FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

「大江戸の賑わい展」~刈谷市美術館

2009-05-11-Mon
ちょっと、「だまし絵」に憑かれているのでしょうか?

先日の岡崎市美術博物館(→過去記事:「「視覚の魔術-だまし絵」展~名古屋市美術館」)、名古屋市美術館(過去記事:「「琳派・若冲と雅の世界」展~岡崎市美術博物館」)に続いて、今度は刈谷市美術館に、ちょっと長いタイトルで覚えられないのですが、「中右コレクション 幕末浮世絵アラカルト 大江戸の賑わい展 -北斎・広重・国貞・国芳らの世界-」に出かけてきました。

20090415art004.jpg
 → 刈谷市美術館:展覧会案内のページ
  ※当日券から100円割り引いてくれるページへのリンクがあります。


「だまし絵」に憑かれているというのは、ちょっと大袈裟だったのですが、名古屋の「だまし絵」はもちろんのこと、岡崎の「琳派・若冲」にも、歌川国芳のあの顔の絵(「みかけハこハゐが とんだいゝ人だ」※上のポスターの真ん中の絵)などの「寄せ絵」が展示されていたからです。

これだけ連続して見せられると、と言っても、そもそもこっちのが好んで見にいっているわけなので、ちょっと「だまし絵」に憑かれているのではないかと感じたのは、むしろ騙されてしまっっているわけでして、なんら心配になる必要はないわけなのですが。

さて、今回の「大江戸の賑わい展」は、浮世絵入門展と言ってもいいような展覧会でした。

町人文化の花開いた、まさに大都市江戸において、「美人画」が商品を売るためのポスターとして利用され、「役者絵」が人気歌舞伎スターのブロマイド的にもてはやされたこと。さらに、「東海道中膝栗毛」などで旅ブームが起きて「名所絵」(風景画)が発達したこと。また、伝奇や伝説のヒーローなどへのあこがれ「武者絵」と呼ばれる現代の劇画に通じるような作品群を生んだこと。だまし絵展と通じるような遊び心あふれる作品や、戯画、風刺画の登場。そして、「錦絵」と呼ばれる、非常に色鮮やかで豪華なな多色刷りへの進化など、浮世絵と人々の関わりや、浮世絵の豊かな表現性、多様性をたっぷりと見せてくれ、比較もできるので、浮世絵入門展として見ることができると思いました。

というか、今のわたしの知識ではその程度にしか味わえなかったというだけなのかもしれませんが、それでも、ロビーでは浮世絵の作り方が展示してありますし、ビデオコーナーもそういう視点から作ってあると思ってのですけどね。

ただ、長所であり同時に短所かもしれませんが、一般の洋画展などに比べてそもそも作品が小ぶりなため、展示数が多くなって、一点一点丁寧に見ていると、終わりの方になるとくたびれてしまいます。ポスターの一番下に出ているような「滝夜叉姫と大髑髏」などのような武者絵や錦絵、「ふの字づくし福助」や国芳の寄せ絵などは、展示の後半にありますので、こういう言い方をしてはあれですが、体力や集中力のバランスを考えて見た方がいいかもしれません。

あと、浮世絵つながりでちょっと思ったのですが、このほかにも、「枕絵」(春画)、「無残絵」など、いわばエログロの世界でも、浮世絵は広く人々に愛されていったと思うのですが、そういう展覧会って、どうなんでしょう、どこかで企画されることがあるのでしょうか。

さいごに、洋画を中心とした名古屋のものはともかく、「琳派・若冲展」→「大江戸展」という流れは、時代的にはまさに好都合で、このような形で企画してくれた両美術館に感謝したいと思います。同時に、刈谷市美術館の関係者、もしくは、大江戸の賑わい展の関係者が、わたしの記事を目に留めてくれたらと思って最後にお願いを書いておきます。ぜひ、「音声ガイド」をつけてください。別に有名な俳優やアナウンサーの声じゃなくていいです。せっかくの展覧会で説明を読んでる時間がもったいないです。字を読みに行くのでなくて、絵を見にいきたいんで。



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



HOME