FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

平成18年度秋場所をふりかえって

2006-09-25-Mon
結局朝青龍の14日目の黒星優勝に終わった今場所。場所前の期待のわりに、不本意というか、おもしろくなかった。

一つは「白鵬の横綱」という長い夢が終わってしまったということだろう。それもこんなに脆くも。8勝7敗。白鵬ならきっと横綱になる。誰でもそう思っていたに違いない。大鵬の再来のような、貴乃花の再来のような、王道を歩く横綱になる。そんな期待というか、夢がずっと相撲ファンにはあったんだと思う。おそらく、誰もが望んでいた。それが、こんな形で終わった。「青白時代」だとか「龍鵬時代」だとか、そんな言葉がむなしくさえある。ま、しかし、実力のある大関には違いない。再起を期待し応援したい。

ついでのようで申し訳ないが雅山。また来場所に繋がった。ダメになるよりよかったのだろうけど、5大関が健在だからギリギリではあがれないよ。大勝ちしないと。ヨーロッパ勢が力をつけてるなかで、試練の戦いを続けねばならないだろう。応援する。

把瑠都露鵬琴欧州黒海のヨーロッパ勢。全体的によかった。でも、突っ走れなかった。ヨーロッパ勢の大型力士が胸を合わせるのって、相撲の上手い下手にかかわらず迫力があって好き。把瑠都の途中休場は大きかった。白鵬の昇進消滅と前後して、把瑠都が休場して残念だった。

中でも安馬安美錦の二人はすくいだった。北の富士が千秋楽の解説で「今場所は安馬がいなかったら悲惨ですよ」と言ったそうだが、おっしゃるとおり、その通り。安馬でもった。安美錦も活躍して、大型力士の中で、二人ともそれぞれに相撲の上手さというのを見せてくれたという感じだ。欧州勢を合わせて来場所の期待と。

あと、忘れてならないのは愛子さまの初観戦。愛子さまって琴光喜に似ているとわたしは思うんだけど(そういえば家族は旭天鵬が東京ダイナマイトの金髪じゃないほうに似てると言っていたけど)、ま、それはともかく、今まで、あんまり関心がなかった愛子さまがすごく好きになった(笑)。

愛子さまを天皇に!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング
スポンサーサイト



平成18年度秋場所~千秋楽

2006-09-25-Mon
終わりました。14日目で優勝が決まりました。千秋楽で注目していたのは、ま、白鵬がどういう形でか、不本意であっただろう今場所の最後一戦を戦うかです。朝青龍戦ですね。結果はともかく、相撲としては双方力を出し切ったいい相撲だったと思います。

雅山×琴光喜
雅山は9勝め。のびのびととれました。また北ノ湖が来場所に繋がるとかなんだとか寝言のようなことを言ってました。ま、可能性があるんなら、雅山にはがんばってほしいです。そう何度もないチャンスでしょうから。琴光喜は4大関を破りながら8勝7敗。後半疲れが出ちゃうんでしょうか? 油断しちゃうんでしょうか? 欲が出ちゃうんでしょうか? 「とにかく前に出る」とか、「とにかくがんばるとか」そういう「とにかく」でなくて、そこを分析した方がいいかも。

露鵬×栃東
露鵬のパターンって感じですかね。長い上手がひょいといい位置をとります。そうされると栃東はちょっといけませんね。露鵬10勝。期待通りの活躍でした。上手をとれないときはどうしたらいいかという課題も見つかったし、来場所はまた強くなるでしょう。次の大関に一番近いのは露鵬かも。栃東は9勝止まり。調子のわりにはよくやったのでしょう。しかし大関としたら誉められた成績ではないですね。

琴欧州×千代大海
昨日(十四日め)で燃え尽きちゃったの? って感じの千代大海。琴欧州にはうまくとられて寄り切られました。なんかあっけない。ともに10勝に載せました。琴欧州は回復してきていますので、来場所楽しみです。

朝青龍×白鵬
がっぷり組んでの両者の力相撲。優勝がかかっていると盛り上がっただろうにと思いながら見ていました。ああいう形なら、白鵬が万全なら白鵬が勝てるんじゃないかと、勝手にも思うんですけど。足が痛いのか、腰痛なのか、気力の差なのか、朝青龍の堂々たる勝利でした。白鵬は一から出直しです。それもいい。すっきりと、落ち着いてよく考えて、心身ともにリフレッシュして、なすべきことをなして、再スタートを切って欲しいです。

幕内優勝 朝青龍(18回目)
殊勲賞 稀勢の里(初)
敢闘賞 安馬(初)
技能賞 安美錦(3回目)
十両優勝 隆乃若(初)


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

平成18年度秋場所~十四日目

2006-09-23-Sat
結びの一番は座布団が舞い飛びました。もの言いがついているのがわからないほど、座布団が舞い、朝青龍も気づかずに花道に下がりかけるほどでした。

控えから安馬が栃東に破れるのを見て、優勝が決まった朝青龍が、こともあろうに、千代大海に勝ったのですから。直前の白鵬の相撲を見ながら、解説者が誰が終盤5敗で来る白鵬を予想したでしょうというようなことを語っていましたが、それと同じくらい、誰が、朝青龍が千代大海に負けるなどとことを予想したでありましょう。なにしろ、昨日安馬が朝青龍と当たることになって、対戦の終わっていた栃東以外の3人の大関のうちで誰がはずされるかというときに、結果的には琴欧州だったのですが、「千代大海をはずす方がいい」という声も何人かから聞きましたから。……なんて、なんか勝った千代大海が気の毒になるような言い方ですが、いい相撲でした。そんな下馬評というか、事前の予想に反する、いい相撲、そして千代大海の勝利でした。わたしも驚きの目を持って見ながら、「いけ、あきらめるな! もう一本行け!」と、思わず千代大海を応援していました。

引いて、土俵際まで下がったときはダメだと思いましたが、あきらめずに、また行きました。そして、また危うげでしたが、また行きました。朝青龍はちょっと取り乱したのか、ひだりからぶん殴るような張り手を千代大海に見舞っていきましたね(笑)。おもしろ~い。ええと、よく似た殴り合いみたいな展開は、今場所の白鵬×雅山で見たと思うのですが、それよりももっと二人とも闘志を感じ、わくわくしました。

もの言いは「朝青龍の髷に千代大海の手が」というものでした。髷を手で握っていたかもしれません。髷をつかまないように手を握っていたかもしれません。もう、そういうところはわからないのです。このくらいギリギリのところになると、もの言いできちんと判定するのがいいです。ただ、ま、勝負審判に師匠がいるのは、やむないこととはいえ、ちょっとアレですけどね。

稀勢の里×安美錦
安美錦の外掛けで安美錦10勝目~。

雅山×露鵬
雅山勝ち越し。露鵬が土俵下で憮然としているのが印象的。気持ちもわかる。どうせなら前半戦で当たりたかったぜ~と思っているのかも。だって、なんか、のびのびしちゃってますから、雅山。大関に上がりたいでしょうけど、ま、ものは考えよう。「大関にあがりたい」ではなくて、「のびのびとりたい」がいいと思います。結果大関にしてくれるんならそれでいいし、ずっと関脇だって、自分の相撲がとれれば、その方が楽しいと……、ま、そう思えたら楽なんでしょうけどね。

黒海×琴光喜
黒海やっと勝ち越し。三役前後って実力が伯仲してるってことなんでしょうね。

安馬×栃東
いい相撲だったと思います。安馬みたいな小さい相手は、栃東の技が通じるというか、うまくとれると思います。結果はもちろんいろいろですけどね。栃東9勝目。

白鵬×琴欧州
人気力士同士の対決だけど、今ひとつ。白鵬はあんなことで負けてはいかんと思うが、やっぱ精神面であと思います。ま、そこはみんな理解するでしょう。少し休ませてあげたいですね。

朝青龍×千代大海
負けたあとに、がっかりした顔をしない朝青龍が好き。悔しさに目を潤ませながら、新たに闘志を秘めるような朝青龍が好き。もっと、もっと、朝青龍をこういう顔にしてやってください。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング

平成18年度秋場所~十三日目

2006-09-23-Sat
十三日目は三敗にかろうじて引っかかっていた力士が全滅。二敗で一人残っていた安馬は結びで朝青龍に破れて、ついに朝青龍と二差。白鵬と雅山の再挑戦の場所、把瑠都上位挑戦の場所、露鵬出直しの場所は、どうも、例によって「終わってみれば朝青龍」ってことになりそうです。ほんと、朝青龍の速さ、完璧さにはうなります。

結びの二人と、ここにきて気持ちが切れ、足の調子が悪いんじゃないかと心配な白鵬をのぞいて、どうも他の力士たちは、お互いに食い合ってるって感じで、いったい誰が好調なんだとか、次にイクんだとか、そういうのが見えない感じですね。露鵬や黒海がいいと思えばダメ、稀勢や安美錦がいいと思えばダメで、琴光喜があれかと思えば勝って。結局どういうことかというと、若手もベテランも大差がないということになってくるかもしれません。

普天王×黒海
普天王負けちゃいましたけど、よくなってきてるんで、来場所期待です。ま、黒海も期待。え? もう来場所の話(笑)

稀勢の里×岩木山
この対戦はおもしろいですね。岩木山の体当たりというか、ぶちかましを稀勢の里は避けませんからね。

露鵬×琴光喜
露鵬はなかなか上手がとれず、琴光喜にうまくとられました。土俵に追いつめられて一瞬とれたようですが、すぐに切られたし。やっぱり、まわしをとれせないようにうまく取られると露鵬は勝てませんね。

雅山×玉乃島
雅山勝ちました。よかったです!

●栃乃洋×琴欧州
栃乃洋の強烈なすくい投げを残しながら、琴欧州が体をあびせるように上手投げ。琴欧州はめでたく勝ち越しです。

白鵬×千代大海
大海に悪いですが、誰が大海の勝利を予想したでしょうか? そのくらい白鵬が悪いです。心まで折れてしまったのかという感じです。言ってないと思いますけど、どこか悪いのでしょうね。右膝かどこか。ま、もうゆっくりやすんでやり直せばいいでしょう。

安美錦×栃東
相撲の上手い二人の対戦。こちょこちょって感じで、栃東の勝ち。こういう相撲もあるという感じでした。

朝青龍×安馬
白鵬がしたように安馬につきあった相撲にはしてくれませんでした。朝青龍は立つと、さっと左上手で、しめこみの後ろの結び目あたりとってそのまま身体を寄せ、体を浴びせる感じで寄り倒しました。全く危なげがありません。

ちょっと話は変わりますが、今場所から相撲記事にはにほんブログ村というランキングのサイトの「格闘ブログ」のバナーが貼ってありましたが、この夏、カテゴリをさらにサブカテゴリ分けという企画がスタートし、わたしは「だったら相撲のサブカテ作ってよ」というような提案をしたら受け付けてももらえました。

しかし、なかなか返事がなかったので、「せっかく作るなら、秋場所中に公開してよ」とお願いしました。そうしたら、最初は「無理」という返事だったのですが、なんと13日めの金曜日にメールがあっって、対応してもらえたようです。ということで、今まで格闘ブログのバナーから「相撲」のバナーに変えました。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング
HOME NEXT