FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

平成19年度春場所~千秋楽を終えて

2007-03-25-Sun
終わりました。白鵬優勝です。優勝決定戦。もう、あっけない。

VTRでさんざん力相撲を見せられていたので、なんともはぐらかされたような、まさに、館内の観客、放送席も、関係者もテレビ桟敷も肩すかしを食らったようなそんな気分だったのでしょう。

結びのより一つ前で、あるいはひょっとして、琴欧洲にがっぷりと組まれてやられてしまうんではないかという、ちょっとした不安がよぎります。「(朝青龍と比べて)どっちが心配かってえと白鵬」とみんな思っていたと思います。そのくらい朝青龍は安定していたし、千代大海は不調っぽいし、琴欧洲はやっぱり琴欧洲なんですね。それを、きちんと勝った白鵬。

結びの一番。千代大海がヤケッぱちでいったかどうかはわかりませんが、頭から行きました。朝青龍の対応力だと思いますが、さっと横に変わって、バタリと手をつく。またきっと文句言う人がいると思います。千代大海の粘りにみんなが期待していただけに、ほんと、相撲として成り立たなくてちょっともの足りない。しかし、と、ここで思う。優勝決定戦があるんだから。体力を温存してさすが朝青龍だと思っていたくらいであります。

これで引退ですっていう皇牙(弓取りを引退するだけと思っていたら、ひょっとして現役引退?)の弓取り後、早く通路に立つ白鵬。たぶん、調整時間がもう少しほしかった朝青龍は、どうでしょう、30秒くらい白鵬を待たせる形で通路に登場。土俵上で撒きのときは逆。白鵬は塩をとりにいって、なにかずっと集中している感じで土俵に背を向けてしゃがんだまま動かない。早速と塩を手に、そんな白鵬が塩を手にするのを待つ朝青龍。かけひきという名の勝負はすでに始まっているのですね。しきりで目線を合わせ互いの闘志を確認し合うような感じ。けっして感情的なすごみ合いというのではなく、自然な感じのいいにらみ合いです。

そして、立ち合い。そして一瞬。白鵬の変化。朝青龍が思わず手を土俵につき、しまった! 信じられないという感じでついた左手をふところに引き込むように……。行司はそれを見逃さず軍配は白鵬……。あまりのあっけなさに、とり直しじゃないのか? 仕切り直しじゃないのかという気分にも。しかし、もの言い一つつかず、白鵬の優勝。おめでとう!

わたしも個人的にはもの足りません。結びの一番と、優勝決定戦が、こんなあっけない形で終わってしまったことが、なにか寂しいです。でも、これが勝負は立ち合いの前から始まっていて、通路に登場し、塩を撒き、仕切る……、そうした間中、ずっと勝負だったと思います。たしかに立った後は一瞬でした。あっけなかった。拍子抜け。でも、駆け引きという勝負を充分見せてもらったような気がしました

あと、ちょっと後付け的なんですけど、対応力の朝青龍に、白鵬は対応力でもちょっと追いついたというふうに考えることもできるのではないかと思います。こんな相撲内容では……と、まっとうな心配をする声もあるでしょう。ただ、相手は朝青龍です。対応力にすぐれた朝青龍に変化して勝てたってところにも意義があると思います。

みごとな駆け引きを制した白鵬は、精神的にも強くなったんじゃぁないでしょうか。自信を持って綱取りに挑んでほしいです。

琴光喜。やっと10勝しました。おめでとう。
豊真将は11勝。おめでとう。技能賞も。
栃煌山も11勝。おめでとう。敢闘賞!


◆注目の郷土力士◆
関 脇 琴光喜 ○○○●○ ○○●○● ○●●○○ 10勝5敗
幕下3 武雄山 -●○-○ -●-●- ○---● 3勝4敗
幕下4 市 原 ○--○○ -●○-- ○-●-- 5勝2敗
序二段62舛名大 ○-○-○ --○○- -●-●- 5勝2敗

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
スポンサーサイト



平成19年度春場所~14日めを終えて

2007-03-24-Sat
14日目、朝青龍vs白鵬の対決は、なんとなくあっけなく決着がついた感じでした。もろ差しで寄ってそのまんま一方的に白鵬が勝つかと思ったのですが、するりと体を交わすと白鵬はそのまんまつんのめるように前に落ちました。結局朝青龍の対応力の勝利ということなんでしょうけど、白鵬も足が出なかったということになるのでしょうね。これで双方ともに12勝2敗。明日の千秋楽は白鵬が足の痛そうな琴欧洲で、朝青龍がまだ勝ち越しが決まってない千代大海。いつもの力が出れば当然13勝2敗同志の優勝決定戦なんでしょうけれど、敵は白鵬の緊張ですね。つまり、よくいう自分自身ってやつです。

琴光喜vs栃煌山。琴光喜の圧勝。まだまだ力の差を見せつけたって感じでした。夢の二桁まであと1つ。明日は今場所やや不調の稀勢の里。行け!って感じです。勝ったら泣いちゃうかな~。わたしじゃなくて、琴光喜が……。

豊真将。テレビの解説でも言ってましたけれど、栃煌山に完敗したのがあるいはよかったのかもしれません。そこから一発奮起、昨日の琴光喜戦といい、今日の安馬といい積極的に出ているって感じです。今までのなかなか前に落ちない、粘っこい感じだったのに加えて攻撃面でもちょっと開花したというところでしょうか。10勝4敗。期待です。

◆幕内成績優秀者◆
2敗:朝青龍、白鵬

◆注目の郷土力士◆
関 脇 琴光喜 ○○○●○ ○○●○● ○●●○ 9勝4敗
幕下3 武雄山 -●○-○ -●-●- ○--- 3勝3敗
幕下4 市 原 ○--○○ -●○-- ○-●- 5勝2敗
序二段62舛名大 ○-○-○ --○○- -●-● 5戦2敗
※琴光喜夢の二桁まであと1つ。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング

平成19年度春場所~13日目を終えて

2007-03-24-Sat
白鵬の結婚栃東の脳梗塞の疑い……。明暗の報道の中で迎えた13日めでした。
 → サンスポ:引退の可能性も…休場の栃東にくも膜下出血の疑い
 → iza:大関白鵬が結婚 お相手は都内在住の女子大生

千秋楽ももちろん大切なのですが、実質的には14日めの朝青龍vs白鵬戦が最大のヤマであることは間違いありません。そして、そのためには13日めはとっても大切な日でした。

注目の栃煌山は固くなって露鵬にあっさりとやられ、「たいして強くない」なんてナメたコメントを言われることになってしまいました。ま、新入幕では上出来なんですけど、みんなの期待がやっぱりアレなんですよね。

時天空vs高見盛。時天空の執拗な顔への突きというか張り……。「相撲の精神としてどうなんでしょうか?」と、舞の海が解説席で言ってました。別に大人が子どもを相手にしてるわけでもないし、接待で相撲とってるわけでもないし、教育的配慮でやってるわけでもない。プロとプロが命がけでやってるわけですから。禁止なら禁止とルールで名言すべきでしょう。仮に、「スポーツマンシップ」とか「フェアプレイ」ということを言うのであれば、ルールを破っているわけでない選手(力士)に対して、勝ったからと言って、汚い手で勝ちましたねという解説者は、解説者の精神としてどうでしょう~(笑) こういうの嫌いですね。負けたときに言ってやってください。「汚いこと考えるから負けるんですよ」って。

白鵬と千代大海とは立ち合いが合いませんでした。当初白鵬がすごく落ち着いていて、千代大海が合わせつらくて、大海側がスマンって感じで謝ってるように思えたのですが、実際、固くなって合わせられないという気持ちが強かったのは白鵬だったのかもしれません。あるいは、仕切りなおしているうちにそういう気分がどんどん強まってしまったのかも。ま、立ってみればあっさり。あっけない展開でした。

朝青龍は気合充分。琴欧洲はサポーター復活、足首のテーピング復活。花道を入場してくる姿が、塩を取りにいく力士の背中越しに見えたのですが、もう、相撲なんかとれる状況じゃないってな足運びでした。そうとう右脚が悪いなと思っていたのですが、土俵の上ではそんな感じがあまりしなかったのは流石です。

◆幕内成績優秀者◆
1敗:白鵬
2敗:朝青龍
3敗:栃煌山
気が早いですが白鵬はこれで一応横綱への挑戦権を獲得しましたね。明日朝青龍に勝てば文句ありませんし、ま、負けても千秋楽の優勝決定戦出場となるでしょうから(琴欧洲の足があれですから)、そうすると、来場所優勝すれば「二場所連続優勝に準ずる」ということになりますね。もちろん、そんなこと考えずに優勝して欲しいですけど。

◆注目の郷土力士◆
関 脇 琴光喜 ○○○●○ ○○●○● ○●● 8勝4敗
幕下3 武雄山 -●○-○ -●-●- ○-- 3勝3敗
幕下4 市 原 ○--○○ -●○-- ○-● 5勝2敗
序二段62舛名大 ○-○-○ --○○- -●- 5戦1敗
※琴光喜二桁が遠いです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング

平成19年度春場所~12日目を終えて

2007-03-22-Thu
栃煌山、どすごい~。花道奥から控え室への通路を歩いていく、豊真将の表情が印象的でした。あんな負け方、おそらく当の豊真将も創造していなかったと思います。TV放送のレポーターによれば、試合前に栃煌山は「豊真将は低いので下から起こしたい」って言っていたようですが、前に出て下から起こして、土俵際に追い詰めて、でもって支えをはずすように引くように投げての、ごろりと転がしました~。「うぉ」とテレビの前で思わず声出しちゃいました。

栃東休場です。

大関栃東が休場…高血圧、頭痛、めまいに悩まされ
大相撲の大関栃東=写真、玉ノ井部屋=は22日、日本相撲協会に休場届を出した。師匠の玉ノ井親方(元関脇栃東)によると、理由は高血圧と頭痛だという。栃東の休場は昨年夏場所以来16度目。12日目の対戦相手、千代大海は不戦勝となった。
   zakzakの引用元記事の全文を読む……


記事によると「ここ数日、頭痛とめまいがひどく、相撲を取れる状態ではない。入院して徹底的に検査」(親方談)だそうです。早く直して横綱を目指してほしいです。

白鵬vs琴光喜。琴光喜がひょっとしたらなにかやってくれるかとちょっとは期待していたのですが、琴光喜には申し訳ないですが、白鵬に優勝して欲しいと思っているので、別の日にがんばってください。白鵬はなんだろう、落ち着いてますね。初優勝した前後よりも、精神的に強くなっていると感じました。琴光喜って、なんでしょう、形をつくるというか、立会い後の駆け引きって結構うまくて、自分有利になるんだけど、その後、それを崩すのがもったいなくて結局攻めに入る前にやられちゃうみたいな感じです。仕かけを早く!>琴光喜。

朝青龍vs魁皇。解説の北の富士も言ってました。今場所の魁皇では……。怪我のことですね。ベストのときの魁皇ならいざ知らず……。そのとおりの結果でした。そして、朝青龍は初日2連敗なんてとっくに忘れてるって感じです。

◇幕内成績優秀者
1敗:白鵬
2敗:朝青龍、栃煌山
3敗:黒海、玉乃島
そりゃ大正以来の新入幕Vってやつがのが見てみたいですけどね~。白鵬に優勝してもらって、横綱に再挑戦して欲しいですけどね~。ちょっとバタバタ感があって、右腕にサポーターしているんで、白鵬いけそうな気がしますね。こりゃ、両手に花ってことになるといいですね~(→こんな記事

◆注目の郷土力士◆
関 脇 琴光喜 ○○○●○ ○○●○● ○● 8勝3敗
幕下3 武雄山 -●○-○ -●-●- ○- 3勝3敗
幕下4 市 原 ○--○○ -●○-- ○- 5勝1敗
序二段62舛名大 ○-○-○ --○○- -● 5戦1敗
※舛名大に土です。全勝で来てただけに残念です。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング
HOME NEXT