FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

カブトムシでビールを釣る~夏祭り

2006-08-01-Tue
わたしの住む愛知県三河地方の祭りでは非常に花火が盛んなのですが、打ち上げ花火や川花火以外に、手筒花火(てづつはなび)というのがあります。きちんと調べてないのでわからないのですが、全国的には三河地方が最も古く、江戸時代からあるようです。江戸幕府は全国的に火薬の製造や貯蔵を禁じていましたが、徳川家の地元であった三河地域にには許可されていて、そこで家康の編成した鉄砲隊が、故郷の子弟たちに火薬の扱いを伝授し、それがやがて祭礼用の献上花火として打ち上げるようになったのが始まりと言われています。
 参考→三河の手筒花火

愛知県三河地方と静岡県の遠州地方で行われる以外は全国的にも珍しいようです。わたしも見てきました。安全のため近くまで入れてもらうわけにはいかなったのですが、こんな感じです。「手筒」という名前でわかるように、それぞれが長さ数十センチから1メートルくらいの太い竹の筒に藁を巻いた手筒を持ち、その口から花火が数メートルの火の粉を吹き上げます。持ち手は頭から火の粉をかぶるかたちになりますね。写真で見ると打ち上げ花火に比べて小さな感じなんですが、実際その場で見ると、人が火を噴き出す筒抱えていて、それが目の前のことなのですから迫力がありますし、怖さもあるのですが、自分でもできるのではないかと思えてきます。
maturi01.jpg

maturi05.jpg


この写真は豊川市の大社神社(7月29日)のものですが、翌日には歌舞伎行列をおこなわれていました。いわゆる旧東海道を、歌舞伎の中に出てくる若侍とか花魁などに扮した若者たちが、山車(だし)とともに練り歩きます。
maturi03.jpg


maturi02.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



HOME