FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

「造形集団海洋堂の軌跡」展~豊橋市美術博物館

2006-08-13-Sun
「しょくがん」って知ってます? うちのATOKは変換しませんが、「食玩」って出ていらっしゃる方もいるんでしょうね、学習して。「食玩」とは、われわれの世代では「グリコのおまけ」なんですが、最近ではどう言ったら一言で説明できるんでしょうか?

カルビー仮面ライダースナックについていた「仮面ライダーカード」などのカードも、ビックリマンチョコについていた「ビックリマンシール」も、ま、広い意味での食玩なのでしょうけれど、やはり、近年のブームはチョコエッグに始まると考えた方がいいのでありましょう。最近では、ケータイストラップとか、ペットボトルのキャップなんてのも話題になってますよね。

その「食玩」の分野でまさしく革命的な発想と大胆な手法で日本どころか世界でも注目されるメーカーが海洋堂です。
  → 海洋堂公式サイト
kaiyo02.jpg

で、その海洋堂の歴史というか、歴代の作品を展示しているのが、展覧会「造形集団海洋堂の軌跡」ですね。この夏休み期間中(2006/7/28~8/27)の一月間、豊橋市美術博物館で開催されているということで、先日、行ってきました。


食玩」「フィギュア」「ガレージキット」「ジオラマ」など幅広い海洋堂の作品が、歴史をおう形で展示されています。写真撮影が許されたのは入り口にある「大魔神造」だけでしたが、「北斗の拳」「ああ女神さま」「うる星奴ら」「ゴジラ」「ウルトラマン」「仮面ライダー」「キカイダー」「エヴァンゲリオン」「セーラームーン」「ゼイラム」などなど、さまざまなフィギュアが所せましと並んでいます。

実際の展示の様子は、海洋堂のサイト内の展覧会バーチャルツアーで、そのごくごく一部を見ることができますので参考にしてください。

いわゆるテレビで育った世代にはとてもおもしろい展示だと思います。今後のこの展覧会のスケジュールはこちらです。
kaiyo03.jpg

 → マピオン「豊橋市美術博物館」

造形集団 海洋堂の発想
宮脇 修一
光文社 (2002/09)
売り上げランキング: 86,607
おすすめ度の平均: 4.83
5 オタクの戦闘哲学
4 毎日が学園祭
5 フランク


写真展「PHOTO IS」~全国7都市で開催

2006-06-29-Thu
「写るんです」のようなレンズ付きフィルムが売れて、カメラが身近になった時期がありましたね。今ではケータイ電話の多くがカメラ付きになり、誰でもカメラを持ち歩く時代になっていると言えるますね。プリクラも写真だし、デジカメもコンパクトで高性能なものや、本格的な一眼レフタイプのものまで、広く発売され、人気を博しています。わたしもコンパクトタイプのやつ、いつも持ち歩いてます。思うに「魂を吸い取られる」と言われて始まった日本の写真の歴史の中で、おそらく今ほど誰もが被写体になり、誰もがカメラマンになる時代はなかっただろうと思います。そういう意味では本当に写真が身近になってますよね。

そんななかで、「あなたにとって写真ってなに?」と、改めて参加者に問い直す、ユニークな写真展が、今まさに開催されようとしています。「『PHOTO IS』10,000人の写真展」です。一人一人に「あなたにとって写真とは?」と写真の価値を問いかけるというコンセプトに立った、全く新しい、日本最大級の参加型写真展です。

すでに一般からの応募は締め切られ、6月30日より、全国7都市(東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡)で展示が開始されます。市民応募作以外にも、写真家や著名人の作品も展示されるということで、たくさんのいろんな写真を見ることができるでしょう。ご当地名古屋に来るのは、7月19日~8月1日。ちょっと興味があるんで、都合がついたらでかけてみたいです。

東京会場では中村征夫フォトライブ(7月2日)写真教室「恵比寿ぶらり撮り歩き」「親子写真教室」(7月1~2日)といった写真の魅力を実感するイベントも開かれる予定ですね。

東京会場となる東京都写真美術館といえば、「横須賀功光の写真魔術展」を見に行った、思い出の地です。あれはびっくりしました!写真じゃなくて、写真を素材にした美術作品だとわたしは思いました。まさに「写真魔術」と呼ぶ意味がわかりました。
光と鬼―横須賀功光の写真魔術
横須賀 功光
PARCO出版 (2005/12)

わたしには、そんな横須賀功光みたいな写真はとれませんけれど、今ではコンパクトなデジカメを持ちあるいています。おもしろそうなものをパチリとやることにしています。最近では、少し山辺を歩いていてこんなふうに羊歯が群生していたのに出くわしました。
sida02.jpg

この緑、このうねりぐあい、けっこういい感じです。なんの加工もしていませんよ。そして、こうして前面から角度を選んで撮るだけでなくて、裏に回って、下から空を見上げるようにして、ほら、こんなふうに撮ったりするようにもなりました。
sida01.jpg

こうして、どっちかというと植物を多く撮るのは、FC2でblogをやるようになって知った、ひとりのブロガーの影響です。BADRUNです。わたしは、たびたび記事に書いたり、ちゃっかりブログのトップの絵にもらったりしているのですが、BADRUNにあこがれて、BADRUNみたいな「滴る植物」がいつか撮りたいと思っています。

ブログランキング

レオノール・フィニ展~名古屋市美術館

2005-11-23-Wed
レオノール・フィニ展を見に行ってきました。
051020_1401~04.jpg

これ、前にとった写真ですが、これが「自画像」だそうです。女の人ですよ。今回のフィニ展のチラシになったもう一つの看板は、こっちですね。
fini2.jpg

これは妖精の肖像画ということになっているのですね。

名古屋市美術館のフィニ展のページによると、「シュルレアリスムの運動に関わった才能あふれる女性芸術家の中でも、その幻想性あふれる美しい画面と奔放なエロスの表現によって、ひときわ異彩を放っている」とあるのですが、なんというか、自画像からして、一筋縄ではいかない、挑発的で挑戦的なムードが感じられますね。

シュールレアリスト時代のフィニは、明るさよりも暗さ、幻想的な感じを強く出しています。ちょうど上の自画像も妖精の肖像もそうなのですが、鈍色の色調というのでしょうか、重く暗い色合いを効果的に使っています。それが「鉱物の時代」にも繋がっているように感じますね。

もう一つ、幻想的なイメージは仮面でしょう。今回のフィニ展のナンバー1は4つの仮面が見られたことだと言っても過言ではないと思います。あれだけの画家としての才能がありながら、舞台芸術にも興味を示し衣装デザインを扱ったと同時に、仮面も自ら作り、そして自らかぶった写真も撮っています。絵画だけでは表現しきれない、幻想性やエロスを舞台芸術に求めていったように感じられます。「魚の骨の仮面」や「シュールレアリスム風の仮面」「猫の仮面」いずれも魅力的です。

また後半の「エロティシズム」を扱った作品は、ポップ的なデザインのものもみられるようになり、明るく澄んだ色彩のものが増えてきます。ただ、性の解放ということをひとつのテーマに持っているようではあるのですが、男性中心性というのではなくて、女性から見た女性のための性といいますか、それはレズビアン的なかかわりを含めて、女性中心の性の解放が描かれていたように感じられました。ただ、わたしは、それはちょっと関心がもてなかったです。「二重の貞節」はおもしろかったですけど。

これ、東京や群馬と回ってきているらしくて、本年6月~7月に行われたBunkamuraザ・ミュージアム(東京)のフィニ展の案内ページ(作者紹介ページあり)も詳しく、また、それを見に行った、TAKさんのブログ「弐代目・青い日記帳」の記事も内容をよく伝えていますので、リンクしておきます。

フィニ関するこんなページもありました。
 → ムートンに愛された画家たちを求めて「レオノール・フィニ」(フィニの写真も掲載されています)


また、フィニ自身、幻想小説を書いています。なんとなく、朔太郎の猫町を連想させるタイトルなんですけど、
 
夢先案内猫
夢先案内猫
posted with amazlet on 05.11.23
レオノール・フィニ 北嶋 廣敏
工作舎 (1980/01)
売り上げランキング: 70,108


ブログランキング・にほんブログ村へ

ぼくらの未来!ぼくらの小松崎茂展

2005-10-09-Sun
本来なら日曜は稽古なのですが、本日は稽古休日でしたので、かねがね行きたいと思っていた「ぼくらの小松崎茂展」に行ってきました。会場は刈谷市美術館ですので、わたしの住んでるところからは、やや距離があります。
20051009181815

小松崎茂の名前を知らない人はいたとしても、おそらく30代以上の男性なら、おそらくその絵を知らない方はいらっしゃらないでしょう。ああ、このこの絵を書いた人って小松崎茂って言ったの~って。おそらく20代の人も知ってる人は決して少なくないと思います。

たとえば、この「小松崎茂の世界」に並んでいる3枚の絵を見てください。このタッチ見覚えがあるのではないでしょうか?

そうです。「少年マガジン」や「少年サンデー」の口絵を書いてた画家です。多くが未来世界だったり、怪獣の世界だったり、戦争の世界だったり、スパイの世界だったり。あの、「サンダーバード」や軍艦もの、戦闘機もののプラモデル箱の絵を描いてた画家です。

こんなのや、
小松崎茂―プラモデル・パッケージの世界
平野 克己
大日本絵画 (1999/04)
売り上げランキング: 143,102
おすすめ度の平均: 5
5 プラモ時代を通過してきた世代必携の一冊
です
5 アートを越えて一つの文化を築いた

こんなの。
小松崎茂サンダーバード画集
小松崎 茂 伊藤 秀明
オークラ出版 (2002/07)
売り上げランキング: 43,942
おすすめ度の平均: 4.67
5 プラモデルの価格が載っているのも、うれしい
4 懐かしのイマイのプラモを思い起こさせるすご
い画集
5 素晴らしい!

絵がないんであれなんですが、amazonでは「小松崎茂の世界―少年の夢を描き続けた異能の画家」がおすすめ度五つ星になっています。わたしはこのあたりを読んでるわけではないんで、なんともいえませんけど。

さて、展示ですが、結構な数です。近年失火で小松崎邸が燃えたので、貴重な資料が焼失したのは残念ですが、それにしても、我々を少年時代に戻してくれる懐かしい作品が並びます。

年代別に展示されているので、作者10代の頃の作品、戦前戦中の雑誌『機械化』の表紙を飾った作品、昭和20年代の「絵物語」の原画やその出版物。ここいらまでは、わたしが後になって知った作品です。
地球SOS―超特作科学冒険物語
小松崎 茂
双葉社 (2002/11)
売り上げランキング: 268,564

ところが、昭和30年代の「少年サンデー」や「マガジン」などの少年マンガ雑誌の表紙や口絵になった作品群、昭和40年代の特撮映画や「サンダーバード」「ウルトラマン」や「マジンガーZ」などのデザインに関する展示。その後の戦車や軍艦などプラモデルの箱になった作品群などは、わたしがそのまま生きてきた時代です。特に、円谷映画のデザインの注文を受けていた時期も長く、『海底軍艦』の特撮に使われた轟天号を見たときは、思わず伊福部昭のテーマを口ずさんでしましました。
海底軍艦
海底軍艦
posted with amazlet on 05.10.09
東宝 (2003/10/24)
売り上げランキング: 2,329
おすすめ度の平均: 4.44
5 とにかく懐かしい
5 原作読みたい。
4 渋いなあ・・・

さらにその後の少年少女文学全集のカバー絵や挿し絵になった作品などなど、時代の流れに乗りながら、また次々と活躍する舞台を変えながら、最後の最後まで現役を貫いた作者の作品が並びます。小松崎茂の最後の仕事はプレステ2のゲーム「メタルギアソリッド2・サンズオブリバティ」のプレミアパックの挿し絵だったことを展示場で知り、お気に入りのソフトだっただけに感慨はひとしおでした。

あとですね、若い頃の作者が自分の自転車を「軍艦号」と名付けて、隅田川や浅草、銀座にスケッチに出かけていったというのは、ちと笑いました。

そうそう、「ぼくらの小松崎茂展」ですが、10月30日(日)までです。月曜が休館ですが、10日のように月曜が休日の日はオープンして、翌火曜が休みとなります。ご注意を。

ブログランキング・にほんブログ村へ
RREVHOME