FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

なぞなぞ53)日本語クイズ:「逆もまた真なり」

2009-01-24-Sat
ちょっと大相撲の話題からです。

今場所--というのは、横綱朝青龍が三場所連続休場で進退がかかっていた平成21年初場所のことですが--、思いのほか絶好調で、13戦全勝で単独トップ、1敗は白鵬ただ一人という展開になりました。場所前の横綱総見で全然ダメで、「進退の掛かる今場所は出ないほうがいい」という意見は親方や先輩横綱、相撲記者や評論家などからも聞かれ、「再発防止委員会」という責任あるY氏からは、「実質的な引退興行になるであろう」という予想をされていたのであります。ま、いかにマスコミが偏った報道をしているか(もしくはその程度のいい加減な報道しかできないか)という例だと思うのですが、こういうことを「引退勧告」という大見出しをつけるスポーツ紙もあったわけです。

そういう今場所です。そういう予想に反して、朝青龍は初日から連勝を続けるのですが、「意外に調子がいいじゃないか」ということが言われ出したのは、5日めを過ぎた頃からだと思います。元大関の栃東がたしかNHKの番組かなにかで、朝青龍は調子が出てきたので、勝ち越しはできそうだし、下手をすると優勝しますというようなことを言ったのが、ちょっと耳に障りました。

もちろん、こういう言い回しの微妙な言葉にいちいちつっかかっていると嫌われるのですが、栃東の真意はともかくとして、「下手をすると優勝します」というふうに言ってしまうと、「優勝しないほうが都合がいい」というニュアンスが込められているようでちょっとなと思います(たぶん、場所前に朝青龍の不調を予想し引退勧告を自慢げに語っていた人たちにとって「下手をすると」って意味で栃東は言ってるんだと思います。栃東自身もそういう予想をしていたというなら、自分の予想を覆されてしまったわけですしね)。

で、その時思ったのが、「上手くすると優勝しますね」という言い方をしていたらどうなんだろうと思ったのですが、これなら確かに朝青龍を応援しているようなニュアンスが出て、ま、わたしにはすんなりと受け入れられたのでしょう。ただ、この場合、ダメだろうと予想していた人たちにとっては、ちっとも上手くないわけなんですが……。

それでも、この場合、「上手くすると」の方を使わないと、朝青龍の引退を望んでいるようなニュアンスがどうしても出てしまうんじゃないかなぁと思って気にしていました。

「上手くいく」とか「下手をする」とかいうのは、予想と同時に、主観というか価値判断もしているので、ほんと上手く言わないと感情的な行き違いになってしまいかねないなと思ったりして、言葉というのは難しいなと思ったのでした。

さて、ここからちょっとクイズというか、なぞなぞです。

こんなことを考えているうちに、この場合「上手くすると」でも「下手をすると」でも同じなんじゃないかという錯覚に陥って(実は全然逆なんですけど)、そう言えば、一つのなぞなぞがあったのを思い出しました。

久しぶりに、言葉のなぞなぞです。

普通は反意語です。ちょうど、ここに出てきた「上手い」と「下手だ」のように。

しかし、(ある使い方をすると)同じ意味になる言葉はなんでしょうか。


たぶん、このヤフー知恵袋の人はこれが知りたいのだと思います。

反対の言葉なのに同じ意味になる漢字ってなにかわかりますか?

補足
A←→Bでもあり
A=Bでもある
AとBに漢字をあてはめてください
 → Yahoo!知恵袋:「反対の言葉なのに同じ意味になる漢字ってなにかわかりますか?

この「補足」の書き方の方が問題としては優れていますね。

そんな漢字を考えて下さい。

トンチというよりは、確かに頭の柔らかさは必要ですが、いわゆる「いじわるクイズ」ではありません。

回答は、トラバで表示したいと思います。

※ちなみに、上のヤフー知恵袋の回答はベストアンサーどころか問題への確認だけで、回答にもなにもなってませんね。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
スポンサーサイト



惜しまれて去る~栃東引退

2007-05-08-Tue
先場所、脳梗塞の疑いで途中休場して以来、栃東が7日には、はっきりと方針を出し記者会見をすると言っているにもかかわらず、GWをはさんで夏場所の休場か引退かなどという憶測の記事がマスコミをにぎわせていた。スポーツ新聞などはスクープ合戦もあるし、売り上げの事情もあるのだろうからさもありなんと思わないでもなかったが、一方わたしが巡回する、相撲ファンの多くのブログでは、むしろ口にしたくない、めったなことは書きたくないという思い、つまり、引退しないでなんとか続けてほしいという願いにも似た気持ちがあったのだろう、「引退」について、その心配する記事さえあまりお目にかからなかった。

実はわたしも、憶測とも言えるスポーツ紙の引退記事を見たときに、何度か記事に書こうかと思ったけれど、実際書けなかったのだ。なんだろう。結局そうなるのかもしれないけれど、本人の口からきちんと聞くまでは信じたくない、そんな気持ちであったのだと思う。

栃東が、おそらく医師とも相談してきめた進退であるから、その気持ちを尊重したい。病気の影響で不本意な引退をせざるを得ないところに残念だという気持ちはあるものの、身体的にも決して大きい方ではないのに、ほんとうによく研究し、怪我と戦い、日本中の期待を背負ってよくがんばったと思う。お疲れさま。ありがとうと言ってあげたい。

ただ、ファンの勝手な気持ちを書かせてもらえば、確かに相撲取りは「力士」というくらいであるのだから力が必要で、また、踏ん張りというか、息を止めて力を出し切ることが必要だから、脳梗塞や高血圧みたいな持病があっては力を出し切れないとは思う。また、身体を作っていかなければならないので、今の食事療法を求められる医療では実際難しいのだろうけれど、栃東は技巧派である。決して旭鷲山のような小ずるい相撲や、一時期の千代大海のような21世紀型環境にやさっし相撲をとってほしいのではないが、なんというか、栃東のようなうまい力士なら、脱力してうまくさばいてとるみたいな取り口でそこそこやれるのではないだろうかとちょっと思っているのだ。最後の一場所限定で、どれくらいいけるかみたいな立場から、気楽に、技の相撲をとる姿を見たいとう気持ちがあった。大型化した力士が多い中、そんな甘い結果は出ないかもしれないけれど、なんというか、身体への負担がない相撲みたいのを、ちょっと見せてもらえないかなって思っていたのだ。

変化がいけないとか、正面から頭であたるのがいいというのがあり、一応その考え方はわかる。そういう相撲が理想かもしれないが、なんとうのか、多少身体が衰えたり、悪いところがあっても勝てるという相撲があってもなんにも悪くないと思う(全員がそれでは興ざめだけれど)。もし、栃東が「身体が悪いので、あと一場所だけ、ガンガンいかない相撲をとってやめます」と言ってくれたらいいなぁと密かに思っていないこともなかった。

もちろん、それはファンの勝手な思い入れであって、栃東は自分の理想の相撲を追求し、そしてまた、自分の納得のいくものができないならやめるという姿勢もまた、高く評価されてよい。

お疲れさま、栃東関。今までありがとう。ゆっくり休んでください。

→ iza:「「脳梗塞」判明で気力衰え 大関栃東引退 30歳、優勝3回」

→ 栃東公式ブログ:「ファンの皆様へ」(5/7付)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

行ってきました~「とよはしまちづくり大学」

2006-06-25-Sun
先日記事にした「とよはしまちづくり大学」に行ってきました。

「とよはしまちづくり大学」は「大学」という名にあわせて、講義の前後の合図はチャイムでした。学校でなる「キーンコーン~カーンコーン」ってやつね。昼食は「給食」で、「宿題」まで出ました。ちょっとユニークな企画だと思ったのですが、会場はガラガラ(半分くらいしか入ってなかった感じです)。あれは、PR不足ですね。豊橋青年会議所。せっかく、いい講師がいい話したのに、もったいないですね。

john01.jpg

1時間目はタレント的な才能を発揮して、おもしろい話をしたカナダ出身のジョン・ギャスライトさん。表情豊かで、目がきらきらして楽しそうでした。続く2時間目は北山孝雄さん。建築家の安藤忠雄の双子の弟で、なんというか、知的なトークというんでしょうか、文化人的なおもしろい話でした。いろんなまちづくりを手がけてきた経験を、軽快なリズムで、洒脱に話すって感じです。午前中二時間は、ほんとうに話のプロって感じでした。

2時間目が終わると「給食」。栃東関も会場に来られました。普通に歩いてました。いや、少なくともそのくらいには怪我は回復してるってことです。「先場所残念だったね」とか「怪我大丈夫?」とか、声がかけられず、どう言っていいかわからなかったんで、「応援してます~」とだけ声をかけてきました。あとは、色紙を書いてもらって、一緒に写真もとってもらいました。もう少し気の利いたこと言えればよかったのですが、どうもどういっていいの。きまじめに「写真ブログに載せていいですか?」とだけ聞きました(笑)。

身体は大きいですね。背はわたしとそう変わらない。ただ、ごついというか太いというか、張りが違うんですね。鈴木ミノルを見たときも思ったんだけど、背は違わない(厳密に言えば栃東もミノルもわたしより大きいです)のに、なんでこう身体が違うのかって。

なんというか、ちょと勝手が違ってばつが悪そうでもありました。参加者に写真撮影を頼まれたり、サインを頼まれたりしてました。わたしも、サインと写真を撮ってもらいましたが、この写真の方が感じがいいんで、これ貼っておきます(ちなみに、サインを頼んでいる方はわたしではありません)。
toti01.jpg

ちなみに、わたしが書いてもらった色紙にも「初心」とありました。サインをして、「初心」と書き添えて、最後に日にちを書き加えていました。わたしはその言葉に、名古屋場所に寄せる決意を感じました。

3時間目は玉ノ井親方と栃東関が並んで登場。ともに「講師」となっていますが、青年会議所の方がインタビューして、それに対して答えるというような感じでした。テーマが教育です。これ難しいですね~。企画自体が難しいなと思ってみてましたけど(笑)
toti02.jpg

大関も最初は固かったのですが、だんだん慣れ、自信を持って話をされていました。
toti03.jpg

「土俵の上でのメンタルな面はどうなですか?」という質問が会場からなされ、栃東関はこんなふうに答えていました(テープ持っていってないんでわたしの記憶です)。
「相撲は一瞬で決まる、立ってから、張ったり、突いたり、組んだりですぐ勝負がつくと思われがちだけれど、実は立ってからが相撲ってわけじゃない。勝負は土俵に上がったときから始まっている。たとえば、テレビで相撲を見る人は、とかく横からしかしきりを見ないが、おしりの方(つまり相撲とりと同じ視線で)からみると、また違ったものが見える。全員が正面に立つわけじゃない。今日の相手は右に寄ってるとか、ちょっとだけ左に寄っているとか、そういうこともある。そうすると立ち合い変わってくるんじゃないかと思う。いろんな仕草の一つ一つから、互いの読み合い始まっている。勝負は土俵に上がったときから始まっているんです」
ああ、なるほどと思いました。わたしはこれを聞いただけで、今日来てよかったと思いました。ピッチャーズプレートじゃなかった、仕切り線の真ん中でしきるものとばかり思っていました。やっぱり聞かないとわからないわ。

一方親方の方は、そういう心理的な点については「とにかく気が弱いのはダメ」ということもおっしゃっていました。それから「高見盛などのあのロボコップみたいな動きは、あれは本人は大まじめでやっているんです」ともおっしゃっていました。集中することの大切さと関連づけて話していました。それから、親方も大関も、少年時代は本当は相撲よりも野球をしたかったんだということもわかりました。

あと4時間目にはシンポジウムで、1~3時間目の講師の、総括みたいな話になったんですが、玉ノ井親方が足立区に道場を開いたときの苦労話や、今の地元の人たちとのふれあいみたいなことを話されていましたが、こういうインタビュー形式や、シンポジウム形式は、司会進行の力量が問われますね。お二方ともよくやったとは思いますが、ちと、どうだったんでしょう。

そうそう、栃東関は「応援してくれる人たちに感謝の気持ちを忘れないで土俵に上がってる」と言ってました。

ああ、「朝青龍嫌いですか?」とか、「雅山のことどう思いますか?」とか、「把瑠都怖くないですか?」とか、そういうこと聞いてみたかったんだけどな~(笑)

あ、そうそう。こういうときは「栃東~」なんて声かけたらいけなんですね。いけなくはないでしょうけれど、「大関」って呼んだほうがなんかこっちもいい感じだなって、しみじみ、そういうことも気づきました~。いろいろ楽しいひとときでした。

もうすぐ名古屋場所。すでに、うちのブログもテンプレだけは、本場所モードなんですけど。がんばれ! 栃東!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

講師栃東大裕氏~とよはしまちづくり大学

2006-06-21-Wed
テンプレートを「本場所中」のものに変更しました。FIFAワールドカップ・ドイツ大会の真っ最中、わが日本代表は蜘蛛の糸くらいの微かな望みをつないで、オーストラリアの賭博容疑に賭けているわけであります。

しかし、名古屋場所が近づいてきていることは間違いなく、先日、知り合いが栃東が豊橋に来るぞ~という話を教えてくれました。
 → 豊橋青年会議所「とよはしまちづくり大学」

プログラム見ると「大学」と銘打つだけあって、4時間も講義があって、そのうちの3時間目に玉ノ井親方と大関栃東が「人の教育と未来」というタイトルで講義をしてくれます。その前の「給食」ってのもありますけど。

悔しい先場所の休場そして名古屋場所は怪我で稽古不足での出場となるでしょう。こんなことしてないで、温泉でも入って怪我の養生でもして欲しいと思うのですが、どんな話をするのか聞いてみたい、いっしょに「給食」食べてみたいと思いまして、先日ネットで申し込んでみました。ハガキが届き、参加できそうな感じです!

参加できたら、もちろん報告します。

というわけで、まだまだワールドカップ・モードなんですけれど、ちと、前の半年以上使っていたテンプレが不調(わたしのいじりすぎ)でして、早々と本場所モードです!

ガンバレ! ニッポン!!  それ行け~! 雅山!!

ブログランキング
HOME NEXT