FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

柔道のルールと方向性の理想と現実~北京五輪

2008-08-16-Sat
北京五輪は、なにかとタイムリーにやってるなと思います。

暑い日本の夏休み、ガソリンが高くて、さらに諸物価が高くて、つまり、暑いやら、高いやらで、ほんならうちで、クーラー当たりながらテレビでも見ましょうかって気にさせてくれます。さらに、なにより時差があんまりなくて、つまり、わりといい時間帯にライブで見られます。「偽装五輪」と英国紙は厳しいですが、確かに「巨人の足跡」や「口パク少女」はどうかと思いますし、開会式前の「鳥の巣」の前に、普通の選手や、市民たちともに、軍服に機銃を下げた兵士がいたのには、ほんとうに興ざめだなと思ったりもしましたけれど、ま、それにしても、ついつい五輪やってると見てしまいますね。

水泳の北島選手や体操の内村選手など、なにかすごい華々しい活躍の人もいましたけれど、ま、そっちはそっちでいろいろ書いてもいいのですが、ま、わたしはちょっと柔道のことが書きたくなりました。

というのも、北京五輪の柔道競技が始まって、うちのブログのある記事に急にアクセスが増えました。これです。
 → 過去記事:「柔道のルール改正に思う、大相撲の「変化」」(08年3月8日付け)

このわたしの記事で、「北京五輪から効果が廃止され、ポイント合戦になっている柔道から、一本重視の柔道に変わる」というようなことが書いてあるのですが、どうやら、実際に柔道を見ているとそうではないことに気づきました。「効果」というのは依然としてあるじゃありませんか? 念のために、北京五輪の柔道ルールにつて解説してるページを検索して調べててみたのですが、効果のポイントはきちんと生きています。
 → Yahoo!スポーツ 北京オリンピック特集 「柔道:ルール」

あらら、日本生まれの「柔道」が、国際的な「JUDO」になって、ついには「ジャケットレスリング」と呼ばれるようなものに変質しようとしている(武道的な観点から見れば「堕落」ということになるかもしれません)ということを阻止しようとした、3月の改正案は、(少なくとも北京五輪では)採用されることがなかったようですね。もし北京五輪から採用されていたら、もっとすばらしい結果になっていたかもしれません。

さて、そのわたしの記事(「柔道のルール改正に思う、大相撲の「変化」」)は、柔道のことが書きたくて書いたのではなくて、相撲のこと、特に、大相撲で横綱朝青龍が稀勢の里(当時小結)を蹴手繰りで破ったときに、「横綱の品格」のようなことを言われ、ことに横審の女性委員からは「蹴手繰り」なんていう名前からして品格がない技を使うなというようなことを言われたことについて、わたしなりに批判したものです。

スポーツにおけるルールとは平等なもので、どういう立場の人は使っていけない、上位のものが使ったら卑怯だ、品格がないというようなことはない。勝つためだったら(ルールで許されているの範囲なら)、(その手法、作戦の好き嫌いはともかく)何をしても許されると思っています。審判が認めているものを、横審という、特別な立場にある人が「品格のない技」などというのは、それこそ立場をわきまえない、品格のない発言だとわたしは思ったので、柔道のルール改正を引き合いに出して、もし「蹴手繰り」がそんなに下品な技だというのなら、この柔道のルール改正のように、大相撲もきちんとルール改正して、「蹴手繰りは(番付上位者が下位者に対して)使ってはならない」と規制をすべきだ(わたしは仮定が違うので、このルール改正には不同意ですけれど)というのが、わたしの意見でした。

で、今回の日本勢の敗北について、特に、鈴木選手や泉選手の試合を見てて思ったのですが、ひょっとして無理して横綱相撲をとろうとしてませんでしたか? ということです。わたしは、試合を見ただけで選手の考えてることや理想がわかるわけではないのですが、なんというか、日本選手が妙に棒立ちで、腰高で、相手の選手に下に低くもぐられてリフトされたり、転がされたりしてるように思われてならなかったのですね。

自分が理想とする一本をとる柔道を目指すのはすばらしいことですが、同じ理想の下での勝負を相手に要求するのはちょっと違うと思います。いや、厳密に言えば、同じ理想を相手に求めるのは自由なんですが、それに応えるか応えないかは相手の自由というべきでしょう。以前プロ野球の清原選手が、オールスターだか日本シリーズだかで、相手ピッチャーに対して、自分はフルスイングする(あてにいくとういような卑怯なことはしない)から、お前もド真ん中直球で勝負して来いとうような要求をして、結局変化球だかを投げて三振をとりに来た相手投手を、卑怯者呼ばわりしたことがありました。

わたしに言わせれば、清原がそれだけの駆け引きをして、それだけの勝負を望むのはいいとして、それを受けるか受けないかは、相手の自由であり、相手はルール内で最善と思われるプレイをしたならそれでよく、敬遠だろうが、変化球だろうが、勝つために自分で選べばそれでよく、それに対して「卑怯者」という権利は清原にはないと思いました。それはむしろ清原が卑怯だとさえ思います。

今回の柔道の男子の不調を見て、柔道における理想と現実の中で、ひょっとしたら日本の選手たちは、この清原選手のような立場に追い込まれていたのではないかと思うのですね。「一本をとる柔道」の理想を必要以上に意識させられ、チームの方針として強要される(と言わないまでも、その理想の下で結果を残さねばならないというプレッシャーを与えられた)ところはなかったのだろうかと、ふっと思ったのですね。

もちろん、それができる選手はそうしたらいいのです。しかし、相手選手がルールの特性を理解して、ポイントをとる柔道をしてきているのに対して、日本は、横綱なみのハンディを(横綱でない人にまで)押し付けるところがなかったのだろうかと思ったのですね(別に、横綱や清原がやれるんなら、それはいいんですよ。そこまで否定してるのではありません)。

そして、多くは結果を残せなかった。それは、柔道に負けたというよりは、ルールに負けたといえなくもないのですが、それだけに負けた選手の気持ちは気の毒にほどがあります。理想を追うのはいいのですが、環境を整えてからにすべきであって、ルールがポイント重視のままであるのならば、それはそれでそういう戦い方も戦術の一つにしなければなかなか勝てないのではないかと思います。理想がどうということではなくて、ルールとはそういうもので、力の差が小さければ小さいほど、そのルールの方向性は大きな影響を及ぼしたろうと思うのですね。

逆に言えば、そこまで「一本の柔道」を理想に掲げる人は、「横綱柔道」で一本を狙って正面から受けにいって、結果「柔道」とは言えない「タックルでも、足取りでも転がせば勝ち」というスタイルの人に負けてしまった選手に対して、お前は理想を追求して散ったのだからすばらしいよと褒めるべきだと思うのですね。そもそもルールを敵に回す不利な戦いに臨んだのわけですから、金が減った、惨敗だなどと言ってはならんのです。たとえ負けても散り際が見事なら敗者でも褒める……、武道、武士道とはそういうものです。そこだけ急に、金が何個、メダルが何個などと数え出すくらいなら、それは、それ最初から、ポイントを取る柔道を選べばいいと思うのですね。効果がいくつ、有効がいくつ、一本がいくつ、メダルが何個……って。

がんばれ! ニッポン!!

にほんブログ村 格闘技ブログへ
スポンサーサイト



柔道のルール改正に思う、大相撲の「変化」

2008-03-08-Sat
柔道のルールに関するニュースが続きました。

まず、

国際柔道連盟(IJF)が7日の理事会で、襟や袖口の厚さや長さが基準を外れた違反柔道着を一掃することを目的に、基準に合格した柔道着にIJF公認マークを与え、五輪や世界選手権など主要大会で着用を義務づけることを決めた。
違反柔道着を一掃、国際柔道連盟が公認制導入へ(読売新聞) - goo ニュース

記事によると、来年の世界選手権(オランダ)から実施される予定で、「最近は、相手がつかみにくくなるように襟や袖に糸を縫い込んで分厚くしたり、袖を短くするなど規格外の柔道着を身につける外国選手が多い。組んで技をかける日本人選手対策とも言われ、欧州遠征でも「硬くて持てない」との声が日本選手から出ていた」のだそうです。一種のルール改正で、用具(柔道着)の規格をきちんと定めるということなのですね。

もう一つは、ちょっと前ですが、「効果」を廃止するというニュースでした。

国際柔道連盟(IJF)は6日、アブダビで理事会を開き、「効果」のポイントを廃止することを決めた。今夏の北京五輪後に適用され、「一本」「技あり」「有効」の3段階となる。
 IJFのルールでは、投げ技の場合、相手を制しながら「速さ」と「強さ」をもって片方の肩や尻などを畳につくように投げたときを「効果」と定めているが、分かりづらく、柔道の魅力をなくすとして見直しを求める声が多かった。
  → iza:「国際柔連、「効果」のポイント廃止 北京五輪後から

この背景には、柔道の醍醐味である一本をとろうとするのではなくて、所謂「ポイント狙い」によって勝ちに行こうとする試合運びが増えてきたということがあげられます。

 IJFルールは投げ技の場合「強さと速さをもって背中が大きく畳につくように投げたとき」を「一本」と定義。「一本」の条件のうち一つが欠けた場合を「技あり」、二つが欠けた場合を「有効」、片方の肩や尻などを畳につくように投げたときを「効果」と順に定めているが、分かりづらく、柔道の魅力をなくすとして、基準の見直しを求める声が多かった。
  → iza:「「効果」廃止、北京五輪で採用か 国際柔道連盟

同じ記事によると、このほかのルール改正も検討していて「組み手で組むことなく、いきなり下半身を攻撃することに反則を与える」というルールや延長戦に関する改正案が出ているようなんですね。

これが、スポーツというものだと思います。柔道はスポーツでない武道なんだという人もいらっしゃるでしょうが、みんなで共通して守るべきルールはこうして見直しながら、そして平等に課するものだと思うのですね。「ポイント狙い」が勝利に近いのであれば、プレイヤーはポイント狙いに走るのは当然で、まして、正面からいったのではとうてい一本勝ちが望めないような相手には、ルールの中で自分が勝つにはどうしたらいいかって考えるのは当たり前のことだと思うのですね。反則はいけませんが、反則すれすれってのは反則じゃない。

で、ちょっとこだわってるので、横綱朝青龍が蹴手繰りをしたときに、横綱が変化するなとか、そもそも「蹴手繰り」って言葉には品格がないというような意見です。横綱に期待するというのはわかりますし、それぞれが理想の横綱からして、目の前の一人横綱がどうなのかって思いも理解しないではないです。しかし、およそ土俵上の勝負に関して、ルールで許されている技である蹴手繰りをして、「品格」がない(そもそも技の名称自体に品格がない)などというのは、言いがかり以外のなにものでもないと思うのですね。

もし、「変化」や「蹴手繰り」が、相撲精神や武士道精神からみて許されない、品格のない行為であるのならば、柔道が指摘するような「魅力をなくす」というのであるならば、このようにルールで禁じればいいのですね。柔道では以前から「掛け逃げ」という反則があって、技を掛けないでいると消極的という反則をとられるので、攻めている素振りをして、実は決めるつもりのない技を掛ける、所謂偽装行為を反則としています。また、今回のルールの見直しで、

組み手で組むことなく、いきなり下半身を攻撃することに反則を与える
  → iza:「「効果」廃止、北京五輪で採用か 国際柔道連盟

ということも検討されています。

もし、「蹴手繰り」が横綱にふさわしくない、相撲道にもとる品格のない技であるなら、改名を考えるなり、その技自体を反則に指定するべきだと思うのですね(ファンが言うならともかく、横審メンバーが発言していたはずですからね)。そういうことで相撲のレベルというのがあがっていくのではないかと思うのですけれど。

時津風部屋の力士が親方の指示による暴行で死亡した痛ましい事件があり、部屋改革が叫ばれているなか、今年はドーピング検査も実施していくようです。

ドーピングNO!違反者は賜杯はく奪も (08/02/14)
 09年からのドーピング検査導入を目指す日本相撲協会は13日、東京・両国国技館で総勢900人の親方、力士を対象にした大がかりな説明会をスタートさせた。秋場所から試験的に導入し、来年から本格的な検査を実施する予定だが、違反者には優勝はく奪や出場停止などの厳罰が下されることになりそうだ

いいことだと思います。力士の安全のためには必要なことだと。

こういう改革の目で、いろいろと見直してみてはどうかと思うのですね。

ま、明日はいよいよ春場所初日ですけど。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

「相撲は国技にあらず」by日本相撲協会

2007-11-30-Fri
今まで、「日本の国技は相撲ということになっている」もしくは、「厳密には決まっていないが、そういうコンセンサスを得ている」と思っていました。そして、ちょっと語弊があるかもしれません、「その背景としては、日本相撲協会がうまいことやってそういう認識を得ることに成功した」と思っていました。つまり、「相撲協会の陰謀」とまでは言いませんけれど、「国技館」という名称が奏功して、「相撲は日本の国技たる地位を得た」と信じていました。

ところが、こんなライブドア・ニュースを見て、あれ、どうなってるの?と思いました。

相撲はいつから、どういう経緯で国技と見なされるようになったのだろうか。早速、日本相撲協会の広報部に聞いたところ、驚愕の事実が発覚!

相撲は国技ではありません

なんと、当の日本相撲協会から否定されてしまいました! どういうことですか?
  → ライブドアニュース:「「国技」をめぐる日本と世界の不思議な事情

ほんとうです。驚愕ですよ。どういうことなんですか……。相撲協会の返事はこうだったようです。

「国技館で行われているために、そう思う方々が多いのではないでしょうか。国技館は、日本相撲協会が相撲を行うために建てた施設で、明治42年の6月に開館されたのですが、完成前までは『常設館』という名称の予定でした。しかし、完成した際に「国技館と命名しよう」という提案があり、それが了承されたため、現在の名称になったんです。そのあたりから、相撲は国技といわれてきたのでしょう」
  → (同)

はい、こういうおおよそのことは知っていました。で、事実はその通りにしても、「……こういう経緯で、相撲は国技と言われてきており、国民のコンセンサスも得られていると思います」と言ってしまうのかと思っていたのですが、そうでないのが、実はびっくりです。

※すでにライブドアニュースは削除されています。ライブドアニュースが参照していたのは、この記事です。
 → R25:「え、相撲って国技じゃないの?~「国技」をめぐる日本と世界の不思議な事情」(掲載日 2007.11.22) ※URL補正(2010/11/17)

もし、相撲協会に背負う気がないなら、わたしも「相撲は国技」っていう認識を捨て、今後はそういう方向で発言していきたいと思っています。ちょっと皮肉な言い方をすれば、島国根性的なナショナリズムの抜けない大相撲の現状を見ていると、むしろ「国技」と呼ぶにぴったりだと思うのですが、もし、相撲協会が引き受ける気がなく、日本の国技を見直すことが可能であるなら、わたしは「柔道」を押したいと思います。理由は、「日本発のスポーツであり、かつ、国際的な競技にまで広がっていること」、「老若男女(ちと「老」は苦しいかも)を問わず、広く愛好者がいること」、また、「国際大会にもそれなりの好成績を残していること」などが上げられます。

剣道や弓道あたりも、日本的な種目で「国技」とも言えると思うのですが、愛好者がひどく国内に限定されている感があります。また、相撲は「男女に等しく愛好者がいる(※「見物」でなく「実技」という点です)」とは言えないし、アマチュアでは国際大会がおこなわれるようになっているようですが、大相撲では外国人差別などが色濃く残っているようで、その点が個人的には嫌なんです。「国技」を決めるにあたって、なにもわざわざ、女性があまりしない種目を採用することもないでしょう。

それに比べたら、柔道は、男女とも愛好者(競技者)がいて、なおかつオリンピックなどの国際大会でも、近年多少ピンチの感がないでもないですが、まだまだ日本が活躍していると思います。

相撲協会に「国技」を背負う気がないようですから、わたしは今日から、「日本の国技は柔道の方がふさわしい」と言うことにしたいと思います(「野球」を推す人がいらっしゃるようですが、まだまだ女性の競技者は少ないし、柔道や相撲をさし置いてわざわざ西洋の球技を採用することはないと思います。強いと思いますけどね、日本の野球)。

参考:
「国技」(Wikipedia)

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
HOME