FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

江戸川乱歩の未刊行の翻訳「赤き死の假面」が豪華本で正字正かなで出てる

2013-01-28-Mon
おそらく、現在の全世代の日本人を対象に、「読んだことがある小説家」のアンケートをしたら、すべての小説家の中でぶっちぎりに一位になるのは、江戸川乱歩だろうと勝手に思っている。「陰獣」や「D坂の殺人事件」はともかくも、「少年探偵団」や「怪人二十面相」は、誰でも読んでいるだろうと思うのだ。夏目漱石や芥川龍之介だって、江戸川乱歩には及ぶはずはないと。それをもって、江戸川乱歩が最も偉大だとか、夏目漱石の上だとか言うつもりはない。しかしながら、江戸川乱歩が日本人、ことに小説に限らずさまざまな創作に関わる人たちに与えた影響は計り知れず、偉大な作家であったには違いないのであるが。

江戸川乱歩は自らのペンネームをエドガー・アラン・ポーからとったのだが、わたしは、子供の頃はそんなことに気づかなかった。正直、作家名などどうでもよく、名探偵ホームズとか、怪盗紳士ルパンとか、少年探偵シリーズなどを図書館で片端から借りて読んでいただけであったので。中学生くらいになって、どこかで、それを読んで知ったのだが……、ま、それは、全く知らない人にとっては、ちょっとした薀蓄であり、ちょっとミステリーに詳しい人には、ごく当たり前のことだった。しかしながら、実力が全くないのに、ただ、人が海外の人気作家の名前をもじって自らのペンネームにしたくらいで、何か大きな仕事ができるはずはない。素晴らしいのは、日本にまだミステリー小説やSF小説が根付いていなかった時代に、エドガー・アラン・ポーを敬愛し、そのもじりを自らの筆名として採用し、そうして、自らがまさに先陣を切って執筆活動、編集活動などを行い、今日の隆盛を迎えさしめたのである。その名に恥じぬ大きな成果は、まさに、命名時の並々ならぬ覚悟を思うのである。なんて、凄い人だったのかと。

さて、その江戸川乱歩が唯一翻訳した、エドガー・アラン・ポーの小説が、初めて書籍として刊行されたという新聞記事が出ていた。

へぇ、欲しいかも~と思って記事を読むと、この本は所謂豪華本ということで、ちとわたしが「ちょっと買う」というにはもったいないような感じです。記事にはこんなふうにありますね。

本を出したのは、豪華本の文化を守ろうと昨年、一人で限定版専門の出版社、藍峯(らんぽう)舎を設立した新潮社OBの深江英賢(ひでたか)さん(64)。敬愛する乱歩関連の作品から、埋もれていた本作を見つけ、第1弾として書籍化した。箱入り牛革の背表紙の豪華装丁。


とあって、藍峯舎のサイトによると、価格は1万円ということだった。

エドガー・アラン・ポー 著
江戸川亂步 譯
オディロン・ルドン 口繪

350部限定(記番入り)
定価10,000円(税込)

造本仕様
A5判変型、本文122頁、背継面取表紙・金箔天金、丸背、貼函
函上題簽用紙/新局紙(白)二色刷
貼函用紙/五感紙 荒目(黒)
背継表紙/背・緋色染牛革
     表裏布・アサヒバックサテン(黒)
     文字・本金箔押
見返用紙/シープスキン(古色)
本扉用紙/ソフトバルキー(スメ入りアイボリー)二色刷
口絵用紙/Mr・B(オフホワイト)
本文紙/サンフォーレ(ナチュラル)


同ページには、本の写真も6枚掲載されているので、一枚だけ引用。

red-pic01s.jpg
藍峯舎のページより


ああ、素敵だな。

電子書籍の大きな波が来ている中で、あえて、本という形態にこだわっての出版ということだろう。


スポンサーサイト



「村山槐多の全貌」展~岡崎市美術博物館

2011-12-18-Sun
岡崎で村山槐多(かいた)の大きな展覧会をしています。

「村山槐多の全貌展」です。

ご存知でしょうか?

最近の、本をあまりよまなくなった人たちはあまり知らないかもしれないと思うのですが、なんというか、「おたく」という言葉が流行する前のおたくみたいな人たちは必ず「名前くらいは知っている」ような……とでもいうか、読書や詩や版画などを少し踏み込んでしている人たちは「名前くらいは聞いたことがある、しかし、その作品にはあんまり触れていない、いや、触れようとしてもなかなか出くわさない」というような作家(というより画家?)です。

わたしも知ったようなことを書いていますが、名前くらいしかほとんど知りませんでした。大学時代に、友人の一人が「わたしの知り合いがムラヤマカイタが好きと言っていたが、出人さんは知ってる?」と聞かれたことを思い出す程度です。その時、「ムラヤマカイタ」と聞いて、「村山槐多」の字を想起することができなかったことを思い出します。正直そのとき槐多の絵の一つも見たことはなかったと思います。ただ、当時乱歩全集を読みかじっていたので、たぶん槐多の名前はどこかにひっかかっていたはずなのですが。江戸川乱歩がどんなに槐多の「二少年図」を賞賛しようが(購入して自室に飾っていたそうです)、実際の絵をみたことがなければ、なかなか記憶にとどまらないのですね。こちらに引用のあるブログを見つけましたのでリンクします。
→ 偏在する乱歩・A‐I→乱歩が愛した村山槐多の「二少年図」 - 飾釦

たとえば、あの江戸川乱歩によってこのように愛されて語られた時、槐多の「二少年図」は伝説となります。いったい、どんな作品だろうと……。ま、今回の展示でそれが見られます。また、槐多のデスマスクも展示されています。たとえば、こういうところから槐多に近づく人も少なくなかったと思います。だって、あの江戸川乱歩ですから。

こう書くと画家という感じなんですが、小説も書いていまして、「悪魔の舌」は近代の怪奇小説の代表として、いろんな作品集に採られています。わたしもこれは読んだことがあります。今では青空文庫で読まれますね。わたしも舌は長い方で、学生時代は二枚舌を洒落て、「俺の舌は二枚分ある」などとうそぶいていたことがありますけれど、ま、ニンニクは好きで今日も食べましたけれど、人肉を食べたいと思ったことはありません(って、書くまでないですよね)。
→ 青空文庫:村山槐多 悪魔の舌 村山槐多 悪魔の舌

こんな怪奇で幻想的な小説を書いた村山槐多ですが、どっちかというと、作家の側面よりも画家としての方が有名だったようなんです。どうも、槐多を認めて世に出したのは、詩人であり彫刻家であった高村光太郎ようです。当時流行した「デカダンス」という言葉があったのですが、ま、槐多はまさに、このデカダンスを生きた芸術家だったようです。何か通じるところがあったんでしょうか。

□■□■ NOTE □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
開催場所 岡崎市美術博物館(マインドスケープ・ミュージアム)
開催期間 2011/12/03~2012/01/29(月曜日休館(祝日の場合はその翌平日)、年末年始休館有)
入場料:一般1000円、小中学生500円
※ ただし、「かいた」さんは無料招待だそうです。確認できるものが必要。詳しくは下ページを。
参照 → 槐多展特設ページ
                □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


「パノラマ島」のモデルは三重の「神島」って……江戸川乱歩

2011-11-20-Sun
江戸川乱歩の「パノラマ島奇談」の話題です。

「パノラマ島奇談」といえば、先日、「中西和久のエノケン」」を見たときに(→過去記事)、エノケンが宝塚で「パノラマ島奇譚」をしたという話を思い出します。1926~27年、雑誌「新青年」に連載された作品ですが、売れない作家人見広介が、瓜二つだった資産家菰田の死をきっかけに入れかわり、その資産をおしみなく使って、自らの空想を具現化した人工世界を作り上げるという設定です。エロなわたしは、なんとなく、「秘宝館」と水族館の合体みたいなものを思い浮かべるのですが、ま、まさに、理想の王国を作り上げていくわけですね。この話を舞台などにできるものなのだろうか……と思ってしまったのですが、ま、コメディたっちの作品のようです。



さて、この「パノラマ島」のモデルの島に関する記事が、先日、毎日新聞が報じていました。

 探偵小説家、江戸川乱歩(1894~1965年)の代表作の一つ「パノラマ島奇談」の舞台のモデルが、三重県鳥羽市の伊勢湾口に浮かぶ「神島」だったとする新説を同市在住の作家、岩田準子さん(43)が打ち出した。これまでは同市の「ミキモト真珠島」が有力とされた。準子さんの祖父は乱歩と親しかった風俗研究家の故岩田準一氏で、真珠島説は父親の故岩田貞雄氏が唱えた。準子さんは「父の説を覆すのは忍びないが、誤りを正したい」と話している。
 → 江戸川乱歩:パノラマ島モデルは三重の神島…作家が新説 - 毎日jp(毎日新聞) 


ああ、そうなのかとは思いますが、こういう話を聴いても、どこがモデルだったところで、江戸川乱歩にも、作品自体にも全く関係ないと思うのですが、ま、それでも、地元の人たちには、大きな話なんでしょうね。

さて、記事によると、江戸川乱歩は昭和17年から1年余、三重県鳥羽町(現鳥羽市)で会社勤めをしていて、小説には「M県」「I湾」「T市」というふうに出てくるので、この当時、鳥羽はまだ町制で市になったてなかたので、三重県に「T市」に該当するのは津市しかないということになってました、当然、I湾は「伊勢湾」なんですね。

で、従来パノラマ島のモデルは、「ミキモト真珠島」と考えられていました。記事にはこうあります。

元同市文化財調査委員の貞雄氏(34~04年)は79年の自著で「想定を真珠島にとった」と断定。準子さんは根拠を「『T市の大富豪所有の島』との記述から連想したのでは」としている。

しかし、小説では島の場所について

海岸を1時間汽車に揺られて終点のT駅に着き、船で1時間とし「ほかの島々から飛び離れて」と表現

されているので、岩田準子さんは

「T市は津市、T駅は鳥羽駅。1時間も船に乗り、他の島々から飛び離れた島は神島しかない」

と指摘したそうです。

あ、神島って、三島の「潮騒」のモデルになった島ですよね。

う~む。Wikipedia(「神島」)によるとこうです。

神島(かみしま)は伊勢湾口に位置する、周囲3.9km、面積0.76km2の島で、三重県鳥羽市に属する。人口は500人あまりで過疎化が進んでいる。

古くは、歌島(かじま)、亀島、甕島などと呼ばれた。神島の名が示すように、神の支配する島と信じられていた。後に八代龍王を祭神として八代神社が設けられた。神社には、古墳時代から室町時代にわたる総数百余点の神宝が秘蔵されている。各種の鏡(唐式鏡、和鏡)や陶磁器などである。

鳥羽藩の流刑地であったため、志摩八丈と呼ばれたこともあった。


う~む。これが、パノラマ島? 全然イメージ違いますけど。「人口500人余りで過疎化が進んでいる」って、江戸川乱歩の時代にどのくらい住んでいたかわかりませんけど、そんな人が住んでいるところなんてイメージありませんけれどもね。

ま、「モデル」の捉え方ですけれど、もっと孤島のような、無人島を好きなように開発したってイメージなんですけれども違いますかしらん。真珠の島となったミキモト真珠島なんて、ロケーションは知らないけれど、イメージぴったりなんですけどね。


映画:「失恋殺人」~DVDで

2011-09-29-Thu
江戸川乱歩の映像化作品を続けて見ています。今回は「失恋殺人」です。


 → 公式サイト

う~ん。ま、「陰獣」や「屋根裏の散歩者」「人間椅子」などの定番を映画化したのではおもしろくないと思ったのでしょうか、短編小説の「妻に失恋した男」の映画化です。どうなんでしょう。逆にわたしが乱歩の定番作品のイメージが強いせいか、この小説の映画化の意義がわかりません。ラジオドラマかなにかなら、イメージを膨らませることができておもしろいかもしれませんが。なんというか、デビュー10周年を迎える宮地真緒をなんとか脱がせて、ちょっと刺激的な濡れ場を演じさせるための舞台を探したような気がしてなりません。こういう書きた方をするとわかるでしょうけど、正直あんまりおもしろい作品になってないかなと思います。

乱歩の生み出した名探偵明智小五郎には、怪人二十面相との対決で有名な小林少年という相棒がいるのですが、もう一人忘れられないパートナーがいます。「魔術師」事件で知り合った文代夫人です。夫人、つまり、明智小五郎の奥さんです。乱歩は明智小五郎を探偵とした一連の作品の中で探偵に結婚させます。そしてまた、文代夫人を被害者にさえしてしまうのであります。なかなか、おもしろい趣向でもあるのですが、シリーズ化した探偵ものには珍しいパターンじゃないかと思っています。

で、映画「失恋殺人」では、明智小五郎は申し訳程度に登場するだけで、事件解決の中心は文代夫人(星野真理)の調査と推理によるということになっています。ま、一つのスピンオフ的な要素もあって、人気が出れば「明智文代シリーズ」なんてものもおもしろそうな設定ですが、シリーズ化するためには、もう少し重厚な物語が必要なんだろうとと思います。

ま、そういいう軽さを持った作品です。乱歩が一人称で語る小説は、時折思いこみものというか、錯覚ものというか、一人相撲ものといえるようなものがあります。たとえば、デビュー作として有名な「二銭銅貨」もその範疇に入る作品です。「妻に失恋した男」には、妻への恋心の強さゆえ、嫉妬に狂う男の一人相撲的な要素が一つのおもしろみとなっていて、同時にそこを逆に利用した美貌の毒婦を描くというところも着眼点なんでしょうけれど、う~む、ファンの方ごめんなさい、宮地真緒って、どうよって感じでした。なんかイメージ合わないなぁ。単にわたしの好みの問題でしょうか~。

参考:「明智小五郎事件簿」のページ

HOME NEXT