FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

映画:「かもめ食堂」/DVD

2007-06-30-Sat
いい映画なんですね。メインの登場人物は3人の女性です。視点も女性向けだし。前に紹介記事書いたときにはこんなにいい映画だと知らずに書いた(→過去記事「おかま」

あの記事を書いて以来、見たいなぁ見たいなぁと思っていて、やっと見ることができた。
かもめ食堂
かもめ食堂
posted with amazlet on 07.06.30
バップ (2006/09/27)
売り上げランキング: 243
おすすめ度の平均: 4.5
4 淡々としているが印象深い
5 構えない、けど、貫く、心地よさ
5 じわじわ・・・

いや、いい映画です。タイトルの「かもめ食堂」は主人公の女性がフィンランドに開いた和風食堂(メインメニューは「おにぎり」)の名前です。なかなかお客が来ないけれど、自分のペースを崩さずに続けていると、やがて共感する人、協力者が増え、仲間が増え楽しい場所になっていく……、ま、簡単に言うとそんな作品です。

ちょっと匂いはNHKの朝のテレビ小説みたいな感じもするんですけど、あんなに劇的な人生ではなくて、起きるトラブルも等身大(?)で、また、なんというか、一途は一途にしても、信念とか思いを秘めるみたいな切迫さというか、重さがなくて、もっとしなやかに一途というか、マイペースというか、こういうリズムで暮らしていきたいなぁと思いますね。できることなら。「凛としたマイペース」という言葉を思い出しながら見ていました。

おそらくターゲットは女性で、共感を得るのも女性だろうと勝手におもうのですが、ここで女性がどうの、男性だどうのと考える必要はないと思うのですが、それでもやっぱり、これは女性の映画だと思うのはいったいなんなのでしょう。監督は三谷幸喜。主演は小林聡美です。小林の魅了がよく描かれています。
 ※違ってました! 原作/群ようこ 脚本・監督/荻上直子

オールフィンランドロケです。フィンランドの名所はほとんどでてきませんが、フィンランドに行ってみたくなるから不思議です。「かもめ食堂」の公式ページで知ったのですが、フィンランドって東京から飛行機で10時間の遠くて近い国らしいです。

★★★★★



にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング
スポンサーサイト



「おかま」

2006-02-18-Sat
こども、それも、まだ小学生低学年のような純真なこどもに質問されると困ることがいろいろある。学校の性教育が活発過ぎるのでは? と問題になるような昨今だから、さすがに「赤ちゃんはどこからくるの?」で困ることはないのかもしれないが、わたしが経験した困った質問の一つが「おかまってなに?」だった。

これは困った(笑)。

そういう質問を受けたときには、ことばとは場面で意味が違うものだということを踏まえた上で、「そのことばどこで聞いてきたの?」とか、「どういう時に使っていたの?」とか聞いてみると、同じごまかすにしても、もう少し、質問者であるこどものなっとくのいく形で答えが出せるものだろう。

わたしはそのときどういうふうな展開になったのか、つぶさに覚えていないんだけれど、「おかまって誰のことだと思うの?」というようなことを聞きかえしたと思う。こどもは言った。「あのアビバのCMやってる人だよね~」

当時、英会話のアビバのCMをやっていたのは、女優の片桐はいりだった。う~ん。片桐はいりには申し訳ないが、とにかくその子は、細かなことまではわからないので、とりあえず「おかま=変な人」という理解をしていたようだ。だから、「おかまって何?」と聞いてきたのである(すみません>片桐さん。こどもになりかわりお詫び申し上げます。ブログでこんな記事にしてしまってすみません)。

う~ん、もう十年以上前のことなので正確に覚えてないが、「あの人はおかまじゃない。あの人は女の人だから。おかまというのは、女みたいなことをする男の人のことだ」というようなことを答えたと思う。それで彼女は納得した。こどもの質問ってのはそんなものでいいのだろう。

さて、今回はそんな片桐はいりが出演する映画『かもめ食堂』の紹介。
img1_komome.jpg
△一番右が片桐はいり。ちなみに真ん中は小林聡美、一番左の横顔はもたいまさこ。

映画の設定としてはこんな感じ。

北欧の港町ヘルシンキ。カモメがたくさんとぶのどかな町。その町の片隅に小さな食堂は日本人女性サチエ(小林聡美)が店主をつとめる『かもめ食堂』。看板メニューはおにぎり。しかし、お客さんはほとんど来ない。唯一来る客は日本おたくのフィンランド青年“トンミ・ヒルトネン”くらい。

ところが、ある日一人の中年男性がやってきて、サチエにおいしいコーヒーのいれ方の呪文「コピ・ルアック」を教えて去っていく。この呪文はなに? 彼は何者? そんな謎にひっかかりながら、ミドリ(片桐はいり)やマサコ(もたいまさこ)をとりまぜて、何となくいわくありげでおかしな人々が集まる『かもめ食堂』を舞台にした、ほんのり幸福になれる作品。


公式サイトはこちら。公開予定は2006年3月11日。

原作はこちら~。
かもめ食堂
かもめ食堂
posted with amazlet on 06.02.18
群 ようこ
幻冬舎 (2006/01)


あ、片桐はいりはおかまの役じゃありませんので、念のため。

かもめ食堂
かもめ食堂
posted with amazlet on 06.09.29
バップ (2006/09/27)


ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME