David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学の体育で武道の必修化で柔道が不安って話

2012-02-14-Tue
大した問題ではないと思うのですが、なんとなく深刻な問題になっているのが、この4月から中学校の体育で武道が必修化されるって話です。どの程度の問題かというと、毎日新聞が社説にする程度の問題らしいのです。

まさか、公器たる新聞の社説を身内の不安の解消のために使ってるんじゃあないだろうなという【邪推】したくなるほどでさえあります。

新しい学習指導要領は最近決まったわけではなくて、「ゆとり教育」の弊害と「愛国心的なもの」(日本の伝統や文化の継承などを含める)を入れるかどうかを議論しながら、安倍内閣による教育基本法の改訂と合わせて決まったものだったと思うが、ま、こんなまとめではあれなんで、Wikipediaをリンクしときます。
 → wikipedia:「学習指導要領

これを受けて、体育の中に武道をということになり、剣道、柔道、相撲が必修になったわけです。ですから、言わば学習指導要領の目玉中の目玉なのです。選択ができるんですけど、実質、相撲は土俵がなければ、「武道」としての相撲にはならないし、剣道は防具が人数分必要で、お金かかります。竹刀くらいはともかく防具はなかなか揃えられないなんてことを考えると、道着だけあればできる柔道が経済的です。生徒が買うんですけど、剣道の防具買うよりいいでしょう。毎日の社説は「6割ほどの学校が柔道を選択するとみられる」としています。割合はわからないけど、同感です。

ところが、いざ来年の実施を前に、不安続出で、今回の社説「延期すべき」になったんですが、その第一が事故や怪我が心配だというのです。根拠は部活中の事故の統計です。

中学と高校での柔道事故で昨年度までの28年間に114人の子どもが命を落とし、275人が重度の障害を負った。部活動中の事故が授業中を上回る。授業中が少ないのは動きが激しくなく時間も短いためで安全なわけではない。(同社説より)


ネットで調べるとこんなページがあります。
→ 学校におけるスポーツ中の事故  特集:柔道事故 学校におけるスポーツ中の事故  特集:柔道事故

そうなんでしょうね。だって武道ですから。というか、そもそもスポーツに事故はつきものです。極論すれば通学に事故はつきものです。通学中に死亡事故だって起きています。全員参加の修学旅行で飛行機が落ちたこともあったし、学校のプールで水死したこともあったんです。武道を必修にしておきながら、事故が怖いから延期せよって、今ごろ何言ってるのって思います。武道をナめとるかと思います。今頃になって腰がひけるくらいなら、最初から反対して欲しいです。事故数は授業のものでなくて、部活動のものなんですから、前からわかっていたはずです。

もう一つは、指導者の問題です。わが愛知も問題になったんですが、「柔道黒帯の大安売り」みたいなことがあったんですね。
スポンサーサイト

ドラマチックモードがあと1面出ません~「無双OROCHI魔王再臨」

2008-05-18-Sun
先月末に記事にした段階から、まだまだ「無双OROCHI魔王再臨」を続けています。購入した頃はおもしろく、武将も多いので次々と育成やクリアを繰り返していたのですが、最近では、ある錬成素材をとるためにひたすら同じシナリオを繰り返したり(最後まで残ったのは「三方ヶ原の戦い」「五丈原の戦い」「官渡の戦い」)、三国の三傑(曹操、劉備、孫権)や戦国の三英傑(信長、秀吉、家康)の熟練度をアップするために繰り返しつかい、要するに、同じシナリオを同じメンツでやることがおおくなり、そういう意味ではちょっとうんざり気分になったりしました。ま、この攻略法の一つとして、「迅速に○○させる」で行き詰まったら孫悟空をメンバーに加えて、移動はひたすら悟空に担当させるというのがいいようです。わたしは結局、この方法で貴重品(錬成素材)を全部揃えることができました。
無双OROCHI 魔王再臨(通常版)
コーエー (2008-04-03)
売り上げランキング: 63
おすすめ度の平均: 4.0
4 気になった点
5 良い出来ですよ
4 やりこみ要素はあるが飽きる
3 武将数とステージ数のバランス
5 やってみての感想


というわけで、進捗状況を示すものとしては、
・シナリオモードは全難易度で全ての章をクリアしました。
・貴重品(錬成素材)はすべてゲットしました。
・キャラは百目鬼も牛鬼も登場し、いよいよ、真に残りは1人となりました。
・特殊技能はおそらくあと5ポイント(5人)を残すことになりました。

ということで、わたしの舞台はストーリーモードからドラマティックモードへ移行し、熟練度を溜めながら、特殊技能ミッションの未達成の武将はそこを攻略していけば、ドラマチックモードの全登場、全クリア、残される一人の登場というところにいけそうであります。そういう方針でいけばよさそうです。

さて、先日、武道関係の本を読んでおりましたら、柳生宗矩が能ばかりやっていたという逸話が残っていることをしりました。そして、そのことをもって、柳生宗矩が武道者として堕落したように批判されているそうなんですが、その著者によるとそうではなくて、能の動作は武道に必要な身体の動きを短時間で習得することができるというようなことが書かれていました。中腰というか、膝を曲げ腰を立てて、頭が高低しないように移動するのが、足腰や背筋に鍛錬にいいようなのですね。文章の書き方がうまかったので、わたしは思わず、能を習ってみたいと思うようになりました。

そして、それと同時に、この無双シリーズに「舞い」が多く登場していることに興味を持ちました。日本の伝統的な舞い(お国が代表なんでしょうね)以外に、中国系の舞いも多く登場します。そして、無双OROCHI魔王再臨の中では、女性キャラが舞うことが多く、それにより武将たちが激励され、鼓舞されたりもするわけです。それは一種のチアリーダ的な存在として扱われているのですが、実際のところそうではなくて、舞うというかうまく舞うための身体の動きが武道の中でも生きているということがあるのですね。

そもそも、身体の柔軟性、リズム、インナーマッスル、持久力そうしたものは、非常に大雑把に言えば高いに越したことはなくて、舞いはそれを、当時としては効率的に、また楽しく身につけることができたのかもしれません。そのような舞いと武道の関連について、検索してみると、当然ながらいくつかのページがヒットします。

謡について
白洲正子さんが「昔はどこの家でも謡を習っていたものよ」と言っていました。
現代では、ある程度所得のある家庭ではピアノを習わせる家庭が多いですが、一昔前までは、謡を習うのが基本だったと理解しています。
 また封建時代には、武家の子弟は武道の一環として能を習っています。立ち振る舞い、身体のこなしなど、呼吸法、発声法など、能から学べることは多い からです。
 実際、例えば「道成寺」の「乱拍子(*)」のシーンでは、シテ方の脈拍は、200/分を越えているている場合があるそうです。
 能楽師の心肺機能の高さは、極めてアスリート的です。
    → 「能楽ワンポイント講座


また、こちらのページには、蹴鞠(今川義元がやってますね!)や能と武道との関連が述べられています。ちょっとななめ読みするには難しい、大学の先生の文章ですけれど、蹴鞠や能の動作が、腰を据えるにつながり、それは安定的で、強い、武道に適する身体といういことにつながっているのだろうと思います。



・魔王再臨の方は、ちょっと先が見えてきた気分です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。