FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

平成18年度秋場所~十二日目

2006-09-21-Thu
安安コンビは明暗が分かれました。安馬は負けてしまいました。残念です。優勝争いをおもしろくするというその1点で、安馬に買って欲しかったです。その点がなければ、わたしは白鵬の方が好き。もちろん、安馬もきらいじゃありませんけど。

安美錦はいい相撲。ますます上手さがましてきたという感じです。まだいぶし銀とか言ったらいけないのかな。もっと、しぶとく強くなりそうです。来場所期待ですね。

白鵬×安馬
白鵬は気迫充分でした。お互いなかなか回しがとれませんでしたが。ある意味安馬の相撲につきあったのかもしれません。それでも集中し、自信を持って倒したという感じです。安馬2敗目。朝青龍が勝ったので、もう朝青龍ですね。明日直接対決でなんとかするか。

普天王×安美錦
うまい。安美錦。普天王も、ま、日本の期待の星の一つではあると思います。その普天王に相撲を取らせず、完全に時分のペースで。こういう相撲がとれると、ちょっと上を期待したくなりますね。横綱までは無理としても、なんとか大関にあがれないものかと。普天王は、もうひと輝きしてほしい。

稀勢の里×黒海
稀勢の里いいです。黒海に負けていません。わたしは、黒海の肘が外に出る突きを、対千代大海用(顔面への突き)に開発したものかと思っていましたが、どうも解説には評判がわるかった。直さないとダメのようです。

雅山×時天空●
雅山には勢いを感じました。こういう強い相撲が最初からとれたらと思うのですけど、仕方がありませんね。とにかく、あとは全力を出し切って欲しいです。

露鵬×千代大海
因縁の一戦。なんともありません。これでいいのですね。ま、遺恨があったらあったで、わたしはおもしろいと思うのですけど。でも、ま、乱闘になるくらいなら何もないのがいいのですが。こういう盛り上がりもあってもいいかな。露鵬はうまくなったと思います。身体が大きいので、把瑠都との取り組みでも体力負けしませんでしたし、今日などもうまく回しをとって、どっちが大関かという感じで、千代大海は敵ではありませんでしたね。というか、解説も言ってましたが、千代大海は今場所頭から行っていい結果を出していました。把瑠都戦などその最たるものです。それが、露鵬の変かを警戒してか? あるいは先場所の幻影をみたのかもしれません。こういうことがあるから、先場所のようなことは戦術的にも損だと思います。

岩木山×琴欧州
ちょっと琴欧州も危ない感じでしたが、なんとか行けました。人気のある琴欧州にもなんとか勝ち越してもらわないと~。だから朝青龍との対戦も免除……ってわけでもないのでしょうけど。

朝青龍×栃東
足の悪い栃東が負けて、「よくやった」というのはやはり失礼なんでしょうか。わたしはよくあそこまでとったと思いました。

1敗:朝青龍
2敗:安馬
3敗:露鵬、安美錦、北勝力

独走でこそないけど実質決定ですね。それにしても、侮れないですね、北勝力は。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
ブログランキング

平成18年度秋場所~十一日目

2006-09-20-Wed
本日より把瑠都休場。なにが残念って、どの力士の休場も残念だけれど、把瑠都は格別だろう。あの若さと巨体。これは魅力である。

若く、未熟だから、雑で、無理な相撲をとる。ところが巨体だから意外に通じる。力任せが通用するのだ。平凡な力士にはそれが通じてしまうのである。

壁というのは誰にでもあることだという。普通の人にはもっと早く訪れるのだろうが、把瑠都のように、肉体という素質に恵まれた力士には、それが番付があがってからやってきた。力任せの無謀な技、身体に任せた受け、それが、上位の、相撲をよく知っている力士には通じないのである。横綱や大関には通じないのだ。

もちろん、上位の中にも把瑠都と取り口が合う者もいる。今日合うはずだった琴欧州などはそうだろう。名古屋場所はすごかった。黒海や露鵬といった、力負けしない者たちもそうだ。お互い正面から力と力でぶつかりあうという感じで、とてもおもしろい。

そういう、なんというのだろう。本物の力士、本物の格闘家、そうしたものを判断するような、なんというか、ちょっとリトマス試験紙みたいなところが若い把瑠都にはあると思うのだ。大きく、力があって、それでいて相撲に関しては未熟であるがために。

そして、その把瑠都が幕内上位の壁にぶつかっているのは、やはり、相撲のというものの本物らしさというか、プロのすごさというか、上位の本当のすごさを感じさせてくれるのだ。

そんな把瑠都の休場はほんとうに寂しい。早く、治して元気になって、暴れてもらいたいものだ。

露鵬×黒海
露鵬残念でした。相撲は黒海の方がうまいってことかなと思いました。

稀勢の里×安馬
稀勢の里の威力を警戒したのでしょうか。安馬の変化。ま、ここにきてこういう楽に勝てる相撲がとれるのも大切です。

白鵬×栃東
白鵬お気の毒。足が悪いのはお互い様です。もう一度仕切直しですね。腐らないで。応援します。白鵬。

安美錦×千代大海
う~む。千代大海やるなぁ。安美錦に廻しを与えなかった。

1敗:朝青龍、安馬
3敗:千代大海、露鵬、安美錦、普天王、北勝力

にほんブログ村 格闘技ブログへ
ブログランキング

平成18年度秋場所~十日目

2006-09-20-Wed
安安コンビは今日(10日め)も勝ちました。

安馬×豊真将●
安馬に安定感さえ感じます。早い上に、軽くない。重心が降りているという感じです。

●垣添×安美錦
右足の大きなテーピングに不安は感じますが、別に悪くないし。こちらも期待できますね。

○出島×黒海
別に出島が憎くて言うわけではありませんが、出島に負けるなよ。

雅山×把瑠都
そうです。この相撲です。大事に行かない。俺が雅山だ!文句あっかぁ~てな相撲です。品位とか品格とか気にしちゃダメ(笑) 把瑠都足大丈夫でしょうか。初日だったか千代大海戦の時にもこんな倒れかたしてましたけど。

露鵬×琴欧州
結果は露鵬でした。今場所はわたしは露鵬は注目していただけに、ここまでやってくれて満足です。10番といわず、優勝を争って欲しいです。琴欧州は結果には結びついていませんが、相撲が前の場所に比べていいんで、ま、復調ということで喜びたいと思います。今日はダメでしたけど。

栃東×千代大海
千代大海の突き押しが全然歯が立ちませんでしたね。栃東の前にいいとこなしでした。栃東、まだ4敗じゃないですか。あと全部勝って欲しいです。

白鵬×栃乃洋●
相撲内容ということでは、不満が残るんですね。足(右膝)のテーピングも気になるところです。足(フット)の方も気になります。


朝青龍×琴光喜
1敗の朝青龍は挙も危なげなく琴光喜を倒しました。琴光喜、大関狙って欲しいです。

にほんブログ村 格闘技ブログへ
ブログランキング

平成18年度秋場所~九日目

2006-09-19-Tue
先場所は玉玉コンビだったのですが、今場所は安安コンビって言えるかもしれません。本日九日目、安馬は把瑠都に作戦どおりの展開で完勝、安美錦も好調琴光喜を撃破。それぞれが、一敗、二敗と優勝戦線に残っています。

把瑠都×安馬
決まり手は「踏み出し」。ま、勇み足とは違うんでしょうね。攻めようとしてでなくて、攻撃を避けた勢いで出ちゃったって感じかな。オウンゴールみたいなところは似てるんですけど。もちろん、一方的に把瑠都がミスしたんじゃなくて、安馬の攻撃が成功した結果ですね。把瑠都につかまって降られたときは危ないと思ったけれど、どうでしょう、安馬の攻めがやっぱり厳しかったってことなんでしょうね。これで安馬は1敗を守り、勝ち越し1番乗り。もちろん、優勝争いもトップです。ここまでやると~。

安美錦×琴光喜
2敗同士のつぶし合いですね。琴光喜は好調だとガンガン行くんで、読まれちゃってるんでしょうか。立ち合い安美錦が左に周りながら、突っ込んでくる琴光喜の首にぶら下がるような形で倒しました。体格差を獣心移動でカバーしています。

朝青龍×露鵬
1敗同士のつぶし合いですね。腕力というか怪力露鵬に期待していたのです。けっこう露鵬が善戦して、朝青龍にしては長めの相撲となりました。ただ、露鵬の手はことごとくやぶられて、朝青龍の余裕の勝利と言えなくもありません。朝青龍も勝ち越しです。露鵬は1歩後退。

栃東×琴欧州
おそらく体調から言ったら琴欧州なんでしょう。足の状態とか。しかしながら、栃東の上手さが出ました。ぐるぐるぐるぐると左に回って、廻しをとる栃東。琴欧州は全く相撲をとらせてもらえませんでした。

白鵬×雅山
「優勝すれば」が残る白鵬。しかしながら、相撲内容からは連日のダメ出し。今日も「これで勝てるのが白鵬」みたいな妙な誉められ方をしていましたね。おそらく、どこか傷めている(たぶん右膝とわたしは思う)んですよ。それでも苦しい相撲でしのいでいます。今日の雅山がよかったというよりも、どちらも決め手がなかったって感じにも思えました。長めの相撲を制したという感じでしたが、なんとなく意地を張り合ったものの、相撲としては中途半端な感じもしました。本人同士は真剣に、そしてあるいは互いに大事にとった結果だと思うんですけどね。

●玉春日×千代大海
中日を過ぎて全敗負け越し決定の玉春日が、なお好調の大関と当たらなきゃならないのは、やっぱり魁皇休場の余波なんでしょうか。そんなものなのかなぁ~対戦担当者。千代大海はガンガン行きますよ~そんなもん。

1敗は安馬と朝青龍の2人だけ。
2敗は露鵬、普天王、安美錦、千代大海の4人です。

明日はこの6人のつぶし合いの対戦ははありません。

ブログランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ
RREVHOME NEXT