FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

あるあるでなく、潮丸が証明する納豆パワー

2007-01-22-Mon
不二家へのエールを書いたら、「あえて納豆を食べた記事を書け」という囚人さんからの要望だったのだけれど、あえてもくそも、「あるある」以前から納豆は冷蔵庫に常備し(ただし連日食べているわけではない)、カレーに入れたりする程度には普通に食べているので、「あるある」がどうだからといって、取りたてて変えるつもりはないので、あえて食べるなんて記事は書けないので、すみませんです。

ただ、「あるある」の番組作りがいい加減だからといって、また確かに「あるある」のいうような形での効果は疑わしくても、納豆の持つ栄養価や高さ(参考:おかめ納豆「納豆の栄養価」)や、ナットウキナーゼ(参考:「ナットウキナーゼと血液」)の働きに変化があるわけではありません。

ま、「あるある」も所詮バラエティ番組で、そうそう都合よく魔法的な力を持つ食品があらわれてくるはずもなく、ま、苦し紛れみたいなところがあって、それに踊らされている方も、なんとなく、情報リテラシーがあれかなと思わないでもないですが。

さて、角界にもひとり「納豆を食べて痩せよう」なんて素敵なことを考えた男がおりました。潮丸goo大相撲名鑑:潮丸)です。みるからに愛すべき男です。ほんとうはどんな人か知りませんが、なんとなく、ダチョウ倶楽部の竜ちゃんを思わせますね~。

で、この記事。「潮丸もだまされた!場所中納豆40パック…初場所千秋楽」

記事によると、潮丸は、初日(7日)に放送されたフジテレビ系「発掘!あるある大事典2」の納豆ダイエットを信用して、千秋楽まで40パックを食べていたのだそうです。

ところが、14日目の夜。午後7時過ぎにニュースを見ていた付け人が「納豆の話はウソらしい」と飛んできたのに驚いて、「ショックですよ。あれ、詐欺ですよ。もう毎日食べるのはやめます」と言っているそうです。


あはは。14日間で約40パック。一日2~3パック食べていたんですね。

体重を減らす目的というよりは、代謝が良くなったり、血液中の有害物質を壊す効果があるとか言ってたので、それを信じてたんです」と言って、しきりにダマされた、もう止めると潮丸は語っているようなんですけど、しかし、結果は幕内で自己最多タイの9勝を挙げたんですよ。

これって、効果がなかったのでしょうか?

2006年
 三月場所 前頭16枚目 4勝11敗
 五月場所 十両10枚目 8勝 7敗
 七月場所 十両 3枚目 8勝 7敗
 九月場所 十両 2枚目 9勝 6敗
十一月場所 前頭12枚目 5勝10敗

2007年
 一月場所 前頭15枚目 9勝 6敗

 ※参考 goo大相撲「記録台帳」

ほら。過去1年間で最もいい成績ですよ!

これって効果がなかったことないんじゃない? ね。効果があったのでは? 潮丸。確かに「騙された」かもしれませんけれど、ここは一つ、納豆業界のために声を大にして言ってあげてほしいです。あるある? そうぉ? わたしには納豆パワーが効いたよ! 今後も食べ続けたい!」と。

こんな時だからこそ、あえてそう言ってあげてほしいもんです。潮丸。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング
スポンサーサイト



平成19年度初場所~千秋楽

2007-01-22-Mon
舛名大が序ノ口の優勝決定巴戦に出るというので、ちょっと期待してBS2を見ていました。ブログに何度か書いたのですが、実際、舛名大の相撲を見るのは初めてでしたから。見た感じは、けっこう足腰のしっかりしていて、バネのある感じですんで、ま、将来は安馬みたくならないかなぁと勝手に期待してますが、ま、巴戦の結果は2戦2敗でした。

【序ノ口優勝決定巴戦】
舛名大●(寄り切り)○藤  森
藤  森●(寄り切り)○久乃海
久乃海○(寄り倒し)●舛名大


残念でした。朝刊(22日(月))では社会面に「舛名大相撲と学業両立 序二段昇進確実」という顔写真つきの記事が出ていて、この巴戦についての舛名大の言葉が紹介されています。

2番とも自分の相撲じゃなかった。でも、こんな舞台に上がれたことはうれしい。次に生かせる経験だった
   読売新聞 1月22日付 社会面より

また、親方の言葉としては今場所は出来すぎだったが、序二段でも4番は勝てるだろうという期待が込められていました。

来場所以降がほんとうに期待されます。舛名大が入ってからちょっとこの下位というか、幕下以下の力士にもブログでは触れていけたらいいかなと思うようにはなったのですが、実際はなかなか対戦がみられないので星の数しかかけないのがあれだなと思いながら、好成績の人をとりあげて、少しずつ増やしていけばいいかと思うようになりました。

幕下以下ということで、愛知出身の今場所活躍した力士は、【幕下】では、アマ横綱幕下付出で期待されていた市原は好成績(5勝2敗)でしたし、逆にベテランで心配されていた武雄山は、それを上回る成績(6勝1敗)で、二人とも来場所期待大です。

【三段目】では鶴嶺山、若力堂(6勝1敗)、若春日、双嵐山(5勝2敗)、【序二段】で出羽疾、哲光(5勝2敗)らが好成績でした。あぁ、郷土愛の浅いわたしには読みが分からない人もいます。(笑)

ちなみに、現時点での愛知出身の一番手は琴光喜なんですが、例によって関脇8勝7敗でした。

そうそう、愛知県とは関係ないのですがスピード新入幕の記録が載っていました。十両西二枚目の栃煌山(とちおうざん・高知県出身・春日野部屋)が来場所13場所で新入幕ということになるようで、これは史上3番目速さだそうです。最近では、2006年の夏場所の把瑠都(12場所)と豊真将(13場所)がいました。

1位 琴欧洲【11場所】
2位 板井、小錦、栃東、朝青龍、時天空、嘉風、把瑠都【12場所】
9位 旭富士、貴乃花、武蔵丸、豊真将、栃煌山(予想)【13場所】

舛名大のために書いておきましょう(笑)。これには市原のような、アマの優勝経験を考慮した幕下付出という特別待遇力士は入っていません。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング

平成19年度初場所~十四日目

2007-01-20-Sat
平幕で2敗を守っていた豊ノ島が安馬に敗れ、朝青龍が結びの一番で栃東を下して、14日目13勝1敗で選手楽を待たずに優勝を決めました。朝青龍の優勝はこれで20回めで史上5番目です。

◆通算優勝回数
1位 大鵬(32回)
2位 千代の富士(31回)
3位 北の湖(24回)
4位 貴乃花(22回)

で、ま、まだまだ不安はないようなんで、貴乃花や北の湖を抜くのは時間の問題でしょう。それにして、秋場所の安馬といい、九州場所の豊真将といい、上位陣がふがいない一方で、平幕の好調力士に挿させられて終盤まで興味がつなぐという展開ばかりですね。朝青龍が強いのも強いのですが、大関陣が情けないということもあります。「周りが勝手に転んでいく」と舞の海も言ってました。朝青龍を一か八かのむちゃくちゃな相撲で倒した出島も3勝11敗で大きく負け越していますよね。

こんなことでは大相撲の人気復興といってもむずかしいです。


<付け足し>
・幕内 市原(愛知・木瀬) ○--○○--○●--○●- 5勝2敗
・序ノ口 舛名大(愛知・千賀ノ浦)-●○-○--○○--○-○ 6勝1敗
※序ノ口は1敗に久之海、藤森、舛名大の3人で決定戦ですね。
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング

平成19年度初場所~十二日目

2007-01-18-Thu
朝青龍×千代大海
いくらか千代大海が出て、朝青龍が土俵際に追いつめられる雰囲気があったので、ま、余裕ではあったのですが、楽しめました。これでなくてはいけません。もう、決まりですよね。あとは、栃東と魁皇と琴欧洲でしょうから。

琴欧洲×白鵬
白鵬カド番脱出よかったです。琴欧洲は前に出られましたが、白鵬にうまくとられたという感じでした。まだまだですね、琴欧洲。

魁皇×安馬
う~む。魁皇さぁ、こんなふうにうまくとられちゃっていいわけ? 安馬さすがだわ。大関候補かも。

稀勢の里×栃東
どうしていつもの頭からゴーンっていかなかったんでしょう。今場所の栃東ならまず変わらないと思うけど。こんなこと言うわたしは相撲がわかっていないのかな。

1敗:朝青龍
2敗:豊ノ島
3敗:玉乃島

<付け足し>
幕内 市原(愛知・木瀬) ○--○○--○●--○
序ノ口 舛名大(愛知・千賀ノ浦) -●○-○--○○--○-
二人とも<5勝1敗>です。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング

HOME NEXT