FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

第4回大関予報~平成20年度初場所後

2008-01-29-Tue
mimuraさんところで大関予報という企画を始めて早くも4回目を迎えます。相撲を知ってる人は、いろいろ思うところもおありでしょうけれど、これも大相撲全体を盛り上げる一つの方法だと思って、寛い心で参加していただけるといいのではないかと思います。誰の贔屓でも、誰が嫌いでもかまわないので、それでも、みんな相撲ファンではないですか。

今回の勧誘文には過去3回のダイジェストがついています。
 → 野さいスープ:「参加受付中!大関予報ダイジェスト ~もはや歴史と化しつつある半年間~

ちなみにルールはこちら。
 → 野さいスープ:「大関予報平成二十年初場所後投稿ルール

で、予報が当たると大関予報士の資格を自称することも可能になります~w
 → 野さいスープ:「予報せいや!

じゃ、わたしの予報。
oozeki0801.jpg

豊真将はがんばってほしいですけど、まず、焦らず身体を治してもらうということで、今回下げます。たぶん、安馬、稀勢の里、琴奬菊、朝赤龍のあたりから出ると思うんですね。で、把瑠都が大勝ちできそうなんであるかなと思って、これ以外となると安美錦、鶴竜ってのもあるのかな~。ま、このあたりをどう選んで、配分するかですね。

安馬4、稀勢の里3、琴奬菊1、朝赤龍1、把瑠都1ですね。

ところで、ちょっと疑問なのだけれど、これは「次の大関」を予報するという企画なんで、「次の次に大関になっても、予報としては意味はない」ということでいいのだろうね。まさか、次の次も、そしてその次も、とにかくいつか大関になればいいというのだと、ちょっと違うと思うんだけどなぁ。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
スポンサーサイト



朝青龍が戻ってきた場所の千秋楽~平成20年度初場所

2008-01-28-Mon
白鵬が朝青流を下す!!対戦の前に、いくつか過去の相星決戦の映像を流していて、千代の富士と北の湖をみると、千代の富士が朝青龍で北の湖が白鵬だとか、北の湖が朝青龍で、輪島が白鵬なんだとかいろいろとダブらせて見ていました。わたしとしては「比較的に早い勝負で朝青龍」と予想していたのです。実際は、がっぷり四つという感じ。朝青龍に速攻させなかったというのは、ま、ひょっとしたら朝青龍が望んだのかもしれませんが、わたしには白鵬がうまくとったんだと思います。大一番が、期待通りの力のこもった相撲でよかったんじゃないでしょうか。白鵬、優勝おめでとう。朝青龍、残念でした。どちらかが勝ち、どちらかが負けるのが勝負ですから、それぞれ、来場所また大いにがんばってほしいです。

朝青龍が復活したか、禊が済んだか、それがやっぱり一部の人には問題なのでしょうから、ま、とりあえず、ずっと土俵ができるように、それも稽古のうちと思って気を配ってほしいです。朝青龍。東西両横綱が優勝を争うということがどんなおもしろいか、ま、最初からわかっていることと言えばわかっていることだけれど。来場所も、その次もずっと期待~。

大関陣は琴光喜は期待はずれでしたが、千代大海は怪我だし、ま、あんなものなのかもしれません。あれでもよくやったと誉めたくはないけれど。大関取りの安馬は結局9勝でしたが、白鵬を破ったことが評価されて敢闘賞。これは何かのときにはきっとものを言うと思います。

把瑠都内無双はなんじゃありゃと思いましたが。北の富士が言ったように、練習してるんです(とりたてて内無双をじゃなくて、いろいろと)。先日の朝赤龍の足取りもそうですが、土俵で出せるってのはすごいことだと思います。

他の若手では、鶴竜・稀勢の里・琴奬菊がかなりわたしの中では株をあげました(把瑠都・豪栄道の負け越しはちとショック。豊真将復活して!)

あと、若ノ鵬は魅力ありますね。市原はあんまり(笑)。ま、若ノ鵬には垂直飛びを磨き続けて欲しいし、市原には研究をし続け、相手に応じた変化を追究してほしいって気持ちはあります。もちろん負けたらボロクソ言われるでしょうけど、それを覚悟でやって成績を残してほしいもんです。

入賞者
優勝:白鵬(6)
殊勲賞:安馬(3)、稀勢の里(2)
敢闘賞:豪風(初)
技能賞:鶴竜(初)
十両優勝:栃ノ心(初)


目多掘部屋勢
 → 「POG:ドリーム大相撲への参加
西横綱朝青龍○●○○○・○○○○○・○○○○●☆13勝2敗
西大関琴光喜○○●●○・●●●○○・○○●●○☆8勝7敗
西関脇安馬●○●●○・○○○●○・●○○●○☆9勝6敗
西前頭6把瑠都●●○○●・○○●●●・●○●○○★7勝8敗
西前頭13玉乃島●○○●●・●●●●●・●●○●●★3勝12敗
前頭16市原○●○○○・●○●●●・○●○○●☆8勝7敗
前頭5露鵬●○●○●・●●○●●・○○○○●(7勝8敗)
 千秋楽の成績:3勝3敗(露鵬を除く)
 → バカピカさんのブログのまとめ記事(全体個別
 ・すこやか賞受賞しました~v^^

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
西大関琴光喜○○●●○・●●●○○・○○●●○☆8勝7敗
前頭16市原○●○○○・●○●●●・○●○○●☆8勝7敗
三段目96玉海山○-●--・●-○-○・-○--●☆4勝3敗
西序二段80舛名大○-●-○・--●●-・-○-○-☆4勝3敗

黒澤4勝3敗でした。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

朝青龍が戻ってきた場所の十四日目~平成20年度初場所

2008-01-26-Sat
白鵬、朝青龍ともに譲らず。5年半ぶりの千秋楽横綱相星決戦へ!

注目の鶴竜はうまく攻めたのですが、琴欧洲の懐の深さにやられてしまいました。優勝戦線から脱落は残念です。来場所期待が膨らみます。琴欧洲はカド番脱出です。

大関取りの安馬朝赤龍の珍手ともいうべき足取りにまんまとやられました。偶然に入ったのではなくて、最初から狙っていってばっちり決まったという感じで、軍配が上がった瞬間のガッツポーズはすばらしい! 10勝目! 安馬は二桁勝利を途切れさせてしまいます。大関取りはもちろん、夢をつなげることもできませんでした。仕切りなおしです。

そして白鵬の相手は昨日朝青龍に”善戦”した琴光喜。まさか昨日の疲れがということはないと思いますが、あっさりと白鵬でした。朝青龍と魁皇の結びの一番も、横綱があっさりと勝ちました。両者とも14日目の方が熱戦でしたね。

市原はいなして勝ち越し。放送席は揃って不評。大きな身体なのだから、若いのだから、相手のことや結果を考えずガンガン前に出ろというようなニュアンスです。変化や引きを「器用だ」などと褒めていてはいかんのだそうです。う~ん。わたしもそれで勝てるんならいいと思いますよ。ただ、それで負けてたらどうかと思うんですね。一方市原本人は勝ち越しインタビューで勝ち越してよかったと答えていました。負けた北勝力も「相手によって立ちあいを考えないと……」というようなことを言ってました。そうだと思います。ガンガン当たるのは稽古のときでいいと思います。稽古の時から消極的ではいけないと思います(でも、たぶん変化も稽古が必要だと思いますよ。誰でも稽古しなくて簡単にできるものではないと……)。本場所は勝負なんですから。しかも15日間休みのない勝負です。相手によって、また、研究によっていろいろ変えるのは当然アリだと思います。もっとも、「こんな試合ばかりだと懸賞が一本も立たないよ」というアドバイスも、プロなんだからありかな~。いつか、市原も「懸賞が立つ相撲」ってことを考えるようになるかもしれません。

成績上位者
全勝:なし
1敗:白鵬朝青龍
2敗:なし
完全に千秋楽結びの一番に絞られました!

目多掘部屋勢
 → 「POG:ドリーム大相撲への参加
西横綱朝青龍○●○○○・○○○○○・○○○○☆13勝1敗
西大関琴光喜○○●●○・●●●○○・○○●●7勝7敗
西関脇安馬●○●●○・○○○●○・●○○●☆8勝6敗
西前頭6把瑠都●●○○●・○○●●●・●○●○★6勝8敗
西前頭13玉乃島●○○●●・●●●●●・●●○●★3勝11敗
前頭16市原○●○○○・●○●●●・○●○○☆8勝6敗
前頭5露鵬●○●○●・●●○●●・○○○○(7勝7敗)
 十四日めの成績:3勝3敗(露鵬を除く)
 → バカピカさんのブログのまとめ記事(全体個別

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
西大関琴光喜○○●●○・●●●○○・○○●●7勝7敗
前頭16市原○●○○○・●○●●●・○●○○☆8勝6敗
三段目96玉海山○-●--・●-○-○・-○--☆4勝2敗
西序二段80舛名大○-●-○・--●●-・-○-○☆4勝3敗
・市原・舛名大勝ち越しです!
・幕下の黒澤がなかなか注目らしい……

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

朝青龍が戻ってきた場所の十三日目~平成20年度初場所

2008-01-26-Sat
白鵬、朝青龍、鶴竜の三強が揃って勝つ~モンゴル人、恐るべし!

朝青龍の相手は、対戦成績で27連勝中の琴光喜はがんばりました。ほんとうに、ねばり強くいい相撲をとりました。しかし、最後は、朝青龍のものすごい下手投げ。琴光喜が土俵際から場外へと転がるように倒れたのですが、朝青龍の投げが強烈ということもあって、朝青龍は回しから手を離せず、そのまんま自分自身も跳ね上がるように、土俵下へと転がり落ちる琴光喜の上に倒れ込んでいきました。叩きつけられたのみならず、下敷きになった琴光喜は痛そうでした。朝青龍はあぶなそうな場面もあったのですが、やや長めの相撲ながら勝ちました。琴光喜はたしかこの対戦連敗の記録をちょっと嫌がって気にしていたと思うので、28連敗は避けたかったとおもうけれど、負けは負け。来場所奮起してもらう以外にありませんね。

白鵬は目の前で朝青龍が大一番を制した後で、魁皇の挑戦を受けました。長めの相撲でしたが、慎重にとって、ま、危なげなしでした。

雅山は昨日に引き続き、安馬に後ろに回られる、これが二日も続くとはなんとも情けないような~。ガンバレ!雅山。把瑠都は今場所初めて、休場がなくて負け越しです。鶴竜は時天空をつり出し。「この腰のおもい力士をよくぞ吊りましたと誉めてました」と解説者がほめてました。めきめき力をつけてきたって感じです。顔見てると、闘志はあまり表に出ませんが、いかにもひたむきに取り組むというムードがありますね。

成績上位者
全勝:なし
1敗:白鵬、朝青龍
2敗:鶴竜
3人ともモンゴル力士。琴光喜と魁皇には期待します!

目多掘部屋勢
 → 「POG:ドリーム大相撲への参加
西横綱朝青龍○●○○○・○○○○○・○○○☆12勝1敗
西大関琴光喜○○●●○・●●●○○・○○●7勝6敗
西関脇安馬●○●●○・○○○●○・●○○☆8勝5敗
西前頭6把瑠都●●○○●・○○●●●・●○●★5勝8敗
西前頭13玉乃島●○○●●・●●●●●・●●○★3勝10敗
前頭16市原○●○○○・●○●●●・○●○7勝6敗
前頭5露鵬●○●○●・●●○●●・○○○(6勝7敗)
 十三日めの成績:4勝2敗(露鵬を除く)
 → バカピカさんのブログのまとめ記事(全体個別

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
西大関琴光喜○○●●○・●●●○○・○○●7勝6敗
前頭16市原○●○○○・●○●●●・○●○7勝6敗
三段目96玉海山○-●--・●-○-○・-○-☆4勝2敗
西序二段80舛名大○-●-○・--●●-・-○-3勝3敗

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
HOME NEXT