FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

そうか、落語ブームなんだぁ~大須夜席の宣伝

2008-03-27-Thu
先日、大須演芸場で落語を見て、雷門獅籠が古典落語「三枚起請」(さんまいきしょう)ってのをやっていて、「棟梁(とうりょう)」を「とうりゅう」って言ってるように聞こえて、気になってしかたがなかったというようなことを書いて、ま、よせばいいのに獅籠自身のブログにトラバを送ったりなんてしたものだから、獅篭ご自身からコメントをつけていただくということになってしまいました。

棟梁=とうりゅう は江戸弁というか落語のルール言葉というか・・・。

詳しくは「とうりゅう 落語」とかで検索ちゃんしてみてくだはい!

このコメントを見て、ああ、申し訳なかったなぁと思うと同時に少し複雑な気持ちになったのです。これからは舞台を見ても、当のご本人のブログにトラバするのは、少なくとも止めたほうがいいかもしれないぞと反省したりしました。こちとらお客だぞ~ってな調子で書きたいこと書いて、それをトラバするというのは、なんだろ、ちょっとマナー上よくないというか、フェアじゃないかもしれないなぁとちょっと思ったのです。

客商売。こんな客でも、客は客。あっちはおもしろくなくても、一応は客と思って対応しなければならないわけでしょう。きっと、獅籠自身も、どうコメントしたものかときっと悩んだに違いないと思ったのです。「くらはい!」というちょっとおどけた言い回しに、わたしはその、戸惑いというか、ためらいというか、一種の屈折のようなものを感じたのです。

ま、わたしは教えていただいたとおり、「棟梁 とうりゅう」で検索して、いくつかヒットしたページから、「大工(だいく)」を「でぇく」と言うのは江戸弁で、同じく「棟梁(とうりょう)」を「とうりゅう」と発音するというような説明のページをみつけました。「うむ、さすがは大工は棟梁(とうりゅう)(細工は流々)」というように、「だいくはとうりゅう」と「さいくはりゅうりゅう」の洒落を使った落語を紹介しているページもみつけました。
 → 「お家寄席」

なるほど。獅篭は古典落語の伝統に則って「棟梁(とうりょう)」を「とうりゅう」と言っていたってことなのですね。そうなんでしょうね。でも、わたしの中では「でぇく」や「しゃかん」「あすび」というのは耳障りでなくても、「とうりゅう」は、なんだかやっぱり居心地が悪いんですね。なにか、すんなり乗り換えられないなぁというような感覚がどこかにあるのですね(落語が間違ってるとか言ってるんじゃないですよ)。

ほんでもなぁ、「りょう」を「りゅう」なんてちょっと座りがわるいなぁと思っていて、ふっと思い浮かんだ人物がいたんです。

坂本龍馬

ああ~。「龍馬」は「りょうま」とも読むなぁって思ったんですよ。ちなみに、検索するとこんなページがあります。

ちなみに、「龍馬」は慣用音「りゅうま」だが、漢音は「りょうま」で、
同時代の人の日記や書簡に「良馬」の当て字で記されていることもあり、
また龍馬自身も書簡の中で「りよふ」と自署していることもあるため、
「りょうま」と読まれていたことは間違いないようです^^
「竜」は「龍」の新字で、本来ならば「竜馬」は誤りですが、
司馬遼太郎の「竜馬がゆく」以来、慣用化されています^^
      → 雑学のすすめ:「坂本龍馬が免許皆伝って、ほんと?

これ読むと、漢字上は「りゅう」が正当で、「りょう」は慣用で、ところが坂本龍馬の場合は「りょうま」の方がどうやら正しいという話のようなのですが、「りょう」と「りゅう」を通じさせたのは「棟梁」だけでもなかったんだということで、ちょっと納得したりしてるわけです。

で、話は元に戻して、獅篭がコメントをつけてくれたのを見て、わたし自身はなにか申し訳ないような気持ちが働いて、ついつい、「師匠、コメントありがとうございました」などとレスしたら、スゥ。さんから、「真打以上が師匠なんだけど、獅篭は真打だっけ?」みたいなコメントをいただきました(同じ記事です)。相撲でも「関取」と呼んでいいのは十両以上のように、落語にも慣習というか、しきたりがあるのでした。しまったなぁと思ったのですが、ま、しかたがありませんね。こうして、少しずつ、落語の言葉を覚えていくというわけですね。

そんなスゥ。さんが教えて下さったのが、大須夜席の情報です。

yoruseki16.jpg第16回 大須夜席
泉水亭錦魚・立川談奈
   二つ目昇進記念落語会


日時 平成20年3月29日(土)
開場 午後5:30 開演 午後6:00
会場 大須演芸場
※地下鉄鶴舞線大須観音駅下車徒歩5分
出演 泉水亭錦魚、立川談奈、
雷門獅篭、雷門幸福、雷門小ゆび
木戸 1,500円(全席自由 当日のみ)

「二つ目」ってのは何か? 真打とは何か? なんて話を、誰かが枕でしてくれそうな企画でもありますね。

ええと、落語ブームらしくって、中央公論4月号が「落語の「通」になりたい」なんて特集やってましたんで、Amazonで買って読んでみました。お薦めDVDは参考になりましたし、「名人論」(?)も、興味深くはあります。

中央公論 2008年 04月号 [雑誌]

中央公論新社 (2008/03/10)


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



HOME