FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

福島民報の論説記事を読んで~「福島差別問題」

2011-09-25-Sun
先日書いたこちらの記事(→「福島の花火の使用中止に思う~「にっしん夢まつり・夢花火」」)に、くまのさん(仮名)から、非公開コメントがよせられました。9月22日付けです。

当ブログでは「非公開コメントは管理人の判断で公開させていただくことがあります」というローカルルールを公開しておりまして、これを今回のくまのさん(仮名)のコメントに摘要させていただきます。なお、文章部分は完全なるコピーですが、リンク部分にはリンクが生きるように手を加えてあります。

今回の件は、同じ東北民としてこのようなことが根底にあるのかと思います。
(福島民報)http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4127&mode=0&classId=3&blockId=9889471&newsMode=article

「セシウムさん問題」の東海テレビ
「沿岸民はなぜ津波に襲われるのにそんなところに住むのかわからない」と放言した蒲郡市長
誤解による不安を「論理的に」振りまく放射線防護は専門外な中部大教授武田某
(屋内の密閉された環境でも放射性物質って付着するんでしょうか)
そして今回の日進市。

ちょっと多くありませんか?愛知県。

このコメントより

つまり、くまのさんは、福島民報の文章を踏まえて、今回の件の背景には愛知県民が歴史的に差別文化を持っていて、東北に向けて発言させたのだというご意見だと思われます。

引用中に紹介された福島民報の論説記事には、東北圏の歴史には差別はないが、京都、福岡、愛知には歴史的に差別の土壌があり、今回の原発事故後の対応について、その三地域が東北差別をしたのは歴史的必然であるとういようなご意見のようであり、その見方にはくまのさんにも共感されたようです。

正直に書きますと、愛知県民が歴史的に差別文化を持つなんて、そもそもわたしは思ってもいませんでしたので、新鮮な視点でした。賛同するとか、甘受するとかでなく、多角的な視点を知ること自体を喜ばしいことだと思っていますので。非公開コメントを選ばれたくまのさんには、ぜひ、公開でコメントしていただきたかったと思います。

で、わたしの意見ですが、この四つは別の問題だと思っています。ただし、日進市と武田教授の話は別にしなくてもいいとは思いますけど。

反論になるとは思いませんが、福島民報の記事に書かれていないことで、大村愛知県知事の瓦礫受け入れ発言が問題になったことがあります。先日(4月のことだと思います)、大村知事が宮城県などの瓦礫を年間15万トン受け入れて処理をすると発言したことがありました。やっぱり武田教授やその他の大学の先生、県民の間からは反対、疑問、不安の声が起きています。
→  【愛知】がれき受け入れに苦情殺到 「放射能ごみを持ち込むな」「農産物への風評被害が広がるじゃないか」と電話口から怒気を含んだ声:remix2ch Blog 【愛知】がれき受け入れに苦情殺到 「放射能ごみを持ち込むな」「農産物への風評被害が広がるじゃないか」と電話口から怒気を含んだ声:remix2ch Blog

これがご指摘のような差別事件かといわれると、そんなことはないと思います。別に東北地方を差別してるなんてことは全くないでしょう。本当のところ。瓦礫に放射能があるからいやなんです。東北のものでも、関東のものでも、九州のものでも、静岡のものでも、放射線に汚染されたものだから嫌だというだけのことです。それが、正しいことか、当然か、冷淡か、そういうことはわかりません。別にいじめや差別ではないと思います。独善的で、利己的という非難であれば、そういう指摘はわかりますが、東北地方だから差別してるわけではありませんよ。

武田教授の論理について、人情としてどうなのかわかりませんが、わたしは一応理解しています。武田教授だって福島県で被災された人、放射線による被害を受けた方をお気の毒だと考えていると思います。しかし、それと同時に、原発事故の原則は「止める、冷やす、閉じ込める」ということも事実なのです。3月の福島原発の連日のテレビ中継でも言われ続けていたことで、それは、別に今も変わったわけではありません。放射能で汚染された水、瓦礫は閉じ込める対象だと、武田教授は言っていると理解しています(もちろん、閉じ込めたまま外の施設で処理することが可能であれば、持ち出しも持ち込みも認めるものと思われます。いたずらな拡散はよくないという指摘ですから)。ちなみに、武田教授は愛知県の出身ではありません。現在は中部大学の教授で、その前は名古屋大学大学院の教授というのはそのとおりのようです。ただし、それ以前はほとんど愛知と関係がなく、首都圏で学ばれ、研究活動をなさっていたのだ思われます(参考→ wikipedia)。武田教授を愛知県や京都の差別の歴史と関係付けるのは、ちと無理筋かと思います。

あと、蒲郡市長の発言も問題になってますね。これね。
→ 東京新聞:「三陸に家立ってるのおかしい」 愛知・蒲郡市長:社会(TOKYO Web) 東京新聞:「三陸に家立ってるのおかしい」 愛知・蒲郡市長:社会(TOKYO Web)

一言でいうと市長としての自覚が足りません。一応陳謝しているようです。
→ 蒲郡市長:陳謝 三陸海岸に家「おかしい」発言で 愛知 - 毎日jp(毎日新聞) 蒲郡市長:陳謝 三陸海岸に家「おかしい」発言で 愛知 - 毎日jp(毎日新聞)

発言した市長自身が陳謝しているわけで、同じ県民であるというだけの理由で別段わたしが弁護する必要は感じません。ただ、東北を差別してますかね? 東北のことを語っていますが、「福島民報」の指摘する東北差別なんでしょうか。東北のことを語っているので東北を差別してるように聞こえるかもしれませんが、そんなだいそれたものではありません。

記者会見では、市側が海抜10メートルのラインを記した蒲郡市ハザードマップ改訂版を記者に配布。記者の1人が「なぜラインは10メートルなのか」に対して担当職員が答えに窮しているとき、横から口をはさむ形で「(改訂版は出したものの)蒲郡には東日本大震災のような大津波は絶対に来ない」と発言した。
 → 東愛知新聞:本日のニュース(20110907) 東愛知新聞:本日のニュース(20110907)

市長が言いたかったのは、「三陸海岸の地方には先祖伝来の大津波の言い伝えがあったが、蒲郡地区にはそういうものはないから堤防は10メートルで十分」ということで、担当職員を弁護したかっただけだろうと読みました。それを強調したくて口がすべったのが、ああいう形で騒動になったのだと思います。

3・11の大震災の直後に、石原都知事の天罰発言がありました。これも被災者を傷つける発言と問題になり、知事は撤回しました。問題があるかないかは別として、石原都知事は今回の震災を、日本に起きた大変な事態だと受け止めて、(たぶんご自身を含めて)調子をこいてた現代日本人全体に罰が当たったくらいに感じたんだと思います。石原都知事が撤回したものをわたしが自分勝手に解釈していいかどうかはわかりませんし、「罰(ばち)」「天罰」みたいな言葉は被災者に対して不適切だというのは思いますが、なんだろう、文明過信というか、暴走というか、不遜というか、傲慢というか、科学の力と金さえあれば何でもできるみたなところところが現代日本人の一面にあって、それに対する自然からの警鐘というか、継承伝播されるべき知識や技術、伝統文化に対する再評価の必要性みたいな感じ方があってのことだと思います。金原蒲郡市長の発言にも「どうして先祖の言い伝えを守らなかったのか」という、石原都知事の感覚と近いものがあるかもしれないなと思いました。

もちろん、そういうことを指摘するのに、被災者感情を考えて発言しなければならないのが政治家ですので、考えて発言してもらいたいとは思いますが、果たして、福島民報の論説記事が指摘する「東北差別」って、こういう石原知事や金原市長の発言も含めているのでしょうか?
スポンサーサイト



「審判」が「チンパン」?~Jリーグ人種差別発言騒動

2009-07-24-Fri
Jリーグで、といってもJ2ですが、試合中に人種差別発言があったと問題になっています。

 東京・味の素スタジアムで22日に行われたJリーグ2部(J2)の東京V-甲府で、東京VのMFレアンドロ(28)が人種差別的発言を受けたとして激高し、鈴木茂マッチコミッショナーが両チームに事情聴取を行った。
 → iza:「甲府・杉山、試合中に人種差別的発言!?

記事によると、試合終了後、レアンドロが「ロスタイムは短すぎた」と審判に抗議した際に、甲府のDF杉山に「ポルトガル語で『チンパンジー』と言われた」ということです。一方の、杉山の側は「言っていない。ポルトガル語も分からない」と強く否定したそうです。

レアンドロと杉山とが試合中にどういう感じだったのかわからないし、二人の選手について何も知らないのであれなんですが、試合中の暴言といっても(人種)差別発言は大きな問題だということを痛感します。

果たして杉山がレアンドロに暴言を吐く必然性が、それも、日本語でなくポルトガル語で、チンパンジーと言う必然性なんて……、レアンドロと杉山とが試合中にどういう感じだったのかわからないし、二人の選手について何も知らないのであれなんですが、ちょっとありえないと思います。杉山の「ポルトガル語もわからない」という言葉は素直に理解できます。前々からよほど因縁があるならともかく、わざわざポルトガル語でチンパンジーとは言わないでしょう。

まず、ポルトガル語でチンパンジーのことをなんというか、知りませんよね。検索しました。ありました。
 → Yahoo!知恵袋:「ポルトガル語でチンパンジーは何て言うんですか?できれば読み方としてカナカナにも変...

答えは「chimpanzé」で、「チンパンゼー」という読み方を示している人もいますが、

発音は、最初のchiが日本語でいうところの「シ」に聞こえる感じです。
シンパンゼ、が一番近いかな。

という回答もついてます。

ああ、これなら「審判だぜ」とか、「審判ウゼェ」とか、「審判遅ぇ」とかいうと、ポルトガル語で「チンパンジー」って言ったようにも聞こえますね。これは、ありそうです。J-CASTニュースでも、「「審判」と言ったのを聞き間違った可能性も」と書いています。

2009年7月22日に「味の素スタジアム」で行われたJ2第29節、東京ヴェルディVSヴァンフォーレ甲府の試合が騒動のきっかけ。1対1で迎えた後半ロスタイムに甲府の大西容平選手がヘッドで合わせ、劇的な勝利になった。試合終了のホイッスルが鳴った直後、東京のレアンドロ選手が審判に対し、終了には早すぎると抗議した。かなりの興奮状態だったため、審判はレアンドロ選手にイエローカードを出した。その際、甲府の杉山新選手がポルトガル語でレアンドロ選手に「チンパンジー」と言ったのだという。

甲府の広報によれば、杉山選手は「チンパンジー」などと言った覚えはなく、「チンパンジー」のポルトガル語表現すら知らないという。「審判」と言ったのを聞き間違えた可能性もあり、

「レアンドロ選手はかなりの興奮状態にあったため、そのとばっちりを受けたという感じだ。試合後の事情聴取でもそう説明しています。レアンドロ選手は聴取を受けずに帰ってしまいました」
と説明する。
 → J-CASTニュース:「「チンパンジー」言った?言わない? Jリーグで差別発言騒動

これだけを読むと、ま、杉山の「審判」を、レアンドロが「チンパン」と聞いてしまったということになりますし、これが真相だとしても、素直にうなづけます。

ただ、この話を聞くと、いろいろなことを思いますね。

杉山やレアンドロのことはここでは切り離して(というのは、真相はわたしにはわからないので)、勝手な妄想だけを書かせてもらえば、サッカーの選手にはブラジルの選手多いですから、日本語で「審判!」という言葉に抗議している姿に、過敏に反応しているブラジル選手を目撃する機会は、Jリーグではそれほど珍しいことではないのかもしれないということです。つまり、そういういやらしいことを十分に承知の上で、ブラジル選手と審判員を目の前にして「審判! 審判!」と連呼して、カッカさせることってないのだろうかということです。いいこととは決して思いませんが、なんかそういうことってありそうです。

「国際サッカー連盟は近年、人種差別的発言に厳しい姿勢を示している」(→ iza:「甲府・杉山、試合中に人種差別的発言!?)わけで、むふふ、よく調査して、お互いに納得いくような解決になるといいですね。

ちょっと悪ノリして書くと、もし、ブラジル人の審判だったらどうなんでしょうね。ま、J2にはいないにしても、国際試合とかでだったら普通にブラジル人の審判ってことがあるのですよね。だったら、審判に対して「審判」という日本語で呼びかけるのはマズいということになってるんでしょうか? もし、そういうことなら(仮定です)、国際レベルの選手ならそれなりに知ってることになりますね、「審判」という言葉の危うさくらいは。だとしたら(仮定です)、これはこれでサッカー界では特別にな話ではないのかなと思ってみたりもします。

……難しいなぁ、まさか、こんなことで「審判」という日本語が国際的なスポーツ界から追放されることになるとは思わないけれど……。



HOME