FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

ほうとうを食べる/山梨

2007-07-28-Sat
先日、山梨に遊んだ。

メインは竹中英太郎記念館、湯村温泉郷に一泊して、横溝正史館、風林火山博なんてのも出かけた。
 → 「竹中英太郎記念館を訪ねて
 → 「横溝正史館も訪ねて

湯村温泉にも、山梨市内のあちこちにも「ほうとう」という文字が並んでいた。正直に書くと、わたしはこの「ほうとう」というのがわからなかった。

横溝正史館は山梨市の笛吹川フルーツ公園に隣接していて、そのぶどう園にも「ほうとう」の文字があったので、すっかりぶどうの最近人気の一品種の名前かと思ったくらいである。それにしては、どこかでみた「ほうとう鍋」というものの関連が今ひとつで、ブドウの王国山梨ではついに鍋にいれるブドウを開発していたのかしらんとまで思った時まであった。いや、マジで(笑)--だいたい、山梨近隣の人か、山梨に行ったことのある人でないと知らないでしょうほうとうなんて~。

どうせなら、このほうとうというのを食べて帰ろうということになって、二日目(帰る日)の昼食には、鍋でも、デザートでもいいからほうとうにしようと思ってクルマを走らせていた。なかなかタイミングがあわず、なかなか入る店が決まらないでいたが、食べようと思って沿道の看板や幟(のぼり)などを見るうちに、どうやらぶどうの一品種名というのはわたしのとんでもない勘違いで、なにか一品料理であるらしいということがしだいにわかってきた。それも、珍味とかいうのではなくて、日常生活で一般的に食べられているたぐいのものらしいということがわかった。

そして、ついに、河口湖班の、どうみてもうどん屋かそば屋に「ほうとう」らしき店に入ることに決めたのである。窓からは小雨にけぶる河口湖畔が間近に見えるいい席であった。もちろん「ほうとう」を注文した。
houtou.jpg

まもなく出てきた「ほうとう」を見て思った。

--なんだのこれは、ただの味噌煮込みきしめんだがね~

正確に書くと味噌煮込みきしめんとも、味噌煮込みうどんとも違う。愛知で食す味噌煮込みきしめんも、味噌煮込みうどんも、汁がこんなにどろんと重い感じではない。もう少し、軽くてさっぱりした感じである。味の濃淡ではなくて、粘りが違うという感じだ。大きめのカボチャや芋などを入れるほうとうの方が、どうしても汁(味噌仕立て)が粘っこく感じられるのだ。

それは、麺もおなじだった。愛知で食べるきしめんはどっちかというと、つるつるである。味噌煮込みうどんようのうどんも、ちょっと固めで煮くずれとかしないようになっているのだ。それに比べてほうとうは、煮くずれというのではないが、麺の中までしっかりと味噌味が染みこんで、麺も重く粘っこい感じがした。ほんとうに、しっかりと煮込んであるというできばえであった。

食べているうちに思い出したことがあった。よく似たものが、昨晩泊まった旅館でも出たということである。あ、これ昨夜食べたな~。そうかそうか。そりゃ名物だから、観光客には出すよなぁと今さらながら腑に落ちた。

じゃ、楽天で購入できるようにリンク貼っておきます。

ほうとう←ほうとう
   味噌煮込みきしめん→きしめん


ブログランキング・にほんブログ村へ

横溝正史館(山梨市)も訪ねて

2007-07-18-Wed
先日、「竹中英太郎記念館を訪ねて」という記事のなかで、横溝正史館について、見る価値なしみたいなことを書いてしまったのだけれど、ま、正直これを旅のメインにするというのはどうかというようなところでして、ついでにもうちょっとって言うのならいいと思います。
yokomizo1.jpg

ただ、横溝正史といったら、江戸川乱歩と並んで日本のミステリーの巨人でありますから、そういう観点で、興味や思い入れのおありになる方は見ておいてもいいかと思います。ま、わたしもその口です。そういえば、平成16年に乱歩邸が公開されたときに行ったのですが、それに比べたら、今回の横溝邸はほんとうに小さなものです。乱歩直筆の書がありましたし、乱歩が横溝正史に書き送った手紙とかもあって、ま、ふ~んという感じで見ることができます。ま、お二人ともわたしの「青春の作家」なんで、もう少し若い日に訪れることができたら、感動もちょっと違ったかもと思います。
yokomizo4.jpg

横溝正史館の中にガイドの方がいらして、ちょと、なるみに似たおねいさんでした。そうですね、もう少し大柄な感じなんで、なるみとしずちゃんを混ぜたみたいな人でしょうか。とっても親しみが持てました。

山梨と横溝正史との関わりについて、ひじょうに苦しそうに説明して下さいました。横溝正史は電車が嫌いというか、乗り物嫌いだったんだそうです。軽井沢などによく出かけられたのですが、電車で旅行するときも、しょっちゅういろんな駅で途中下車したんだそうです。ずっと電車に乗っていられなくて。で、散歩した。そこで、山梨駅でも途中下車して笛吹川河畔を散策したそうなんです~って(笑)。

あ~、そんなの、ちょっと詐欺っぽいわ。全く関係がないに等しいんじゃないですか、「途中下車して散歩した」って。それもわざわざじゃなくて、たまたまでしょう。いくつか途中下車したうちのひとつなんて。ま、「散歩しながら小説のアイデアを練った」と言わなかっただけ、ま、よしとしましょうか(笑)。

展示品には、直筆原稿とか置いてありました。横溝は200字詰めが多かった。原稿用紙というのは普通400字でしょう。横溝は200字でしたって、おねいさんが説明してくれました。ま、学校の宿題とかでは、確かに400字の作文用紙が多かったのですが、実は200字のもちゃんと市販されてますよって教えてあげようかと思いましたがやめました。せっかく気分よくお話しされてるのに~。

そのとき思ったのは、これはこうした記念館の定番かも。でも、今の作家たちだと、「使ってたPC」とか「愛用のワープロソフト」とかが展示されるかもしれませんよね~。「この作家の使ってたATOKの登録辞書」なんてのは、研究者はおもしろがるかもしれませんが(念のために書きますが、こげなものは横溝館にはありません)、物見遊山的な発想にはどうかという感じですね。

ポスターも数枚展示されてました。有名な「犬神家の一族」とか、「八墓村」とか。ほとんどが映画のです。その中で、これ珍しいんですよって教えてくれたのが、国鉄(今のJR)が出した「一枚の切符から」ってシリーズのポスターでした。どうして、こんなに丁寧にガイドがついてもらえたかというと、ほかにお客がいなかったので、マンツーマンで案内してもらえたんです。言い方でしたよ~(笑)

実は竹中英太郎館を見てきたんだと言ったら、休館の事情をご存じで「今、ご病気で休館なさってるはずなのですが、開いてたのですか?」と聞かれました。電話して代理の方に開けてもらったことをつげました。けっこう連携してやっていこうということのようです。うまくいくといいと思いますけどね、時代的には同時代なのだから。
yokomizo2.jpg

ええと、こんなふうにメインにはならない、展示物はたいしたことはないと書いて来ると、ほんとうにつまらないような印象なんですが、そもそもこのこの建物が重要なんですよ。横溝正史が晩年執筆していた書斎なんですね。これも、おねいさんから聞いたのですが、成城(東京都世田谷区)にあった横溝邸が取り壊されることになると聞き、ある古書店主がどうにももったいないと思われたのです。よくわかります! よくぞ、そう思って下さいました。ファンはここに感謝せねばなりません。その努力を振り返ることなく、展示がお粗末、もの足りないなどと言っていてはバチが当たるというものです。

そこに横溝が座って、金田一耕助を書いていたはずなんです! そうではあるが、もう一つなにか感じがしないのはなぜなんでしょう。一つは、妙に明るいとういことがあると思います。本当にこんな明るいところで、横溝はあの陰惨な殺人事件を発想していたのか。その当たりがどうにもしっくりこないのですね。江戸川乱歩は土蔵の鎧戸を閉め、燭台を立てて執筆しているというような噂が立ったようですが、そこまでとはいいませんが、正直そこに横溝が座って書いていたって姿が、ちょっと想像できないくらい、明るく人の気配のしない建物になってました。成城というのは高級住宅街らしいんで、どんなところか知りませんが、もう少し建物の周囲をそれに近い雰囲気をだしてもらえるといいんじゃないかと思いました。
yokomizo3.jpg

学生時代石山寺にいったときに、確か紫式部が源氏を書いたということで蝋人形が置いてあったんじゃないかと思います。今でもあるかどうかはしりませんけど。そこまではいかなくても、せめて原寸大パネルとか、肖像画(乱歩邸にはあった)くらいを展示して、そこに横溝がいたって気配を感じさせてくれたらなぁと思いました。



ブログランキング・にほんブログ村へ

うひょ~ガンダムクライシス・ブログパーツ!

2007-07-14-Sat
ことしは山梨ですよ~。

だって、風林火山に竹中英太郎記念館に横溝正史館ときてますから~と思って、実際山梨にいっちゃうのはわたしくらいのものかもしれませんが、でも、「ガンダムクライシス」の登場は、やっぱ、ことしは山梨かもしれませんね~、マジで。

先日記事にした「登場実寸大1/1ガンダム・アトラクション」ガンダムクライシスのオープンはいよいよ来週ですが。それに先駆けて、ガンダムクライシスのブログパーツが登場です。



このブログパーツは、「VQディバイダー」という、実際のガンダム・クライシスで使われる携帯情報端末をモデルにしたものです。記事などによると、実際のアトラクションでは、これを持って18メートルのガンダムが横たわる収納庫に入り、ガンダムにまつわるいくつかのミッションをクリアするとめでたくガンダムのコックピットに入ることができるという趣向になっているようなのですね。逆にいうと、そのミッションに失敗すると、ガンダムを外から拝むだけってことで、コックピットに入れないんですね~!! そんなぁ~。残酷すぎる!

で、このガンダム・ブログパーツの機能ですが、

・GUNDAM CRISISへのリンク
・富士急ハイランドへのリンク
・インフォメーションティッカー
・時計
・Webring機能(任意)
・ボタン操作パネル
・モーショングラフィックス

となっていて、この情報をいただいてきたsasoriさんところによると「しかも、近日中にパワーアップする」んだそうです。

ブログパーツは富士急ハイランドのガンダム・クライシスのサイトにあるソースを貼りつければで導入できます。壁紙やスクリーンセーバーもダウンロードできるのは、ま、最近ではお約束なんでしょうが、さらに「Webring機能(任意)」ってのがありまして、ガンダムクライシスに興味をもっている人同士のブログ間でリンクが張られます。これも、ブログパーツをはるページのURLを貼りつけてくればいいんですが、ちょっと注意書きがありまして、

※サイト管理者が不適当と判断したサイト(例:アダルトサイトなど)の登録は、承諾なく削除させていただく場合がございます。

となっています。おっしゃりたいことはわかりますが、ここに「」は、特にいりません(笑)。少なくとも、削除する側には。

う~む。いちおう、この記事もWebRingにエントリーしとこう!

ブログランキング・にほんブログ村へ

竹中英太郎記念館(甲府市)を訪ねて

2007-07-08-Sun
先日、甲府市に竹中英太郎の記念館があったんだ!ってことを記事にしました。その記事中に「山梨市に横溝正史館がオープンした」(→関連過去記事)ということを書いているのですが、わたしの性格として、こういう話が重なるときはなにか運命的だぞと考えることにしています。これは山梨が俺を呼んでるんだ!と勝手に解釈するわけです(笑)。

とうとう、先日、出不精のわたしとしては、珍しく、クルマで出かけてしまいました。

愛知県から山梨県(甲府市とか、山梨市)にはどうやっていくのが正解なのでしょうか? 実は、出慣れていないわたしにはわかりませんでした。結局、行きは東名高速道路の豊田JCT東海環状道路、伊勢湾岸道路と抜けて、中央自動車道の飯田周りので甲府へ向かいました。甲府は、竹中英太郎記念館のある湯村温泉郷へ一泊し、翌日は横溝正史館のある山梨市へ。帰路は山梨市から、南下して、河口湖、山中湖と周りながら、御殿場から東名高速を西へ走るとういことにしました。どういうわけか横溝正史館は金曜定休でしたので、金曜に竹中英太郎記念館を見て、翌日土曜に横溝を見て帰るという計画にしました。

ほかにも、今季大河ドラマの「風林火山」の関連で、かなり信玄を核に観光客の誘致に力を入れているのですが、わたしの住む愛知も、戦国の英傑なら事欠かないわけでして、桶狭間だの、長篠だの、小牧長久手だの、戦国の旧跡もあったりして、別に競うわけではないのですが、風林火山ってことで誘致されても、さほど心は動かないわけです。しかし、竹中と横溝が両方あるらしいと聞かされると、もうなんか、ツボにはまるようなわけですね。

正直、竹中英太郎という名前をどのあたりから知っていたかというと、そのへんはちょっと自信がありません。ただ、乱歩の「陰獣」のあの独特の、一種の病的なものを感じさせる、幻想的というよりも、閉ざされた感じというか、皮膜がはったように霞んだ感じが、わたしには忘れられませんでした。また、ダリのタッチを思わせるような、人間の肉体を崩すというか、溶け出した蝋細工のようにデフォルメさせている、「盲獣」の挿し絵にみられるような感じ。まさに、「エロ・グロ・ナンセンス」といわれた時代の「エロ」と「グロ」を挿し絵でイメージつけていたのが、竹中英太郎の作品(正確にいうと「一部の作品」というのがいいかもしれませんが)なのです。

その記念館なら、ぜひ見てみたいものだぞと思って、わたしは出かけましたが、なんと、「本日は都合により休館させていただきます」というプレートが……。
take02.jpg

あのさ……。わたしは、今日このために来たのですよ。愛知から……。高速代6000余円にガソリン代、宿泊費……。それを、こんなプレート一枚で……。わたしは、へたりこみました。

確かに、そういうことはあります。公的なものではなくて、個人のものですから。都合により休みにしたいこともあるでしょう。人はいろんな事情があるものですから。一人前に世間様とつき合っていれば、よんどころない事情はあるものです。平日に開館してもいても、確かに一日どれくらいの来客があるものか、このロケーションと、竹中英太郎では、わからんでもない。理解します。……しかし、もの好きなわたしは、愛知からはるばる来てしまったのですね~。代替の案などない(県立美術館でもよかったのですが、幸か不幸か、山梨県立美術館のメインは、4月に岡崎で見た『シュルレアリスム展-謎をめぐる不思議な旅』だったのです。

看板にある電話番号二つに電話してみました。クレームというのでなしに、明日開館しているかどうかを聞きたかったのです。でもでませんでした。わたしは、あきらめて、宿に戻り、やむなく、信玄関係の散策に出かけたのでした。大河ドラマの「風林火山」の勢いもあって、駅前で風林火山博なんてのをやってましたので、ま、いい時間つぶしにはなりました。(→甲斐の国 風林火山博

宿について、宿のロビーのマガジンラックに黒い一冊の画集を見つけました。
gashu00.jpg

昨年、竹中英太郎の生誕百年を記念して出版されたものです。一般の書店にはなくて、記念館で求めるか、ホームページの通信販売(→こちら)でしか入手できないもののようです。

わたしは、部屋でその画集を開きながら、このまま見ないで帰るのはどうしてもおもしろくないと思いました。もう一度、電話をしてみましたが出ないので、あるいはと思って、ダメ元でauのCメールを送ってみました(メルアドでなくて、番号にメールするいわゆるショートメールです)。

はじめまして。愛知から竹中英太郎館を訪ねてきました。休館でした。明日は見せていただけますでしょうか?


それだけの文面です。そうしたら、相手にCメールが届きました。あっちもauだったのです。これで、とりあえず、こちらの意思は伝えることができたと思いました。

~以下追記~

ブログランキング・にほんブログ村へ
RREVHOME