FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

教育偽装11~大学で「世界史補習」

2006-11-19-Sun
ついに大阪大学がこんなことを言い出しました。

未履修波紋ここまで!?阪大で「高校世界史」 来年度から

高校で必修科目なのに未履修が多いことが判明した世界史を学んでもらうため、大阪大は来年度から、一般教養課程で「不完全履修者のための世界史」という科目を設けることを決めた。
   続きを読む……

むふふ。素敵です。大阪大学。記事はこんなふうに書かれています。

以前から、高校で世界史を学んでいない学生が多いことが教員の間で話題になっていたといい、未履修者が多い日本史についても補習的な科目を検討している。
 竹中亨教授(西洋史)は「国際化の時代なのに、学生が第二次世界大戦などを知らず社会に出て行くことに歯止めをかけたい」としている。

おっしゃるとおりです。だから、「世界史」も「日本史」もやらなきゃいけません。

自分の学生時代をふりかえって、それは受験科目にあるかないかで全く勉強への取り組みは違っていました。しかし、定期テストがある。定期テストがあれば、それは受験になくとも少なくともその前日ぐらいはその科目を勉強しようと言う気になるものだと思います。「受験にないから授業さえしない」なんてのはやっぱりだめでしょう。大阪大学の先生たちは「以前から問題にしていた」といい、高校で教えてもらえなかったのなら教えてやろうというのは正しいと思います。素敵です。大阪大学。こうでなくてはいけません。教えてもらえなかったのは、きれいごとでなく、おそらく一生の損害になるって人もいるでしょうね。

次は愛媛大学の「特別な配慮」に関するニュースです。

 全国で必修科目未履修問題を抱える高校が生徒の調査書を大学などに再提出する中、愛媛大学が2007年度入学者の推薦入試で、未履修科目の成績を算定から除外したため全体の成績が下がり出願資格を満たさなくなった生徒の受験を認めていたことが16日、分かった。大学側は同問題を受けての今回限りの「特別な配慮」と説明、一方で、わずかに基準に届かず出願を見送った生徒がいた場合、不公平との批判もあり、議論を呼びそうだ。 「愛媛新聞」onlineより


記事によると、愛媛大の推薦入試のある学科では、推薦入試の受験資格が「評定平均値が4・3以上」だったのですが、県外からの出願者(現役生)の1人の成績が、今回の未履修関連で調査書を再提出したところ4・2台に下がったのですね(未履修科目を除外して計算し直したわけですね)。8日に校長から電話で「生徒には責任がなく出願を認めてほしい」と要望があり、出願を認めた。愛媛大学側は「結果的に不公平感はあるかもしれないが、未履修を理由に不利益に扱わない大学の方針に基づき判断した」と説明しています。

これはニュースになってますがおそらく氷山の一角で、この手の不公平、運不運っていくらでもあるのでしょうね。「受験生本人に責任はない」というのは正しくても、配慮できることとできないこともあるし、やはり、必修科目逃れをしてきた高校の責任、わかっていて見逃してきた文科省や教育委員会の責任は大きいと思います。

そういえば、わが愛知県でも県の教育委員会が県立高校すべてに立ち入り調査をしていまして、20校近くの学校(県立18校私立1校)で新たに未履修が判明しました。

「学校裁量の範囲だった」
必修漏れで隠ぺい否定 県教委


県内の県立高18校と私立高1校で新たに明らかになった必修科目の未履修問題で、14日に未履修を指摘された学校はいずれも県教育委員会などの当初の調査に「問題ない」と答えていた。高校側は「学校裁量の範囲と考えていた」と意図的な隠ぺいを否定するが、必要な内容をほとんど履修していなかった学校も。受験対策を大義名分に拡大解釈された「学校裁量」のつけは、受験直前の補習という形で生徒に回ることになる。 全文を読む(中日新聞) 


「裁量の範囲」って。あのさぁ、高校ってこのレベルのことを裁量の範囲と考えているの? としたら、ほかにも(違法な)裁量をしているのじゃないの? って逆に聞きたいくらいですよ。ま、隠ぺいしていたとなると責任というか処罰も考えないといけないから、ほかに言いようがないのかも知れないけど。

これで終了宣言をしたいというところなんでしょう。その気持ちは教育委員会も、高校も同じなんでしょうが、生徒はどうでしょうかね~。「うちはあぶないから聞かれたら大丈夫だと言え」などと口止め指導もできないでしょうから、いや、したって生徒は気にしてないでしょうけど(笑)。友だちからいろいろ聞かれると、「うち、世界史の教科書買ってないよ」とか、ボソっと言ってしまうんですよね。なんというか、ヤバいことって自慢げに話したくなるって心理が人にはあるんですよね。それもよりによって補習している学校の生徒に向かって。

今がインターネットの社会、情報社会だってことを高校もよく知っておかないと、まんまと隠ぺいして逃げ切ったつもりでも、あとでボロボロと出てくる可能性があります。今だから「学校裁量だと……」と教育委員会がかばってくれても、おそらく3学期になって発覚したら、補習も間に合わない、卒業延期と受験の現実、大学への波紋などひどいことになります。そもそも、隠し通して逃げ切ったところで、生徒は助かったと思うと同時に、学校や教師は信用できないってことを身をもって学ぶわけですから。世の中よくなるわけはありません。

たまたま愛知県に住んでいるので、愛知県のことが気になるのですけど、他県でも同じだと思います。愛知などちゃんと159校調査したからましな方だと思います。もっとも、なんで三河地区ばかりで尾張地区が少ないのか、特に名古屋は上がってこないのかという疑問はあるのですけどね。これ以上未履修高校が出て来ないことをお祈りしますです。

◆関連サイト
 → "必修科目逃れ”Wiki~高校リスト
 → 奥村弁護士の見解「「必修逃れ」の刑事責任」

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング

教育偽装10~文科省の責任もある

2006-11-14-Tue
改めて書きますが、今回の必修逃れ履修不足の件で、わたしの知る限り、校長なり教育長なりが辞職したという話は聞きませんが、校長が2人自殺しています。自殺した二人をよく責任をとったとは言いません。教育者としてそういう解決の手法をとった責任はさらに重いという論理さえ思いついてしまうくらいです。二人の優秀な教育者を自殺に追い込んだ、ことの重大性をよくわかってほしいです。

さて、こんな記事です。
まず、「広島では教育長に出向」(しんぶん赤旗)という記事。

二〇〇一年度に県立十五校で未履修が発覚した広島県では、当時から現在までの三人の教育長が全員文科省からの出向者であるにもかかわらず、今回も一校で未履修がありました。
  全文を読む……


教育長は教育委員会の長のはずですから当然責任がありますし、文科省にも責任があります。同じ記事内にこんな表も載ってます。
2006110902_03_0b.jpg
伊吹大臣まで届いていたかどうか知りませんが、知るべき立場にいた人間が複数文科省にはいたことになります。

次の記事。「必修漏れ、文科省が4年前把握 委託の研究会から報告」(朝日新聞)

高校必修科目の履修漏れ問題をめぐり、文部科学省が4年前、全国の大学生の16%が世界史を履修していないとする調査報告を、専門家から受けていたことがわかった。同省はこれまで「個別の県での問題だったので、全国調査をしなかった」としており、全国規模での広がりを見過ごしていたことになる。
  全文を読む……


記事によると、この調査報告は、文科省が大学生の学習意欲を調べるために、高等教育学力調査研究会に委託したものだそうで、調査対象は大学生で、高校時代の勉強について聞いているわけです。それも、どこそこの大学の先生が自分のテーマとして自由に発表したものではなくて、きちんとした国の予算が志向された委託調査ですよね、文科省の委託ですから。

94年度から必修科目の世界史を履修しなかったと答えたのは、全体の16%にあたる約5400人。歯学部が31%、医学部が26%と理系が高いが、文学部も10%だった。

そうです。1割以上という今の値と一致していますね。

つまり、文科省はわかっていたんだと思いますよ。これほどの規模だとわかっていたのかどうかはわかりませんけれど。教育委員会と高校が人事交流しているようです。少なくとも愛知県は高校から教育委員会にいって、教育委員会から管理職として戻ってくるということは普通ですからね。つまり、教育委員会が知らないわけはないんです。知っていて、ま、あえて問題にしてこなかったんですよね。おそらく。だからこんなにあるんですね。

さて、冒頭の校長の自殺のことです。確かに、「第一義的な責任は高校にある」と思います。カリキュラムを作るのも、授業をやるのも高校の責任ですからね。

しかしながら、文科省は知っていてもなにかしたって話は聞かないし、教育委員会も、当然のことのように知っているワケなんですよ。知ってて知らぬふりをしてるんです。よく、「梯子を外される」という言い方をしますが、「公式の場で認めなければ大丈夫、どこもしている」というムードの中で、今さら、校長の責任と言われてもこまるというモノですよね。

つまり、文科省も教育委員会も、じっと黙認する形できてたんではないのでしょうか。それがこの「教育基本法改正」のタイミングで出てきたのが、なんだか落ち着きが悪いです。

影響としては、ついに卒業式を延期する学校が出てきました。
「滋賀県膳所高が卒業式延期」(中日新聞)


 高校の必修科目の履修漏れ問題で、100コマ以上の未履修があった滋賀県立膳所高(大津市)は、3年生への補習のため、来年3月1日に予定していた卒業式を同16日に延期する見通しとなった。発覚した県内9校のうち、今のところ卒業式の日程をずらして対応するのは同高だけ。
  全文を読む……

学校によると「補習は今月10日から実施。センター試験や各大学の入学試験がある1月-2月上旬はできるだけ見合わせ、その分、3月上旬まで行うため、卒業式を延期せざるを得なくなった」んだそうです。全員の卒業式延期なんて、もう、校長つらいでしょうね。ほかにも延期はあって、中日新聞によると長野県では伊那北、上田、上田染谷丘、岡谷南の各高校が卒業式の延期を含めて日程の調整中だそうです。「4校が卒業式延期検討」

こっちは三重。

卒業式一部で遅れも必修漏れ私立2高、県に補習計画提出
必修科目の履修漏れが明らかになった私立の高田高校とセントヨゼフ女子学園高校(いずれも津市)は十三日、補習計画を県に報告した。五百八十七人と履修漏れの規模が大きい高田高では、一部生徒の卒業式が三月上旬からずれこむ可能性があるという。


あたりまえですが、手当て(補習)が送れれば送れるほど影響は大きくなりますね。

また、AO入試の合格発表を延期する大学も出てきました。「九大がAO入試1次合格発表を延期、調査書差し替え想定し」(読売新聞)です。

高校の必修逃れ問題を受け、九州大は8日、意欲や個性を重視するAO入試の1次試験の合格者発表を10日から22日に延期すると発表した。
  全文を読む……

本来9月下旬に願書と調査書が提出され、書類選考によって1次試験の合格者が決まり、12月の2次試験(面接、小論文)に受けるということになっていたようなんですが、未履修問題の関連で「調査書に虚偽の記載があれば差し替えるように」と九州大学から高校側に要請した関係で、差し替えを想定して第1次の合格発表を延期することにしたそうなんですね。

「補習」だけでなく、「卒業式の延期」や「合格発表の延期」などこれだって大混乱ですね。ほんと、実務のレベルでもいろいろ困ったことが起きてると思います。

◆関連サイト
 → "必修科目逃れ”Wiki~高校リスト
 → 奥村弁護士の見解「「必修逃れ」の刑事責任」

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング

教育偽装9~タウンミーティングのやらせって

2006-11-07-Tue
なんだ、すっかり、教育問題と映画のブログになっているな。(自嘲)

映画はPS2をDVD専用機にしてから垂れ流しでずっと見ているんです。最近困ったことに、以前あまり見なかった「恋愛もの」も加えるようになりました。ほとんど「蔑視」していてこれまで見てこなかったので、名作がいくらでもあるんで困りますよね~(笑)。ホラーとか見ても影響ないんですが、「冬ソナ」以来、恋愛モノには妙に弱く、日常生活でも平常心が保てないほどです……。交流のあるブロガーの方で、いつもとトーンの違う絵文字のついたコメントが寄せられた場合は、ま、そういう気分が漏れだしているだけだと思って、温かく接していただければ幸いです。おそらく実害はありませんので。

教育問題というか、「教育偽装」問題もここまでシリーズ化するとは思っていませんでした。ただ、なんというか、この手の前代未聞の事件というのは、ちょっと食指が動くんです。前例がないわけでしょう。誰がどういうことをいい、どう対応するかが興味深くもありまして。

どうも、6日の伊吹文科相の発言に全体が集約されるかなと思わないでもありません。あんただって知らなかったの? って言いたいくらいでさえあります。

で、何気なくそういうこともあるだろうと通過してたんですけど、これ。

教育基本法改正 タウンミーティングやらせの全貌

 政府のタウンミーティングで発覚した“やらせ”問題で週明けの国会は大騒ぎになりそうだ。

 火種が持ち上がったのは、9月に青森県八戸市で行われた「教育改革タウンミーティング」。県教育委員会が中学校長あてに“やらせ質問”をするように文書で指示していた。本紙が入手した文書は4枚。1枚目に「当日に(2)の質問をお願いします」「質問者のお名前をお知らせ下さい」と書かれ、2枚目に(2)として「教育基本法の改正をひとつのきっかけとして、みんなで支え合って生きていく社会、思いやりのある社会の実現を目指していくべきだと思います」というセリフが書かれていた。
  全文を読む……


教育基本法の改正に向けてここまでしてということになってきているわけで、伊吹文科相の発言の中には「未履修問題を文科省派遣の役人も知っていた」というような言葉もあるわけで、なんとなく、教育基本法の改正ムードが盛り上がるように、いずれは対応しなければならない問題を、5月に熊本で発覚した必修逃れの問題を、わざわざこの時期まで待ってタイムリーにリークしたというような、とっても嫌な想像がされてしかたがないのです。

5月の熊本ときはどうして全国にひろがらなかったのですか? どうしてこのタイミングで、富山で発覚し、全国に広がったのですか?
 そこがなんかとっても嫌な感じです。

教育改革には、学校改革もさることながら、教育委員会の改革も当然必要になってくるわけで、現在の学校も、教育委員会もなっとらんというそういう証拠にはかっこうの材料だったわけですね。なんとなく、マスコミを利用し、ネットを利用し、問題を広げて大騒ぎして、なんだかわたしもその片棒をかつがされているような、嫌な気分さえしてきます。

いったいやらせまでして何がしたいのか? 教育や学校はこのままではまずいのではないかとなんとなくは思っても、こんなやらせまでをつかわないと危ういような法律を、単位未修得といじめの問題で自殺者が相次ぐ、いわば大混乱の中で、改正してしまっていいものか、ひじょうに疑問です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング

教育偽装8~成果主義と処罰

2006-11-07-Tue
「必修逃れ」問題も、全体では出口が見えてきたと思っていましたら、中学へ波及です。
 → 「必修逃れ、長野・香川・徳島の4中学でも」
 → 「175時間のはずが43…香川の私立中2校で未履修」
 → 「中学でも必修未履修 愛媛・愛光学園、県に虚偽報告」

義務教育は卒業させるという建前になっているのですから、補習騒ぎなどにはならないのでしょうが、問題はありますよね。工場じゃありませんが、オプションがついてないのではなくて、スタンダードなレベルで不足があるわけですから。

で、ちょっと、嫌なのが、同時に、足立区が学力テストなどを基準に一部の予算を差をつけて配分するというニュースが出てきたことです。ちょっと待てと思いました。成果主義を教育や医療、福祉などにどのように生かすべきかはよく考えた方がいいと。同時に、「一部の予算」ならそういうこともいいかとも思わないでもないのではありますが。

「医療」に成果主義をいれるということを考えてみます。病院の経営危機も少し前にだいぶニュースになりましたので、現実にはもちろんあり得ると思うのですが、やっぱり問題は大きいと思いますね。「治癒率」だとか、「生存率」だとか、「退院率」だとか、詳しくはわかりませんが、対外的に数字にする段階でいろいろ解釈でごまかせるのではないでしょう。ちょうど、文科省の統計で「いじめによる自殺が0である」かのように。

病院の現場で「患者の選別」「患者のリストラ」「利潤につながる治療の奨励」ということも起こりえるわけです。というか、実際起きているのでしょう。もうけの出にくい診療科は開設しないということが。それとうらはらの関係かもしれませんが、わたしの身近でも自治体立の病院で、たとえば産婦人科は設置していても医者がいない(主として待遇面)という現実もあります。(→ 「深刻な医師不足に小手先の調整か?」

教育だってそうでしょう。「均一の基準による評価」や「費用対効果」なんてものは教育や医療や福祉には馴染まないと言うか、根本的に矛盾してるような気がするのです。だからといって、一方で「不的確教師」や「謎の長期病欠公務員」を養ってやらねばならんというのもあれですけどね。

今回の「必修逃れ」の問題も、原因の一つにはこういう偏狭な成果主義ともからんでいると思います。学力テストとか進学実績とか、部活動の勝敗とか、そういうわかりやすいところだけを評価すればいいのか、そこが難しいです。たしかに一流大学に進学させたり、全国大会に出場するのはすばらしいことですが、高卒で就職したり、地方大会で敗退するのは、教育の成果があがらなかったということなのでしょうか?

「必修逃れ」の背景というような、そういう本質的な問題は依然のこっているのですが、そこを伊吹文科大臣は調査するといってます。(→「未履修、小中も調査 文科相「教委の黙認例も」

同時に、構造的な問題もある。上の伊吹文科相の発言のなかに「教育委員会に出向していた文科省職員が、ある程度(未履修の)実態を把握していた可能性を排除しない」とか、「未履修を行った(公立の)進学校の校長先生が教育長になった教育委員会は、明らかにだまされたふりをしていた」などというようなこともあります。教育基本法改正に引き続いて、教育委員会制度の改革にも行きそうな感じもしますね。ま、長期的な課題かと。

現実的な面では、政府の救済策が出て、大学側も方針を示すことができ、高校もあとは補習をこなしていくという段階になっているわけです。残されたのは、いくつかの教育委員会が言いだしている「処分」と、もう一つ、甘く見ていて手を挙げそびれた学校の対応です。ここ案外深刻かもしれません。

昨日愛媛県の高校の校長が自殺が報道されました。(→iza!記事:「遺書に「未履修は私の責任」愛媛県立高校長も自殺」

愛媛県教育長が4日、学校への処分の方針をを発表し、

県教委の照会に対し未履修の報告が遅れた学校が相次いだ点では「校長の管理能力や指導力のお粗末さに愕然(がくぜん)とした。猛省を促したい」と強く批判した。
 → 愛媛新聞「未履修校に「処分検討」 愛媛県教育長」キャッシュ


県の教育委員会が「学校を処分する方針」と発表した矢先ということもあって衝撃なんじゃないでしょうか。一言で言えば責任感、反省ということもあるのでしょうが、ずっと悩んでいたという心労という要素も大きいでしょう。責任は厳しく感じてもらわないと当然困りますが、こういう悲劇が起きないようにしねばなりません。

とくに、まだ黙っているところ。それこそ学校を指導管理する教育委員会にとっては許し難い二重三重の背信でしょうし、うちは大丈夫なのかといたずらに不安になっている受験生はたまりません。隠してる期間が長ければ長いほど、当事者は苦しくなってくるし、発覚したときの影響は大きいです。「補習」が間に合わない時期だったらどうするというか、どうなるのでしょう。大学は調査書に虚偽があれば合格後でも入学取り消しと言っているのですよ。

長引かせることは誰にもいいことはありません。早く、終息宣言を出せるように、調査、対策、処分など手順を追って手当することが大切ですよね。

◆関連サイト
 → "必修科目逃れ”Wiki~高校リスト
 → 奥村弁護士の見解「「必修逃れ」の刑事責任」


ブログランキング・にほんブログ村へ
RREVHOME NEXT