FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

平成18年度夏場所~十二日目

2006-05-19-Fri
把瑠都は、なんと今度こそほんとうの波離間投げ(はりま投げ)をやってくれました。荒削りですが、楽しみな力士です。これでなんと把瑠都は10勝2敗です。もう上位と当てないといけませんよね。ま、明日は体重も実力もある岩木山ですんで、そう簡単にはいかないでしょうけれど。

では、対戦メモ。

雅山×琴欧州
琴欧州は調子が悪いんでおそらく雅山にとって問題はなかろうと思ってはいたのですが、上背もあるし、力があるんで、ひょっとしてうまく止められたらヤバイかもと思っていたのですが、ま、止められることもありませんでしたね。膝の悪い力士に今の雅山は止められません。それよりも、琴欧州のほうが、怪我は快方ににむかっているようなんですが、調子に乗り切れませんね。じっくり身体を作り直すというか、相撲を作り直すというのか、しっかり土台から直してきてほしいと思います。本人のがんばりを認めないではありませんが。

旭鷲山×白鵬
放送でもたびたび言ってましたが、「白鵬のどこが新大関の場所ってんだ?」って感じですね。立ち合いの、四股を踏んだり塩を撒いたりする段階から、白鵬には全く何の焦りも、不安もないという感じ。「横綱を目指す大関の姿」だそうです。もっともそれは今場所に始まったわけでなく、大関昇進前から「横綱相撲」だったわけです。白鵬が対戦を残しているのが、明日(十三日め)の琴欧州以外では、千代大海と魁皇の両大関ですんで、地位的には当然で申し分ない反面、大海は左肘を、魁皇は胸を痛めておりまして、楽勝です。14勝1敗でいけちゃいますよね~。雅山には併走をお願いしたいです。

稀勢の里×魁皇
魁皇は正面で受け止められず、左肩を出す形で相手の勢いを後ろに苦そうとしているのですね。でも力が入らずやられてしまう。もう負けられない稀勢の里、あと三日ガンバレ。

1敗 白鵬・雅山  2敗 把瑠都

ブログランキング
スポンサーサイト



平成18年度夏場所~九日目

2006-05-16-Tue
把瑠都は今日も勝ちました。決まり手は「引き落とし」でした。頭から当たって突っ込んでく春日王に対し、把瑠都は真後ろにさがりながら、大きく春日王の背中越しに伸ばした左手で、春日王の回しの結び目あたりをとって、自分の右足の前当たりに引き落としました。そのとき、あたかもバレリーナか新体操の選手のように、自分の右足を後ろにのばすようにして春日王の身体を交わしたそのさまは、左足の一本立ちで両腕はバランスをとって大きく広げているものだから、あたかもフィギュアスケーターが上半身と右足を弓なりにそらして、左足一本でリンク上を滑るそのさまに似ていました。

「くるま投げか?」とか「くるわ投げか?」とかいう声も聞こえましたが、goo大相撲の決まり手一覧には「くるま投げ」なんてのはなくて、「波離間投げ(はりまなげ)」というのがあるだけです。聞き慣れない単語を早口で言われたので、わたしが聞き間違えたのでしょう。

ちなみにこの決まり手一覧のページに「禁じ手」も乗っています。参考までに引用しておきます。

■禁手反則 下記の禁手を用いた場合は反則負けとなる
握り拳(こぶし)で殴ること
頭髪を故意につかむこと
目または水月(みぞおち)等の急所を突くこと
両耳を同時に両掌で張ること
前立褌(まえたてみつ)をつかみ、または横から指を入れて引くこと
ノドをつかむこと
胸・腹をつかむこと
一指または二指を折り返すこと


「目」への攻撃や、「水月」への攻撃は反則でした。

●旭天鵬×朝赤龍
内無双で朝赤龍の勝ち。地味だけれど、粘り強いし、相撲もうまい。四股名がいかにも朝青龍の子分って感じなんだけど、今場所あらためて、おもしろい力士だと思った。旭天鵬ってちょっと?

●時天空×雅山
いいぞ雅山! なんかインタビューの表情も生き生きしてるし、今日(9日目)なんて、勝ち名乗りの時、バチっと自らの右手で右の腿をはるようにして、勝ち越しの喜びを表現。インタビューでも「今は相撲が楽しいんでいい。自然に結果がついてきている」みたいなことを言ってました。ガンガン行け! 雅山!

●琴光喜×旭鷲山
旭鷲山も2敗をキープ。例のさっと左に回るようにして、相手の圧力を消し、同時に後ろの回しをとって、送るように上手投げ。これいいと思う。相手力士にはそういう展開を想定して立って欲しいものだ。もしわかって立っていてやられるのであれば、やっぱ旭鷲山はすごいかも。

○千代大海×若の里●
結果が出てくると突き押し系の力士は乗ってきますねよね。千代大海のあの突きが、どうにも威力がない軽いものに思えてしかたがないのだけれど、対戦相手はのけぞるし、嫌がる。そして大海は勝つ。ま、21世紀型環境に優しい省エネ相撲と(ここで)揶揄していた時に比べれば、ずいぶんよくなっているのでしょう。1敗を堅持。それにしても若の里は朝青龍と栃東に勝ってるだけの2勝。

●露鵬×琴欧州○
う~む。露鵬、なに? 「上手投げ」って琴欧州の左上手がとってたのは回しじゃなくてさがりでしょ。タイミングでなげられちゃったの? そういうこともあるにはあるんでしょうけどね。 

安馬×白鵬
あれも「上手投げ」なんですね。うえから押しつぶすようにのっかかってるだけにもみえたのですが。安馬はこれで負け越し。あんなにいい相撲をとって、ファンを沸かせて負け越し。勝負とは厳しいものです。後半戦がんばってほしいです。

●豪風×魁皇
魁皇いいです。それにしても負け越しが決まった力士(つまり0勝です)が、結びで大関と戦うものなんでしょうか。ま、安馬も1勝で白鵬だったのですけど。

これで
1敗 千代大海・白鵬・雅山
2敗 魁皇・旭鷲山・朝赤龍・把瑠都

ですね。

ブログランキング
HOME