FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

教育偽装11~大学で「世界史補習」

2006-11-19-Sun
ついに大阪大学がこんなことを言い出しました。

未履修波紋ここまで!?阪大で「高校世界史」 来年度から

高校で必修科目なのに未履修が多いことが判明した世界史を学んでもらうため、大阪大は来年度から、一般教養課程で「不完全履修者のための世界史」という科目を設けることを決めた。
   続きを読む……

むふふ。素敵です。大阪大学。記事はこんなふうに書かれています。

以前から、高校で世界史を学んでいない学生が多いことが教員の間で話題になっていたといい、未履修者が多い日本史についても補習的な科目を検討している。
 竹中亨教授(西洋史)は「国際化の時代なのに、学生が第二次世界大戦などを知らず社会に出て行くことに歯止めをかけたい」としている。

おっしゃるとおりです。だから、「世界史」も「日本史」もやらなきゃいけません。

自分の学生時代をふりかえって、それは受験科目にあるかないかで全く勉強への取り組みは違っていました。しかし、定期テストがある。定期テストがあれば、それは受験になくとも少なくともその前日ぐらいはその科目を勉強しようと言う気になるものだと思います。「受験にないから授業さえしない」なんてのはやっぱりだめでしょう。大阪大学の先生たちは「以前から問題にしていた」といい、高校で教えてもらえなかったのなら教えてやろうというのは正しいと思います。素敵です。大阪大学。こうでなくてはいけません。教えてもらえなかったのは、きれいごとでなく、おそらく一生の損害になるって人もいるでしょうね。

次は愛媛大学の「特別な配慮」に関するニュースです。

 全国で必修科目未履修問題を抱える高校が生徒の調査書を大学などに再提出する中、愛媛大学が2007年度入学者の推薦入試で、未履修科目の成績を算定から除外したため全体の成績が下がり出願資格を満たさなくなった生徒の受験を認めていたことが16日、分かった。大学側は同問題を受けての今回限りの「特別な配慮」と説明、一方で、わずかに基準に届かず出願を見送った生徒がいた場合、不公平との批判もあり、議論を呼びそうだ。 「愛媛新聞」onlineより


記事によると、愛媛大の推薦入試のある学科では、推薦入試の受験資格が「評定平均値が4・3以上」だったのですが、県外からの出願者(現役生)の1人の成績が、今回の未履修関連で調査書を再提出したところ4・2台に下がったのですね(未履修科目を除外して計算し直したわけですね)。8日に校長から電話で「生徒には責任がなく出願を認めてほしい」と要望があり、出願を認めた。愛媛大学側は「結果的に不公平感はあるかもしれないが、未履修を理由に不利益に扱わない大学の方針に基づき判断した」と説明しています。

これはニュースになってますがおそらく氷山の一角で、この手の不公平、運不運っていくらでもあるのでしょうね。「受験生本人に責任はない」というのは正しくても、配慮できることとできないこともあるし、やはり、必修科目逃れをしてきた高校の責任、わかっていて見逃してきた文科省や教育委員会の責任は大きいと思います。

そういえば、わが愛知県でも県の教育委員会が県立高校すべてに立ち入り調査をしていまして、20校近くの学校(県立18校私立1校)で新たに未履修が判明しました。

「学校裁量の範囲だった」
必修漏れで隠ぺい否定 県教委


県内の県立高18校と私立高1校で新たに明らかになった必修科目の未履修問題で、14日に未履修を指摘された学校はいずれも県教育委員会などの当初の調査に「問題ない」と答えていた。高校側は「学校裁量の範囲と考えていた」と意図的な隠ぺいを否定するが、必要な内容をほとんど履修していなかった学校も。受験対策を大義名分に拡大解釈された「学校裁量」のつけは、受験直前の補習という形で生徒に回ることになる。 全文を読む(中日新聞) 


「裁量の範囲」って。あのさぁ、高校ってこのレベルのことを裁量の範囲と考えているの? としたら、ほかにも(違法な)裁量をしているのじゃないの? って逆に聞きたいくらいですよ。ま、隠ぺいしていたとなると責任というか処罰も考えないといけないから、ほかに言いようがないのかも知れないけど。

これで終了宣言をしたいというところなんでしょう。その気持ちは教育委員会も、高校も同じなんでしょうが、生徒はどうでしょうかね~。「うちはあぶないから聞かれたら大丈夫だと言え」などと口止め指導もできないでしょうから、いや、したって生徒は気にしてないでしょうけど(笑)。友だちからいろいろ聞かれると、「うち、世界史の教科書買ってないよ」とか、ボソっと言ってしまうんですよね。なんというか、ヤバいことって自慢げに話したくなるって心理が人にはあるんですよね。それもよりによって補習している学校の生徒に向かって。

今がインターネットの社会、情報社会だってことを高校もよく知っておかないと、まんまと隠ぺいして逃げ切ったつもりでも、あとでボロボロと出てくる可能性があります。今だから「学校裁量だと……」と教育委員会がかばってくれても、おそらく3学期になって発覚したら、補習も間に合わない、卒業延期と受験の現実、大学への波紋などひどいことになります。そもそも、隠し通して逃げ切ったところで、生徒は助かったと思うと同時に、学校や教師は信用できないってことを身をもって学ぶわけですから。世の中よくなるわけはありません。

たまたま愛知県に住んでいるので、愛知県のことが気になるのですけど、他県でも同じだと思います。愛知などちゃんと159校調査したからましな方だと思います。もっとも、なんで三河地区ばかりで尾張地区が少ないのか、特に名古屋は上がってこないのかという疑問はあるのですけどね。これ以上未履修高校が出て来ないことをお祈りしますです。

◆関連サイト
 → "必修科目逃れ”Wiki~高校リスト
 → 奥村弁護士の見解「「必修逃れ」の刑事責任」

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング
スポンサーサイト



教育偽装8~成果主義と処罰

2006-11-07-Tue
「必修逃れ」問題も、全体では出口が見えてきたと思っていましたら、中学へ波及です。
 → 「必修逃れ、長野・香川・徳島の4中学でも」
 → 「175時間のはずが43…香川の私立中2校で未履修」
 → 「中学でも必修未履修 愛媛・愛光学園、県に虚偽報告」

義務教育は卒業させるという建前になっているのですから、補習騒ぎなどにはならないのでしょうが、問題はありますよね。工場じゃありませんが、オプションがついてないのではなくて、スタンダードなレベルで不足があるわけですから。

で、ちょっと、嫌なのが、同時に、足立区が学力テストなどを基準に一部の予算を差をつけて配分するというニュースが出てきたことです。ちょっと待てと思いました。成果主義を教育や医療、福祉などにどのように生かすべきかはよく考えた方がいいと。同時に、「一部の予算」ならそういうこともいいかとも思わないでもないのではありますが。

「医療」に成果主義をいれるということを考えてみます。病院の経営危機も少し前にだいぶニュースになりましたので、現実にはもちろんあり得ると思うのですが、やっぱり問題は大きいと思いますね。「治癒率」だとか、「生存率」だとか、「退院率」だとか、詳しくはわかりませんが、対外的に数字にする段階でいろいろ解釈でごまかせるのではないでしょう。ちょうど、文科省の統計で「いじめによる自殺が0である」かのように。

病院の現場で「患者の選別」「患者のリストラ」「利潤につながる治療の奨励」ということも起こりえるわけです。というか、実際起きているのでしょう。もうけの出にくい診療科は開設しないということが。それとうらはらの関係かもしれませんが、わたしの身近でも自治体立の病院で、たとえば産婦人科は設置していても医者がいない(主として待遇面)という現実もあります。(→ 「深刻な医師不足に小手先の調整か?」

教育だってそうでしょう。「均一の基準による評価」や「費用対効果」なんてものは教育や医療や福祉には馴染まないと言うか、根本的に矛盾してるような気がするのです。だからといって、一方で「不的確教師」や「謎の長期病欠公務員」を養ってやらねばならんというのもあれですけどね。

今回の「必修逃れ」の問題も、原因の一つにはこういう偏狭な成果主義ともからんでいると思います。学力テストとか進学実績とか、部活動の勝敗とか、そういうわかりやすいところだけを評価すればいいのか、そこが難しいです。たしかに一流大学に進学させたり、全国大会に出場するのはすばらしいことですが、高卒で就職したり、地方大会で敗退するのは、教育の成果があがらなかったということなのでしょうか?

「必修逃れ」の背景というような、そういう本質的な問題は依然のこっているのですが、そこを伊吹文科大臣は調査するといってます。(→「未履修、小中も調査 文科相「教委の黙認例も」

同時に、構造的な問題もある。上の伊吹文科相の発言のなかに「教育委員会に出向していた文科省職員が、ある程度(未履修の)実態を把握していた可能性を排除しない」とか、「未履修を行った(公立の)進学校の校長先生が教育長になった教育委員会は、明らかにだまされたふりをしていた」などというようなこともあります。教育基本法改正に引き続いて、教育委員会制度の改革にも行きそうな感じもしますね。ま、長期的な課題かと。

現実的な面では、政府の救済策が出て、大学側も方針を示すことができ、高校もあとは補習をこなしていくという段階になっているわけです。残されたのは、いくつかの教育委員会が言いだしている「処分」と、もう一つ、甘く見ていて手を挙げそびれた学校の対応です。ここ案外深刻かもしれません。

昨日愛媛県の高校の校長が自殺が報道されました。(→iza!記事:「遺書に「未履修は私の責任」愛媛県立高校長も自殺」

愛媛県教育長が4日、学校への処分の方針をを発表し、

県教委の照会に対し未履修の報告が遅れた学校が相次いだ点では「校長の管理能力や指導力のお粗末さに愕然(がくぜん)とした。猛省を促したい」と強く批判した。
 → 愛媛新聞「未履修校に「処分検討」 愛媛県教育長」キャッシュ


県の教育委員会が「学校を処分する方針」と発表した矢先ということもあって衝撃なんじゃないでしょうか。一言で言えば責任感、反省ということもあるのでしょうが、ずっと悩んでいたという心労という要素も大きいでしょう。責任は厳しく感じてもらわないと当然困りますが、こういう悲劇が起きないようにしねばなりません。

とくに、まだ黙っているところ。それこそ学校を指導管理する教育委員会にとっては許し難い二重三重の背信でしょうし、うちは大丈夫なのかといたずらに不安になっている受験生はたまりません。隠してる期間が長ければ長いほど、当事者は苦しくなってくるし、発覚したときの影響は大きいです。「補習」が間に合わない時期だったらどうするというか、どうなるのでしょう。大学は調査書に虚偽があれば合格後でも入学取り消しと言っているのですよ。

長引かせることは誰にもいいことはありません。早く、終息宣言を出せるように、調査、対策、処分など手順を追って手当することが大切ですよね。

◆関連サイト
 → "必修科目逃れ”Wiki~高校リスト
 → 奥村弁護士の見解「「必修逃れ」の刑事責任」


ブログランキング・にほんブログ村へ

教育偽装7~大学の対応と教育委員会の対応

2006-11-03-Fri
政府の軽減策が出ました。あくまで「今回限りの特例措置」で、

履修不足が70時間(2単位、1時間は50分)以内の大半ケースは、「実質50時間の補習と不足分(20時間分)のレポートなど」ということでよさそうです。50時間といっても大変だし、20時間分のレポートってのも大変ですけど、ま、70時間まるっとやるよりいいようです。

履修不足が70時間超(3単位以上)の場合は、70時間の補習を科目ごとに割り振り、それぞれの科目で補習を実施。科目ごとにリポートを提出させるなどして、授業の不足分を補わせる。つまり4単位の世界史Bならば、50時間の補習+230時間分のレポートってことなんですかね。

「既卒の未履修者については「卒業認定は取り消さない」「入試用の調査書には未履修科目を記載」「大学側は未履修科目があっても生徒が不利にならぬよう配慮」ということになっているようです。

伊吹文明文科相は同日、「どんな案でも批判を受ける。大変不公平だと思う方が多いと私も思う。現実の行政を預かる立場では、自分の考える筋は通せなかった」と話し、苦渋をにじませた。また「授業で増減する部分がどこか中教審で考えてもらう」と述べ、現在の学習指導要領の見直し作業に今回の問題を反映させる考えを示した。


よくも悪くもこの原則が出れば、次に進めます。「不公平」という批判はいたしかたないですが、だからといって、このまんま卒業不能なんてわけにはいかないのすよね。大学への調査書の配慮も触れられています。実際どう配慮するかは大学任せです(動くのは大学ですからね)。

その大学側の対応もまちまちでした。実際推薦入試のスケジュールがスタートしてしまっているという現実もあって、対応したくてもできないという事情もあるようですが、読売新聞は4つにわけていました。

1)「虚偽記載が発覚した場合は入学取り消し」
 山形大、埼玉大、鳥取大など。
2)「一端願書を受付、後に再提出、再確認を求める」
 早稲田大、慶応大、立教大、上智大など。
3)「高校の記載を信用する」
 筑波大、神戸大、明治大、駒沢大など。
4)「文科省の支持待ち」
 大阪大、千葉大、専修大、日本大、東海大、立命館大など。

読売新聞「必修逃れ 「推薦」対応割れる大学」(11月1日)

ここでおそまきながら、文科省の「調査書には未履修科目を記載」ということで、現実的には対応されていくのでしょう。

ただ、いろいろネットをみていると、とんでもないところがあるんですね。島根県です。

必修科目未履修で調査、処分しない方針

 島根県内の高校二十一校で発覚した必修科目の未履修問題について、同県教委の藤原義光教育長は三十日、原因究明や実態調査をする必要がないとの認識を明らかにした。責任問題や関係者の処分も当面は考えていないとした。
  全文を読む……(山陰中央新報:10/31付け) 


どういうことでしょうか? 記事を読むと、島根県の教育長は「教員が生徒のために善意で行った。厳しいせんさくは教員の士気に影響し、島根の教育にとって良くない」と述べて、調査に否定的な見解を示したそうです。校長や関与した教員の処分については「責任を問うべきかどうかは、処分を検討するかどうかも含めて時間をかけて考えたい」とも述べたそうです。ま、時間をかけて検討するのはいいでしょうけど、調査はきちんとしないとダメだと思いますよ。

まるで、自身の責任問題としてに火の粉がかかってくるので、最初から調査も処分もしないかのように聞こえるんですけど。それまずいでしょう。こういうことがはびこってしまっている原因も、それぞれが調査し、対策しないといけませんよ。茨城県では、校長先生が自殺してるところまであるんですよ。その重さを考えるべきです。自らの立場保持とか保身とかを考えている場合じゃないんです。どうしたら、信頼を取り戻せるか、島根県の教育長、よく考えてほしいもんです。

また、石原都知事は「先生が点取り虫になって、子どもを商品化してしまっている。こういう事態を放置したのは文科省の責任だ」みたいなことを言っているようです。(→毎日新聞:「高校履修不足:「先生自身が点取り虫に」--石原知事が苦言 /東京」) 部分的にはあっているでしょう。でも、東京都だって見逃していたわけでしょう。東京都としても責任があるんじゃないでしょうか。過度な競争原理の導入が、知事自らが指摘する「子どもの商品化」や「子どものリストラ」に結びつかないよう注意して取り組んでほしいとも思います。

信賞必罰。今回の一連の必修科目未履修については、対策が一通り済んだ段階で、きちんと対応しなければいけないでしょうね。もちろん再発防止ということもあるのですけど、政府の対策に不公平感がただよっています。「やったもの勝ち」「正直者がバカを見る」的なムードになっていますよね。
 → ヤフー投票「履修不足の救済策、どう思う?」

わからないでもないです。でも、生徒は被害者なんです。今さら50時間の補習だなんて、学校の言われるようにとりくんできた生徒には厳しい処置だと思います。それもセンター直前のこの時期に。

森元首相の極論はともかくとして、責を負うべきは生徒ではなくて、教育委員会や学校、そして石原知事が言うように文科省なんです。救済策は甘めでいい、その分責任追及は厳しくてもいいのではないでしょうか。

静岡では処分の動きがあります。

関係者の処分検討 静岡県教委
 高校の履修単位不足問題で静岡県教委の安倍徹高校教育課長は2日の県議会決算特別委員会で、関係者の処分を検討していることを明らかにした。安倍課長によると、処分対象者は県教委や該当の公立校の管理職とする方針。処分時期については「未履修の生徒への対応を第一としたい」と明言を避けた。(毎日新聞の記事)

島根県の教育長とはえらい違いです。

◆関連サイト
 → "必修科目逃れ”Wiki~高校リスト
 → 奥村弁護士の見解「「必修逃れ」の刑事責任」

ブログランキング・にほんブログ村へ

教育偽装4~早大は調査書に正確な記述を要求

2006-10-29-Sun
文科省が救済策を検討しはじめたというニュースが出てます。

文科省が未履修救済策に着手 「減単」や補習で

 高校必修科目の未履修問題で、卒業できない恐れのある生徒が全国7万人を超えることが分かり、文部科学省は28日、単位不足が懸念される生徒の救済策の検討に入った。単位取得に必要な補習時間数を減らすなど、受験を控えた生徒の負担を軽減する方策を現行法令の範囲内で探る。
    全文を読む……


伊吹文科相は「ルール通りやっている生徒と不公平が生じてはいけない」と、なし崩し的な救済を否定していました。わたしはこれを支持します。

ただ、現実にはかなり気の毒な事例も出ていることも事実です。補習350時間分の授業不足(盛岡中央高校・3年生51人)は、現実的には卒業が無理というに等しいケースもあります。あくまで、ルールの範囲内で認められるなら救済してあげられるものならばそれもいいと思いますよ。
 ・4単位ある世界史Bを2単位の世界史Aに変更する。
 ・学習指導要領の「減単」を活用し、世界史Bを3単位として扱う。
 ・大学の公開講座の受講などを「学校外活動」として単位認定する。
 ・部活動や課外授業を単位認定する。
 ・自習時間を授業時間と数える。
などの案が出ており、検討中だそうです。非常勤講師を緊急に募集して補習するにしろ、人件費がかかりますからね。少ない方が、金を出す方もありがたいのでしょう。どこから出すか知りませんけど。(笑)

ま、今週中に文科相も救済策出すようです。

(学習指導要領の)ルールを守って受験に不必要な勉強をしていた生徒も被害者だ」と強調。その上で「バランスも考え、大きな負担にならないように、スピード感を持って措置する」とした。
 全文を読む……


また、早稲田大学が高校に「正しい調査書を送るように」という異例の要請文を送ったそうです。

出願書類、正確な記載を=早大、数百校に通知へ-履修不足問題で週明けにも

各地の高校で卒業に必要な科目の授業が行われていなかった問題で、早稲田大学(東京都新宿区)は28日までに、推薦入試の対象高校に対し、出願書類への正確な記載を求める通知を出すことを決めた。週明けにも発送する。
    全文を読む……

こんなこと言うまでもないことなんですよ(笑)。しかし、この「偽装カリキュラム」の件で、岩手県の教育委員会が「事実と異なる内容の調査書でもやむをえない」(あとで訂正)ということを認めてしまったので(→iza!:首相「未履修問題は学校側に原因」政府、負担軽減策検討へ )、大学側が、いわば抗議した形ですね。当然の措置だと思います。早稲田がやってくれたので、他の私大は助かります。

前に書いたのですが、一般推薦入試直前の時期にあたります。この手の不正が発覚すると大学側としてどう扱っていいか困るのですよね。履修してないと報道で判明している「世界史A」の成績が「5」と書いてあっても困るってもんですよね。そこの修得単位が「2」と書いてあってもさ、これは嘘だということを新聞で知っているわけだから、もうどう扱っていいか困りますよね。「卒業見込み」なのかどうかさえわからない~。それを大学側に判断しろと言われても、大学が個別の学校について、その事情を全部わかるわけじゃない。やっぱり高校側で解決しなくっちゃ。

ところで、これ書いててて思ったのですが、「偽装カリキュラム」でめでたく卒業し、不正の水増し授業でめでたく希望校に入学した生徒たちは、ま、校長が卒業を認定し、大学も合格させてるんで、それを覆すってことも、今さらないとは思うんです。もちろん、ほんとうはそうしないといけないのかもしれませんけどね。でも、ま、企業も就職して、実際働いてれば、「世界史A」なんて実際とってなくても困らないと思うんですよ。ただ、いわゆる浪人生も同じでいいんでしょうか?

というのは、認定された卒業をひっくり返すまでのことはないとしても、内申書(調査書)はどうするのってことです。昨年度も同じカリキュラムでやってたら、今の高3と変わらないことを学校の教師たちは知ってるわけでしょう。調査書をどうやって書くのか困らないんでしょうかね。ま、全体の数からみればたいしたことはないかも知れないけれど、これとて、浪人生本人にしたら深刻な問題でしょう。こっちにも救済策がいるかも。

そうそう、繰り返して学校関係者に心からのメッセージを書いておきます。まだ、黙ってて手を挙げてない学校は、早く申告しないと大変ですよ。2ちゃんねるには「必修不足ちくり板」ができてます。否定していて、そっちからわかってきたりしたら、もう目も当てられない。それが冬休み開けだったりしたら間に合わない。二重の救済策なんて、たぶんあり得ないし。申請するなら今のうち。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング
HOME NEXT