David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

干し芋の宇宙

2014-04-22-Tue
先日のことです。

学生時代、「芋」という漢字について、一番最後の縦棒の下を止めるかハネるかということをひどく迷ったことがあった。

「干」の字との連想働いた。「汗」とか、「竿」や「刊」など「干」を部品とした字はわりと簡単に思い出されたが、「于」を部品にした文字を、さっと思い出せなかったのだ。そとのきは迷ったまま、よく調べるのをやめてしまった。

先日、ふっとそれを思い出し、たまたま手元に辞書があったので調べてみて、なんとなく納得した。

「芋」の縦棒はハネるというのが正解であった。それよりももっと納得されたの、「宇宙」の「宇」と同じ部品であるということだった。そのほかにも、「迂回路」の「迂」や、「紆余曲折」の「紆」にも同じ部品が使われていて、いずれも音読みは「ウ」と読むということだった。

そして、「芋」の音読みについても、常用漢字の音読みとしては認定されていないけれど、元来は「ウ」と読んできたようである。ただ、実際、日本語として「芋」を「ウ」と音読みする熟語はなく、常用漢字的には訓読みしかない字になっている。
 → 文化庁 | 国語施策・日本語教育 | 国語施策情報 | 常用漢字表の音訓索引 文化庁 | 国語施策・日本語教育 | 国語施策情報 | 常用漢字表の音訓索引

たいしたことではないが、「芋」と「宇宙」の「宇」が親戚っぽくておもしろかったので、先日、それを思い出したようにツィートしてみた。





スポンサーサイト

「おおい町 翻ろう」って~新聞の漢字

2012-06-10-Sun
今日(10日)、Twitterで、野嵜さん(@nozakitakehide)がこんなことを書いている。

「障がいはほんと意味わかんない。」も「障が / いはほんと / 意味わかんない。に見える。
 → https://twitter.com/nozakitakehide/status/211684669786300417


何ごとかとTLを遡って読むと、こんなTLが続いた(念のために書くがすべて、@nozakitakehide さんのツィートである)。

「なぜ」も俺は屡々「何故」と書く。假名で書くと、「福沢諭吉 / はなぜ / 朝鮮に」と見えてしまふからだ。
 → https://twitter.com/nozakitakehide/status/211684536298385408

とか、

「障がい」は、「障が(謎の名詞+助詞) / い(助詞の次に出てくるのだから體言か用言だらうが謎)」と分かれるやうに見えるし、「子ども」は「子ど(謎の名詞)+も(助詞)」のやうに感じられる。
 → https://twitter.com/nozakitakehide/status/211683805944229888

とか、

「ぼう大」のやうに書かれると、かなで書かれてゐるから「ぼう」が直前の助詞(かなで書かれてゐる)と一體のやうに見えてしまひ、「○○ / がぼう / 大な」と、妙な風に認識されてしまふ。これでは意味がさつぱりわからない。
 → https://twitter.com/nozakitakehide/status/211681683181797376

とかである。

要するに、漢字とかなの交ぜ書きは紛らわしいという主張だ。

和語ならかな書きするとしても、漢語をかなで書くのは違和感が強い。一つの漢語をかなと漢字を交ぜて書く「交ぜ書き」は、漢語の語としての一體性を破壞するから、讀む際に誤讀し易くなる。
 → https://twitter.com/nozakitakehide/status/211682547850158080

わからなくもない。

「障碍」「膨大」という漢語を「障がい」「ぼう大」と漢字とかなを組み合わせて書く、所謂「交ぜ書き」が、ただみっともないという見てくれのレベルだけでなく、実用面でも不都合があるという主張である。

「なぜ」も「何故」の方がわかりやすいというのは、個人差がありはしないかと思う。それは、単にわたしは、「なぜ」というひらがな書きの「なぜ」を見慣れているということによるのだ。おそらく、野嵜さんは「何故」の方を「なぜ」よりも見慣れたり、書き慣れたりしているのであろう。

また、すべての文節の始めは漢字の方がわかりやすいというのは、少しばかり無理筋だとは思うけれど、漢文というか、漢文の書き下し文はこういう考え方をとっているのも、また、確かである。

「文節」の頭は漢字で始まるべきだと思ふ。その方が語の區切りがはつきりわかつて、意味が判りやすい。
 → https://twitter.com/nozakitakehide/status/211681907182800896


そもそも、こういう、みっともない上に、意味的にも混乱が生じるような「交ぜ書き」をせねばならない背景の一つには、漢字の使用制限がある。当用漢字から常用漢字につながる流れが、こうした妙竹林な「交ぜ書き」を生んでいるのだ。

で、こんなTLを見たあとで、食事に出かけたラーメン屋で、手にした朝刊がこんな見出しだった。「なんじゃこりゃ」とぶったまげて、思わず写メを撮った。どうしてもブログに記事を書かねばと思ったのだ。

それがこれ。


本日(6月10日付け)の、中日新聞の第1面である。

さて、太字の見出し、読める?

公式放送の15分前に金正曰死亡の報をRTした話

2011-12-21-Wed
12月19日午前11時45分ころ、わたしはこんなTLを見て、思わずRTをしました。
naka_kim01.png
このツイートは「2011.12.19 11:45」に流れました。わたしは、正直なところ、朝鮮放送が特別番組を流す予定なんてことも全く知らなかったんですが、これを見て、驚きました。金正日の死の訪れがこんなに早く来るというのは驚きでしたが、そう遠くない未来にそういうことになるであろうことは、多くの他人の共通の認識だったろうと思います。だから、わたしはこの報を信じて、迂闊にもRTしてしまったのであります。

RTしたあとで、テレビを点けても、らじるを聞いても、ネットニュースを見ても、どこにもそんな告知はありませんでした。ここで、このツイート発信者の中村さんのことをあまり書くのはあれですけれど、文法に「陳述」という用語があって、わたしがあいまいなまま理解していた「陳述」について、何かの折にきちんと教えてくれて以来、わたしは、厚い信頼を寄せていたのです。そういうこともあって、この段階でも、わたしはこの11:45のツイートについて、なんら疑いを持ちませんでした。

しばらくテレビを見たままでいると、NHKの正午のニュースは、トップでなく二本目に、正午の北朝鮮の朝鮮中央放送の特別番組で金正日の死亡が放送された旨伝えました。時計を見ると、12:10頃でした。

中村さんは、世界中の誰よりも早く金正日の死をツイートしたことになりますね! わたしはそのまんま、PCをあまり見ずに、ニュースや昼のワイドショーなどを見ることになったのです。

中村さんはこんなツイートを続けています。まず、「2011.12.19 11:58」です。
naka_kim02.png
この時気づかなければいけなかったのですけれど、わたしはたぶん、このツイートをテレビのニュースを集中して見たあとのタイミングで見たんだと思います。だから、「何言ってるんだろう?」ってな感想しか持ちませんでした。

次は、「2011.12.19 12:05」。こちらに至っては、全く気づきませんでした。
naka_kimu03.png
これなんでしょうか? 「当たっちゃった」って……。わたしは、そんなデタラメをRTしていたんでしょうか?!

このツイートを見たのはだいぶあとのことで、それまで、自分がまんまとノセられてデタラメをRTしていたなどと思ってもみなかったのです。

前に、えっけんさんが、「RTなんてスパムと一緒だから基本的にはしない」というようなことをおっしゃっていたことがあります(正確にはもうちょっと言い回しが違うかもしれないですけど)。わたしはそういうことも承知していながら、こんかいは、まんまと不正確な情報をRTしてしまったのかと、自分で言うのもなんですが、自分の迂闊さに衝撃を受けたのでした。機能としてあるものを、本人の責任において適切に使うのだから……と思っていだけにショックでありました。

RTにはくれぐれも注意せねばなりません。ことに、ソースの不確かなRTは、大げさに言えば取り返しのつかないことに発展し、思わぬ事態を招くことだってあります。


「瞬く」の読みは「またたく」か「まばたく」か。

2011-10-17-Mon
twitterでこんなクイズに出くわした。

「瞬く」の読みとして不適切なものを答えなさい。
 (1)またたく (2)まばたく (3)しばたく (4)しばたたく


出題したのは、消火器さん。11月3日の文学フリマで初売りされる、正かな同人誌「正かなづかひ 理論と實踐」の執筆者の一人で、今回は主に自身の書道の経験を通じて得た知識を基に、新字と楷書の関係及び楷書の書き方についての興味深い文章を書いている。こういうことに無頓着であったわたしには、とても参考になった。また、ツイートも漢字や言葉に関するものも多く、なかなかいいセンスをしていると感心している。ちなみに、この同人誌には、わたしも応募し、原稿を載せてもらえることになった。すでに校閲も終わり、あとは完成待ちの状態で、とっても楽しみである。

ぜひとも、お買い求め下さい。11月3日をすぎれば、刊行元のはなごよみのサイトでオンライン注文ができるはずであります。(→注文する

b13a_banner.png
 → 正かな同人誌の情報

bunfree_banner01.gif
 → 第13回文学フリマの情報

さて、宣伝終了。「瞬く」の読みについてのクイズの話に戻る。次の4つのうち「不適切」なのはどれだろう?

 (1)またたく (2)まばたく (3)しばたく (4)しばたたく




b13a01s.jpg
 ▲表紙書影
b13a01s2.jpg
 ▲創刊号限定カバー(?)

HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。