FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

平成18年度初場所~十一日目

2006-01-19-Thu
今朝の読売朝刊(1/19付)はスポーツ欄のやぐら太鼓のコーナーで「混戦に一役 実力派32歳」と2敗の時津海を取り上げています。過去に技能賞三回のベテランで、十一日目元気のいい安馬を圧倒した一番は幕内通算600回出場の相撲だったそうです。師匠の時津風親方は「三役にあがれないのが不思議」と語っているほどの実力派なんですね。ただ、時津海自身は「なんでこんなに勝っちゃうんだろう。こんなに勝つつもりはないのに」と戸惑い、首をひねりさえすると書かれています。また、闘志、感情をむき出しで場内を沸かせる34歳北桜らとともに、幕内前半戦に彩りを添えるなどとも。北桜も個性的でおもしろいですよね。役者に似てる人いたけどな。鬼貫やったひと。

今日(十二日目)は露鵬ですけど、どうでしょうか。じゃ、十一日目の結果。

雅山×露鵬
雅山もよくがんばって自分の相撲をとろうと、よく前に出ていると思います。露鵬もしぶとくしぶとくいって勝ち越し。二桁見えてきましたね。まだ、二枚目ですが。

●豪風×玉乃島
いいねぇ、玉乃島。どうして休場しないんだろうって思ったけれど、そこそこやれるって自信があったのかな。

●旭天鵬×時天空○
がんばれ。

琴光喜×白鵬
白鵬(笑) 土俵上で勝って首かしげたらいかんだろう。相手を見下ろして。おそらく、自分の相撲を反省してのことだと思うのだけれど、ややもすると「なんだお前、こんなんだったんか?」って感じで馬鹿にしてるように写るから。それにしても琴光喜、上位にはなかなか勝てないね。

●白露山×琴欧州
琴欧州は調子いいですよね。自分の相撲です。強烈な引きつけと寄り、そして上半身を覆い被してつぶすように寄り切るというか、寄り倒すというか。

栃東×黒海
ここにきて栃東は肉体的に痛い相撲が多くなってきた気がします。黒海にガンガンにやられてましたね。それを耐えてしのいで、ま、うまさで勝つわけです。こういう相撲は両者に力がないと成立しないので、負けた黒海もものすごくいいと思いました。黒海ぜひ勝ち越してほしいです。

朝青龍×岩木山
朝青龍は押し続けてました。岩木山は耐えるのが精いっぱいという感じで、なんにもさせてもらえませんでした。朝青龍の強さを見たという感じです。

1敗:朝青龍、栃東、北勝力
2敗:時津海、白鵬、琴欧州

今日は結びで朝青龍×白鵬です。

大相撲全般 - 格闘技

 

平成18年度初場所~中日

2006-01-15-Sun
●安馬×黒海
いくら体格が違うからって、こんなはたき込みはじめてみました。安馬は黒海の足の間に、ヘチャって感じで、つぶれるようにたたきつけられてました。大丈夫だったのでしょうか。闘志が全身に出て、ガンガンいくタイプの黒海。いいですね。

雅山×岩木山
一番重い雅山と二番目に重い岩木山の迫力ある一番でした。最初岩木山に押されぎみかと思っていたら、あれはあれで距離をとって引きをねらるという戦法だったのですね。それを警戒して岩木山はもうひとつ押し切れない。結局雅山のそんなうまさが最後に生きたということでしょうか。おもしろい一番でした。

●旭天鵬×玉乃島
玉乃島は肩の脱臼以外に、上腕の筋断裂もあるようなことを放送で言ってました。そんなことでよく相撲がとれますね。あたっただけで痛そう、倒れただけで痛そうです。がんばれ、玉乃島! 旭天鵬やっと初日です。そういえば千代大海は、昨日この半病人の玉乃島にやられて、今日から休場です。本人は「怪我をおしてでも出たい」と言ったらしいですが、親方(九重)に「相撲をなめるな」と言われちゃったらしいです。さすが、親方、わかっていらっしゃる。なんで半病人の玉乃島に勝てなかったんでしょう。笑っちゃいますよ。 

琴光喜×朝赤龍●
強い。こういう相撲が毎回とれたら、ほんと琴光喜は強いんでしょうけどね。

栃東×白鵬
う~む。物言いはついていいきわどい勝負だと思いましたが、誰も手を挙げませんでしたね。ま、白鵬もきわどいとは言えても、相撲自体は完全に栃東の思うようにとられてしまったので、「勝ってた」などとは言える内容ではありませんでした。栃東は淡々ととれています。消極的って感じはありません。冷静でマイペースで淡々と自分の相撲をとれているという感じです。ますます、期待されます。白鵬はこれで2敗。まだまだ可能性はあると思うので、がんばって欲しい。12勝してほしいです。

○豪風×魁皇●
引き落とし。これで魁皇は腰痛を悪化させ、明日九日目より休場だそうです。

千代大海×露鵬□
千代大海は六日目(13日)の玉乃島戦で負傷、診断は「右大胸筋部分断裂、頚椎ねんざ」で、本日より休場。露鵬不戦勝です。

●時天空×琴欧州
琴欧州は「今場所一番いい相撲だった」とふりかえったらしいですね。緊張する新大関の場所としては前半戦2敗は、まずまずのでき。落ち着いて後半戦に望んで、優勝争いに絡んでいって欲しいです。

朝青龍×栃乃花●
朝青龍ばっちり。万全で後半戦に望めそうです。

全勝:栃東、北勝力
1敗:朝青龍、時津海
2敗:北桜、春日王、垣添、露鵬、白鵬、琴光喜、琴欧州

大相撲全般 - 格闘技

平成18年度初場所~六日目

2006-01-14-Sat
露鵬×出島●
露鵬は力があります。出島けっこういいところまで攻めたと思うのですが、やられました。

琴光喜×豪風●
琴光喜もここから盛り返して欲しいです。

黒海×白鵬
立ち合いもよく、mimuraさん言っていた前に出る相撲がとれる。そして、土俵際で黒海がうまくいなすように回り込んでも、前のめりになりながらも落ちずに残します。それも余裕で。横目で、後ろから押そうとする黒海の動きを見ていて、素早く交わしながらさがって、ひきながらの「すくい投げ」。今場所の黒海は朝青龍、琴欧州を倒して乗っている上に、闘志を出しても空回りしないし、琴欧州を倒したあとのインタビューで言っていたけど、「ヒジが痛くない」と体調もいい。その黒海を正面から受け止めました。すごい相撲でした。こりゃ、ストップ朝青龍の最有力です。

千代大海×玉乃島○
う~む。あるいは千代大海は大相撲を「ハッスル!ドヒョ~」に改革しようと実践しているのかもしれません。さすが千代の富士の弟子だけのことはある。あるいは、ものすごく、優しいんですね。たぶん脱臼の痛さを師匠から、幾度となく聞かされていたのでありましょう。そこをはずして胸を突いてあげてるんですよね。きっと。さすが千代の富士の弟子。おかげで、玉乃島は痛くないところを攻めてもらってるんで、前に出て勝てちゃうんです。玉乃島は出続けていたかいがありました。同僚K曰く「白鵬ならあんなことはしない。あそこで腕をとってでも勝つ。日本人はやさしいんだ……」。Kは朝青龍と白鵬があんまり好きじゃないんです(笑)。

●雅山×琴欧州
これが琴欧州があがってきた頃の相撲だとわたしは思っています。こういう相撲を理想としていいのかどうかはわかりませんが、琴欧州なりによくなってきているんだと思います。いよいよ、エンジンがかかってきたようですね。後半楽しみです。

栃東×栃乃花●
栃東も好調だと思います。自分の相撲がとれている。不安なところもまったく感じません。いいですね。

●時天空×魁皇○
魁皇、よかった。

朝青龍×旭天鵬●
旭天鵬うまく粘ってるなと思ったんですけど、どうしちゃったんでしょう。足大丈夫だったんでしょうか。同僚K曰く「日本人なら、あそこで相手を気遣うだろう……」。Kは朝青龍と白鵬があんまり好きじゃないんです(笑)。

大相撲全般 - 格闘技

平成18年度初場所~四日目

2006-01-12-Thu
岩木山×時天空●
時天空が岩木山相手に、突き放していくなどとは考えられず、その点時天空がうまく組んでいったと思ったのですが、岩木山内無双。意外な技という感じでした。ああいうことができるんですね。さすがブロ。

琴光喜×旭天鵬●
琴光喜の決まり手は「切り返し」。わたしはまだまだ決まり手がわからないということを改めて感じた一戦でした。

玉乃島×白鵬
mimuraさんのところのPRIDE関連の記事のコメントで読んだのですが、稀勢の里の師匠鳴戸親方は「本当に優しい人は土俵では鬼になれる」と言ったことがあるそうです。わたしは今日の白鵬見てて、この言葉思い出してました。ひょっとしたら、白鵬は「楽に勝とう」と思ったのかもしれません。いくら弱点を攻めるのが勝負の鉄則だいっても、あそこまで優勢に攻め込んでいるのに、引いて、さらにそこで痛めている右手をとってひきずることはない……。一気にいけたはずだと。それにしても玉乃島が怪我を押してがんばっているのはどういうこと? ひょっとしてこのキャラで勝負するつもりなのかな。それにしては痛々しいです。

栃東×露鵬
栃東うまい。まわしがとれなければ、怪力露鵬もなにもできません。栃東の真の強さ、そして露鵬の課題を見た一番。

黒海×魁皇●
黒海も先場所くらいから、例のカエルのような両足ジャンプがなくなっていい感じです。魁皇についてはわたしにはもう応援するしかなくなりました。がんばって、魁皇。

千代大海×白露山●
白露山は何をしているのでしょう(笑)。千代大海の突きがあまりに軽くて、まだまだだよ~って笑っているのでしょうか。自分のことをやりましょう。白露山。

●栃乃花×琴欧州
これで琴欧州も落ち着いて、今日の黒海に望めます。

朝青龍×豪風●
同僚Kは語った。「白鵬がこういう相撲をしてやらなければいかんのだ。けが人を相手に」。同僚K朝青龍を誉めるのは珍しい。もちろん、同僚Kはその強さも、うまさも十分知っていますけど。

大相撲全般 - 格闘技

RREVHOME NEXT