FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

新キャラとともに番付発表~平成21年大相撲秋場所

2009-09-01-Tue
新番付が発表になりました。芸能界の薬物騒動に続く、総選挙による政権交代で、秋場所のことなんてどこかにとんじゃいそうな感じです。そんでなくてもいろいろあって、大相撲観戦がしづらい状況になっているのに……。

われらが朝青龍は、あいかわらずのやんちゃ坊主キャラでCMに出ています。すっかり弱くなってしまたという感じの今、それをしてはいけません。なんか、腹が立ってきます。わたしが感じるくらいだから、もう世間的には見放されちゃってるんじゃないでしょうか? そんな暇があったら、稽古して、復活して欲しいです。

白鵬は白鵬で、プロレス観戦で場外乱闘に加勢、TARUに平手打ちを喰らわせたようです。

大相撲の横綱・白鵬が“プロレス参戦”した。元幕下力士でプロレス入りした浜亮太の応援のため、30日の全日本両国大会に来場。横綱はリングサイド最前列に陣取ったが、第3試合で事件が起きた。

 開始早々に悪党集団ブードゥー・マーダーズのTARUから「オレは相撲が大嫌いだ。脂肪の塊。白鵬さん、相撲の強さ見せてみい!」とマイクで挑発され、怒りが爆発。場外乱闘で浜、曙に羽交い締めにされたTARUが視界に入ると、立ち上がって右手でチョップ2発を見舞った。
 → スポニチ:「いいの?白鵬、国技館でプロレスしちゃった

朝青龍もプロレス見にいっていろいろ言われたことがあったんですけど、たぶんこれは全日本サイドの演出なんでしょうけれど、他のプロ格闘技の興行で、しかも場外乱闘とはいえ、あちらのルールでは試合中なんです。ゴングがなったあとでしょうから。試合中に、力士として挑発されて、出場選手に手を出した形になってます。テレビのバラエティ番組でスポーツ選手同士で、筋肉番付やってるのとはちょっと違います。どの程度の処分が抵当かどうかはわたしにはわかりませんが、不問に伏すというわけにはいかないと思います。全日本側にしたら、抗議するどころじゃなくて、ごっちゃんでしたってことで、そっちは円満なんだろうなと想像しますけど。わかりませんが。

ま、朝青龍のさまざまな騒動といい、たぶん朝青龍がしていたらもうとんでもない大問題になっていたかもしれない今回の白鵬の「プロレス参戦」といい、モンゴル横綱が「お行儀が悪い」ように感じられます。たぶん、横綱の品格という言葉を持ち出せば、またまたダメ出しということになるのでしょう。いいことかといえば、わたしだってそれはよくないことだと思います。品格がなきゃダメという意見を理解します。きちんとしてほしいです。しかし、同時に、朝青龍や白鵬のサービス精神や、キャラクターとしての自分を売り出したいというような気持ち、アピールしたいというか、そういうのって、スポーツ選手の一つの原動力になっていると思うのですね。自己顕示欲ですね。ハングリー精神が希薄になった今、日本のアスリートの原動力の一つはこの自己顕示欲だと思います。伝統だ品格だと押し込めてしまっては、モンゴルから横綱は誕生しても、日本人の横綱はなかなか望めないような気がします。

千代の富士のような、カッコイイ横綱がもう一度日本に誕生するには、「伝統」や「品格」を押し付けてばかりでは、スポーツ選手は魅力を感じないのではないかと思います。わたしがしてるのは、10年後、20年後の話であって、薬物騒動度だとか、八百長疑惑などからどう立て直すかという話ではありません。

ま、そういう危機感は相撲協会当事者はわたし以上に持っているとは思います。だから、こんなユニークなキャラを作って、子どもにわかりやすく、若いファンを掘り起こそうということにも

http://sumo.goo.ne.jp/ozumo_joho_kyoku/special/sekitorikun/index.html

ま、ひよの山は立派なニワトリになれるんだろうかって、それなりに身近に感じてもらえたり、話題になたっりということはあるとは思いますが、相撲という競技自体の魅力増さないことには、優秀な選手は入って来ないと思います。
 ※ブログパーツ作ってくれたらブログに貼りますよ~>相撲協会

では、番付~。

ban0909.png


ところで、昨日(31日)のNHKのラジオニュースで、白鵬自身が尊敬する「大横綱」双葉山の優勝回数12回に今場所挑戦するというようなことを伝える時に、男性のアナウンサーは「「おおよこづな」と読んでいて、違和感を感じました。一方夜のNHKジャーナルでは女性のアナウンサーは「だいよこづな」と読んでました。

どうやら、NHK自身のガイドラインでは、続く熟語が漢語なら「ダイ」、和語なら「おお」という原則があるようです。わたし自身もさいきんやっとなれた「おおじしん(大地震)」や、例外なのか、特例なのかわからない「おおそうどう(大騒動)」など、できたら一度まとめてみたいと思いました。

Gacktohさんにきいてみようかしらん。

スポンサーサイト



幕内欧州勢が7人に~平成20年度夏場所番付発表

2008-04-24-Thu
夏場所の番付が発表になりました。

横綱2人、大関4人、関脇小結各2人、平幕32人の総勢42人のうち、外国出身は16人(モンゴル勢8人、欧州勢7人、韓国1人)で、外国出身16人というのも、欧州勢7人というのも史上最多ということになります。新入幕も、栃ノ心(グルジア)、白馬(モンゴル)と琴春日で、まさに国際色豊かな現在をよくあらわしています。

ban080424a.jpg


今場所は、琴欧洲が2度目のカド番(先場所途中休場)。また、しばらく大関獲りの興味が続いていた安馬が先場所失敗し、次の大関レースは団子状態です。

わが愛知期待の星だった市原は先場所実質勝ち星なしで、西の十両11枚目に大きくダウン。怪我の回復状態ということもありますが、再入幕にはしばらくかかりそうです。舛名大は序二段東の27枚目で、玉海山は三段目東89枚目となりました。また、市原の後輩深尾は序二段東の24枚目です。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

初場所番付発表「市原新入幕」~平成20年度初場所

2007-12-21-Fri
初場所の番付が発表になりました。

朝青龍が帰ってきました。これで両横綱が揃っての初場所です。これは盛り上がりそうです。

ban0712.gif

<見どころ>
・両横綱。2連覇をし精神的にも安定。本来の力を出せる状態になっていると思われる白鳳と、休養充分。足首が痛いからモンゴルへ帰りたいだの言っていると報道される、相変わらずのマイペースの朝青龍。この両横綱を中心にすすんでほしいと思います。
・安馬の大関昇進と琴欧洲のカド番。安馬の大関取りは明るい話題です。琴光喜に続いて、こういう明るい話題が調子よく行くと土俵が盛り上がります。一方、琴欧洲は怪我の回復しだいでしょうけど、ま、順当なら大丈夫なんでしょうが。ま、回復次第。
・出島、若の里のベテランの好調。これも琴光喜に刺激されてる面はあると思うのですが、先場所よかったし、期待されます。
・把瑠都、若ノ鵬のヨーロッパ若手の台頭。これに露鵬をいれて「若手」という表現をやめようかと思いましたけど、この二人の対決とか楽しみだし、こういう大きな人を日本人が転がすと盛り上がりますよね。いい材料です。
・豪栄道、豊響、栃煌山など新旧交代を思わせる楽しみな若手。稀勢の里や豊真将、琴奬菊に続け、追い越せとばかりに出てきたものおじしない若力。どこまでいくか、興味深いです。
・そして、愛知の新しい力、市原の新入幕。元幕内の武雄山が九州場所をもって引退。愛知勢としては琴光喜の次の存在として、市原がついに新入幕です。勝手に四股名は「瀬流潮」とわたしは決めてます!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

平成18年度秋場所~番付発表

2006-08-28-Mon
秋場所の番付が発表になりました。
ban1809.gif

前頭5枚目までに、モンゴル勢が4人、欧州勢が4人です。ちなみに安馬が6枚目にいますけれど。

ほとんど相撲の情報らしい情報はまだ見てないのですが、ブログの記事などで記憶に残っていることは、「台湾巡業で朝青龍が優勝したこと」「栃東も二日目に優勝したこと」「白鵬の右手が腫れてること」「把瑠都が足の怪我が長引いてること(手術どうしたろう?」「雅山が太ったこと」「豪風が結婚したこと」「台湾で旭鷲山が奥さんの腰に手を回しているところを夜遊びのように報道されたこと」くらいかな。

そういうことで、まだまだ、秋場所の様子もわからないんだけど、ま、話題の第1は白鵬の綱取り再挑戦と北の湖がまたいいかげんさ。第2は雅山の大関への道の行方。第3は朝青龍の連覇。第4は露鵬が精進してたらものすごくこわいんじゃないか? あとは、栃東、稀勢の里、把瑠都、黒海くらいですかね。まだわかりませんけれど。

で、大相撲自体とは全く関係ないですが、ブログペットってのを飼っていまして、こぱんだのピーターっていうんですけどね。いつもサイドメニューのところにいますけれど。背景をつくっていらっしゃるかたに、mayuさんという方がいらして、たまにリクエストを聞いては背景を作ってくれるんです。先日、9がつ場所に間に合うように「土俵背景」作ってくれませんか~? って図々しくリクエストしておいたら、なんと作ってもらえました。これです。


もし、大相撲ブロガーの方で、ブログペット飼っていらっしゃる方はこちらDLして自分のペット背景に使えますので、よろしかったらどうぞ。
ブログペットの背景画はこちらでお世話になってます。


ブログペットそのものがないけど飼いたいって方はこちらです。わたしが入っているのは無料コースですが、もっといろいろ楽しめる有料コース(プラチナオーナーズクラブ)ってのもあります。有料コースを選ぶと、契約してる人のペットがやってきて土俵上で相撲をとる(実際はじゃれたり、見つめ合ったりしてるだけですけど)んですよ。

じゃ、秋場所もがんばって、楽しく応援しましょう!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
HOME