FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

FC2リクエストってストレスが溜まります~FC2リクエスト雑感~週別集計

2009-06-02-Tue
FC2リクエストというのがある。

FC2IDユーザでないと投稿できないが、FC2サービスに対するユーザーの意見や要望を投稿するところだと、トップに書いてある。

日頃ご利用いただいておりますFC2サービスに対する、ご意見・ご要望をご投稿いただけます。リクエスト一覧から、賛成・反対の投票をすることもできます。



現状の不具合や不便を改善するというよりも、むしろ、新サービスの提案常時募集コーナーではないかと思っていた。たぶん、もう社内だけでは新しいサービス、新しい機能の発案に限界があると感じたので、ユーザーにアイデアを出してもらい、魅力的な提案があったら取り入れたいと思って作ったコーナーだと理解していた。そういうコーナーがあっていい。いや、必要だと思う。

仮に、本音はそうだとしても、いちおう、「ご意見・ご要望をご投稿」するコーナーだと言っているのはどういうことだろうと、実は少し引っかかっていた。「FC2リクエスト」なら、「単なる意見」ではなくて、「改善点の要望、新しい提案などを募集する」と目的をはっきりさせる方がいいと思いながら、あ、ひょっとしたら、ひょっとしたらクレーマー対策も兼ねているかもしれないなと思うようにもなった。

つまり、FC2ブログだけで、毎月のアクティブユーザは20数万人である。すべてのFC2サービスについて、ユーザーからお問い合わせや、ご意見、ご要望など、メールや電話で対応していたら大変だろう。FC2ブログにはユーザフォーラムがあるが、他のサービスにはないので、こうしたコーナーを作って、ガス抜きというか、意見を出してもらい、ついでにユーザ相互で話し合ってもらい、自分の意見や要望に、もし偏っている点があるとしたら気づいてもらおうという趣旨なのだろう。

以上は想像なので、FC2がこのとおり考えたかどうかはしらないが、圧倒的な多数のニーズをこなすには、こうした手法も有効だと思った。

わたしも時々提案をし、また、投票もさせていただいている。

先日も一つの提案をした。おそらく誰にとっても不利益ではない、手順も簡単な提案である。どうしてこれが今まで指摘されなかったの不思議でさえあった。

なのに、反対意見が二つも出たのにはびっくりした(笑)。この提案に反対するなんて……。わるいが、こいつらをわたしは信用する気にならないなw。わたしの提案はこれ。

管理画面にある広告を別窓で開くように設定してください。記事を書いてる途中でクリックするという、お人よしでマヌケなことをすると、ちょっとした悲劇に見舞われることがあるので。
  → FC2リクエスト:「管理画面の広告を別窓で開いてください。

これだけ読んで、直感的にどう? 賛成? 反対?

カフェスタやCURURUが閉鎖する(過去記事→「CafestaそしてCURURU。アバタ系SNSが終了~週別集計」)。その主たる理由は経済的な理由である。

FC2ブログが「アカマイ広告」を導入したのも、たぶん根っこは同じ。ブログサービスは儲からないのだ。リーマンショックを機に訪れた世界大恐慌は、もちろん、ブログサービスにも影響している。すぐにどうということはもちろんない。FC2ブログが閉鎖されないために、ユーザが何かできること。そりゃ、FC2に寄付をすればいいけれど、ま、それよりも、誰もが腹が痛まずに気軽にできるのは広告クリックだろう。やみくもにやれとは言わない。興味がありそうなものが出てるときだけ、クリックすればいいのだ。

賽銭だと思って、FC2ブログが表示させてる広告をクリックしよう~。

最近そう訴えることにしているのだけれど、管理画面の広告をクリックしてみると、別窓で開かない。記事の編集中やテンプレの操作中、コメントへの返信中でも、うっかりクリックすると、水の泡ということになる。そういう観点から、上記の意見を書いたのだ。

なんと、反対意見が2件も出た(ちなみに現時点で賛成は6票)。

一つ目は、

反対 過去記事も自動保存できるようにすれば大した問題じゃない ニューはふy

むこうで反論ができないのがストレスなので、ここに書く。「大した問題じゃない」のはわたしも知っている。しかし、この修正こそ大した修正ではない。月さんが書いてくれてるが、

targetを変えるだけ。こういう単純なリクエストこそ、片っ端からサクサク採用すべきでしょ?

そのとおり。実際の運用で、targetを変えるだけで済むかどうか知らないけれど、 少なくとも技術的には簡単な話。過去記事に自動保存機能がついたって、別の人(・涼音・さん)が書いてるように、テンプレの編集とか、プラグインの編集とかいろんな場面があって、そういうことを考えて、なぜ、「targetを変えるだけ」という簡単な変更に、こんなに関単に反対できるか? 全くわからない。 

もう一つは、

反対 何のための広告なのか…。それが嫌なら、ブログ記事作成ソフト(xfy Blog Editor等)を使えばいい なぞさわ

わたしの要望文を読んでいないとしか思えない。なるほど、タイトルだけ見たら、なぞさわ氏のようにとらえてしまうかもしれないが、本文の方は「管理画面に表示された広告をクリックしたときに別窓で開くようにして」という意味で書いているのだけれど、わたしの文章が下手糞なのか?

fgn.さんが次のコメントで、

賛成 何のための編集機能なのか…。広告にケチを付けているのではなく寧ろ広告をクリックした際発生する問題。

と対句的に書いて、間違ったと思ったら編集機能で訂正したほうがよいと促してくれているのには助けられた。

それにしても、こちらが真っ当な提案をしてるにも関わらず、不本意な反対が出るというのは、かくもストレスが溜まる。ええい、これをなんとかせい!>FC2

じゃ、改めて、

賽銭だと思って、FC2ブログが表示させてる広告をクリックしよう。



にほんブログ村 ブログブログ ブログサービスへ
スポンサーサイト



パノラマカーの廃止と名古屋弁広告

2006-10-18-Wed
先日名古屋に行くことがあった。大学名で「めいだい」と呼べば「明大」で明治大学なんだろうが、愛知県では「名大」で名古屋大学である。鉄道に類似のものがあるかどうかわからないが、わたしが利用したのはメイテツつまり名古屋鉄道だ。名鉄本線は三河と県の中心名古屋を結ぶ動脈の一本である。

名鉄のひとつの売りはパノラマカーである。名鉄の代名詞になっている。「パノラマ」という言葉で思い出すものは、江戸川乱歩のパノラマ島と名鉄のパノラマカーとで、ヒカシューの「白いハイウェイ」だ(笑)。パノラマ~パノラマ~パノラマ~、チュクチュクチュ~~ン。閑話休題。

「パノラマ」は「全景を展望できるようなもの(こと)」という意味だと思うが、名鉄のパノラマカーは、誰にとってだろうかとふと思う。まさか、運転手ではあるまい。確かに、あの中2階に位置する運転席はたぶん景観がすばらしいと思うけれど。しかし、運転手にとってのパノラマのすばらしさを「パノラマカー」と言っていたのでは話にならない。やはり、「お客にとって」でなければならないと思う。お客がそうってことはつまり、座席から外を眺めるときに、車窓が大きくとられていて、広大な三河平野を地変線まで展望できるようなそんなデザインになっているということだと思う。それがパノラマカーなのだ。

もちろん、毎日通勤通学で利用する人は相も変わらぬ気色かも知れないが、たまに鉄道を利用するわたしはけっこうおもしく感じる時もある。しかし、最近はそうでもない。ペタリとシールが貼ってある。中央の上から三分の一のあたりに。コーヒーの宣伝だったりする。「あ~、これじゃパノラマカーじゃないじゃん~」と、笑ったりする。別にわたしはこだわっているわけではないが、こういう会社のイメージを削ってまで収益を考えなければならないほど、名鉄は厳しい環境に置かれているのかと思っている。ガンバレ!名鉄!

そうしたら、こんな記事を見つけた。

初代パノラマカー全廃、パノラマスーパーも削減へ 名鉄(朝日新聞) - goo ニュース
 名古屋鉄道は、かつて特急で使用した初代「パノラマカー」を09年度までに全廃し、現在特急で使っている「パノラマスーパー」も3分の2にあたる60両を廃止する。特急の編成見直しや老朽化などが理由で、後継車両も、前方が展望できるパノラマ型にはしない方針。
全文を読む……

ああ、そうなんだ。パノラマ型とは一番先頭の座席の人が全景がみわたせるという形だったと理解した。廃止になるまえに一度先頭に乗っておかないと~。

さて、そんな名鉄の某駅でこんなポスターを見かけた。いつごろ貼られたものかわからぬが、たまに利用するわたしには新鮮だった。
nagoyaben01.jpg

ちょっと琴欧洲の「エコライフ」を思わせる(→関連記事)が、決定的に違うのは、これはダジャレじゃなくて、正真正銘の名古屋弁である。「漏れて(い)らっしゃいますね」を名古屋弁では「漏れとらっせるがね」というのだ。中央の大きな字だけでは、え、何が漏れてるの?ってことになる。絵を見て、あ、ヘッドホンの音もれかと気づく。実際、車中では耳の位置はかなり近くなるときもあって、ほんとうに耳障りな時がある。

収益だけでなく一人での多くの客が快適に利用してもらおうと、電車の利用に関しての安全やマナー、ルールを啓蒙するのは鉄道会社の一つの指命なのだと改めて思った。ガンバりゃぁ!名鉄!

ただ、ちょっといやらしいことを言うようだが、「らっせる」は名古屋方言の尊敬語である。「~いらっしゃる」に該当する。だから、厳密に言うとこのポスターの意味のところには「(音が)もれていますね」となっているのは正しくない。「(音が)もれて(い)らっしゃいますね」でないと。せっかくの洒落たポスターも、こんでは間違っとらっせるがね。ガンバりゃーせ!名鉄!
 → 名鉄の公式サイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME