FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

すでに青白時代の到来か?(9日めを終えて)

2005-01-18-Tue
特に「9日目を終えて」……として書くのに意味はなくて、ま、朝、たまたま目が覚めたから、という程度のこと。ただ、ちょっと朝青龍のことで気になることがあって、ほんなら、白鵬にからめて少し書いてみようと思って、で、「すでに青白時代の到来か」というタイトルに。

疑問形にしたんだけど、それは、白鵬がまだ「小結」だから。番付上青白時代と呼ぶには早すぎるというだけのこと。実際、もう、どの大関も大関候補も白鵬の前には歯が立たないし、優勝争いも、早くもこの両者に絞られた感があるんで。

まずは、白鵬から。9日目(17日)の千代大海戦。白鵬は千代大海の相撲につきあった。千代大海の突きに、真っ向突きで対抗し、両者激しい突きと張りの攻防だった。戦法は千代大海だったが、間合いは白鵬だった。突きと張りは、所謂打撃戦である。打撃で大切なのは、スピードと間合い。千代大海の必死の突っ張りも、白鵬の間合いで充分見られていたという感じだ。前半はやや千代大海が勝っているようにも思われた。土俵際まで白鵬を追い込んだが柔らかな身体を生かして残された。あとは余裕でかわされ、ついに千代大海が攻め疲れた……という印象である。千代大海のスタミナ不足なのか。白鵬も珍しく取り組み後息を荒げていたのも印象的だった。

それにしても、全勝朝青龍をただ一人二敗で追う白鵬。まだ、この二人に絞られたってわけではないが、既に青白時代は到来していると言えるだろう。さて、その朝青龍。左上腕に白いサポーターしていた。魁皇がガムテープみたいなでかいテーピングをしてるのはよく見るのだが、朝青龍がああしたでサポーターやテーピングをするのは本当に珍しい。だから、ついつい、なんだろ、傷めたのか? って思ってみてしまう。

ただ、7日目の取り組み後気にしていて、8日目の取り組み後に思わず手で押さえたのは、右肩もしくは右上腕だったはず。どういうこと……。このサポーター、右を傷めているのをカモフラージュするために左腕にしてるんだろうか。それとも、本当は左腕を傷めてたのに取り組み後には悟られまいと、逆の肩をかばうような仕草を見せたのか。まさに、一筋縄ではいかない横綱らしいところ。図太いというか、舐めているというか。

魁皇も、左の肩が痛いから左だけにテーピングするなんて真っ正直なことをせず、右肩にも、腰にも、左足にも、右膝にも、もうありとあらゆるところに、あの、ガムテープみたいなでかいテーピングして、本当はどこがいたいのかはわからないくらいにしたらどうなんだろうか。m(_ _)m

大相撲全般 - 格闘技
スポンサーサイト



平成17年度初場所~初日結びの一番

2005-01-09-Sun
大相撲は初場所を迎えた。わたしは、それなりに相撲が好きだ。北の湖を思わせる、「強い悪役横綱」朝青龍がわたしの一押しで、わたしの同僚K氏曰く「大鵬そっくり、いや、それ以上」と言わせる白鵬が注目株である。

思うに、日本の力士たちは、淡泊である。こだわりもなく、粘りもない(いや、ないというのは語弊がある。比較的少ない)。その象徴が、強い魁皇である。魁皇は強い。爆発的に強い。パワーと破壊力を感じる。だが、同時にどこかで、「このくらいで勝てる」とか、「これで勝てた」とか、相撲を取っている最中にも無意識のうちに身体のどこかが思ってしまうのではないだろうか……。そんな気さえする。

それに比べて朝青龍は勝ち方にこだわっている。勝てばいいなんて思ってない。勝って当然、いかに勝つかにこだわっている。それは、余裕のなせるわざだろうか……。かもしれない。しかし、それこそが朝青龍をさらに進化させている最大の理由であり、それこそが、朝青龍の強さだと思うのだ。

白鵬はあきらめない。誰だってそれはあきらめないのだろうが、その心に充分応えるだけの身体の柔らかさを持っている。それは相手の突き押しの威力を殺してしまう。土俵際ではその柔らかさはいっそう引き立つ。それは白鵬の粘り強さとして映るだろう。

そういうこだわりや粘り強さを、取り組みの中で表現する。それが、アマチュアの相撲でなく、大相撲だと思うのだ。

平成16年名古屋場所、中日の結びの一番。その表現力が結果を左右してしまった取り組みがあったと、ま、いささか独りよがりながら、わたしは思っている。

「死に体」「かばい手」で揺れた朝青龍対琴ノ若戦だ。あれをかばい手にしないでかばい手があるのか……とさえ思われるのだけれど、わたしには現在の大相撲に何よりも求められている、勝利への執念の具現化の手本がまさにまさに映像として展開されたように思われた。
 → 平成十六年・大相撲名古屋場所
 → NumberWeb「権威を投げ出した審判団の無責任な判定」

確かに、首をかしげたくなる判定である。スポーツである以上ルールに則り、厳密に判定すべきだと思うのだが、あの一戦は、朝青龍の「勝利への執念の素晴らしさ」が、あまりにもみごとに表現され、見る者を惹きつけてしまったので、誰も負けと言えなくなってしまったのではないかと思われるのだ。

もし、もしも、そこで琴ノ若の勝利と判定してしまったら、それはこのみごとさを否定してしまうことになる。結果、今日本の大相撲に最も求められている、勝利への執念の大切さを否定してしまいかねない、これでは相撲はダメになる……というような、意識無意識の配慮がどこかにあったのではないかとさえも、思われてくるのだ。……これも独りよがりな見方でしょうけど……(笑)

さて、今日の初日の結びの一番は、上記二人の対決である。勝ち方へのこだわりにより進化し続ける朝青龍と天性の柔らかさによる粘りが魅力の白鵬が対戦する。朝青龍が勝ち方にこだわっていられない……そんな展開になるのが楽しみだ。

アンプラで優勝力士予想のアンケやってました。

大相撲全般 - 格闘技
HOME