FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

「闘魂始動」1・4ドームに、曙参戦。

2005-12-30-Fri
新日本プロレス1・4東京ドーム「闘魂始動chapter1」に曙の参戦が決定しました。曙は、明日(大晦日)大阪ドームのK-1Dynamiteでボビーとやって、中3日でプロレスのリングに上ることになります。いわゆる長州力の現場監督という点でも、新年度の契約更改との絡みという点でも、いろんな意味で注目を浴びる大会だけに、成功させねばならないし、また、参加選手の気合いの入れ方もいろいろでしょうから、ま、曙とっては大きなチャンスであることに間違いはありません。

とはいっても、まさか新日あがるとは思ってみませんでした。それは驚きです。考えてみれば、K-1とはそれなりに連携がとれているようですし、不思議はないのかもしれませんが、ちと意外でした。でも、ま、レスナーよりも話題性があることは間違いありません。レスナーはプロレスファンしかしりませんが、曙は日本人で知らない人はいないですものね。

ちと、大相撲関連ブログから読みに来る方がいらっしゃりかもしれないので、吉江とか対戦相手のことを少し書いてみましょうか(そんな必要あるのかな)。

曙は第5試合で、吉江と巨漢タッグを組み、ヒロ斉藤・B・S・マシーン組と戦うようです。吉江というのは新日本プロレス所属のデブ巨漢レスラーです。が、こんな選手です(→吉江豊)。このプロフィールにはありませんが、裏拳という空手系の技もつかえ、K-1ファイターのヤン・ザ・ジャイアント・ノルキアを倒したこともあります。一応、吉江も口べたながらコメント出してます

ただ、タッグという点については、全日本でのパートナーであった武藤親方と比べると、インサイドワークやリードの面からみて落ちることは間違いありません。その点心配ですが、相手がヒロマシーンなら、そう心配することはないでしょう。いくらか、ヒロとマシーンのこずるい連携にとまどうかもしれないが、プロレスですので、みごとに吉江、曙が快勝することと思われます。


ついでですんで、他の試合のことを少し書きましょう。ただ、インディーズのことはよく知りませんので、ほんと参考にならんし、なんか、今ひとつあれなんですね。

興味があるのは、「長州が出る」というだけで第4試合。ただ、12人タッグマッチなんてそもそも、乱闘に始まって、乱闘に終わるって感じで、他のほとんどの日本人対決が、そういう感情的なぶつかり合いのレベルに終わってしまいそう。でしょう。そういう中で、ほのかに期待するのは、第8の棚橋vs柴田と第7の金本vs大谷。感情をむき出しにしても、お互い、いい試合のレベルまで持っていってくれるだろうっていう感じです。ただ、なんというか、「本気」と「感情的」ってのを混同して欲しくない。それは、PRIDEの「小川vs吉田」でも同じなんだけど、感情的になってムキになるのが、真剣で本気な戦いってわけじゃない。だれも、そんな喧嘩みたいなものは期待してないんです、そういうものを秘めながら、やはりプロとしての戦いを見せて欲しい。あとは、中邑にしろ、中西にしろ、どこまでやれるかって感じ。

いずれにしても、曙の話題性を借りてまで、無理してドームでやらなくってもって感じになっちゃってますよね。寂しいですが。ちなみの、わたしは会場まで見に行くつもりはありませんです。

第1試合
山本尚史<1/20>崔領二(ゼロワンMAX)

第2試合
邪道・外道・ライガー組<1/30>BADBOY非道・金村キンタロー(以上アパッチプロレス)・田中将斗(ゼロワンMAX)組

第3試合
稔・タイガーマスク組<1/30>石井智宏(リキプロ)・高岩竜一(ゼロワンMAX)組

第4試合
▽12人タッグマッチ
長尾浩志・後藤洋央紀・矢野通・飯塚高史・西村修・藤波辰爾組<1/45>関本大介(大日本プロレス)・佐々木義人(ゼロワンMAX)・神風(ゼロワンMAX)・宇和野貴史(リキプロ)・佐藤耕平(ゼロワンMAX)長州力(リキプロ)

第5試合
吉江豊・曙(k-1/チームヨコヅナ)組<1/30>ヒロ斉藤・B・S・マシーン組

第6試合
永田裕志1/30村上和成(ビッグマウスラウド)

第7試合
金本浩二<1/30>大谷晋二郎(ゼロワンMAX)

第8試合
棚橋弘至<1/30>柴田勝頼(ビッグマウスラウド)

第9試合
中西学<1/30>ジャイアント・バーナード

第10試合
▽IWGPタッグ選手権試合
【チャンピオンチーム】天山広吉・蝶野正洋組<1/60>【挑戦者チーム】 大森隆男(ゼロワンMAX)・越中詩郎(フリー)

第11試合
▽IWGP ヘビー級選手権試合
【チャンピオン】ブロック・レスナー<1/60>【挑戦者】中邑真輔



なんか、大混乱の軍団(団体)抗争ドラマの一大プロローグになってしまうような気がする。

新日本プロレス - 格闘技
スポンサーサイト



ミスター曙、W-1へ。

2005-06-30-Thu
7月3日にミスター(長島)が病から復活、東京ドームで広島戦を観戦すると報道されています。もうすぐです。
 → 東京中日スポーツ('05/06/14)

プロは話題を提供することも一つの仕事なんですよね。実際の勝負ももちろん大切なのだけれど、いかにいい勝負をしようが、お客が来なければいわば自己満足の世界に終わってしまうってこともあるわけで、アマチュアならいざしらず、プロということになってくると、客が呼べると言うことは、試合に勝つことよりも時に重要なことなのでしょう。

それは、昨シーズンのプロ野球の合併騒動で幾度も考えさせられたことです。そういう意味で、ミスター(長嶋)のこのような行動はまさにプロ中のプロの行動とも言えましょう。長嶋が監督になった年、思うように勝てずにシーズンを通して低迷、最下位に終わりました。しかしながら、誰が監督をやるよりも人気があった……。確かあれは、ミスター(長嶋)が1回目の監督を辞めることになったときだったと思いますが、大リーグ某チームのオーナーがこんな言葉を発したと報道されたと記憶しています。「なんでこんな理想的な監督をクビにするんだ。うちのチームをお願いしたいくらいだ。マスコミでは人気、スタンドは連日満員。それでいて(優勝しないのだから)選手の年俸は抑えられる」と。プロのビジネスとして、野球をとらえたときの発想です。

さて、あの曙がいよいよプロレス入りということで、連日スポーツ新聞(の一部)をにぎわせています。

まず、6月28日付けのサンスポ「【W-1】曙Vsムタ…8・4激突!!」。曙は「WRESTLE-1」のシングル戦トーナメントにエントリーするそうです。8月4日の両国国技館大会に出場し、その対戦相手はザ・グレート・ムタ(武藤とは別レスラー? 記事に写真あり)だそうです。

ムタが武藤なら、曙のよさを充分引き出しおもしろいプロレスを展開するかもしれません。ただ、力勝負ならいざ知らず、身の軽い選手に翻弄される曙という図式が果たしてどこまで楽しめるか。アメリカならともかく、大相撲やK-1という世界で闘ってきたのを知っている日本人の客にとって、やはりそれは、コミカルであり、同時に哀れでさえあるかもしれません。そんな形で人気が出たところで、曙は嬉しくはないでしょう。ま、試合内容と勝敗は別というのが、ま、プロレスの世界だからあれだけど、果たして、武藤のW-1が、どこまで曙を輝かせ、また、お客を納得させるかは、少し楽しみです。

それに先だって、WWEスーパーショー(7月1、2日、さいたまスーパーアリーナ)では、1日にビッグショーのセコンドとして、2日にはタッグパートナーしてリングに上がるそうです。
 → 6月29日付ニッカンスポーツ「曙、超高層のど輪落とし」

相手をのど輪でとらえた曙をビッグショーが持ち上げ、4メートル近い高さから落とす合体技「超高層のど輪落とし」なんて、荒技(?)を開発中らしい。ま、それを事前にどれだけ公開しようが、ちゃんと受けてもらえるのが、プロレスのよさだから、こっちは大丈夫でしょう。

大相撲を引退廃業後、K-1に転向し6連敗という惨憺たる成績。その後、K-1のソウル大会で角田に勝って初白星後、WWEのスモーマッチで2戦2勝後、今度はプロレス。

大相撲時代、心技体ともに激賞された曙。その曙だからこそ、6連敗をしようが、「客寄せパンダ」と言われようが、ここまでやってきたのだと思います。プロとしての曙の生き方をもう少し応援してみたいと思います。

K-1 - 格闘技

曙に春……(WWEで)

2005-04-07-Thu
曙がWWEの「スモウマッチ」(3日・ロス)で勝利しました。知プラで「相撲マッチ」について聞いてみたのですが、回答がつかず、コメントしかありません。
 → http://plus.naver.co.jp/xfile/xfile_detail.php?dir_id=100606&docid=15849

ところが、その試合結果を報道する新聞記事にその紹介もありました。

プロレスの本場アメリカのWWEのリングで、なんと3本のロープが外されました。そしてリングには、「土俵を描いたマット」が敷かれました。BGMに東洋風の曲が流れ、巨大スクリーンには相撲のイメージ映像が映し出されたそうであります。

その中を曙は桜吹雪の浴衣にサンダル姿で入場しました。対戦相手はプロレスラーのビッグショー選手ですが、2人ともまわし姿で(下にタイツとか、パワーパンツみたいのはなし)、そんきょもあり、塩をまきもあり、仕切りもありという本格的な前戯(?)の後、同様に本格的な相撲の試合をしたわけであります。
 → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050405-00000041-nks-spo
 ※ヤフーニュースの中の「日刊スポーツ」のページです。参考にさせていただいてます。

曙のまわしは紫で、対するビッグショーは黒いまわしです。曙は「身体ごとビッグショーにぶつかった後で、突っ張り」ました。その後、「がっぷりの右四つになって力比べをした後、1度は逃げられ」ます。ビッグショーが「得意のチョークスラムを繰り出す右手を挙げるポーズで挑発」するも、曙は動じることなく、「のど輪をかわして押し合いに持ち込み」、一時は「土俵際まで押し込まれ」るものの、体を入れ替えて豪快な下手投げで、「自分よりも大きな相手を宙に浮かせ、そのままリング外まで放り出した」のだそうです。--おお、ビッグショーって、曙より大きかったのですね。だてに「ビッグ」とついてるわけでもありませんね……。(試合写真のあるのは、こっちのリンク。スポーツニッポンです)。
 → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050405-00000016-spn-spo

ちなみに、試合時間は1分2秒だそうです。相撲にしたら、結構な大一番だったのですが、プロレス感覚からすれば、「え、もうおわっちまったの? ? ?」って感じですよ。ところが、東洋の伝統的格闘技の相撲とその本当の横綱の姿に、観客も大興奮の熱烈な試合になったようです。

ん、今気づいたが、上の二つのページは決まり手が違うな。「日刊スポーツ」(上)は「下手投げ」となっているのに対して、「スポーツニッポン」(下)では「上手投げ」という記述が見えますね。おいおい、それは間違えるなよな。いくらなんでも、下手投げか上手投げかってところは、スポーツ記者は間違えないでしょう……。(せっかくなんでこれ知プラで聞こう……。知識のデータベースにはいらないかもしれないけれどさ)
 → http://plus.naver.co.jp/qna/question_detail.php?dir_id=100606&docid=15954

……というわけで、曙のWWEのスモウマッチは大成功です。たぶん、「懸賞」なんてのはなかったでしょうが、ファイトマネーはがっぽり入ったんじゃないでしょうかね。

春は曙……(WWE)

2005-03-31-Thu
なんだか知りませんが、WWEで曙が勝ったらしいですね~。
→ (リンク記事時間切れ)

なんだ知りませんが、3月29日にヒューストンで行われた「スマックダウン」というWWEのシリーズでデビューした曙は、地元レスラーのエディ・ベガスって選手とやって、58秒で「相撲の突っ張りでリング下へたたき落とし」て勝利だそうです。

ちなみに、なんだか知りませんが、4月3日にロスでビッグショーとの「相撲マッチ」が計画されているようです。なんでしょう「スモウマッチ」って? 知プラしときました。
→ 知プラ「WWEのスモウマッチとは?」


ま、なんだか知りませんが、そういうことになっておるようです。ま、これらはみんな「プロのプロレス」の話ですから。

※参考 ヤフースポーツ
HOME NEXT