FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

≪8・10≫G1CLIMAX2007/愛知県体育館にて

2007-08-11-Sat
昨日(8/10(金))は新日本プロレスのG1 CLIMAX 2007を愛知県体育館に観戦にいってきました。子どもや若いファンがいっぱいでした。ゴッチの追悼式みたいのはありませんでした。

▲ロビーにあった優勝カップ

第1試合(15分1本勝負)
●内藤哲也VS平澤光秀○

【勝った!】確か事前のサイトの発表では裕次郎×平澤だったはずだけれど、なぜか、第2試合と変更。内藤は動きがいいし、ムードもあるので人気が出そう。しかし、平澤選手は今日はよく頑張ってました。まだ、技の連携がまだまだで、すぐにフォールに行きたがるのがいけません。おめでとうございました>平澤選手(矢野はひどいですよね。それにしても)。

そうそう、レフェリーひどい……。
hira2.jpg
▲ちょっと太った(?)平澤選手

第2試合(20分1本勝負)
○タイガーマスク&エル・サムライ&裕次郎VS獣神サンダー・ライガー&稔&プリンス・デヴィット●

【裕次郎とプリンスが組めば……】裕次郎はいいです。どんどん存在感を出しています。アマレススタイルのタイツをやめ、今のショートタイツがよく似合っています。ガンガン行って欲しい。プリンス・デヴィットは上手い。裕次郎とプリンスが組んで、ベテランに挑むってな感じもおもしろいと思ってみてました。

※そういえば、タイガーの入場の時に「白いぃ~マットのぉ~ジャァングルゥニィ~」と流れてきて、ノスタルジックな気持ちになりました。タイガーの覆面をかぶった子が数名がタイガーといっしょにリングにあがるのですが、それをライガーがよせばいいのに威嚇して(笑)。

第3試合(30分1本勝負)
G1 CLIMAX・Bブロック公式戦
●越中詩郎(得点4)VS矢野通(得点5)○

【熱い】熱い戦いでした。闘争本能剥き出しで、感情的に向かい合うとう感じさえしました。矢野はもう水攻撃、椅子攻撃、チョーク攻撃、ふて腐れ、暴言、下手くそなパクリヒップアタックとやりたい放題でした(下手くそ加減がいい~)。激しく熱い戦いでした。矢野や真壁は本当にえげつない反則攻撃を繰り返します。ま、総合やK-1にはないおもしろさを出そうということなのでしょう。ま、そういう試合もあってもいいか。

それにしても、退場するときは矢野選手は愛想がないですね。ここは逆に【矢野スマイル】というのを開発し手ですね、入場から試合終了までは鬼の形相で試合をして、叩きのめして、最後に退場するときは、勝ち誇ったように笑い飛ばしてほしいです。不敵に笑うというのも、いっそう凄さがましますから。あと、入場の時に平澤選手を蹴るというのは、ぜひ続けて下さい。>矢野
yanob.jpg
▲無愛想に退場する矢野の肩のベルト。WEW。(→スポーツナビ:「国内初戴冠!矢野WEWベルト強奪」7/30)

第4試合(30分1本勝負)
G1 CLIMAX・Bブロック公式戦
○中邑真輔(得点5)VSミラノコレクションA.T.(得点4)●

【う~む】ミラノはなんであんなにゆっくりなの? 中邑もミラノにつきあうことなくて、秒殺でよかったのに……。

第5試合(30分1本勝負)
G1 CLIMAX・Bブロック公式戦
○中西学(得点2)VS棚橋弘至(得点4)●

【おもしろい】中西ってやっぱすごいと思う。棚橋も絶好調だったと思うんだけど、中西ノリノリ! 
nakanisi08.jpg
▲中西には担々麺1年分が~。

第6試合(30分1本勝負)
G1 CLIMAX・Aブロック公式戦
△ジャイアント・バーナード(得点5)VS曙(得点3)△

【バーナード深追い】曙はすごく成長してると感じました。プロレスらしくなってきています(そりゃ今までだってプロレスらしいと言えば、ある意味一番プロレスらしかったんですけど)。しかし、G1クライマックス本戦では、やっぱつらいと思いますが、今回のシリーズを終えたら、なにか、また、一つ大きくなりそうで期待できます。バーナードはなんだって、あんな深追いをと思いました。それも、曙のヒザをリングポストに打ちつける反則攻撃とか、下段ロープに足首をかけておいて、ヒザにヒップドロップをするだとか、そんな必要ないと思うくらいの攻撃をしたのが意外でした。そして、あげくは、リングしたに長机を出して曙をその上に仰臥させると、エプロンからダイビンブボディプレス。はっきりいって無謀です。それをしなくても、バーナードは勝っていました。得点「2」のところが、深追いのよる引き分けで「1」。ま、ファンは、バーナードの無難な勝利より、無謀な引き分けの元となった、あの無茶な場外へのボディアタックに酔ったと思います。バーナードのファンがきっと増えたと思いますね。

第7試合(30分1本勝負)
G1 CLIMAX・Aブロック公式戦
○天山広吉(得点4)VS真壁刀義(得点4)●

【真壁】真壁は……、ブロディ狙ってるんでしょうか。ブロディは「リングに倒れない」です。あと、あの凶器はなに? 五寸釘? チェーンがあるのだから、徹底的にチェーンをアピールする方がいいですよね。チェーンで絞首刑にしてコーナーポストから吊すくらい(外に吊すと死んじゃいますので、中で~)のパフォーマンスにして、チェーンの印象をもっとつける方がいいと思いますね。天山は真壁の激しく重くキツイ攻撃をよくしのいで勝ちに結びつけたとうい感じですが、ちょっと真壁にとられてますね。

第8試合(30分1本勝負)
G1 CLIMAX・Aブロック公式戦
●永田裕志(得点4)VS蝶野正洋(得点4)○

【盛り上がる】蝶野の人気はすごいです。カッコイイらしいですね。わたしはちっともいいと思いませんが。最初の大振りのスピーディな蹴りとかわしの攻防は、さすが、猪木ばり。前の試合のムードを一気に払拭し、試合が変わったのだとういことを見事に演出して見せました。あとは、ま、いつもの試合ですかね。なんで、永田は、あああっさりと技をくらうかね~。

→ 新日本プロレス公式ページ

→ サムライTVのキヨノアナのブログ



にほんブログ村 格闘技ブログへ

明日は新日プロレス観戦~予習

2007-08-09-Thu
明日(8/10(金))は新日本プロレスの観戦デーですんで、ま、試合を書き出しておきます。ケータイで見に来ると、ちょっとしたブログラム代わりにはなりますんで。18:30試合開始の予定です。ゴッチの追悼式かなにかやるのかな。

第1試合(15分1本勝負)
裕次郎VS平澤光秀

【期待】サムライ道場に入って、一皮剥けた感じのある裕次郎は、次代のホープの匂いさえ感じさせます。それに対して、わたしが勝手に、藤原組長の後継者になってほしいと思っている平澤選手。応援してます! 裕次郎を食って、存在感を示して下さい。

第2試合(20分1本勝負)
タイガーマスク&エル・サムライ&内藤哲也VS獣神サンダー・ライガー&稔&プリンス・デヴィット

【そういえば】プリンス・デヴィットはDavidなくて、Devittであったといことを、先日気づきました! ライガーが楽しませてくれるでしょう~。

第3試合(30分1本勝負)
G1 CLIMAX・Bブロック公式戦
越中詩郎(得点4)VS矢野通(得点3)

【矢野】矢野は声援を送ると迷惑そうに「うるせーな」というので、応援したらいかんかったのかぁ~と思うが、ま、矢野のファンなので、嫌がられても声援する(笑)。越中・矢野ともに本日の対戦を含めて、あと2戦を残し、2連勝すれば予選リーグ突破は可能なので、熱戦が期待できる。

第4試合(30分1本勝負)
G1 CLIMAX・Bブロック公式戦
中邑真輔(得点3)VSミラノコレクションA.T.(得点4)

【ミラノ】ミラノには悪いが、あんまりミラノ買ってない。中邑楽勝を予想。

第5試合(30分1本勝負)
G1 CLIMAX・Bブロック公式戦
中西学(得点0)VS棚橋弘至(得点4)

【中西】中西は現時点でもう予選突破はありません。ですので、ここは棚橋で~(笑)。

第6試合(30分1本勝負)
G1 CLIMAX・Aブロック公式戦
ジャイアント・バーナード(得点4)VS曙(得点2)

【バーナード】曙がプロレスのリングに上りはじめたころ、一番曙を引き立てるのがうまかった選手の一人が、バーナードです。だから、バーナード好き。今回はどうするのでしょう。ま、次が永田戦ですから、落としたくありませんね。

第7試合(30分1本勝負)
G1 CLIMAX・Aブロック公式戦
天山広吉(得点2)VS真壁刀義(得点4)

【真壁】真壁は勢いを感じるのですが、曙に負けちゃってますし、次の蝶野には分が悪そうなので天山に勝ちたいところです。天山は休憩モードかな。

第8試合(30分1本勝負)
G1 CLIMAX・Aブロック公式戦
永田裕志(得点4)VS蝶野正洋(得点2)

【永田】メインは、会場がもりあがりそうなカードです。わたしはどうも~。この組み合わせだと、さして好きでもない永田を応援しちゃいそうです(笑)。蝶野はもう負けられませんが、さて。

→ 新日本プロレス公式ページ

ついでに、大須演芸場の日程もチェックしましたが、いつものメンバーでした~。11日から12日は炎上円丈独演会があるのか。でもって、13日からは、霊によって例によって怪談噺か。いいなぁ。

 ※ちなみに大須演芸場には割引券があるようです→こちら
  まだ使ったことがないので、明日使えるか試してみますね。



にほんブログ村 格闘技ブログへ
ブログランキング

新日本プロレス(2007/3/11)~愛知県体育館で

2007-03-12-Mon
「Circuit 2007 NEW JAPAN EVOLUTION~NEW JAPAN CUP~」ってのが、今回のツアーの名称らしいのですが、創立35周年記念ツアーということになっています。

まだ、ツアーの柱である「NEW JAPAN CUP 2007 トーナメント」は1回戦で、対戦は蝶野vs長州中邑vs矢野でした。

chocho01.jpg

○蝶野vs長州
長州力はもう歳です。息が持ちません。リキラリアットも形にするのがやっとで、いっしょに倒れかかってます。でも、人気は蝶野とともにすごい。

○中邑Vs矢野
トーナメントの展開から言って、こんなところで中邑に負けられたら困るんですね。飛び付き回転式腕ひしぎで勝ちました。なんというか、柔術系でまだいくようですね。矢野はけっこう人気。わたしも矢野が好きです。なぜか応援したくなる。色が白いからかな(笑)。本人も嫌なはずはないのだろうけど、なんとなく迷惑に感じてるようで、ウルセーウルセーって言ってました。今後の路線としては、さらにダーティでえげつなくってことなんでしょうね。

前座には平沢選手が出ました。
hira01.jpg

○本間・石井Vs平沢・宇和野
本間は闘志が技に出てて、ムードもいいしいい感じ。白タイツはどうでしょう。ちょっと。宇和野もいいと思えない。自分が声だして盛り上げようとしてる感じ。平沢選手はやられっぱしでした。少し身体に肉がついてはきたとおもいますが、まだ細い。第二の藤原喜明目指してほしいです。石井はなんだろ、よけいなことするなって感じ。ごめん。

メインはIWGPタッグ選手権中西&大森Vsバーナード&トムコ
bana01.jpg

わたしはバーナード大好きです。ま、ちょっとわかりすぎてるところがあるんですけど、いい選手と思います。動きはいいが、ちょっと地味めのトムコを盛り上げてます。大森&中西という、大味で魅力を感じないチャンピオンチームなどさっさとひきずりおろして、無敵のチームを組んで、魅力的な挑戦チームを次々撃破していってほしいと思います。
bach01.jpg
△タイトル奪取後です。トムコは嬉しそうに観客にアピールし、バーナードは感慨深げでした。そして蝶野は満足そうです。

試合結果はこちら

・そうそう、社長の辞任とか次の社長とかそういうことはまったくコメントありませんでした。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
ブログランキング

えっ?「週刊ゴング」廃刊っすか?

2007-03-02-Fri
格闘技系の電子書籍サービス「ファイト!ミルホンネット」に「週刊ゴング廃刊決定」(07年2月28日)という記事が掲載されました。

先日、代表取締役社長の前田大作容疑者がコンピューター関連機器会社「アドテックス」(東京都港区)の民事再生法違反事件で逮捕された日本スポーツ出版社は、27日までに「週刊ゴング」の廃刊を決定、編集部員全員を解雇すると通告しました。40年の歴史を持つプロレス専門誌「ゴング」は来週発売号をもってピリオドを打つことになりました。
   全文を読む……


しかし、それがガセネタではないかという指摘もあるのです。
 → 「老舗「週刊ゴング廃刊」 社員もビックリのガセネタ?」(ライブドアニュース)

-略-
「廃刊するという報告も、決断も何も無い」
 廃刊の理由は、発行している日本スポーツ出版社元社長でアドテックス社長も兼務していた前田大作容疑者が、民事再生法違反で逮捕。日スポの約10億円の資金をアドテックスに不正投入し、日スポは債務超過に陥った。金融機関に融資を要請したが断られ、廃刊を決意したのだ、という。
 
 J-CASTニュースは日スポに取材してみた。すると、非常にあわてた様子で、
 「今日(07年3月1日) 急にそういう問い合わせが多方面からたくさんあって、社員全員がビックリしているんです。調べてみても、廃刊するという報告も、上の決断も何も無くて、対処に困っているんですよぉ~。本当に何もないんです。こんな事聞いてすみませんが、こんな時はどうすればいいのでしょうか?」
と、J-CASTニュースが逆に質問をされてしまった。
-略-
     全文を読む……


どっちなんだ~?って思います。特種スクープかもしれないし、ガセかもしれないし、「万一に備えておいた下書き記事をうっかりアップさせてしまった」のかもしれないのです。とりあえず、「廃刊決定ということは公式見解ではない」ということでいいのでしょう。「週刊ゴング」のサイトにも、日本スポーツ出版のサイトにも、そういう告知はされていません。

ただし、「日スポは債務超過に陥った」ってのが事実なら、公式決定、公式発表はなくてもやむなくその道をたどらざるをえないのかもしれません。それは「週刊ゴング」だけでなくて、会社そのものがなくなるってことなのかもしれませんけど。

ま、「週刊ゴング」は最近プロレスを見に行くときのお供なんですけど。会場に入り口の列に並ぶときに、最近の様子を知るためにキオスクで買っていって、あちこち眺めながらテンションを高めるアイテムにしていました。

3月も11日に愛知県体育館に、もうちょっといいカードが見たいなぁと思いながら、長州×蝶野を見に行くつもりなんですけどね。廃刊といってもそのときまではあるようです。プロレス系の雑誌の危機はずっと囁かれています。なくなってほしくありません。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
RREVHOME NEXT