FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

稀勢魁皇も一気に破る!~平成20年度夏場所三日目

2008-05-14-Wed
三日目です。

白鵬は今日も把瑠都に危なげなく勝って、3連勝。初日に稀勢の里に敗れた朝青龍も、ふくらはぎだの腰だのいいながら、それでも二日目把瑠都、三日目黒海とパワーの力士を破り、安定感をとりもどしつつあります。カド番琴欧洲も前に出る相撲で3勝目。好調と思われた琴光喜に土、千代大海も、目に指でも入ったのかあっけない相撲でした。

そして、稀勢の里VS魁皇。朝青龍戦でもそうだったのですが、頭を低く下げ過ぎることがなくなった稀勢の里は、威力ある立ち合いで一気に魁皇を持っていったという感じでした。まだまだ先はわかりませんけれど、今場所三日目までを見る限り、次の大関一番手は稀勢の里という感じが漂ってきました。



わたしが期待している安馬は、朝赤龍の変化に肘から落ちて、少し痛々しく心配されててる感じです。

目多掘部屋勢
 → 「ドリーム大相撲への出場
横綱朝青龍●○○2勝1敗
関脇安馬○○●2勝1敗
小結稀勢の里○●○2勝1敗
西前頭筆頭把瑠都●●●3戦全敗
西前頭6北勝力●●●3戦全敗
西前頭11豊真将○●○2勝1敗
前頭4黒海●●●3勝全敗
 初日の成績:3勝3敗(黒海は補欠)
 → バカピカさんのブログのまとめ記事(記事力士成績部屋別成績

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
大関琴光喜○○●2勝1敗
西十両11市原●○●1勝2敗
三段目89玉海山○-●1戦1勝
序二段24深尾-○-1戦1勝
序二段27舛名大-●-1戦1敗


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

稀勢圧倒朝青龍に土!~平成20年度夏場所初日

2008-05-11-Sun
四大関がすべて勝ち。それも、どの力士も危なげのない大関らしい勝ち。結びの前で、白鵬が、わたしにはちょっとバタバタした感じに思われたのだが、解説者(北ノ富士)によると相手をよく研究した相撲で文句なしという相撲で勝ち。上位陣安泰を思わせた結びの一番。朝青龍に稀勢の里。



この人は気後れしませんからね」という、これも解説者(北ノ富士)の言葉のとおり、高ぶる闘志を必死で抑え込もうとしているような、そんな気迫が感じられる稀勢の里。それに対して、結果をして振り返っているからかもしれませんが、比較的落ち着いているというか、いつものようなギラギラした闘志がちょっと稀勢に負けてるんじゃないかと思われるような朝青龍……。わたしはテレビの前で「行け、稀勢の里……」とつぶやいてました。

立った瞬間から、ぶちかましというか、ダッシュというか、ラッシュというか、朝青龍に回しをとられないように、脇をさされないようにしながら、どんどん前に身体から乗っていくような稀勢の里。内館横審委員が、名前からして品格がないと言った「蹴手繰り」を喰らったときのように頭が低くないのです。これがいい! 回り込んでかわそうとしたのですが、スピードのある朝青龍の動きを上回るような稀勢の里のダッシュという感じで、最後は、もろくも腰砕けの体で、ばったりと背中に土俵の土をつけてしまうこととなるのでした。やったぁ、稀勢の里。今日は、史上最多の36本の懸賞だったそうですよ~。よかったですね~。

勝利インタビューも堂々として、何か、頼もしさを増した稀勢の里でした。めざせ全勝優勝!

朝青龍が、負けて、ペロリと舌を出したのが印象的でした。

目多掘部屋勢
 → 「ドリーム大相撲への出場
横綱朝青龍1戦全敗
関脇安馬1戦全勝
小結稀勢の里1戦全勝
西前頭筆頭把瑠都1戦全敗
西前頭6北勝力1戦全敗
西前頭11豊真将1戦全勝
前頭4黒海1勝全敗
 初日の成績:3勝3敗(黒海は補欠)
 → バカピカさんのブログのまとめ記事(記事力士成績部屋別成績

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
大関琴光喜1戦全勝
西十両11市原1戦全敗
三段目89玉海山1戦1勝
序二段24深尾-
序二段27舛名大-


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

ドリーム大相撲~平成20年度夏場所

2008-05-08-Thu
さて、いよいよ夏場所直前で、例によって、バカピカさんのブログの大相撲企画のドリーム大相撲に参加します。
 → かんたん大相撲ゲーム(POG)「ドリーム大相撲08年5月」参加者募集中」

このイベントに参加するのは4回目なんですが、なんと、先場所(3月)は、わが目多掘部屋が混戦を制して総合優勝となりまして、いわば、今場所は連覇のかかった場所ってことなんですね。がははは~。そううまくはいきませんが、滅多にないチャンスですんで、ま、狙いたいですね。

細かなルールはこちらにありますが、非常に大雑把に言えば、自分がある相撲部屋の親方になったと想定し、現実にいる力士たちの中から7人を選抜して、自分の「部屋」の所属力士とするということで、ま、そんだけでおしまいです(他の参加者と重なろうがおかまいなし。もちろん全部が全部誰かといっしょではちとおもしろくないと思いますけど)。

こうして選んだ7人を、ま、バカピカさんの記事のコメント欄に書き込むか、トラックバックで送ればエントリー完了です。あとは、本場所を、自分の部屋の力士を叱咤激励しながら観戦すればいいわけです。一定のルールによって勝ち星が得点され、主催者のバカピカさんによって集計されます。こうして、親方同士で勝敗を競おうというゲームです。

こういうものをもペーパーオーナーゲームというのだそうです。バカピカさんはプロ野球でもなさっているのですが、ま、わたしは大相撲だけ参加させてもらってます。相撲観戦に一段と身が入り、また、ネットでつながるという楽しみもあります。

では、さっそく今場所のエントリーです。

ま、例によって横綱は朝青龍と決めてます。

大関ですが、過去2回地元琴光喜を押していたのですが、先場所大関をパスしたのが正解。今場所も、大関を積極的に入れる理由が見つからないのでパス。

大関の代わりに3役から、先場所に続いて関脇安馬と小結稀勢の里の二人。この二人期待してるんで。

さて、平幕と十両なんですけど、十両を選びたいと思いましたが、やっぱりぜんぜんわからないんですね。地元の星市原という手もあるのですが、怪我がわからないので一場所見送り。

というわけで、平幕から3人ですね。把瑠都はそこそこ行くだろうし、復活の豊真将は今場所もよさそうでしょう。あと一人は、ベテランを起用して、玉乃島か岩木山、先場所こけた若の里かな。難しいので、ちょと渋めで北勝力あたりいってみましょうか。むふふ。

そして、補欠は黒海で。

というわけで、ドリーム大相撲夏場所への参加です。

わが、目多掘部屋の所属力士は、

 横綱:朝青龍
 大関:パス
 三役:安馬、稀勢の里
 平幕:把瑠都、北勝力、豊真将
 補欠:黒海

どや~。
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

幕内欧州勢が7人に~平成20年度夏場所番付発表

2008-04-24-Thu
夏場所の番付が発表になりました。

横綱2人、大関4人、関脇小結各2人、平幕32人の総勢42人のうち、外国出身は16人(モンゴル勢8人、欧州勢7人、韓国1人)で、外国出身16人というのも、欧州勢7人というのも史上最多ということになります。新入幕も、栃ノ心(グルジア)、白馬(モンゴル)と琴春日で、まさに国際色豊かな現在をよくあらわしています。

ban080424a.jpg


今場所は、琴欧洲が2度目のカド番(先場所途中休場)。また、しばらく大関獲りの興味が続いていた安馬が先場所失敗し、次の大関レースは団子状態です。

わが愛知期待の星だった市原は先場所実質勝ち星なしで、西の十両11枚目に大きくダウン。怪我の回復状態ということもありますが、再入幕にはしばらくかかりそうです。舛名大は序二段東の27枚目で、玉海山は三段目東89枚目となりました。また、市原の後輩深尾は序二段東の24枚目です。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
RREVHOME