FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

観劇:「モリー先生との火曜日」~加藤健一事務所公演

2013-06-08-Sat
いい芝居でした。

加藤健一の出ているお芝居は「木の皿」「詩人の恋」などを見てきていますが、いずれもテーマ性のある作品でわたしとしては好きなのですが、見終わったあとの爽快感というか、幸福感は、この「モリー先生との火曜日」が一番でしょう。
 → 過去記事:観劇:「木の皿」~加藤健一事務所公演
 → 過去記事:観劇:「詩人の恋」~加藤健一事務所公演
 
「木の皿」は老人問題、「詩人の恋」は戦争犯罪がテーマだったと思いますが、何か、出口がない沈鬱なムードになりがちでした。もちろん、現実の世界にはそういうことも少なくありません。そして、今回は難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)になった老人の話です。もちろん、それは深刻な話で、テーマは「死」もしくは「大切な人との永遠の別れ」ということになるでしょう。そういう意味では「悲劇的な話」の要素が強いはずなのですが、しかしながら、おそらく見終わったあと、すべての人が温かい気持ちを抱いて、生き生きと劇場をあとにしたでしょう。

この難病ALSも、先日ノーベル賞を受賞した山中教授たちの研究しているiPS細胞が、治療の道を大きく開くのではないかと期待されています。



「不治の病」ではなく、治る病気になる日も近いことでしょう。iPS細胞の研究はすばらしく、そして、多くの人を直接的に幸福にするということではあるのですが、これまた演劇は演劇で、別の意味で多くの人たちを勇気づけ、前向きにさせる、まさにそういう作品ということも言えると思いました。

moripost.png

→ 加藤健一事務所 ホームページ
→ 加藤健一事務所の「モリー先生との火曜日」の案内ページ

その他の「モリー先生」の情報はこちら。
→ Wikipedia による
→ Amazon(モリー先生) による

ちなみに、この芝居は実話を元にした二人芝居です。原作者のミッチの実体験を元にしています。原作者は当然ながら語る側で、「モリー先生」と「火曜日」をともに過ごしたわけです。主人公はモリー先生なんですが、今回の舞台では、実際の父と息子がそれを演じています。加藤健一(大学教授モリー先生役)と加藤義宗(原作者のミッチ役)は物語の上では大学の先生と学生なんですが、実際の生活では親子であり、当然ながら今まで生きてきた実際の親子としての生活があったのだろうと思います(実は、そのあたりは詳しくありませんが、舞台を見る限り、それなりに良好な親子関係の中にあったと想像します。なんというか、こういうときに引き合いに出すのはなんですが、先日お亡くなりになった三國連太郎と佐藤浩市親子みたいなことはないと思います。あくまでわたしの推測で、確認したわけではありませんけれど)。

それを知って、この舞台を見ていて一つの困惑がありました。そもそもは他人の設定のはずなのに、親子みたいだなと感じてしまうのは、配役の偶然によるものではないのかということです。それは原作者の意図なのか、それとも演出サイドというよりは、配役の妙なのかという疑問をひっかけながら見ることになったのです。それは混乱でした。正直、ここがなかなかすっきりといかなかったところです。

ところが、話も相当進んだところで、教授の方から「君を息子にしてもいいと思ったくらいだ」という言葉に触れてからは、なんだかわだかまりがすっと消えたような気がしました。親子のように感じるのは、そもそも役者が親子だったからではなくて、「教師と教え子の二人が、実の親子のように心を通わせる話」だったということです。

ああ、それは当然でした。舞台に立っているときは親子でもなんでもなくて、あくまで二人の役者なんですね。いったい、どこの誰が、「この二人は実の親子なんだ」という余分な知識を、したり顔でわたしに語ったのか、その犯人探しをしたいくらいです(笑)。知らなくっても全然困らない、少なくとも今回の観劇では、妨げになるような知識だったかなとさえ思ってしまいました。

しかし、ミッチ(義宗)はピアノがとても上手でした。実際の舞台では生演奏で聞かせてくれます。それは「詩人の恋」で加藤健一のピアノを思い出させました。親子でピアノが弾ける役者だなんて、そして息子のピアノで躍る父の素敵なダンス……。それが「良好な親子関係」とわたしが推測した、一つの大きな理由でした。

すばらしい作品です。ぜひ、劇場で御覧ください。

スポンサーサイト



観劇:「父と暮らせば」~劇団こまつ座公演

2011-08-03-Wed
観劇の市民サークルに入っています。今回はこまつ座の「父と暮らせば」でした。

titito.jpg
→ こまつ座のWebページ

こんな話だったのかな。

もうずいぶん前にこの舞台を見ているはずなのだけれど、正直なわたしの感想だった。観る側の体験によって舞台のイメージというか、主題が変わって見えるものなんだと、わかったようなことをつぶやいた。

これはヒロシマの話である。ピカ(原爆)にやられた後の広島の話である。もちろん反戦のメッセージがあるし、父娘の心のつながりもある。そしてテーマの一つには「生き残ってしまった者の罪悪感」というのがある。生き残ってしまった娘美津江が、現れた青年を前に恋愛に乗り出せないのは、そもそもの身持ちの堅さとか、乙女の恥じらいとか、原爆症の後遺症に対する不安とかそういう要素ももちろん関係するが、実際は、生き残った自分だけが幸福になるわけにはいかない……という自意識があったような気がする。

わたしなど、誰も死んでいないうちから、自分だけ幸せになっていいはずがないとずっと感じて生きてきたし、ひょっとすると今の今までじもそれを感じて生きてきたような気がするからだ。戦争や原爆で多くの犠牲者が出て、自分だけが何かの偶然で生き延びたら、あるいは「運よく生き残った」とその幸運を素直に享受できたかもしれない。では、「誰かの明確な犠牲の上に生き残ってしまった」場合はどうだろうか。それは身内で、つまり、いろいろなやむを得ない状況が重なったにせよ、相手を見捨てて自分だけ生き延びたというような状況だったら。それでも人は罪悪感に苦しまないか……。

それは苦しんで当然だろう。悩むだろう。あの時少しだけこうしていればと後悔することもあるかもしれない。もう、どうしようもないことだとわかった後になっても、繰り返し、繰り返し。

人はそういうものだ。その苦悩は大小の差はあるだろうけど……。

それを間違っていると言っているのではない。そうかもしれないkれど、それでも、前を向いて生きていって。そうした罪悪感にとらわれて自分を無くさないでというのがテーマである。

ヒロシマの話なのだけれど、もちろん、ヒロシマだけではない。大震災や原発事故を体験したわたしたちには、まさに、現在の問題なのだ。苦悩や悲しみはある。虚しさや絶望に眠れぬ夜もあるだろう。でも、それにとらわれすぎていてはいけない。そういう体験をしたからこそできることもあるし、しなければならないこともあるし、犠牲者の分まで生きる意味もあるというのだろう。

そういう勇気を、上っ面でなく、心から与えてくれる、そんな舞台だった。

こちらの記事も、稽古の一面が語られおもしろいです。
→ シアターガイド:「辻萬長&栗田桃子父娘に再会 こまつ座『父と暮せば』通し稽古レポート



HOME