FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

平成18年度九州場所~十三日目

2006-11-25-Sat
今日はダイジェスト板を見ていたら、やたらに「おっつけ」という言葉を耳にしたのですね。今まで、「押し込むこと」だと勝手に思っていたが、「とったり」「うっちゃり」など相撲の用語は独特なので、単に「押し込むこと」ではないだろうと思って検索してみることにした。やっぱりそうでした。

がんばれ!玉ノ井部屋の「相撲よもやま話」に「相撲用語『おっつけ』」のページがあった(決まり手ではないので、goo大相撲「決まり手一覧」のページにはない)。それによると、

・『押っ付ける』これは解説で「見事なおっつけ!」と言われて耳にする言葉ですね。

どういう体勢かというと、相手が差して来たり突っ張ってきたときに、自らの脇を固め、相手の腕に外側から手を押し当てて、相手の腕を絞り上げるように力を加えること。(相撲大辞典より抜粋)…だそうです。
 
差すなり、突っ張るなりして押してきた相手の腕を外側から手を添えてひねるような動き、というと想像しやすいのではないでしょうか?

とうことで「身体全体を押し込む」のでなくて、「相手の腕を外側から手を添えてひねるような動き」を「押っ付け」と呼んだようです。「相手の腕を押しつける」ってことなんでしょう。

●旭天鵬×豊真将
ラッキーなんじゃなくて、これも実力なんでしょうね。旭天鵬が勝ったかと思っていたら、豊真将が土俵ギリギリのところでさえ、右手で押っつけていたんです。そのために絶対有利かとおもっていた旭天鵬がだめを押せずに下がって土俵を割る形になってしまいました。おそるべし、押っつけ

●豊桜×岩木山
岩木山に初日。おめでとう。土俵下の豊桜に気遣うことなく、感慨深げにはれぼったい目を閉じて(開いてたのかもしれないけど)立ちつくす岩木山。初日おめでとう。豊桜、取りづらかったでしょうね。

●玉春日×把瑠都
把瑠都が玉春日に頭をつけて寄り切りで勝ちました。本場所で稽古してるみたいです。むふふ。

稀勢の里×琴奨菊
ライバル萩原に勝っての給金直しで琴奨菊はとてもうれしそう。寄りが本当によく決まります。こういう得意技を持つと、一段強くなりますから。来年の琴奨菊は楽しみです。

雅山×時天空○
雅山はよく前に転がります。転がり具合が身に付いている。時天空の手応えがないぞ~みたいな顔(本当はどんな気持ちかわからないけど)と、土俵を降りる雅山のなで肩の後ろ姿寂しいです。

琴光喜×魁皇
結局琴光喜ってこんなものなのでしょうか。何かが足りませんね。魁皇はあと二つで12勝ですね。

千代大海×琴欧洲
手が痛いんですね、千代大海は。こういうときこそ、秘策横跳びを出すべきなのでは? 千代大海。それでも、内掛けとかしちゃって、闘志を見せてるんで、立派です。千代大海。琴欧洲もうまく対応して9勝目。横綱戦に行ってください! 琴欧洲。

朝青龍×栃東
朝青龍を止められるかと期待していましたが、あの足では、朝青龍がよほど油断しないと勝てません。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング
スポンサーサイト



HOME