FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

映画:「舞妓Haaaan!!!」/劇場

2007-06-28-Thu
いつもは一人でいくんでが、たまに連れがいたりすると、相方に合わせることが必要になるときもあって、今日は、今なら「ゾディアック」を選ぶところだったのですが、意外にも「舞妓Haaaan!!!」と「憑神」で迷った末に、「舞妓Haaaan!!!」に入りました。

GET THE 舞妓Haaaan!!! RIDE!!!
しゃべりたおし!!!どす。 舞妓Haaaan!!! オフィシャル裏本

ぴあ (2007/06/08)
売り上げランキング: 5555

 → 映画「舞妓Haaaan!!!」公式ページ

ええと、メインのストーリーとしては、中学の修学旅行で京都に行き、舞妓はんにはって以来、舞妓さんと野球拳をすることに、ず~~っとあこがれていた鬼塚(阿部サダオ)と、三重出身なのに鬼塚に気に入られたくて京都出身と偽ってつき合っていた恋人(柴崎コウ)の、一風変わった恋愛コメディということになるのでしょうか。

この鬼塚は、Webに「舞妓遊び入門」みたいなサイトを作ってるんですね。ここは、ブロガーというかネットワーカーははまると思いますね。そこは映画の導入部分に過ぎないのですが、ボードチャットやってるんです。「(笑)」とか、「(蔑)」とか、「(呆)」とかが、ガンガン出てきてバトルモード全開。もう、おかしいやら、楽しいやらで、これみて正解とおもってわくわくしてました。

そのボードバトルの相手が、ま、いわば敵役の佐藤(堤真一)です。鬼塚が舞妓遊びにあこがれながら、なかなか実現できず、かろうじてそうしたサイトやってるんですが、片や、もう舞妓遊びの大ベテラン内藤(堤真一)が、憎々しげな書き込みを鬼塚のボードに書くということですね。内藤はプロ野球選手で金はたっぷりあって、舞妓遊びもしたいほうだいなんですね。

そしてそれが悔しくて鬼塚はなんとか祇園での舞妓遊びを実現しようと、頑張るわけですね。ここからが、本格的な物語のスタートです。なんとか祇園で遊ぼうと悪戦苦闘の連続。このあたりがけっこう映画的にはおもしろいわけです。恥をかき、挫折をし、努力して、やっとの思いで舞妓遊びにこぎ着けるわけですが、また、そこに内藤(堤)が出てきて、憎々しげなふるまいをするわけです。

あんまりネタバレにしてはいけないと思いますが、こうして、鬼塚にとって内藤は、目標であり、ライバルであり、目の上のたんこぶでもあるわけで、ほんとうに舞妓遊びが好きなんだか、単に、内藤への対抗意識からか鬼塚自身がわからない状態になっていきます。そして、舞妓遊びバトルに絡んで、鬼塚は内藤への対抗上意外な転職をします。なんとプロ野球選手になってしまうんです(そんなアホな~と思いますが)。

そして、なんとか内藤と勝負できそうなくらいにのしあがると、内藤の方は別の仕事に変わってしまう。すると、鬼塚もそれをおいかけて転職する……対決はつぎつぎと土俵が変わるという感じです。このあたりは、もうハチャメチャですね。

こういうハチャメチャな展開の中で、また、アホが一人登場します。鬼塚に会いたいがために追いかける形で東京の会社を退職、京都にやってきて、舞妓の修行を始め、着実に一人前の舞妓になっていく恋人の富士子(柴崎コウ)です。就職難の時代にこんな気まぐれな転職などあり得んと思うのですが、案外簡単に仕事を変わる現代の若者には、そうでもないのかもしれません。

この富士子の姉舞妓にあたる駒子や、そのたさまざまな人たちとの関わりや人間模様を描きながら、奇想天外ハチャメチャな展開と、意外な家族の秘密や、また、皮肉で捻れた恋愛関係など、いくつものおもしろいサイドストーリーが、たくみに組み合わされて、飽きないつくりになっているなと感じました。

キャストも豪華です。植木等が拝めるとは思いませんでした。故人かと思うと笑う前に寂しさが出てしまうのは、作品としてはちょっとあれなんでしょうけど、ま、貴重です。また、吉行和子はあいかわらずいいです~。

肩の力というか、全身の力を抜いて見たいという方にはピッタリの作品です。それでいて、花街や舞妓のことにつては、日本人の多くは知りませんので、ま、この作品自体がそうした「舞妓遊び入門」にもなっていたりします。そういう意味では知的にも満たされるところもあるし、また、笑うだけではちょっとって考えがちな方には、意外な感動話もありまして、ま、楽しめるエネルギー全開映画ですね。

ランキングオンラインでは「アクション・アドベンチャー」に分類されているけど、これ、そうだとは思わないけどなぁ。



にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト



映画:「どろろ」~新春公開

2006-10-18-Wed
映画館行ったら、ロビーのテレビから「どろろ」の予告を流してました。プロモーションビデオというのか。そういえば、そんな話、前にも聞いたことあったかもと思いました。そのときも配役は決まっていたんでしょうが、こうして予告を見るいよいよかという気がします。百鬼丸が妻夫木聡で、どろろ柴咲コウなんですね。あ、そういえばどろろって女だったかもってほのかな記憶が蘇ってきました~。
どろろ ナビゲートDVD ~序章~
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2006/12/22)

また、漫喫で「どろろ」読み直したいと思いますが、簡単に言うと、ある貴族が魔王によって力を得るのですが、その交換条件が、長男の肉体なんですね。肉体全部というのではなくて、身体の四十八のパーツなんです。こうして、その貴族には肉の塊のような赤ん坊が生まれてきます。目もなく、耳もなく、手足もない。その貴族はその赤ん坊を川に流し、次男を跡取りとして育てます。もちろん、めだたく魔王の力を得て、貴族は栄華を手に入れているはずです。

その赤ん坊が、どうしたわけか救われて、義手義足義眼などを与えられた、一種のサイボーグとして育ちます(予告見ると死んだ子の肉体を移植したってことのようです)。時代はいつ頃なんでしょう、平安後期か源平の時代なんでしょうか?(予告みると室町末期) そして、青年に成長します。名は百鬼丸です。魔王は手下の妖怪たちに、百鬼丸の肉体の一部を与えることによって、おそらく妖怪のグレードを上げ、自ら魔王としての地位を高めていったものと思うのですが、魔王側の事情は覚えていません。とにかく、百鬼丸は妖怪を一匹倒すごとに、その妖怪の持つ自分の身体のパーツを取り戻せるのですね。

こうして、自分の肉体を奪還するための百鬼丸の戦いはスタートするのです。百鬼丸の武器は、義手にしこまれた日本刀です。肘から先がパカリとはずれて白刃が表れます。妖怪との壮絶な戦いと、肉体の再生のシーンが見物だと思います。これでは百鬼丸が主人公の話になってしまうので、確か、TVシリーズでは「どろろと百鬼丸」というタイトルになっていたと思うんだけど、それはリメイクだっけ? 主題歌をおもいだした。ホゲホゲたらたらホゲたらピン~みたいな~(笑)
どろろ Complete BOX
どろろ Complete BOX
posted with amazlet on 06.10.18
コロムビアミュージックエンタテインメント (2005/09/21)
売り上げランキング: 563
おすすめ度の平均: 5
5 思い出の一品
5 『重いテーマ』と『可愛らしい主人公』
5 野沢那智!

じゃ、どろろは? どろろは百鬼丸に子分のようについていきます。友人であり、家族のようにつきそいます。しかし、どろろの本職は泥棒です。そして、狙っているのは百鬼丸の義手にしこまれた刀身です。この刀身がほしいがために、百鬼丸をつけねらうが、ま、そこは道連れ珍道中。名コンビが誕生するというわけですね。

見る前に、漫画読みたくなりました。
どろろ (第1巻)
どろろ (第1巻)
posted with amazlet on 06.10.18
手塚 治虫
秋田書店
売り上げランキング: 63,062
おすすめ度の平均: 4.75
5 手塚アニメでは異色なキャラクター
5 魅力的な登場人物たち
5 目で見えないものを心の目で感じる


映画「どろろ」の公開は2007年1月27日です。
 → 公式サイト

にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング
HOME