FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

映画:「容疑者Xの献身」~劇場で

2008-10-06-Mon
東野圭吾のガリレオシリーズ、初の長編「容疑者Xの献身」を見てきました。

 → 映画「容疑者Xの献身」公式ページ
 → ガリレオシリーズの特設ページ

フジテレビの人気ドラマの映画化なんですが、おもしろいです。時間は144分なんですが、長さを感じさせません。

天才物理学者湯川(福山雅治)は、論理的な思考力で犯罪を解決に導く、いわば天才肌の探偵で、「ガリレオ」はいわば彼のニックネームです。若き女性刑事内海(柴咲コウ)は、難事件の捜査に行き詰ると先輩刑事草薙(北村一輝)とともにガリレオを尋ね、事件を次々と解決……。基本的には、この三人が探偵サイドの主人公です。

対する今回の犯人役というよりはむしろタイトルにある「容疑者X」の役と言ったほうぴったりくるのかもしれませんが、同じ大学の同級生であった石神(堤真一)です。石神はガリレオが唯一認める「天才」で、今はある事情から落ちぶれて高校の数学教師をしていますが、ガリレオと知り合った頃は数学の天才といってもいいような、明晰にして柔軟な頭脳を持ち、数学以外には全く興味のない、理想に燃えた将来を期待される学生でした。その石神とガリレオは、偶然、ある殺人事件を通して再会することになるのです。


▲特報

その事件は、開拓用の空き地で、一人男の絞殺体が発見されたという、それだけの事件です。顔がつぶされ、手足の指紋、掌紋などは焼き消されています。顔もつぶされて、歯の治療痕もわからない……。こういう全裸死体が発見されるのです。着衣は近くで燃やされているのですね……。身元を隠している死体は、逆に言えば、身元がわかれば解決は近いのが常なのですが、なかなかそこから進まないので、内海刑事(柴咲)がガリレオに相談にいくわけですね。

ガリレオは事件に対して当初は全く興味を示さないのですが、捜査の過程で、石神が登場すると、事件よりも、石神に興味を持ちます。才能を信じ将来を期待していた、かつての天才石神が今はどうなっているのか、友達として心配になったというのが正直なところでしょう。

……こうして、ガリレオと石神は再会します。同級生の旧友を尋ねたつもりが、それは、探偵ガリレオにとっては、容疑者石神と対決する辛い事件への関わらねばならないことになっていくのですね。なぜなら、石神はその事件の犯人を助けるために、天才と称された頭脳で、死体の処分をしていたわけなのですから。数学の天才が築き上げた誰にも解けない完全犯罪のトリックを、天才ガリレオが果たして美しく解くことができたのか……。ま、そういう仕立ての映画です。

わたしがネタバレを書いているようです、そういう心配はまずありません。本作は一種の倒叙形式の小説と言えるように、犯人というか殺人事件そのものがどういう過程で起きてしまったか、なぜ、数学者石神がそれに関わるようになったのかは、映画の比較的冒頭に近いところで、画面そのものに映し出されます。そもそも、それ以前に予告でも出ています。しかし、真犯人を救うために、石神がどういう狙いで、どういう段取りで死体を処分していったのか、それは映画を見ていてもわかりません。そこが謎なのです。見る人は、犯人がわかっていながら、トリックが見抜けない……。そういう展開で話はすすんでいくのです。

比較として思い出されるのは、夏に日テレの「相棒」の映画化「相棒-劇場版-絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」です。これもとても楽しく見た良作なんですが(→過去記事)、猟奇的でセンセーショナルな事件を扱っているので、キャラのおもしろさはあり、「東京マラソン」や「ネット犯罪」など現代的なアイテムをいくつも入れながら、やや大味なサスペンスという感じかなと思うのです。もちろん現代人の内面的な問題も入れて面白くできているので、このあたりは甲乙つけるというよりは、好みの問題だと思うのですが、それに比べて、本作はじっくりと論理的に落ち着いて勝負する、ミステリーになっています。冒頭に、主人公の紹介を兼ねた荒唐無稽な犯罪が描かれますが(TVシリーズ見てないのでつながりがあるのかもしれませんが)、逆にそこが一つの伏線というかトリックになっていて、初めてガリレオを知ったわたしには、なにか途方もない大仕掛けのトリックとガリレオとの対決があるのじゃないかと期待(厳密にいうと不安に近いものです)させ、それが的外れに終わって安心させます。きちんとした論理ミステリーになっているところがすばらしいと思います。

原作は東野圭吾です。現代人の孤独というか、せつなさというか、不器用さを描くのがうまいですね。理想と現実、夢とロマンと現実をよく描いていると思います。

容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)
東野 圭吾
文藝春秋
売り上げランキング: 9
おすすめ度の平均: 4.5
4 東野ファン
5 ●数学って、実に面白い!!
5 献身とは何でしょう
4 読後の一言 「一長一短」
1 これは愛の話ではないと思う




にほんブログ村 映画ブログへ

ドラマ:「白夜行<完全版>」~DVD

2008-09-20-Sat
東野圭吾の同名小説が原作のTBSドラマ化です。主演は山田孝之と綾瀬はるか。

白夜行 完全版 DVD-BOX
白夜行 完全版 DVD-BOX
posted with amazlet at 08.09.20
TCエンタテインメント (2006-06-23)
売り上げランキング: 2210
おすすめ度の平均: 4.5
5 苦しかった
5 原作に劣らない出来!!
3 東野圭吾の『白夜行』ではない。が、つまらなくもない。
5 最高!!!
5 美しい絆

 → TBSの公式ページ(あらすじもあります)

原作を読んでないし、TV放送も見ていないので、「完全版」となっているこのDVDとそれぞれとの違いが違いがわかりませんが、DVDはすごくいいです。いいと言っても、スッキリするだとか、幸福感が満ちてくるとかそういうことはありません。もう、泣きそうというか、何度か泣きますね。その言葉だけで終わらせたらいけないのでしょうが、宿命というか、運命というか……。「一つウソをついたら次々にウソを重ねていかなければならない」という人生を、ま、幼い二人は、ずっとその後も歩いていくのです。

これが設定なのだから、書いてもいいと思うのですが、でも、知らずに見たほうがきっといいと思うので、まだ見ぬ人のために、わたしはほとんどそれを知らずに見て、そしてそこが衝撃的だったからでもあります。それは、なぜ二人が秘密を持たねばならなかったということです。わたしはそれをあえて書きません。

子どもにはそれぞれ秘密があるものです。子どもでなくても。たぶん、それは誰にでもあるのでしょう。そして多くの人は大人になる過程でそんなささいな秘密を忘れてしまうことも少なくないでしょう。人によっては、毎日のほとんどはそれを忘れて過ごしていて、あるときふっとその秘密がある感情とともに思い出される……。案外そういうことが多いものかもしれません。別に子ども秘密に限らなくても、大人になってからのものでも同じかもしれないのですけれど……。

子どもの秘密で話をすすめます。子どもにとっては重大な秘密に思われることでも、大人から見ればたわいもないこともあります。たとえば、お母さんの口紅を黙ってぬってしまうとか、お父さんのエッチな本をちょっと盗み見てしまうとか……。それは、いたずらであって、大人から見たらたいしたことでなくても、子どもにとっては大きな秘密かもしれません。でも、それは成長の過程で忘れられる、むしろそのことに気付いた親が後ろからそっと見守ってくれていたら、むしろ消えてしまうようなささいなことかもしれません。

大人から見ても、子どもから見ても、誰が見たってほんとうに大きなことを秘密にすることだってあるのですね。たとえば、線路に石を置いて遊んでしまったら、電車が脱線してしまうとか……。火遊びしてたら、物置が燃えてしまったとか……。もう、新聞などにも載ってしまってそのことの恐ろしさを思い知らされ、もう忘れようにも忘れられない大きな秘密になってしまうかもしれません。そして、この話の二人の秘密は殺人だったのですね。それも、親殺し……。

殺すのはもちろん悪いことです。親だからいいとか、他人ならまだましとか、そういうことはありません。殺人は殺人であり、法律的にも最も重い罪となることは違いありませんけれど、子どもが親を殺すということは、赤の他人の命を奪うよりも、少なくともその実情は複雑であり、深刻であり、加害者である子どもの心境から言えば、親殺しの非常に重い傷が残るのと同時に、そうせざるを得なかった、そこまで追い詰められたという、深刻というか過酷な、切迫した、それはよくよくの事情が、他人を殺めることよりももっとやむにやまれぬ何かがあることが多いはずなのですね。

それを秘密にすることによって、それまでの過酷な事情や、親殺しの苦悩、露見を恐れる恐怖などをすべてすべて自分の胸の中に収めて生き続けなければならないわけです。それはまさに、明るい太陽の下でも晴れ晴れしい気分になれない、穏やかな夜でも安眠ができない、まさに、昼らしい昼でもない、夜らしい夜でもない……、白夜を進んでいくようなものなのですね。それがタイトルになっています。

白夜行 (集英社文庫)
白夜行 (集英社文庫)
posted with amazlet at 08.09.21
東野 圭吾
集英社
売り上げランキング: 485
おすすめ度の平均: 4.5
5 初体験でした
2 つまらん。無駄に長い。
5 彼も利用さた?
5 分かる気がする
5 大阪を象徴する一冊

それが一人でなく、男女二人であったことが、この話のおもしろく、また、つらいところなのです。二人は親殺しの秘密を共有できるのです。秘密の共有……、その秘密が一人では耐え難いほど大きく思いものでも、どうしても守りたい人のためにそれを隠さねばならないという力が働けば、それはとても気持ちを楽にしてくれるでしょう。弱さを克服しやすくなるのです……。でもさらにそこには陥穽があるかもしれないのです。

それまで誰にも振り返られなかった自分のようなもののために、誰かが命がけで助けてくれたというようなできごとが起きたりします。そして、それが、自分と同じように、親のことが原因で激しく悩み、苦悩し、追い詰められていたという共感を持つ者であったとしたなら。もう、わたしは、そういう「同病相哀れむ」みたいな、宿命的な同士を一人見つけることができたら、もう、一生の喜びですよね。まさにソウルメイト。自分の心の中の核となる部分、それはむしろ誰にも伝えられないような深刻な秘密と、それからくる悲しみ、苦悩を、期せずして共有してくれる友達というのは、非常に得がたいかもしれません。

ただ、そういうい相手と出会ったとき、果たして生涯その人と、その傷を互いに舐めるようにして生きていかれるものでしょうか。お互いその苦悩の秘密を他の誰にも打ち明けられずに、その二人でしか共有できないとしたら、それは、そういう人物が見つからないよりもひょっとしたら救われることもあるかもしれません。ただ、同時に、逆にむしろ自分だけなら、その暗がりからさっと抜け出すチャンスも手に入りやすいかもしれないのに、二人それぞれがほどほどに楽しく、安らかになるというのはむしろ難しいということもあるのかもしれません。そう、例は卑近ですが、たとえば独身女性の非婚連盟みたいに、お互いに先に結婚しない友だちみたいな友情を持っていると、友情を守ろうとすればするほど、せっかくの結婚のチャンスをどんどん取り逃がしていくような……。

山田孝之と綾瀬はるかがそうなんですね。その親殺しさえなかったなら、お互いとっても素敵な友だちであり、恋人であるはずなんですが、親殺しの秘密を共有してしまったがゆえに、嘘で嘘を固め、お互い裏切らないことを強く信じ、求め、そして、裏切れないわけなんです。

ドラマの中では、逃げ続ける限り真に心の平穏は訪れない、二人が望んでいるような、昼間の明るいお天とうさんの下が歩けるようなときはこないのですね。秘密の露見をおそれ、破綻をおそれ、そして何より誰にもいえない、心の奥底の最も暗い部分でのつながりを持つ相手を失うことを恐れるわけです(しかし、これはストーリー展開で、いろいろ変化をします。時に、相手の裏切りに対して疑心暗鬼になることもあれば、逆に、下手を売って露見するのではないかという意味で相手が信用できなくなることもあります。また、利害が一致して協力することもあれば、相手からの一方的な依頼に、内心反対、気が進まなくてものらなければならないというような状況で、話は展開していきます。そういう意味では、ピカレスク・ロマン的な匂いも帯びています。見るものは、時に、この二人の犯罪者に共感し、犯罪がうまくいき、そして二人が一応の幸福になれることをどこかで願うことになったりもします。

また、執拗に追う刑事(武田鉄也)も登場します。どうしてそこまでできるのかというような執念で、二人の事件の真相をずっと追い続けます。ドラマを二人に肩入れして見るときには、この刑事は実は憎まれ役で敵役なのです。ただ、そうとばかりも言えない側面もあるのです。誰にも知られない事件の真相やその背景までも、この刑事は、自らの足と汗とで、かなり的確にとらえるようになります。二人しかしらない秘密を、赤の他人というか、むしろ敵役の刑事が捜査の結果知ってしまう……。自分が地獄まで人知れずもって行こうと思っていた秘密。その苦悩、苦しみや辛さを、犯罪捜査の刑事とは言え、知り、理解してくれるわけです。犯行の真の動機、犯行にいたらざるを得なかった心情を理解してくれるということは、それはある意味共感してくれることでありましょう。

それは犯人にとっては都合がいいことではもちろんないのですが、犯人の深層心理的には、苦しみから幾分救われる喜びであったと思うわけです。そういう意味では、いくらかは幸福であったというようなことも言えるかもしれません。それは感謝の気持ちにも似た感情を生むものかもしれません。ドラマではそこもうまく描けていて、同様の喜びを感じることができます。

通り魔殺人をしてしまったような連中には、いっぺんみてもらいたい作品です。

DVD6枚です。1枚に45分のドラマが2話ずつ収録されている形になります(第1巻だけが、1話で90分です。あとは2話ずつ、全11話で合計480分くらいとなります。

とってもおもしろいです。あと、柴咲コウのエンディングいいです。Youtube貼ります。



影
posted with amazlet at 08.09.21
柴咲コウ
ユニバーサルJ (2006-02-15)
売り上げランキング: 61792
おすすめ度の平均: 4.5
4 壮大 しかし切ない
5 白夜行の主題歌!!
5 ドラマとシンクロ?
5 TBSドラマ「白夜行」主題歌。
5 よく聴くほどに聴き応えのある一曲




ブログランキング・にほんブログ村へ

映画:「g@me」~DVDで

2007-01-01-Mon
ストックホルム・シンドローム」というのがあります。「犯罪被害者が、犯人と一時的に時間や場所を共有してしまうことによって、過度の同情さらには好意等の特別な依存感情を抱いてしまうこと」(→wikipedia)です。不思議な心理状態で、題材として興味深いからでしょう、たびたび映画や小説、ドラマなどで取り上げられています。

この作品でも誘拐犯である青年(藤木直人)とその被害者(仲間由紀恵)とが恋に落ちてしまうのですね。まさにストックホルム症候群なんです。どういう過程で二人が知り合い、誘拐することになり、想いを寄せ合うようになっていくか。そして誘拐の是非と恋愛の行方とはどうなっていくのか、というような感じで、一風変わったラブストーリーとしても楽しめます。

同時に、「g@me」というタイトルにわかるように、誘拐犯の青年があたかもゲームのように楽しんでいるかのように誘拐事件を着実に成功させていくのですが(「誘拐もの」の多くが被害者や刑事側のドラマをとりあげることが多いのですが、本作はメインが誘拐犯とストックホルム症候群状態の被害者にあるのがおもしろいですね)、当然それは恋愛の進展ともからんでくるわけで、よくある「恋かけひき」みたいなゲームの匂いもあります。そして、東野ミステリーですから、ほかにもなにかゲームめいたトリックがあるかもしれません(ネタバラシはしない方針ですので)。
g@me. プレミアム・エディション (初回生産限定版)
ポニーキャニオン (2004/05/14)
売り上げランキング: 17969
おすすめ度の平均: 4.0
2 演技が下手!!
4 罠の中に罠,ゲーム感覚の誘拐劇
4 二転三転と展開が変わる


原作は東野圭吾で原題は「ゲームの名は誘拐」です。「手紙」(→記事)とか、「変身」(→記事)とかに続いて見ていたのですが、記事に出来てませんでした。
ゲームの名は誘拐
ゲームの名は誘拐
posted with amazlet on 07.01.01
東野 圭吾
光文社
売り上げランキング: 26120
おすすめ度の平均: 4.0
4 助走から着地まで、完璧に「決まった」作品。
4 一揆読み!
5 ゲームには頭のキレの良さがポイント!


映画のできばえてきにはおもしろくできてると思いますよ。藤木と仲間の軽いタッチの演技が、映画というよりはテレビドラマみたいな感じと言えば言えなくもないんですけど、これはこれでいいのではないでしょうか。いつごろの作品なのかあれですが、仲間由紀恵が若々しくかわいい感じです。藤木直人もいい男~(笑)。

原作者の東野圭吾も出ていますんで探してみましょう。


にほんブログ村 映画ブログへ

映画:「変身」~DVDで

2006-11-13-Mon
先日「手紙」見て泣きましたんで、同じ東野圭吾の原作で「変身」を借りてきました。
変身
変身
posted with amazlet on 06.11.13
アミューズソフトエンタテインメント (2006/05/26)
売り上げランキング: 8008
おすすめ度の平均: 4.0
4 テーマ性のある作品
4 なかなかの出来映え
5 演技が光る、秀作低予算映画

映画は一人の青年ジュン(玉木宏)がある病室で目覚めるシーンから始まります。そして、ジュンと恋人メグ(蒼井優)との回想シーン。平凡な若い二人がささやかながらも心の通い合った幸福な人生を歩き出そうという、言わば一番楽しい時代かもしれません。そんな回想シーンです。

そこから謎と言えば謎なのですが、ジュンはある「事故」に合い脳の一部に致命的な傷を負い、他人の脳を移植したわけです。専門的なことはわからないのですが、脳には部位によって様々な機能が別れていて、クイズなんかでも右脳クイズとかあるのですが、なんというか記憶とか思考を担当する部位と、生理的な機能を担当する部位、運動を司る部位とあるのでしょう。また、一部を欠損しても他の脳がそれを補うことが可能なケースもあるようです。

で、この話では、どうも内臓を動かす部分は無事で、他の部分をを事故で傷め、たまたま同時期に死んだ人の同じ部位を移植できたという設定になっています。ちょっと前ならこの設定だけでSFってことになりそうなんですが、最近はこれだけではSFだと分類したくないんですよね。

だから、当初の計画では、瀕死の状態から奇跡的に助かったジュンは、ジュンの記憶や人格はそのままで暮らして行けるということだったようです。ところが、それではおもしろくなくて、その他人の脳の部分がだんだんと本体全体に影響を及ぼすということになってきます。

自分の頭の中でしだい自己主張始めるかのような他人の脳、そのためにジュンは思考パターンが変わったり、我慢ができなくなったり、別の能力に目覚めたり、変かが現れます。それに戸惑い混乱するジュン。いったい自分に何が起きているのかが不安でなりません。そして、それを解決しようと、「事故」とはどんなものだったのか? いったい誰の脳なのかを調べようとします。このあたりはミステリーです。

そうした、SFチックで不気味な話であり、誰の脳なのかというミステリーであり、また、根幹を貫くのはジュンとメグとの愛のストーリーです。その愛のためになにができるのかという二人のテーマが最後に示されます。

これ、女性がメグの立場で見るとすごいと思います。恐いし、哀しいし、影響されるかも。
 


にほんブログ村 映画ブログへ
RREVHOME NEXT