FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

愛知県で戦国時代にちなんだスタンプラリーをやってる!

2010-09-23-Thu
我が郷土愛知は、いわずと知れた戦国時代エリートの輩出国なんですけれど、それにちなんだ観光キャンペーンがスタートしていることを知りました。

sengoku_cap.jpg
 → 「タイムトラベル戦国あいち」のページ


9月11日に始まった「タイムトラベル戦国あいち」ですが、名古屋城、岡崎城、犬山城といった城のほか、名古屋市博物館や徳川美術館、豊橋市美術博物館などの美術館、博物館、大須観音、豊川稲荷などの社寺、小牧山、設楽原などの史跡などさまざまな観点に、墨俣城や浜松城などの県外にまで至る広いエリアをカバーして、全部で62箇所にスタンプを設置しています。

コースも全12コースで、家康のルーツ松平家をたどるコースや、桶狭間の戦いの現場をたどるコースなど、歴史を楽しみながら、感じることができるものになっているようです。
 → スタンプ設置場所と12のモデルコースのページ

これは、地元に住んでいてもなかなかじっくり歩くことができないので、いいきっかけになるかもしれません。けっこう好きなんで、ぜひ、参加してみたいです。


関連記事
 → 中日新聞:戦国スタンプラリー参戦を 県内62カ所12コース:愛知(CHUNICHI Web) 中日新聞:戦国スタンプラリー参戦を 県内62カ所12コース:愛知(CHUNICHI Web)
 → タイムトラベル戦国あいち 「武将のふるさと愛知」スタンプラリー2010


スポンサーサイト



映画:「あずみ」「あずみ2」~DVD

2008-02-17-Sun
上戸彩主演の、美少女忍者活劇? 「あずみ」シリーズです。


あずみ デラックス・エディション
アミューズソフトエンタテインメント (2003/11/21)
売り上げランキング: 6214
おすすめ度の平均: 3.5
5 あの娘になら斬られたい?
1 理不尽な映画
5 世界一の殺陣。
あずみ 2



原作の方は、映画化される前から、マン喫で原作を集中的に読んでいて、あまりにもあずみの仲間が死んでしまうんで、わたしのナイーブなこころが耐えられず(ホント?)、途中で手に取らなくなった作品です。
あずみ 43 (43) (ビッグコミックス)
小山 ゆう
小学館 (2007/11/30)
おすすめ度の平均: 5.0
5 ド変態キャラ炸裂(笑)


時代設定は戦時代末期から徳川幕府初期に設定されています。戦国時代は戦乱に明け暮れていたわけですが、それが第六点魔王信長、太閤秀吉、征夷大将軍家康と、しだいに安定に向かっていくわけです。しかし、その時々にもやはり勢力争いや後継者争い暗殺、そして復讐など、どろどろとした血なまぐさい争いは続いています。天下泰平を求めるといいながら、その手段は平和や太平とはほど遠い戦乱であり、殺戮であり、暗殺であるという……、ま、そんな時代に主人公あずみは生まれ、仲間とともに刺客として育てられ、仲間の死に苦悩しつつ、任務遂行のために、まさに戦っていく……という話です。

相手が悪人であるのならば、それはあるいは、自らの技で殺してしまうことにそんなに苦悩するものではないでしょう。たとえば、親の仇、恩人の仇と自分の中で割り切ることができれば、死を覚悟して対決を挑むこともできるかもしれません。しかしながら、これはあたり前なんですが、100パーセントの悪人というわけではないのです。戦争や殺戮を手段にして争っていても、それぞれの理想の下に、太平を目指してやっているわけで、家族もいれば、愛する人もいて、守らなきゃならない人がたくさんいるわけですね。敵も味方もそうなんですね。そういう現実の中で、あずみは仲間とともに、命を受けあるミッションに挑むわけなんですが、どんどん死んでいくんです。敵も死に、仲間も死ぬ。自分のミッションの成功が、まるで不幸な人を増やしているようなものなのです。それは、現在を含めて、すべての戦争がそうだともいえるわけですが。

そういう意味では、人間ドラマが描けているんですね。そういう点が評価されて、原作は1997年度の第一回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞しているし、1998年の第43回(平成9年度)小学館漫画賞もしているんだと思います。
 → Wikipedia:「あずみ」

映画では、そういう人間ドラマを生かしつつ、アクション、迷い、恋心みたなものを絡めています。映画の評価はどうだったのでしょうか? わたしは、予想以上によくできていたと思います。ま、原作のような、小山ゆう独特のユーモラスでのどかで素朴なイメージと、残酷で非常なイメージの渾然とした感じはなかなか出しきれなかったとは思いますけれど、子どもだましってこともない、アクションシーンもそこそこできていたし、ま、よかったのではないかと思います。

同じ、時代劇漫画を実写化した「どろろ」は、劇場で見ましたが、ドラマはともかく、敵キャラのアクションがちょっとお粗末だったというような印象があって、それに比べたら、ま、上戸彩ががんばってるだけ、こっちの方がよかったかと思います。「どろろ」も全体的には悪くないと思いました。
 → 過去記事:映画:「どろろ」

どろろ コレクターズ・エディション
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2007/07/13)
売り上げランキング: 2130
おすすめ度の平均: 3.5
4 結構良かった
3 ブッキー&柴咲コウファンのための映画
5 納得の面白さ


にほんブログ村 映画ブログへ

「牢人」って?~<戦国無双2>

2006-05-01-Mon
GW、いかがお過ごしですか?

わたしはヒッキーしてます。なのに、ブログも書かずに、さして巡回もぜず、ひたすら、バッサバッサと切り刻んでいます。とりあえず、普通モードでやり込んで、武将は全部出たのではないでしょうか? 今、やってるのは、信長の外伝ってシナリオで、ネタバレですので、必要があるかどうかしりませんが、いちおう白字で消しておくと「本能寺の変で信長が生き残り、光秀の思いを理解して、その後を生きていくという、ちょっと不思議な設定」です。(ネタバレが気にならない方は のところをドラッグ)
戦国無双2(通常版)
戦国無双2(通常版)
posted with amazlet on 06.05.01
コーエー (2006/02/24)

ま、こんな話は、やってる人しかわからないんでこのくらいにして、さて、「戦国無双」やってると「牢人」ということばに出くわします。お、コーエーやっちゃったな、変換ミスじゃん~って思っていると、たびたび出てきます。それどころか、宮本武蔵(なんと今回はメインキャラの一人に武蔵が出てくるんですね)のシナリオでは、その「牢人」が重要な役割を演じることになり、ゲーム中に頻繁に登場します。

コーエーってこういうことはないんですね。むしろ、逆で、なんというか、歴史なかでも中国の三国志の時代と、日本の戦国時代には、非常に詳しいんですよ、コーエーは。あとおそらく、幕末維新の時代や、大航海時代にも詳しそうですけど~(笑)。

じゃ、「牢人」ってことばがあるとしか思えませんよね。ヤフー辞書にはありませんでした。しかし、いますね~検索すると。同じ疑問を抱いた方が~。

 → Landscape-エンジニアのメモ:「浪人と牢人の違いと意味」

このブログ主の斎藤さんは、司馬遼太郎の「城をとる話」を読んで、「牢人」ということばにひっかかって調べたんだそうですね~って、わたしも読んだことあるぞ、これ。ああ、そういわれるとそんなことばにひっかかったような気もしてきたけど、全く覚えてないわ(ヤバ~っ)。
城をとる話
城をとる話
posted with amazlet on 06.05.01
司馬 遼太郎
光文社 (2002/11/12)
売り上げランキング: 93,697
おすすめ度の平均: 4.5
3 船戸与一風の司馬遼太郎!?
4 庶民の目で見る戦国
5 司馬小説のなかでも異色の存在
で、結論的にはこの斎藤さんがネットで見つけたNHKの「その時歴史が動いた」のページにあった、「国史大事典」からの引用ってことになりますね。

・「牢人」(ろうにん)は浪人の誤りではないか?
「牢人」とは、主家を去って俸禄を失った武士という意味。江戸時代中期以後はほとんど「浪人」という字を用いるようになったが、「浪人」の字義は、本来は本籍の地を離れて流浪する浮浪の者の意で別儀である。 よって、今回は舞台が江戸時代中期以前であるため、「牢人」の字を用いました。 ちなみに牢人とは、領地や地位・俸禄などを失って落魄(らくはく)することを牢籠(ろうろう)といい、牢籠としている人すなわち牢籠人が縮まって牢人の語となった。(『国史大事典』より)
NHKの「その時歴史が動いた」


簡単にまとめると「浪人」は本籍地を離れて流浪するって意味が強く、江戸時代中期以後使われ、「牢人」は牢籠人(ろうろうにん:領地や地位・俸禄などを失って落魄(らくはく)すること人)が縮まったことに由来するということのようです。

同音でわりと実態もよく似ていたと思うんですが、「牢人(牢籠人)」には「落ちぶれる」という意味が色濃く、「浪人」には「流浪する」という意味合いが強く、こっちは必ずしも落ちぶれていなくてもいいってことに、なってくるんでしょうか。

ちなみに、NHKの「その時歴史が動いた」のページですが、浅井長政の「浅井」は「あさい」でなくて「あざい」だとか、「大阪」と「大坂」なんて話もこのページでは簡単に(ほんとに簡単ですが~)ふれられてますんで、よかったら、見てみてみ~。下の方3分の1くらいのところ。

さて、今日は、なんでも名古屋は29度近くまでいくとか~。今日も熱い戦いになりそうですわ~(笑)。

ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME