使われます。問題はありませんね。

4)は「しょうしゅん」と読みます。読めましたか? 子どものころは「こうしゅん」などと読んでました。ま、読めなくっても困りませんけれど。「頌春」は「新春を褒め称える」とうことです。問題なし。

5)「新年明けましておめでとうございます」。これもよく使います。でもこれが違うんですね。

「明ける」ということばは、どのようなときに使いますか? 「休み明け」「仕事明け」「夜明け」。そう、ある時期が終わって新しい時期が来ることを「明ける」というのです。「明けまして」というのは「旧年が終わり、新年になって」ということなんです。つまり、「新年」という意味合いを含んでしまっている。これは、一般的に重用といいまして、「馬から落馬」「頭が頭痛」と同じレベルの誤りになっているのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



HOME