FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

生観戦に若ノ鵬飛ぶ!~平成20年度名古屋場所九日目

2008-07-22-Tue
昨日(21日)は、かねてから狙ってはいたのですが、所用がどのように入ってくるかわからなかったので前売りを買えないでいたのですが、なんとか折り合いをつけて愛知県体育館に出かけてきました。相撲案内所を利用したことがないので、直接会場のチケット売り場で当日券を求めました。goo大相撲の販売状況のページでチェックしていったのですが、会場に着くとすでに枡席Bしか残ってませんでした。別に秘密になってるわけではないと思うのですが、前売りではセットでしか売ってもらえない枡席も、当日はバラで売りしてもらえます(安くはなってません)。もちろんいい位置から売れますので、コーナーになってしまいますけれど。ガラガラの平日にいけたらなぁと思うのですが、なかなかそうはいきませんね。
sumo0807_2.jpg
▲当日券ゲットのため早い時間にいきました。

sumo0807_3.jpg
▲まだ観客もまばら。午前10時半ころ、席は向正面です。

今回は、昨年の反省を生かして、デジカメをグレードアップしていきました。なかなかうまくとれたとは思います。たとえば向正面から、放送席をズームアップ。時間的にはもっと遅いものですが、栃東の顔がかろうじてわかります。
sumo0807_4.jpg
▲放送席を向正面からズーム。解説は栃東。

感想をいくつか書いておくと、深尾は強い。舛名大の人気は地元力士の中では琴光喜に次ぐ。市原以上だと思いました。
sumo0807_9.jpg
▲深尾です。

高見盛の入場はテレビで見ていても館内が湧くのがわかるのですが、会場にいくとものすごいことがよくわかります。入場してきたときのムードが、他の力士たちと全然違います。ざわざわざわざわわわわわわ~という感じです。それは退場の時も同じなのですが、その時は館内全員の目が土俵上にはないので、仕切っている力士たちが気の毒に思えるほどです。相撲も興行ですから、ああして入場するだけで湧く力士は本当に貴重です。
sumo0807_7.jpg
▲横綱土俵入り

人気ということでいえば、海の日に行ったので子どもも観戦していて、子どもから一番声がかかっていたのは、琴欧洲でした。琴欧洲って人気力士なんだということを改めて感じました。わたしが子どもの頃そうだったと思うのですが、祖母とテレビ観戦していても、相撲取りはみんな同じに見えたんですね。もちろんみんな同じはずはないのですが、なにかこれはという特徴がないと識別しづらいのです。今でも、北勝力と豪風あたりはよく似てるなぁと感じます。ところがそういう中にあっても、やっぱり琴欧洲はルックス的に全く違いますから。一回見たら記憶に残る、これもまた、人気商売には大きな武器と言えるでしょう。

sumo0807_6.jpg
▲把瑠都の立ち合い。フラッシュが一斉にたかれこんなふうに。

さて、取り組みですが、一敗力士が二人とも負けてしまう結果になりました。若ノ鵬×安馬戦。取り組み前に安馬が負ける要素はないと思っていました。若ノ鵬は、例の手をモゾモゾしながら尻を揺すって挑発的なことをしています。この動作に会場はざわめきます。客にアピールしているということを承知でおそらく若ノ鵬はしていると思います。人気ということを意識して本人なりにやっているのかもしれません。そこは評価してあげたいですが、おそらく長く相撲を見ている相撲好きな人は、あまり好感を持って受け入れていないのではないかと思います。ま、若いうちには許されると思うと同時に、番付があがっていったらやめた方がいいとわたしも思います。この動きは、安馬にどう映っているかわかりませんが、安馬に限っては乱されたということはないと思います。立ち合い、若ノ鵬は封印していた垂直跳びをしました。これが大成功。家でダイジェスト見ると、垂直跳び自体は単発では完成しなかったのですが、安馬の前進力を妙な形で止める結果になったと思います。つまり、上半身だけが止まり、下半身はそのまま出るという、つまりのけぞらせるような形になった。結果、浴びせ倒しにつながったと思います。「もう二度としない」と誓っていたのですが、初日から8連敗の闇の中で見出した一つの苦し紛れだと思います。相撲好きの方たちはどう思ったかわからないですが、わたしは若ノ鵬の苦悩となんでもやってやろうっていう前向きな姿勢が見えて、好感を持ちました。浴びせ倒しが決まった後のガッツポーズも、若さを感じていいと思いました。相撲がうまくなるにはたぶん上に飛んでいたらダメなんですが、それと勝負とは別。ここ一番に出して、大きな白星というよりも、安馬にとっての大きな黒星を与えたわけです。

sumo0807_5.jpg
▲若ノ鵬のジャンプ! カメラのぞいていたので、取り組みはよく見られませんでした……。

琴光喜×普天王。地元の大関で、全勝の白鵬を1差で追うとなれば、盛り上がります。場内手拍子。わたしも参加しましたが、取組後はため息に変わりました。安馬が負けたことがひょっとしたら心理的に影響したのかもしれません。押し勝ちながらも、回るように引かれて足がついていかないという感じでした。


朝青龍が休場していたのは残念なんですが、さらに結びの一番で、白鵬があまりにも簡単に若の里を下したのも残念でした。若の里、もうちょっとなんとかしてよ~。


目多掘部屋勢
 → 「気づいたら初日ドリーム大相撲への参戦
横綱朝青龍●○○○●▲ややや3勝3敗3休
西大関琴光喜○○○●○○○○●7勝2敗
小結稀勢の里●●○●○●●●○3勝6敗
前頭筆頭安美錦○●●○●●○●○4勝5敗
西前頭5把瑠都●●○○○●○●○5勝4敗
前頭6豊真将●○○●○●○○●5勝4敗
西前頭筆頭若ノ鵬●●●●●●●●○1勝8敗×
 四日目の成績:4勝2敗
 → バカピカさんのブログのまとめ記事(記事力士成績部屋別成績

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
西大関琴光喜○○○●○○○○●7勝2敗
西十両12市原●●●●○○○●●3勝6敗
十両13玉飛鳥○●●●○●●●●2勝7敗
三段目13深尾-○-○○-○-○5勝0敗◎
序二段18玉海山○--○-●○--3勝1敗
序二段60舛名大-○-●○-●-●2勝3敗


sumo0807_10.jpg
▲弓取り式も終わって帰路に。駐車場の出口には人だかり。力士が車から手をふってくれます。


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
スポンサーサイト



白鵬が横綱らしいのがいい~平成20年度名古屋場所4日目

2008-07-17-Thu
連日の猛暑に加えて、週末から3連休には台風の到来が不安な日々が続いてます。猛暑のせいにしたらいけないでしょうが、なんと、14歳の少年がバスジャックが発生しました! 山口から名古屋に出てきたんなら、そんなことしてないで、豊真将でも応援しに愛知県体育館に来いといいたいくらいです。

把瑠都×豊真将。豊真将がよく攻めましたが、深い上手をがっちりととった把瑠都が土俵際のうっちゃり。きわどい相撲でもの言いがつきましたが、差し違えなく把瑠都でした。VTRを見てもぜんぜん把瑠都でした。確認のためのもの言いは、審判の権限であり、一生懸命に相撲をとってる力士にもいいことだと思いますが、ちょっと行司には嫌なことなのかなと思ってみたりします。

琴光喜はやられちゃいました。好調で前に出て行けたと思うのですが、そこはそれ栃ノ洋のうまいところです。好調だっただけにちとショックですが、ま、褌を締め直してもう一度、土俵に向かってもらいたいです。琴欧洲に変わって、今度は俺が挑戦だと名乗りをあげてほしい。

白鵬。相撲は輪島とは違うんでしょうが、後ろ姿に時々輪島が浮かぶ白鵬です。前にも書きましたが、横綱の風格が漂っています。これを見ると、若ノ鵬戦に続いて北勝力戦と無意味な睨み合いを連日のように続けている朝青龍が滑稽でさえあります。誰も並ぶものがいない絶対的強さを誇っていた時代は終わり、むしろ白鵬に追い越されてしまった感さえあります。格下を相手にした睨み合いが、虚勢を張ってるようにしか思われない……。そんな感じで、ちと朝青龍を見ていても楽しくないです。ま、調子が悪いので、本人にしたらああして盛り上げ、モチベーションをあげているのかもしれませんけれど。ここはどんどんぶっとばしてもらったらいいと思いますけれど。

目多掘部屋勢
 → 「気づいたら初日ドリーム大相撲への参戦
横綱朝青龍●○○○3勝1敗
西大関琴光喜○○○●3勝1敗
小結稀勢の里●●○●1勝3敗
前頭筆頭安美錦○●●○2勝2敗
西前頭5把瑠都●●○○2勝2敗
前頭6豊真将●○○●2勝2敗
西前頭筆頭若ノ鵬●●●●4戦4敗
 四日目の成績:3勝3敗(若ノ鵬は補欠)
 → バカピカさんのブログのまとめ記事(記事力士成績部屋別成績

愛知勢は十両復帰の玉飛鳥が白星スタートでした~。

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
西大関琴光喜○○○●3勝1敗
西十両12市原●●●●4戦全敗
十両13玉飛鳥○●●●1勝3敗
三段目13深尾-○-○2勝0敗
序二段18玉海山○--○2勝0敗
序二段60舛名大-○-●1勝1敗


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

猛暑日の初日ってあんなもの?~平成20年度名古屋場所

2008-07-14-Mon
昨年気象庁は「猛暑日」を定義して、気温35度以上の日をこう呼ぶようになりました。昨日の名古屋は、まさにこの猛暑日でした。う~ん、初日の土俵、なんとなく全体的に粘りのない相撲が多かったと思ったのはわたしだけでしょうか。あっけない、短い相撲が多かった、そんな印象でした。見ながら、やっぱ、暑いんだろうなぁ、愛知県体育館も、と、冷房の効いたテレビを見ながら思ってました。

まず、琴欧洲が安美錦にあっけなくやられ、綱取りの夢がなんとも細く頼りないものになってしまいました。これは残念ではありますが、解説の北の富士がこの初日の顔合わせを「イジワルな……」と評すと、藤井アナが「いや、東の大関には前頭筆頭はここのところの定番ですから」みたいなフォローをしていました。北の富士がこんなことを言いたくなるのも、不戦勝1を含むとは言え直近5場所で5連敗と、まさに天敵とも言える相手なんですね。それでなくても、精神的な弱さを指摘される琴欧洲に対してこれではと、ま、わからなくもないのですが、ま、横綱たるもの苦手力士がいるのはいいこととは言えないので、琴欧洲の横綱昇進は、安美錦を克服するまで見送りということでもいいかと思うんです。別に条件と言うことではなくて、安美錦への苦手意識が払拭できるくらいに自信がつき、相撲も巧くなれば、自然横綱にも手が届くということで。今場所はあと全勝して14勝1敗の優勝なら、まだ、一応可能性はありますかしらん~。

次に、白鵬と稀勢の里。白鵬はもう、どっしりと安定感があって大横綱の風格ですね。そして強い。このままじっくりいくと、今場所は白鵬って感じがしました。猛暑を感じさせない……。稀勢の里は場所前充実の稽古をして好調と聞きいてまして、事実、昨日もうまく攻めたところもあったと思うのですが、白鵬には全く通じない……。なんだか、本当に横綱らしい横綱になってきたなぁという感じです。

で、結び。朝青龍が豊ノ島に、ついに負けました。今まで攻め込みながらも、惜しいところでやられていた豊ノ島がついに勝ったのです。もちろん、勝った豊ノ島を誉めるべきと思います。低く重いのに手をつかない豊ノ島は、朝青龍にとってはあるいは苦手のタイプに入るのかもしれません。もっとも、過去一度も朝青龍は負けてないのですけれど。それにしても、朝青龍がうまく攻め切れず、豊ノ島に持ちこたえられ、また攻めかけ踏ん張られて腰砕け。危うく無様に背中から落ちるところでした。そこをなんとか残して寄ったのですが、そこですでに腰高という感じで、豊ノ島に逆転の投げをくらうという感じでした。この土俵の粘り合い……のはずが、あっさりと手をついてしまいました。

YouTubeに結び3番が載ってます。→ここ

目多掘部屋勢
 → 「気づいたら初日ドリーム大相撲への参戦
横綱朝青龍1戦1敗
西大関琴光喜1戦1勝
小結稀勢の里1戦1敗
前頭筆頭安美錦1戦1勝
西前頭5把瑠都1戦1敗
前頭6豊真将1戦1敗
西前頭筆頭若ノ鵬1戦1敗
 初日の成績:2勝4敗 銀星1(若の鵬は補欠)
 → バカピカさんのブログのまとめ記事(記事力士成績部屋別成績

愛知勢は十両復帰の玉飛鳥が白星スタートでした~。

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
西大関琴光喜1勝
西十両12市原1敗
十両13玉飛鳥1勝
三段目13深尾
序二段18玉海山1勝
序二段60舛名大


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

気づいたら初日ドリーム大相撲参戦~平成20年度名古屋場所

2008-07-13-Sun
ちょっといろいろあって、公私ともに忙しく、気づいたら初日でした!

滑稽本さんに声をかけていただけないと、先場所のmimuraさんのようにうっかりと参加表明をしそこなうところでした。もしそんなことをしたいたら、激しく後悔するとともに、最近いよいよ自信をつけつつある老人力の強まりを再認識することになり、恐ろしいやら、悩ましいやらであったろう。滑稽本さんには改めて感謝します。ありがとうございました。

さて、今回で出場5場所目で、改めて紹介はいらないとは思いますが、バカピカさんのブログの大相撲企画です。
 → かんたん大相撲ゲーム(POG)「ドリーム大相撲08年7月」参加者募集中」

出場3場所め(3月場所)にして、わが目多掘部屋が混戦を制して総合優勝となり、連覇のかかった先場所は銀星の差が大きくものをいいまして、5位に甘んじました(結果はこちら)。こうなると、今場所は、銀星少しキープしないといけません。

細かなルールはこちらにありますが、自分がある相撲部屋の親方だと想定し、現実の力士から7人を選抜、自分の「部屋」の所属力士として登録するし、その対戦結果を一定のルールのもとで点数化、他の参加者と高得点を競うというようなもので、所謂ペーパーオーナーゲームというのだそうです。わたしは、バカピカさんのブログで初知りなのですが、相撲観戦というか、応援に一段と身が入り、また、ネットでの話題も増えるという楽しみもあります。

というわけで、今場所のエントリーですが、ま、例によって横綱は朝青龍と決めてます。白鵬の方が調子がよさそうなんですが、朝青龍の方がおもしろいので。

大関は、琴欧洲か、地元琴光喜か、パスかというところです。綱取りの今場所ですから、琴欧洲にしたほうが盛り上がるとは思うのですが、同部屋の援護射撃を加えてご当地の琴光喜であえていきたいと思います。

3役からは、関脇安馬か、小結稀勢の里か、あるいは援護射撃で琴奬菊かですけど、……難しい。大関外してこっちから二人選びたいくらいですが、稀勢の里で。なんとなく、夏に強そう。

さて、平幕と十両なんですけど、把瑠都、豊真将そして、反省を生かして、銀星もらってくれそうな安美錦ということでいきます。

そして、補欠に若ノ鵬で。

というわけで、ドリーム大相撲名古屋場所へのエントリーは、遅くなりましたが……、

どんっ!

出人親方、目多掘部屋

 横綱:朝青龍
 大関:琴光喜
 三役:稀勢の里
 平幕:安美錦、把瑠都、豊真将
 補欠:若ノ鵬


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
HOME NEXT