FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

ブログ拍手の多い記事がどれか自分で知りたい(2)~週別集計

2009-03-30-Mon
先日書いたこの記事(「ブログ拍手の多い記事がどれか自分で知りたい~週別集計」)ですが、簡単に言えば、わたしのブログでは2000を超える拍手をいただいたが、どの記事に多く拍手をもらっているか知りたいのでそういう機能をつけてほしいという要望です。これは自分の記事を書く一つの参考にもなるし、ブログパーツのような形でブログに示せれば売りにもなります。

そうしたら、先日その機能が「ブログ拍手」でなくて「FC2拍手」で実現されたとアナウンスがありました。
 → FC2総合インフォメーション:「【拍手】ブログ内の拍手数ランキングが、ブログパーツになりました!
 (※一応このお知らせの時点でFC2拍手に参加してみましたが、従来の「ブログ拍手」について多いものはわかりませんでした)

う~む。FC2がFC2ブログに提供している拍手は二つあります。FC2ブログの全てのブログについている「ブログ拍手」と、FC2ブログ以外のサイトにも設置できる「FC2拍手」です。FC2拍手の管理ページからはブログ拍手の管理もできるということで、FC2の運営サイドからみれば、ブログ拍手の参加者は全員FC2拍手に乗り換えてもらいたいというくらいの気持ちがあるのかもしれません。

しかし、歴史的にはそうではなくて、当初は拍手機能そのものがなくて、Web拍手というサービスがあるが、そのブログ記事版をつくれないか? というユーザーの要望から始まったのです。けっこう評判がよかったので、FC2拍手へと発展させていったんのです(そもそもはモノマネ企画というか、一種のパクリものだと思うので、慎ましくブログ内でやっているのならまだしも、ブログ以外のページに設置できてしまっては、本家であるWeb拍手と競合してしまいますんで、わたしはブログ拍手からFC2拍手への展開に関しては批判的立場です)。

そもそもユーザーの側から言ったら、拍手サービスは書き手と読み手をつなぐものであればいいわけですから、そのサービスがFC2ブログ内だけをサポートしたものであろうと、FC2ブログ以外のWebサイトを対象にしていようと関係ありません。「ブログ拍手」で今までいくつか拍手をもらった記事があって、新たに「FC2拍手」が登場しFC2ブログ以外にもつけられるようになったと言われたところで、FC2拍手に乗り換える意義は感じられないでしょう。

さて、このたびの拍手機能の強化(仮称「多数拍手ブログパーツ」)ですけれど、従来のブログ拍手を放棄して、新たにFC2拍手に乗り換えなければなりません。上に書いてきましたが、拍手機能の本来的な意味から言って、今までの拍手を放棄することはしたくありません。過去の記事において、過去の読み手が過去のわたし(記事)に送ってくれたエールを放棄することです。それはよくないでしょう寄せられた2000を超えた拍手のなかには、FC2拍手登場以前のものも当然少なからずあるわけです。

以上、ブログ拍手の方がFC2拍手より先行したサービスであり、FC2ブログユーザにはFC2拍手でなければならない理由が、少なくと今まではなかったこと。また、乗り換えにあたって従来の拍手をご破算にしゼロからのスタートとうのは拍手の本来的な意味を損なうこと、などから、ぜひ、ブログ拍手のままでも、過去の拍手数の多い記事をブログパーツという形が無理なら管理ページで知りたいと思うのですね。ぜひ、検討してください。>FC2

ちなみに、このことはFC2リクエストに書いています。
 → FC2リクエスト:「「ブログ拍手」をブログに表示したい(2)

いつものグラフは後ほど追記。


にほんブログ村 ブログブログ ブログサービスへ
スポンサーサイト



停電でFC2ブログの下書き自動保存機能の恩恵にあずかる~日別集計

2008-08-29-Fri
ブログを読んでいただいている、全国津々浦々のみなさん、豪雨お見舞い申し上げます。

昨日(28日)、愛知県はひどい豪雨に見舞われました。全国ニュースでも流れていますが、岡崎や豊橋という三河を代表する都市で、冠水やら土砂崩れなどが起こり、不幸にして大きな被害にあわれた方もいらっしゃいます。また、命を落とされた方もいらっしゃり、ま、ご冥福をお祈りするとともに、被害者や現在復旧に関わっている関係者にお見舞いを申し上げたいと思います。

昨日は地元でクルマを走らせておりました。道路が冠水し、ナンバープレートギリギリくらい、タイヤでいうと車軸くらいまでは水が来ていたと思います。わたしにとっては被害ってほどじゃないのですが、消防車(火を消しに行くのでなくて、災害出動でしょう)がサイレンを鳴らしているのですが、渋滞で進めてないというような場面を横切ったりしながら。

冠水している道路を走るときは、気をつけることはいくつかあります。エンジンに水が入るほど深いところには行けませんので、とりあえず車間距離をとるということでしょう。また、前のクルマが何かをよけたら、自分もよけるということです。見た目は水ですけれど、水の下はいつも見慣れた道路があるはずなんですが、そんな保証はありません。水の下の道路には、穴ぼこが空いてるかもしれないし、大きな石が転がってるかもしれません。木の枝とか釘の出た看板が沈んでいるかもしれません。前のクルマが進んだ後を注意して走るのがいいと思います。

また、暗めなら、フォグランプや車幅等、そして徐行するときはハザードランプとか、自分のためでなくて周囲のために点灯することも忘れてはいけません。いや、昨日はひどかったというか、雨よりも、隣のクルマや走行車線を追い越していくクルマ、後ろをピッタリついてるクルマに文句言ってやりたかったです。

夜は夜で被害に合いました。停電です。ケータイに関する記事をオン書きしてる途中で、プシュって。一瞬消えて、また、すぐ復帰しました。以前なら、ここでおしまいですね。ところが、記事はほとんど無事でした。FC2ブログの「下書き自動保存機能」が働いたからです。スゲェ! 今までで一番、この機能の存在に感動しました。ありがとう。やるじゃん、FC2!
 → 過去記事:「「自動下書き機能」ってそういう意味だったのか~日別集計

で、続きを書こうと思うのですが、一端下書きを完了して閉じてしまうと、次の再編集からは、この自動下書きは機能は使えないのですね。そういう仕様なので、不具合というよりは要望になるのでしょうが、たしかに公開状態にある記事を編集してるときにリアルタイムで編集中の文章が表示されてしまうのは不都合でしょうけれど、下書き保存の状態にあるのであれば、再編集であっても、むしろこの機能を残してほしいと思うのですね。だって、昨夜のケータイに関する記事の下書きを開きなおして編集している間にまた停電があってもおかしくありませんから。それに、下書きのまま保存されるわけだから、問題はないはずです。

以上、要望です。ご検討ください。>FC2

そうそう、昨日のことですが、ブログ拍手がゾロ番だったようです。こんなにたくさんありがとうございます。この中には、この拍手機能がスタートしたころに、実験がてら繰り返し押した数回が含まれているので(→過去記事:「FC2拍手がスタート/日別集計」)、純粋にわたしの記事にいただいたものというのでもありません。(……あれ? FC2拍手?)

hakusyu1111.jpg

ついでに書くと、拍手数でランキングをつけるという予定や要望もあったようですが、こんなふうにアレンジ自由で「読んだよボタン」というような使い方も考えられるので、ランキングとかは止めた方がいいですね。

いつものグラフはあとで追記。

にほんブログ村 ブログブログ ブログサービスへ
HOME