FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

平成18年度夏場所~千秋楽

2006-05-21-Sun
おもしろくて、充実した千秋楽だったと思います。

十両の優勝決定巴戦(豊桜、寶智山、皇牙)、豊桜がまず1勝してのですが次負けて、寶智山も1勝1敗、皇牙も1勝1敗、ぐるぐる回って、二巡目で豊桜が2連勝してみごと優勝。なんか、もう、ここでお祭りがあったって感じです。優勝賞金200万円だそうです。おめでとう、豊桜~。

なんかその後はなんとなく、十両と幕内の優勝決定戦に挟まって、ちょっとあれでした。ま、それでも、勝ち越しがかかっていたり、来場所の地位がかかっていたりで、もちろんそれぞれの千秋楽だったわけでありますが。

そして、やってきましたいよいよ幕内の優勝争い。
朝赤龍×雅山
朝赤龍が変化するとは思わなかったけれど、今場所好調の雅山の重い突きを正面から受けとめてどこまで行けるかは、やはり疑問です。なんとかしのいで、かわして勝つって展開くらいしか思いつかない。結果、雅山の相撲でした。いい感じで、白鵬の相撲待ち。

○これより三役○
把瑠都が新入幕で三役土俵入り。ちょっとぎこちない。ちらちらと横を見ながらやってました。

把瑠都×白鵬
あの立ち合いどうなんですか? なんか、ちょと合わなかったというか、白鵬がうまく先手に立ったって感じでした。把瑠都は一瞬、虚をつかれたって感じでした。ま、そのまま白鵬がうまく左上手をとって、一瞬でつぶしました。ま、把瑠都にはいい経験だったでしょう。舞の海が言ってましたが、どうして把瑠都は突いていかなかったのでしょうか? 組んで白鵬に勝てると思ったのでしょうか~。そこが疑問です。吊りねらいだったかも知れませんけれど。「組んでしまった上手さ負けします」と舞の海は言ってました。初めて聞く言葉でしたが、意味はよくわかった。

そして14勝1敗同士の優勝決定戦。
白鵬×雅山
大一番でした。雅山が突きに行って、白鵬に組み止められ、もう一度突き放していきました。それを白鵬が、今度こそがっちり受け止めて、充分の左上手。ここで五日目の敗戦の時のように焦ることなく、落ち着いてじっくり攻めることできてよかったというとおり、じっくりじっくり寄って、身体を浴びせるように雅山を土俵下へ~。

初優勝おめでとう! 白鵬。いつでも優勝できそうだから、ここは雅山に優勝させてあげたかったけれど、来場所、それぞれが横綱と大関に挑戦するってことなら、横綱挑戦者が優勝しておくのがいいですよね~両者の来場所に大いに期待です。というか、雅山いいと思うぞ~。この先もふてぶてしく、ガンガン行ってほしい!

朝青龍がいなくてもこれだけ盛り上がる、栃東の横綱挑戦がなくてもこれだけ盛り上がる、魁皇が脱落しても、琴欧州が参戦してなくてもこれだけ盛り上がる~スポーツの世界はおもしろいけれど、ちょっと残酷なものだなって思いました。

名古屋場所、みんな怪我直っているんでしょうか? 直して元気に出てきて欲しいです。栃東はカド番だけれど、怪我が膝だけに心配なんだけど、元気な相撲をとってほしいです。あと、若手にも、いちおう期待だけど、それでもやっぱり、強い上位陣に期待です。上位陣で優勝争いしてほしいですよ。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
スポンサーサイト



平成18年度夏場所~十四日目

2006-05-20-Sat
もう明日は千秋楽です。最近大相撲おもしろくなったと思いますが、今場所はまだ優勝が決まらず、それも、2人も1敗がいて、なんというのかなぁ、「初体験でガチガチ」って感じで、内側からくずれるっていう展開じゃないので、とても土俵がおもしろいと思います。

横綱と横綱挑戦者の二人が途中休場、大関の三人が怪我でボロボロという場所とは思えません。白鵬の安定と、雅山の勢いと、把瑠都の破壊力と、その他の力士たちのがんばりだろうと思っています。旭鷲山や朝赤龍などのがんばりや、安馬や稀勢の里などの勝ち星には繋がらないけれど、一生懸命の土俵態度も大いに土俵をもりあげているとは思います。ま、そうはいっても、まだ優勝が決まってないってのが、やっぱり一番大きいのでしょうけれどね。

あ~、千秋楽が来るのがもったいないなぁ。

把瑠都×雅山
注目の一番でして。把瑠都が雅山に合わせるように突いてきたので、雅山は意外だったそうです。おそらく把瑠都は自分の身体に自信があったのでしょう。そして、突いていくのも、意外な手だと作戦だったのかもしれません。たとえ雅山であれ、引かれてつんのめるように前屈みになったところに、把瑠都の長身の身体が上からのしかかればつぶせると読んだのかもしれません。しかし、雅山は前に崩れなかった。故意ではなかったのでしょうけれど、把瑠都の手が雅山の髷をつかんでいるようにも見えました。しかし、雅山は崩れず、その引きを逃さず、一気に押し出しました。勝敗はわかりませんが、長い相撲になるほうが雅山としては嫌だったと思うので、もうちょっと粘る展開にしてほしかった気もしています。それにしても、勝った雅山の、充実した達成感あふれる表情はいいです。わたしの好きだった、あのふて腐れた悪役の顔は、いったいどこにいってしまったのでしょうね~(笑)。もちろん、こんなにやる気になっている雅山も応援してますけど。雅山~ガンガン行け!

千代大海×雅山
白鵬は上手がとれなくて焦ったんだそうです。焦ったようには思えなかったと実況アナも解説者も言ってました。それは、千代大海にも伝わらなかったのかもしれません。戦うお互いにとって、相手の実力や、得意技、好調さというのは、本当のところまではわからない。まして内面や。白鵬が焦ったほどには、実際の千代大海は怖くなかったのではないかと思います。結果、あっさり白鵬が、危なげなく勝っちゃいました。

雅山、白鵬とも、あぶなげなく1敗を守りました。直接対決は終わっているので、明日すべてが決まります。雅山の相手は朝赤龍です。朝赤龍にしてみれば、もちろんいい相撲をとって勝ちたいのでしょうけれど、やはり、同じモンゴル出身者の白鵬の援護射撃をしようと、ま、普通なら思うと思います(人間関係はそんなに単純じゃないですけど、そこはわからないので)。かといって、雅山にとって別段とりくにい相手ではないので、ガンガン行くだけです。朝赤龍が変化するかってことが、もし雅山が固くなってたりすると、ちょっと怖いかも。

ファンの願いが届いたか、白鵬の相手は、順当なら魁皇だったのでしょうけれど、把瑠都が抜擢された形になりました。千秋楽の三役相撲に新入幕が登場するのは、三賞独占の大錦以来のことだそうです。さて、どうなるでしょう。白鵬に不安は感じません。白鵬の最大の敵は内面です。舐めてかかるか、あるいは初優勝に緊張するか。把瑠都を舐めてはかからないだろうし、緊張も今場所はよさそう。ついでに不眠もよさそうですよね。把瑠都が出てきてもうまく残してさばいていけそうだし、波離間投げみたいな引くような投げもくらいそうにないし、じゃ、朝赤龍がされたみたいな吊りも、それ以前に白鵬の攻めが効きそうです。

というわけで、これは明日は優勝決定戦ですね~。間違いない~。

ブログランキング

平成18年度夏場所~十三日目

2006-05-20-Sat
把瑠都の強さ、雅山のしぶとさ、白鵬の運の良さをあらためて感じる今日の対戦でした。もちろん、強いのは把瑠都だけでなくて、雅山も、白鵬も強いのですけど。

●朝赤龍×把瑠都
今日なんとなく朝赤龍見ていて、お兄ちゃん若の花を思い出しました~ま、それはおいておいて、がっぷりと右四つ。下から頭をつける感じで、なんか朝赤龍いけるんじゃないかなぁと思ってみていたら、把瑠都は、軽々とつり出しました。あの体勢から、相撲のうまい(うまいですよね?)朝赤龍をつりだしてしまうとは~!。ああして止まってしまってはダメってことですね。もっと早く動かないと。明日はついに雅山と当たりますね~。

稀勢の里×安馬
気迫充分稀勢の里。安馬になにもさせずに、一方的に押し倒しました~。

旭鷲山×雅山
う~む。どうでした。相撲の流れからいって、雅山で問題ないと思いますが、「もの言いなし」でいいんでしょうか? なんとなく、わたしとしては、雅山の手というか肘かな~の方が早く落ちてると思うんですけどね。ま、体が死んでるってやつでしょうか? ちょっと、「もの言いなし」にもの言いをつけたいです。

白鵬×琴欧州
う~ん、言いたくないけど、白鵬は明日(14日目)が千代大海で、千秋楽が魁皇なの? 二人ともけが人じゃん。それってどうよ~って感じ。今日の琴欧州だって。もう敵じゃありませんでしたよ。大海だって右肘(左?)を傷めてるし、魁皇は胸を傷めてる感じ。白鵬の14勝は約束されてるようなものじゃん。こうなったら、ぜったい雅山を応援するぞ~。

○千代大海×魁皇●
半病人同士の対戦。頭で当たれる千代大海が有利。魁皇は無理して悪化させたくないって感じだし。


1敗:白鵬、雅山
2敗:把瑠都
3敗:千代大海


ブログランキング

平成18年度夏場所~十二日目

2006-05-19-Fri
把瑠都は、なんと今度こそほんとうの波離間投げ(はりま投げ)をやってくれました。荒削りですが、楽しみな力士です。これでなんと把瑠都は10勝2敗です。もう上位と当てないといけませんよね。ま、明日は体重も実力もある岩木山ですんで、そう簡単にはいかないでしょうけれど。

では、対戦メモ。

雅山×琴欧州
琴欧州は調子が悪いんでおそらく雅山にとって問題はなかろうと思ってはいたのですが、上背もあるし、力があるんで、ひょっとしてうまく止められたらヤバイかもと思っていたのですが、ま、止められることもありませんでしたね。膝の悪い力士に今の雅山は止められません。それよりも、琴欧州のほうが、怪我は快方ににむかっているようなんですが、調子に乗り切れませんね。じっくり身体を作り直すというか、相撲を作り直すというのか、しっかり土台から直してきてほしいと思います。本人のがんばりを認めないではありませんが。

旭鷲山×白鵬
放送でもたびたび言ってましたが、「白鵬のどこが新大関の場所ってんだ?」って感じですね。立ち合いの、四股を踏んだり塩を撒いたりする段階から、白鵬には全く何の焦りも、不安もないという感じ。「横綱を目指す大関の姿」だそうです。もっともそれは今場所に始まったわけでなく、大関昇進前から「横綱相撲」だったわけです。白鵬が対戦を残しているのが、明日(十三日め)の琴欧州以外では、千代大海と魁皇の両大関ですんで、地位的には当然で申し分ない反面、大海は左肘を、魁皇は胸を痛めておりまして、楽勝です。14勝1敗でいけちゃいますよね~。雅山には併走をお願いしたいです。

稀勢の里×魁皇
魁皇は正面で受け止められず、左肩を出す形で相手の勢いを後ろに苦そうとしているのですね。でも力が入らずやられてしまう。もう負けられない稀勢の里、あと三日ガンバレ。

1敗 白鵬・雅山  2敗 把瑠都

ブログランキング
HOME NEXT