FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

ついにドリーム大相撲は連覇!~平成21年度夏場所

2009-05-27-Wed
ドリーム大相撲は、うちの目多掘部屋が、逆転優勝でした。

目多掘部屋がまさかの天鵬兄さん楽日勝ち越しで100点の大台に乗せ
逆転優勝で連覇(゚∀゚)おめでとうございます。
終始優勝争いをリードしていたGo for部屋は楽日2勝4敗で無念の2位。
雅様・黒海が揃って黒星だったのが非常に惜しまれます('A`)

とバカピカさんが書いてますが、はい、千秋楽、横綱白鵬と大関日馬富士が優勝決定戦に出たということが、実はラッキーな面もありました。優勝決定戦には出場ボーナスも、勝利ボーナスもあります。ただの優勝よりも価値があるんです。そして、優勝得点も加算されるわけでして、唯一白鵬と日馬富士の二人を指名していた、わが目多掘部屋が有利でした。

と、ドリーム大相撲の勝利のことばかりかくのもあれですが、うちの力士についてちょっとコメントしながら場所を振り返っておきますね。

☆日馬富士
大関3場所目にして、14勝1敗で優勝です。稽古もたくさんしたようですし、膝の不安も土俵では見られなかったので、調子自体もよかったのでしょう。また、メンタル面が大関昇進前の安馬の時代に戻っていたと思います。いわば、「挑戦者」というか、「若武者」というか、そういう積極性が安馬の信条で、それをあらわすのが、まさに駿馬のようにすばやく、一気に突っ込んでいくというスタイルに出ていたと思います。今場所は、それが復活したようですが、立合い手のあてがい方を昔と変えたかなという気がしないでもありません。前は、どっちかというとのど輪狙いみたいな、手をつき伸ばし入るようなところがあったと思うのですね。大関になってからは回し狙いでいってると、ま、そんな気がします。

さて、何日目でしたか、稀勢の里戦の「変化」が話題になっています。Youtubeで探しました。単独の取り組みはなくて、下の1分40秒くらいのところに出ています。

日本相撲協会の諮問機関である横綱審議委員会(横審)が25日、東京・両国国技館で開かれ、夏場所を14勝1敗で初優勝した大関日馬富士(25)の来場所での綱とりに厳しい意見が相次いだ。出席した12人の委員がこうした姿勢を示した。各委員は大関昇進後の成績が8勝、10勝にとどまり、11日目の稀勢の里戦での変化を痛烈に批判。横綱昇進のノルマとして、14勝以上の優勝、立ち合いの変化を“全面禁止”とする過酷な条件を課した。

やり玉に挙げられたのは、11日目の稀勢の里戦だった。立ち合いの変化でうっちゃったが、鶴田委員長は「評価できない」とばっさり。内館委員も「番付が下の相手にやってはいけない。朝青龍も白鵬も変化はしない」とまくし立てた。
 → iza:「日馬富士に高いハードル 横綱審議会

「全面禁止」なんてことは、全くもって迷惑な話だと思いますけどね。朝青龍が、やはり、稀勢の里に蹴手繰りという技を見せて転がして、「品格がない」などと言われない批判を受けたことがありました。横綱ですからね、やみくもに頭を下げて突っ込んでくるような力士は、こうした足技で転がすこともできますと言わんばかり、一つの技の手本を土俵上で見せたと理解するのがいいと思うのです。
 → 過去記事:「平成18年度九州場所~まとめ

日馬富士が言ってるように、当たってから変化しているように思いますけどね。

全勝の日馬富士に1敗の稀勢の里が挑む、この日随一の好取組。制限時間いっぱいの土俵に注がれた今場所最大の歓声は、あまりにもあっけない結末にため息へと変わった。目先の勝負にこだわった大関に対するお客さんの反応は正直だ。

変わり気味の立ち合いに、「当たってましたよね」と報道陣に逆取材したが、ファンが期待する真っ向勝負とはほど遠い。とったりで転がしたとはいえ、自身のブログのタイトルが「真っ向勝負!」であることを忘れたような内容だった。
 → iza:「作戦勝ちだけど…日馬富士にファンため息


それに、「とったり」です。「とったり」といえば、これ。

わたしにとっての「とったり」は単なる崩し技で決め技ではなかったのですけど、体勢によってはこんなに見事に決まるんです。

稀勢の里戦で日馬富士が下手糞なとったりしかできなかったというのなら、ダメでしょう。しかし、見事に決まってます。これは、ちゃんとした技だと思いますけどね。

確かに、3人いる横綱の全員がモンゴル人で日本人がゼロだなんて耐えられない気分の方もいらっしゃるでしょう。だからといって、やたらめったら真っ向勝負を美化して、こうした瞬間の反応力から出る技を軽視していることが、かえってハードルを高くしていることに気づかないのでしょうか。どんどん力士が大型化している時代に、比較的小兵の日本人力士が変化を否定されたら、勝ち星があがらないでしょうね。これでは、大関に昇進できる日本人力士がどんどん減ってしまうと思いますね。運よく大関になれたとしても、横綱なんて無理じゃないでしょうか。

正面から当たることは大切だし、頭から行くことも、胸で受け止めることも素晴らしいと思います。しかし、蹴手繰りやとったりだって、見事に決まればすごい技なんです。技の名前に品格がないなどというでたらめ極まりない因縁をつけた横審委員が依然しましたけれど、技は技、逃げたというのとは違いますので、そこはよく考えてほしいと思います。お客のため息だって、日馬富士のとったりにがっかりしたのか、稀勢の里にがっかりしたのかは、わからないでしょうしね。

ま、日馬富士、来場所綱取りです。余分なプレッシャーかけられましたけど、今場所と同じ、自分の相撲を一番一番お願いします~。

☆白鵬
とっても安定感のある横綱になったと思います。琴欧洲に連勝を止められた相撲を見ていないのですが、驚きとともに残念でした。後半どうも「腰痛再発」というニュースがありましたんで、まずは養生して、来場所、また連勝記録を始めてください。

☆把瑠都
なんと4勝11敗。 初日に足首をやってしまったようですね。足の故障は大型力士だけにつらいものがあります。左膝と右足首に古傷をもち、大型であるわたしもよくわかります。魁皇は持ち前の技術と腕力で、あの脚の裏側の故障がありながらも勝ち越せるわけです。スポーツことに格闘技には怪我がつきもの、しかし怪我をしにくい相撲、怪我をしていても勝てる技術を把瑠都も身につけられるといいと思います。 

☆豊響 11勝。惜しくも三賞を逃す。
よくぞ復活してくださいました! 病気が網膜はく離で、治ったとは言え、もうあのビッグバンベイダーのような体当たりはみられないかと思いましたが、全然大丈夫な感じです。三賞選考には名前が出たようですが、過半数に至らなかったとのこと。「網膜はく離という病気からの復帰です。せめて千秋楽の結果次第」というのにしてほしいところです。来場所は番付もあがりますんで、がんばってください。

☆旭天鵬 銀星1つ
千秋楽での勝ち越しは、ドリーム大相撲にとってもありがたかったです。

☆安美錦 金星1つ
朝青龍を一気にやぶる、今場所唯一の金星をあげながら、5勝10敗。故障によるものと思うので、直してもっと上を破っていってほしいです。

そして、最後に、白鵬に抜きさられ、日馬富士にも抜かれようとしている朝青龍……。いよいよ引退か、それとも復活を見せるのか……。楽しみです。がんばれ! 朝青龍



にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
スポンサーサイト



なんと日馬富士優勝で終わる~平成21年度夏場所

2009-05-25-Mon
千秋楽も昨日のこと、テレビでも新聞でも、ネットでも「大関日馬富士が優勝決定戦を征して初優勝」ということが報じられているので、タイトルに書いてしまってもさしつかえないでしょう。

大相撲ファンの方の中には、リアルタイムでテレビの相撲中継が見られないので、録画しておいて、そしてそれを見るまで結果を知りたくないという方がいらっしゃいます。ま、これは、相撲に限らず、野球でも、サッカーでも、ま、いろんなスポーツにあることかもしれません。結果を知らずにスポーツ観戦したいということなんでしょう。気持ちがわからなくもありません。だから、ブログで結果を書く人の中にも、見出しに勝敗や結果を書かないという方も幾人かいます。読みに来る人への配慮ですね。

わたしも映画の記事にはこういう方針を採用しています。学生時代にミステリー読みで、ネタをばらすのはルール違反であることを叩き込まれているからです(笑)。ま、しかし、今回は、そういう事情を重々承知ながらも、冒頭2行に書きましたように、結果をタイトルにさせてもらいました。まさか、この時間になって、いっさいの情報をシャットアウトしながら、わたしのブログを読んでから、大相撲の録画を見るなんて方はいらっしゃらないでしょうから~(笑)。

こういうことを書くと、各力士のファンから嫌われたりするのですけれど、白鵬は優等生過ぎて、優勝してもおもしろくないんですね。よくも悪くもニュースになるのは朝青龍であるのはわかっているじゃないですか。いいかわるいかはともかくとして、相撲なんて全く知らない人、たとえば、稀勢の里とか栃煌山を知らない人でも、朝青龍は知ってるんですね。じゃ、その人が白鵬知っているか? 琴欧洲知ってるか? というと、案外、琴欧洲の方が知られていたりするかもしれないと思うのです。高見盛も同じことが言えると思うんです。それは、実力とか、強さとか、精神性とかじゃなくて、一言で言えば話題性であり、人気で当然ながらプロとして大切な要素です。

で、白鵬はすごく立派な横綱で、ぜひこのまんま王道横綱を貫いて欲しいと思うのですけど、一人じゃ相撲はとれないんですね。それは朝青龍の全盛期もそうでした。15日間戦うには15人相手がいるのです。そして、朝青龍は別格として、琴欧洲とか日馬富士、把瑠都、安美錦、豪栄道、栃煌山、豊ノ島、稀勢の里、鶴竜、琴奨菊、玉乃島、豊真将、豊響、千代白鵬、岩木山、黒海などなど、わくわくさせてくれるような相手が必要なんですね。そして、その中に、人気と実力を兼ね備えたスター力士が出てきてほしいと思うんです。

連勝街道を突っ走る白鵬を琴欧洲が止め、日馬富士が初優勝。わたしは朝青龍に白鵬を止めてもらうことを期待していたのですが、なんと、ダメダメと言われていた大関陣がやってくれました。おもしろい場所でした。「クンロク大関」が揶揄した言葉であったのは昔話になりつつあって、勝ち越しさえすればいい、それも、実質二場所連続で負け越さなきゃそれでいいって感じになっている現状です。こいつなら大関の地位をきちんと守ってくれるだろう、大関たちが安心して譲れるような、次の若手が早く育ってくれないといけないと思いますね。

わたしは13日目からちょっと忙しくなって、肝心の最後3日間がダイジェストでも見られずに、本場所が盛り上がったであろうわりに、物足らなさを感じています。

ただ、うちのブログでは、2007年3月に日馬富士が安馬だった当時、出身地をウランバートルから、ゴビアルタイに変更したということがあって(ゴビアルタイはお父さんの出身地で、たしか、モンゴル相撲で関脇相当にまで行った方で交通事故でなくなったんだと思います。そのお父さんを身近に感じるために父の出身地を採用したいということで、変更が許可になったんだと思います)、その時の記事が急にアクセスが増えたのが印象的です。
 → 過去記事:「安馬が出身地変更「ゴビアルタイ」~大相撲」(2007/3/17)

バカピカさんのドリーム大相撲の結果が出たら、この記事に追記します。先場所に続いて微妙なんです~。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

日馬富士よ、大関であることを忘れよ~平成21年度初場所三日め

2009-01-13-Tue
今場所の注目っていくつかありました。

魁皇のカド番、白鵬の4連覇、新入幕の山本山、そして、復活の朝青龍……。三日目を終えて、今のところ、この4つはそこそこいいんじゃないでしょうか。魁皇、白鵬、朝青龍は3連勝ですから。山本山は1勝2敗ですので、「いい」という評価はどうかと思いますが、人気の方は上々です。そしてもう一つ。これらの4つと比べて劣らず、注目すべきだったのは新大関日馬富士です。ところがこちらは、初日以来3連敗!

初日の嘉風戦は、変化にばっちりタイミングがあってしまって、ややアンラッキーなところがあったかもしれません。思い切って言ったら目標がなくなってしまったって感じです。二日目の雅山戦。あれは、8割方勝ってました。最後の詰めのところが、なんだったのでしょうか、甘かった? 朝青龍だったらあんなことにはなりませんよね。あんなところで雅山を逃がしたりはしません。むしろ駄目押しをして、批判されてるかもしれません。

今日(三日目)の豊ノ島戦に至っては、自分を白鵬だと勘違いしてるんじゃないの? と言いたくなるくらい、電車道で一方的に豊ノ島にもっていかれました。相手が小さいからといって、横綱相撲をとろうとしてはいけません。むしろ、逆です。上位には強いが、下位に脆い……。大関獲りを目指していた頃の、安馬の特徴を、今思い出してほしいです。いったい自分が何に苦労していたのか。そして大関になった今、上位は横綱だけで、あとは同じ大関か下位ばかりです。

大関日馬富士には、今こそ、大関でなく、成功した大関獲りのことを思い出してほしいです。そして、もう、自分が大関であることを一端忘れ、軽量力士であることをもう一度思い出し、他はみんな自分よりも強いんだくらいの気になって、油断することなく、気負うことなく、まさにチャレンジャーの気持ちで、思い切った相撲をとってほしいとおもいます。

がんばれ! 日馬富士! 負けるな! 朝青龍!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

「ひまのふじ」と読んでしまいそうな、大関安馬の改名を姓名判断してみる

2008-11-26-Wed
ついに、安馬の大関昇進が承認され、同時にしこ名が「日馬富士(はるまふじ)」と決まりました。

安馬改め「日馬富士(はるまふじ)」 大関昇進に「全身全霊で相撲道に精進」」(iza)
日本相撲協会は26日午前、福岡市で初場所(来年1月11日初日、東京・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇安馬(24)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=の大関昇進を承認した。これに伴い、安馬はしこ名を「日馬富士(はるまふじ)」に改めた。

どうして改名したのかというと、安馬や安美錦は、安治川部屋の力士だったので、「安」をつけていたのです(現師匠の部屋継承の約1年後以降に入門した弟子全員が「安」の字をつけていたそうです)。ところが、2007年11月、安治川親方(元横綱旭富士)が伊勢ヶ濱を襲名し、それにともなって部屋の名称も安治川部屋から伊勢ヶ濱部屋に変わったわけです(このとき安治川部屋の名は消滅)。翌年1月場所終了後に伊勢ヶ濱親方が幕下以下の力士全員の四股名を「安」を外したものにすると発表し、安馬・安美錦・安壮富士についても昇進など条件に合えば改名させるとしていたわけですね(参考Wikipedia)。

「安馬」でわたし自身はいいと思うのですが、そういう事情もあり、また、安全、安泰の「安」でもあると同時に、安っぽい、安ものの「安」でもあるので、ちょっと四股名としてどうかという気持ちもあったようです。

そこで、決まった名前が「日馬富士」と書いて、「はるまふじ」……。「富士」は師匠の旭富士からで、そこに、「太陽」のイメージと、今までの四股名からくる「馬」とかくっついてというところなんで、ま、イメージ的にはとてもいいのですが、知らない人が読んだら「ひまのふじ」でしょう……。ちょっとイジワルな揚げ足取りかもしれませんが、そんならいっそ「春馬富士」でもよかったのではと言いたくなってしまいますね。

そこで、以前「琴欧洲の改名(←琴欧州)」や「磯野貴理の改名(←磯野貴理子)」の時につかった「幸福の姓名判断」で、「安馬公平」「日馬富士公平」と、ついでに「春日富士公平」を占ってみましょう。

まず、今までの「安馬公平

sei_ama.jpg
※「幸福の姓名判断」の占い結果より


●総合的な運勢
竹を割ったような性格で、人生をたくましく生き抜いていきます。男性は親分肌、女性は姉御肌となり、義理を重んじる人情家です。強情な面があり、独善的な態度に出るときもあるので、人との調和を心がけることが大切です。

●仕事の運勢
自分の特技一筋に能力を発揮してゆくと、成功が早いでしょう。好き嫌いで人や物事を判断すると、運勢の上がり下がりが激しくなってくるでしょう。


じゃ、「日馬富士公平」と「春馬富士公平」はどうなっているでしょうか? そいつは、追記で……。



にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
HOME NEXT