FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

平成19年度夏場所~千秋楽

2007-05-28-Mon
白鵬が朝青龍を見事に下しました。初日から気合いが入っていた朝青龍は、終盤に来て失速ぎみ、12日めからの大関戦を3連敗で来ての、千秋楽での白鵬戦でした。NHKで解説している北の富士も、前半では「今場所は千秋楽で朝青龍×白鵬の全勝対決」を予想というか、期待していたくらいです。こんなふうに消化試合的な一番になるとは思わなかったと思います。

元気がないと心配された朝青龍も白鵬戦には堂々と集中して臨んだと思います。互いにがっぷりと胸を合わせての本格的な大相撲になりました。そして、白鵬の上手出し投げ。朝青龍はバタリと手をつきました。ま、場内が沸くおもしろい一番になったとは思います。白鵬はうまく強かった。そして、朝青龍もがんばった。でも、ちょっと脆かったかも。やっぱり、あんなふうに両手をバタリとつく朝青龍は、本物じゃないのですね。来場所以降、もっともっといい相撲を期待します。

白鵬には、3度目の正直だけに「横綱おめでとう」と言ってあげたいですし、朝青龍よりも、いっそう立派な、堂々とした、すごい横綱になってほしいと思いますし、なれそうな気がします。朝青龍が批判されたマナーなどの点も、ま、生来の性格もあるでしょうし、知らなかったということもあるのでしょうが、白鵬は大丈夫そうな気がします。

わたしが心配なのはむしろ、朝青龍。今までは一人横綱で何かと物議を醸してましたが、今後は白鵬に比較されます。強かった朝青龍は、なんだろ、「強すぎて嫌われる」みたいなところがあったけれど、果たして、よく負ける朝青龍ってのは、「ただのわがまま関取」でしかないと思いますので、ぜひ、復活して欲しいのですが、果たして白鵬の存在がどう出るかです。

白鵬も、朝青龍も大いにがんばってもらいたいです。

そして琴光喜も勝って12勝目をあげました。相手は好調千代大海でしたんで、ちょっと心配しましたが、いい感じで送り出しました。10勝、12勝と来ました。放駒審判部長は「関脇22場所も評価できる」(つまり「加味する」ってこと?)と言ってましたんで、ま、名古屋場所で11勝すれば当確、10勝でもいいんでしょうか……。

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
関 脇 琴光喜 ○○○○●・○○○○○・●○●○○ ※12勝3敗
幕下2 市 原 -○●○-・-○-○-・●---● ※4勝3敗
幕下7 武雄山 -●-○●・--○●-・-○-●- ※3勝4敗
序二段23舛名大 -○-●●・-●-●-・●--●- ※1勝6敗

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング
スポンサーサイト



平成19年度夏場所~十四日目

2007-05-26-Sat
白鵬が勝ち、朝青龍が負け、ついでに言うと、琴光喜も勝ちました。

白鵬は14戦全勝でした。千代大海の突き押しを受けて受けて、回しをとって吊り落とし損ねて寄り切りました。落ち着いてとれて、安定感を感じます。風格もあって横綱の貫禄があります。父親譲りでしょうか。千代大海もよくとったんです。千代大海は朝青龍に勝ち、白鵬に善戦した千代大海は、今場所、なかなか株をあげたと思います。なにか、こう、こないだまで「地球に優しい21世紀型省エネ相撲」とってたんですけど、なんか激しい相撲になってきました。もう一花咲かせるつもりでがんばってみてほしいですね。

朝青龍はどうなってしまったのでしょうか。琴欧州にも得意の形で豪快にやられました。なにか、こう、優勝をあきらめてからは、大関たちにサービスのように相手充分の形にさせてやられてるって感じです。こういうの見てると、また、某週刊誌に「優勝がなくなり、星を返すことに専念」などと書かれてしまうかもしれません。ほんと、心配です。TV解説の高砂親方も言ってましたが、千秋楽はこの夏場所全体の結びの一番なのです。横綱らしくすっかりと取り組んでもらいたいです。琴欧州は9勝目。あすは魁皇(9勝)です。

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
関 脇 琴光喜 ○○○○●・○○○○○・●○●○ ※11勝3敗
幕下2 市 原 -○●○-・-○-○-・●--- ※4勝2敗
幕下7 武雄山 -●-○●・--○●-・-○-● ※3勝4敗
序二段23舛名大 -○-●●・-●-●-・●--● ※1勝6敗
※琴光喜は11勝め。舛名大は1勝で終了。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング

平成19年度夏場所~十三日目

2007-05-26-Sat
白鵬は琴光喜を「横綱相撲」でやぶって13戦全勝で、賜杯と横綱に王手というとこです。一方、朝青龍はまた負けてしまいました。3敗目。相手は魁皇。ま、千代大海に負けた時はどうしたよ、千代大海と思いましたが、魁皇にまで負けてどうした朝青龍と一気に心配になりました。魁皇はすごかったけど、連敗した朝青龍を見るのはショックです。なんか痛々しくさえもあります。なんか精神的に切れてしまったのでしょうか。

つくづく、朝青龍の強さというのは、負けん気なんだろうと思います。目標に向かって一直線。すべてを集中して、スピードで相手が充分になるまえに勝つ。それが、千代大海の押しをまともに食らってふっとんで、魁皇と組んで投げられる……。どこか精密機械が壊れてしまったような感じです。たとえば座布団投げなどで受けたバッシングに加えて、精神的に強くなった白鵬の相撲がプレッシャーになっているのかもしれません。

今まで一人横綱で許されてきたわがまま、横暴が、二人になると何かと比較されるようになる。なんだろう、たとえば人気の正統派横綱と傲慢ダーティ横綱みたいな……。そんなの、今まで一人でずっとがんばってきたのに、ここに来てそんなムードです。ま、今場所はあと二日、朝青龍には、むふふ、意地を見せてもらいたいです。ガンバレ! 朝青龍! 白鵬に全勝を許すな。

幕内成績優秀者
全勝:白鵬
2敗:朝赤龍、出島

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
関 脇 琴光喜 ○○○○●・○○○○○・●○● ※10勝3敗
幕下2 市 原 -○●○-・-○-○-・●-- ※4勝2敗
幕下7 武雄山 -●-○●・--○●-・-○- ※3勝3敗
序二段23舛名大 -○-●●・-●-●-・●-- ※1勝5敗

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング

平成19年度夏場所~十二日目

2007-05-25-Fri
なんと、千代大海が朝青龍を破ってしまいました。それも、押しとのど輪で。すごいです千代大海。朝青龍は激しい千代大海の右ののど輪に、身体は弓ぞりで、足を高く上げながら必死で残そうとしました。こういう姿ってほんとすごいです。こんなふうに残そうとする横綱って。

確かに、座布団蹴ったり、もの言いがないことに不満を露わにする横綱って、確かに誉められないと思います。しかし、この残し方、なんというか往生際の悪さというか、勝ちへの執念というか、そうしたものって、朝青龍の根底に流れている、これぞ強さの正体だとわたしは思っています。それを剥き出しにすることは、確かに品性という点では問題なのですが、だから朝青龍は強いんだと思うし、そういうのが見えるのってわたしは嫌ではありません。

これで、白鵬とは2差です。白鵬は2敗しても優勝決定戦にはなるわけで、もう、横綱が見えてきました。横綱までマジック2といったところですね。

そして、ついに琴光喜10勝に到達しました。これは来場所名古屋で大関取りです。できれば、今場所はもう少しかせいでおきたいです。こちらもあと2番。そうすれば名古屋がちょっと楽になるでしょう。なんとなく、大関になれたら、琴光喜も朝青龍に勝てるようになる気がします!

幕内成績優秀者
全勝:白鵬
2敗:朝青龍、千代大海、琴光喜、朝赤龍、出島

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
関 脇 琴光喜 ○○○○●・○○○○○・●○ ※10勝2敗
幕下2 市 原 -○●○-・-○-○-・●- ※4勝2敗
幕下7 武雄山 -●-○●・--○●-・-○ ※3勝3敗
序二段23舛名大 -○-●●・-●-●-・●- ※1勝5敗

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング
HOME NEXT