David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと一人が出ません~「無双OROCHI魔王再臨」

2008-04-27-Sun
今月初めに購入した「無双OROCHI 魔王再臨」ですが、かなり進んできまして、シナリオは次々とクリアされてます。前作(「無双OROCHI」)のデーターのうち「特技」が引き継げることは、攻略をかなり楽にすることができますね。
無双OROCHI 魔王再臨(通常版)
コーエー (2008-04-03)
売り上げランキング: 34
おすすめ度の平均: 4.0
3 難易度に不満
4 爽快感重視のゲームが、より初心者向けに
3 レビュー
4 おもしろいと思いますが、ちょっときつい
5 次の参戦メンバーリスト(国内)

なにをもって進捗状況を表すかむずかしいところなんですが、わかりやすいところでは、
・武将はあと一人がこれだ誰かわかりませんが、たぶん……と思っている人物キャラはいます。
※ネタバレ情報※たぶん「真・遠呂智」だと思って、記事を書くついでに検索したらそうでした。以下出現の条件は「ストーリーモード、ドラマティックモードの全ステージクリア」ということのようです。
・ドラマティックモードの出現状況は、全部で28ステージと思われるのですが、20ステージを登場させてます。
※ネタバレ情報※ドラマティックモードの全ステージ出現には貴重品を全てそろえる必要があるようです。

ま、こんな感じです。

今作の新しいキャラで、伏犠がおもしろいということを書いたのですが、製作者の工夫を感じるのは、まず、太公望です。そもそも、無双シリーズは剣術や弓槍など、もともとの武道の動きをするのは当然として、多くのキャラが各種スポーツのアクションを武将のアクションに取り入れてきています。たとえば、前から好きな張こう(魏の将軍)は(アイス)スケートの動きを使ってますし、くのいちは陸上のクラウチングスタートをしたりします。新体操選手を思い出させるのは大喬・小喬・孫尚香などの女子武将で、許楮(魏の将軍)はドカベンのようにホームランを打ち、今川義元は海道一の弓取りのはずが、戦国一の鞠蹴りになり、Jリーガーのごとくです。

太公望〈上〉 (文春文庫)
宮城谷 昌光
文藝春秋
売り上げランキング: 66037
おすすめ度の平均: 4.5
4 流浪の太公望
5 名セリフ満載の素晴らしい小説
3 作者の考えが途中に入り読みにくい
5 太公望は英雄ではなく、本物の神であったのか??
5 歴史小説ファンだけでなく、ファンタジー、冒険小説のファンも必読!!


そんななかで、太公望は日本では釣りの好きの褒め言葉になっているくらい釣りのイメージのある人物なんですが(Wikipediaによると「中国で「太公望の魚釣り」(太公釣魚)と言えば、「下手の横好き」と言うニュアンスらしい)、当然のように、その釣りの技術を駆使して戦うのです~。馬鹿馬鹿しいような、おもしろいような、すごい!のひとことでして、半ば子どもがよろこぶような感じになってしまったという感想を持つ大人のファンもいると思いますが、ま、おもしろいと評価します。

また、女媧(じょか)も新キャラですが、「敵を小人化する霧を放つ」なんて技を出します~w。ま、そもそもがビデオゲームですので縮尺を大きくしたり小さくしたりするなんてのはお手のものなんでしょうが(孫悟空を出すなら猪八戒もと思ったのかもしれません。猪八戒から連想したと思われる猪頭の敵キャラは通常キャラの2倍くらいの大きさで襲ってきます)、技として相手を小さくしてしまうなんてのは今までなったので、これがなかなかおもしろい……というか、ま、これは太公望の釣りの系の技以上に、ま、ありえないという意味での馬鹿馬鹿しさにも通じます。

OROCHIシリーズの元になった三国無双や戦国無双が、歴史シミュレーションの流れからきていて、そういう意味では、本格的なイメージを(勝手に)持っていたのですが、OROCHIシリーズになってここに来て、完全にそういう本格的な味付けから脱して、ファンタジックなアクションゲームに生まれ変わったという感じです。

今後のシリーズに、新撰組が出てきても、空海が出てきても、ヤマトタケルが出てきても、もちろんいいし、安倍晴明などはもう最有力という感じさえしますね~。



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

妲己が出た~無双OROCHI

2007-05-11-Fri
春の嵐が吹き荒れています。なんでこんなに突然に暴風警報が~って思った昨日の話。そんなこととは関係なく無双OROCHI進めています。
無双OROCHI(通常版)
無双OROCHI(通常版)
posted with amazlet on 07.05.11
コーエー (2007/03/21)
売り上げランキング: 487
おすすめ度の平均: 4.0
3 飽きる
4 思ったより楽しい
3 全体的に・・・。


ついに妲己(だっき)が出現しました(知らない人のために書くと、このゲームは最初は7人しか使えないキャラが、ある章をクリアしたり、シナリオ(数章からなるストーリー)を攻略したり、あるいはある条件である章をクリアすると、最終的には77人の武将+2人が出現、その誰を選んでもゲームができるようになっています)。
 → 公式ページ(http://www.gamecity.ne.jp/orochi/)

77人の武将は、今まで中国の三国志の世界を舞台に作った「真・三国無双」というゲームと日本の戦国時代に取材した「戦国無双」というゲームに登場したキャラを、いわば使い回しているのですが、今回は二人のオリジナルキャラを登場させています。それが遠呂智(おろち)と妲己です。オリジナルキャラというので、KOEIの創作なのか思って、調べてもなかったのですが、検索し見るとそうでもないのですね。

Wikipediaで調べると「前11世紀(紀元前1100年)頃に実在した、殷(商)の帝辛(紂王)の妃の一人」とあるのにびっくりすると同時に納得しました。ああ、そりゃ中国だ、虚々実々いろんな人がいるわなと感心さえしました。

『史記』「殷本紀」では、姓は己(き)、氏は蘇(または有蘇氏)、字は妲(だつ)という。殷に服従した有蘇氏が殷の機嫌を取るために献上された美女という。彼女は帝辛に最も寵愛された妃で、武王により処刑されたとされている。

また、父は元は殷の諸侯で周に帰順した蘇忿生(=そふんせい、『封神演義』では冀州侯の蘇護となっている)。

多くの書籍で、夏の桀の妃末喜(ばっき)と並ぶ傾国の悪女として描かれているが、それは小説や演劇などで脚色化された妲己であり、実際にどのような人物だったのかは定かではない。

というわけで、伝説の「傾国の悪女」……ってことになっている人物なんだそうです。

それにしても紀元前11世紀ってことは、3000年にもわたって、悪女と言われ続けるなんてお気の毒でありまして、Wikipediaによると、『列女伝』では「殷からなりかわった周を正当化するために、紂王(帝辛)と共に暴君悪女にしたてあげられた」とされ、
・聖君だった紂王を堕落させ、彼とともに酒池肉林で淫楽を、罪人などを炮烙(ほうらく)の刑等を使って虐殺するという残忍を極めた
・殷の諸侯や人民は彼らに失望し、たまりかねた太公望と周の武王ら率いる軍勢によって、殷周革命が勃発。二人は捕らえられ、処刑された
などと書かれています。

『武王伐紂平話』では妖狐伝説と結び付けられ「狐のなりかわり」と、『封神演義』では、「殷周革命を実現させるために使わされた千年狐狸精」が「妲己になりかわって紂王を堕落させた」と書かれているようです。

結果、日本においては「妲己は白面金毛九尾の狐が化けたもの」として紹介されているんだそうです。まさに伝説的な妖女ですね。それにしては、ゲームに出てくるあの扮装は、「狐」や「小悪魔」というよりも「女ピエロ」を連想させてしまって、わたしはちょっと好きではありません。

では、ゲームに戻します。79人でこのシナリオ数では、実際「ちょっと飽きる」というのが、正直な感想なのですが、きりがつかないので、まだやっています。先回の記事以後、戦略的に武将を出現させてきて、未出なのは次の4名となりました。

 戦国1 濃姫
 戦国2 今川義元 
 その他 呂布 遠呂智


意外にやっかいなのが、濃姫と義元で、実はこのイベントはよく似ていて、わたしが参考にしているブログ「無双OROCHI攻略情報!」によれば、
・濃姫:「呉第3章外伝」で「伝令が脱出する前に全て撃破する」
・義元:「魏第4章外伝」で「敵の工作部隊を砦に侵入させずに全て撃破し、援軍として出現する今川義元を撃破」
となっていて、ま、要するに結果オーライでなくて「○○を全て撃破」ってのが、かなり適切に対応しないと、1つ2つ打ちのがすということになっています。たとえば、目の前の敵武将を捨てておいて、目的の遠方の兵士に向かわねばならないということもあるわけですね。そういう見極めが苦手なんでしょう。この2名が最大の鍵です。

この2名がクリアしさえすれば、残りの2名はもう見えています。ちなみにその2名はこれ。
・呂布:「全シナリオ外伝最終章」で「呂布を感服させる」
・遠呂智:「遠呂智以外の全ての武将を出現させる」

そうしたら、あとは、最強武器だのなんだのってことになるのですが、そろそろ飽きてきて時々DVDとか見出しましたので、どうなることか。



ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。