FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

朝青龍のいない千秋楽~平成19年度秋場所

2007-09-24-Mon
終わってみれば白鵬の優勝でした。こういうのは、横綱としてはいいのでしょう。

北の湖が言ってましたが「前半は安美錦が中盤は豪栄道が、終盤は旭天鵬が優勝に絡んだ充実した場所」だと。そうして、白鵬が腰痛だ、本来の相撲でないといいながら、4回目の、横綱として初の優勝を果たしました。ま、よかったです。

しかしながら、久しぶりに二横綱四大関が番付に並びながらなんと上位陣の薄っぺらな場所だったでしょうか~。もう、関脇はともかく、豪栄道や旭天鵬がいなかったら、ほんと、ひどい場所だったと思いますよ。怪我をおして無理して出場した魁皇の休場はやむをえないにしても、琴欧洲が横綱大関との対戦が組まれなかったってどういうこと? わたしにはよく理解できません。そんなことで大関が勝ち越して、なにか意味があるのでしょうか? こんなふがいない……(ま、終わり3日間はさ3連敗でしたが)。朝青龍が帰国するときに「謹慎の意味がない~」みたいなことを言ってたようですが、それはそのとおりと思いますけれど、そのまんま、自分にもぶつけてほしいものですね、琴欧洲。「大関の意味がない……」と。ま、優勝に絡めなかったとはいえ、一応10番勝った琴光喜は、新大関ということもあるし、ま、及第点をあげときましょう。

盛り上がるのは平幕頼みなんて状態で、もう一場所、朝青龍を欠いた本場所を見なければならないなんて……、それでも、ま、土俵入りだけして引退宣言をしてしまったような、某国会よりは何倍もマシだとは思いますがね、それにしても……。

今日(24日)の読売の朝刊には、経済学者の中島隆信が「品格にまとう「うま味」」という題名で、朝青龍問題というか、横綱と品格の問題について書いていました。中島隆信というのは「大相撲の経済学」を書いた人です。
大相撲の経済学
大相撲の経済学
posted with amazlet on 07.09.24
中島 隆信
東洋経済新報社 (2003/09)
売り上げランキング: 5386
おすすめ度の平均: 4.0
5 おもしろい! ためになる!
5 いままでのよくある相撲知識入門本とは違います
3 経済学の眼鏡で相撲を見ると

専門家の書いたものを、私流に適当に換骨奪胎して翻案すると、「品格」が問題にされている横綱朝青龍と、横綱の品格問題をとりあげて、経済学的な考え方から説明しています。簡単に言うと「ふつうのサラリーマンと一緒」という視点です。将来的に相撲協会に残り、親方として後継を育てたいと思ったら、つまり、一般のサラリーマンにたとえれば、会社に長く残りたいなら誰でも、方針を尊重する、つまり品格問題など起こさないというのですね。

逆に、将来的な展望を社外に求めるのならば、今だけが勝負ということになってくる。品格だのなんだのはさして関係ないということ。それが朝青龍問題だというわけです。そして、他の力士たちや若い力士たちへの影響ということも特に心配はないだろうともいいます。それは、将来に利益を見るものはおとなしくしていて、今しか見ないものは逸脱するということだからです。


参考になりました。だから、朝青龍の相撲が面白いんだなって。

各段優勝力士
幕内:白鵬(13勝2敗)
十両:把瑠都(13勝2敗)
幕下:玉鷲(7戦全勝)
三段目:土佐豊(7戦全勝)
序二段:保志桜(7戦全勝)
序ノ口:金龍山(7戦全勝)

三賞受賞力士
殊勲賞:安馬(初)、豊ノ島(初)
敢闘賞:旭天鵬(5)、豪栄道(初)
技能賞:該当なし

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
西大関琴光喜○○●○○・●○○●●・○○●○○10勝5敗
幕下筆頭市原○-○-○・-○-●-・○-○--6勝1敗
西幕下8玉飛鳥-●●-○・--●-○・-●--■2勝5敗
幕下26武雄山-●○-●・--●○-・●---●2勝5敗
序二段82舛名大-○-○○・-●--●・-○●--4勝3敗
序二段116玉海山○--○-・○-●-○・-○○--6勝1敗


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング
スポンサーサイト



朝青龍のいない11日目~平成19年度秋場所

2007-09-20-Thu
どこから書きましょう。

11日目。

一人横綱状態の白鵬は負けました。豊の島に完敗ではないですか?
新大関琴光喜は好調安美錦に勝ちました。
ついでに、千代大海、琴欧洲も負けました。ついでですみません。
ちなみに、朝青龍は出場停止、魁皇は休場です。

二横綱四大関が番付にあって、上位陣1勝3敗2休の日でした。

新入幕の豪栄道が勝ちました! 新入幕で、そしてたった一人の1敗です。全勝はいません。ま、新入幕ということで、上位の人たちは、いっちょ胸貸してやろうくらいのつもりで受けに行ってくれてるとは思うんですね。駆け引きなどしないで、正面から。見てませんけど。だから、そういう意味で、ビギナーズラックというよりは、相撲をとらせてもらってるってところがないことはないと思うのではあります。来場所以降もこういうわけにはいかないとは思いますけど、ま、それでも、今場所はトップです。

あと、珍事というか、ちょっとした事件がありましたよね。

何に抗議?土俵に女性乱入、高見盛らが取り押さえる

19日、東京・両国国技館で開催中の大相撲秋場所11日目の豪風-豪栄道戦の仕切り中、A4判のビラを大量に持った女性とみられる観客が土俵に上がろうとした。土俵下に控えていた勝負審判の錦戸親方(元関脇水戸泉)や高見盛らが取り押さえ、取組には大きな影響はなかった。乱入者は国技館内の一室に隔離され、駆けつけた警察官が連行した。

YouTubeにありますね。


土俵だけに女性ってとこが問題を倍増させるところでもあるのですが、そもそも、こういうのは性別年齢関係ないですよね。どうも協会側が穏便に対応しているところをみると、あるいは、所謂責任能力を問えないというような方かもしれませんけれど、大事にならなくてよかったです。相撲もメンタルなスポーツですし、力士によっては闘志を鼓舞して土俵に向かうタイプの人もいるでしょうから、制するつもりで手を伸ばしても力加減がいつもと違うってこともありますからね~ほんと、進行に大きな支障もなく、また、怪我もなくてよかったと思います。

でも、ま、こういうのインシデントと言って、再発しないように運営というか警備に少し気を遣わないといけませんね。過去にもあるようですし~。

平成3年十一月場所12日目、琴ヶ梅、寺尾戦の仕切りの最中に酔っ払いが土俵に乱入したことも。このときは控えの旭道山がすぐ土俵に駆け上がり、酔漢を土俵下まで運び出した。この日、旭道山は取組にも勝って1日2勝(?)の大活躍。
   goo大相撲コラムより

それで思い出したのがアテネ五輪のマラソンでのおっさんの乱入事件ですね。トップ独走中の選手が、乱入男のせいで銅メダルになってしまいました。あれはとてもお気の毒。相撲の場合、たとえば勝負に影響があったとしたら「取り直し」ってのが一応できますから。マラソンはそう簡単に「走りなおし」なんてできませんからね~。(→サンスポ関連記事

豪栄道、本日12日目は安馬です。そう簡単に勝たせてもらえませんよ。

■幕内成績優秀者
11敗:豪栄道
2敗:白鵬


注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
西大関琴光喜○○●○○・●○○●●・○7勝4敗
幕下筆頭市原○-○-○・-○-●-・○5勝1敗
西幕下8玉飛鳥-●●-○・--●-○・-2勝3敗
幕下26武雄山-●○-●・--●○-・●2勝4敗
序二段82舛名大-○-○○・-●--●・-3勝2敗
序二段116玉海山○--○-・○-●-○・-4勝1敗

舛名大あと1勝。
玉海山祝!勝ち越し

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

朝青龍のいない九日目~平成19年度秋場所

2007-09-18-Tue
やっぱりさぁ、結びの一番で、今日は横綱大丈夫かなぁ~なんて、半分心配しながらみるのって、真の横綱じゃないっすよね。みなさんが白鵬をどう思ってみていらっしゃるかわかりませんが。やっぱり、こう、いったい誰がこいつを倒すんだ? って、絶望的な期待を抱かせるような強さを持ってるのが真の横綱です。朝青龍に戻ってきて欲しいし、白鵬にもっともっと強くなって欲しいです。

さて、今日は少し出かけることがあって、琴光喜が負けるところまで、それもちらちらと片手間に見る程度でしか見られませんでした。印象に残っているのは豪栄道です! 強いです。あと、若の里意地! mimuraさんが今日は国技館に見にいってる琴光喜弁当を食いに行ってるはずなんですが、むふふ、顔知らないし、ハイビジョンとは言え、探してもわかりませんでした~(笑)。

ほとんど、本場所の話題とは関係ないですが、大相撲もドーピング対策をするという記事が、先日出ていました。
 → iza:「朝青龍のニンニク注射も禁止?大相撲ドーピング対策へ」

 このため、相撲協会もやっと重い腰をあげ、今年の6月に親方や専門家からなる「アンチドーピング委員会」を立ち上げ、この問題に真剣に取り組み始めた。
 「変なものを使って、引退後、使い物にならない体になっては、なんにもなりませんから。まずどういうものを使ったらいけないか、力士たちに啓蒙(けいもう)することから始めます。本当はこの秋場所前の力士会で、専門の先生の講演を予定していたけど、先生の都合が悪くなって中止せざるを得なかった。東京で行われる次の初場所前には絶対にやります」と、伊勢ノ海理事(元関脇藤ノ川)は話している。
 このほど、このドーピングに引っかかる危険なものの中に、朝青龍が信奉しているニンニク注射が入っていることがわかった。朝青龍のパワーの秘密は、ニンニク注射にあると言っても過言ではない。取組後、報道陣と談笑中も「あれはとてもよく効く。夕べも2本、打ってきた」などと話し、この効果で優勝回数を増やしてきた。



そもそもドーピング対策はフェアプレイの精神で禁止しているわけでもなく、まして強すぎるからダメなんでもなく、薬物の副作用が身体に悪いということから始まっているものです。「このドーピングに引っかかる危険なものの中に、朝青龍が信奉しているニンニク注射が入っている」そうで、ま、朝青龍は、そんな危険なものを打っていたとすれば、卑怯とかそういうことではなくて、即刻やめた方がいいと思います。

ちなみ、「ニンニク注射」というのは、ググると、実際にニンニクのエキスを注射しているというようなものではなくて、主成分はビタミンB群(B1やB2など)とグリコーゲンなどで、ニンニクのような香りがすることからそう呼ばれているようです。医者が「危険なもの」というのならそうなのでしょうが、この程度ならそうでもないように思うのですが、いかがなものでしょう?

十両は把瑠都独走です!
1敗は白鵬、安美錦、豪栄道の3人。

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
西大関琴光喜○○●○○・●○○●6勝3敗
幕下筆頭市原○-○-○・-○-●4勝1敗
西幕下8玉飛鳥-●●-○・--●-1勝3敗
幕下26武雄山-●○-●・--●○2勝3敗
序二段82舛名大-○-○○・-●--3勝1敗
序二段116玉海山○--○-・○-●-3勝1敗
市原ガンガン行け!
舛名大玉海山あと1勝。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング

朝青龍のいない七日め~平成19年度秋場所

2007-09-16-Sun
安倍首相を退陣に追い込んだ最後の決め手になったといわれる「三億円脱税疑惑」を掲載した某週刊誌を読んでいたら、さすが、朝青龍の「八百長疑惑」を報じたものであるだけに、大相撲についても朝青龍不在がもたらす本場所への影響を報じています。

上位陣に全勝がなく関脇安美錦が単独トップだが、そのあと1敗と2敗がたくさんいるといういわゆる「混戦ムード」もその一つなのは、ま、わたしたちにもわかるのですが、記事はほとんど懸賞金を独占していた朝青龍がいなくなったことで、他の力士たちに懸賞金特需がおきていることを、初日の懸賞金の本数を例に説明しています。

懸賞金は、相撲協会に協賛する企業・団体から、1本6万円(うち5000円は協会手数料)を1場所5本以上から受け付けているのですが、初日の安馬×白鵬戦には31本の懸賞金がかけられたんだそうです。先場所の初日は朝青龍が16本、白鵬が18本で二分していたわけです。ま、人気力士の好カードですよね。

「仮病特需」なんて記事を書いてました。目下発売中なのであんまり内容を書くのは遠慮しますが、某週刊誌というのは、ま、「週刊現代」(9月29日号)です。(→週刊現代Online

さて、七日めまでで朝青龍の出場停止に加えて、六日目からの魁皇の休場で本来の二横綱四大関のはずが一横綱三大関の場所になってしまって、ま、混戦ムードです。

全勝の安美錦、1敗に白鵬、千代大海の上位陣に、謹慎から復活してきた旭天鵬、相撲の変わった春日王、期待の若手の豪栄道など、おもしろい顔ぶれです。これは、後半戦おもしろくなる感じですね。

安馬が取組後膝を抱えていたのが心配です。

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
西大関琴光喜○○●○○・●○5勝2敗
幕下筆頭市原○-○-○・-○4勝0敗
西幕下8玉飛鳥-●●-○・--1勝2敗
幕下26武雄山-●○-●・--1勝2敗
序二段82舛名大-○-○○・-●3勝1敗
序二段116玉海山○--○-・○-3勝0敗
市原ガンガン行け!
舛名大玉海山あと1勝です。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング
HOME NEXT