FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

容疑者死亡の少年犯罪と報道

2006-09-09-Sat
山口県周南市の徳山工業高専で中谷歩さんを殺害した容疑で逮捕状が出されていた、同級生の19歳の男子学生の遺体が発見されました。被害者の冥福を祈るとともに、容疑者の自殺により、動機などが明らかにされることなく、事件が終焉を向かえたことに、ますます被害者のご両親は救われないだろうなという思いがしました。

追加の報道によると、19歳男子学生は犯行直後、そのまま量販店で自殺用のロープを購入して、位置的には学校と自宅の間にあたる山林で首を吊ったようです。被害者の冥福を祈るのはもちろんですが、それとともに、この場合も、とりあえずは「容疑者の冥福も祈る」とも書くものなんでしょうか。それとも「俺は冥福を祈ってやらない」と書くのがいいんでしょうか。そこはちと迷います。

さて、少年の死後、少年の実名や顔写真について公開して報道するかどうかということで、マスコミの対応がわかれたのは興味深いことでした。というか、横並びでなく別れたのが、わたしにはおもしろく、また、嬉しかったです。いろんな意見があっていい。

わたしは、少年法の趣旨が「少年の更生」であるので、容疑者が死亡した団塊で、少年法の理念を理由に実名や顔写真を公開しないというのはおかしいと思っていました。むしろ多くのマスコミは、よしこれで禁止するモノはなくなったぞとばかりに、どこも競うようにして掲載するだろうとふんでいました。

ただ、そう予想は立てていたのですが、いったい今さら報道してどういう理由があるんだろうとも同時に思っていました。今さら、名前を知って、写真を見て、だからどうよって、ま、思わなくもない。せいぜい、遺体が発見される前にネットに流れていた名前や顔写真のネタが、ガセだったか、本当だったかを確かめるくらいしかないぞ(笑)と。

実際、購読している読売新聞の朝刊第1面で顔写真と名前が載っていたのですが、一番最初に思ったのは、「あ、やっぱり載せたか?」という、「扱い方」に関してなんかコメントしてないかという方が興味があって、その後になって、19歳の学生の顔写真を見て、ふ~ん、わりと普通の子だったなと思い、名前に至っては記憶に止まりませんでした。

したがって、毎日新聞がマスコミ各社の報道ぶりをまとめた記事は、非常に興味深くみました。

まず、毎日新聞の見解。

 毎日新聞は、少年法の理念を尊重し、事件発生以来、容疑者の少年を匿名で報じてきたところ、少年の死亡が確認されました。新たに重大な罪を犯すなど社会的利益を損なう危険性もなく、匿名報道を続けています

 少年事件の報道に当たって、毎日新聞は、個別の事件ごとに多角的に取材し、法の理念を踏まえ総合的に検討して紙面化しています。従来から報道指針として、少年事件は匿名を原則としていますが、新たな犯罪が予測されるときや社会的利益の擁護が強く優先するときなどは実名で報道することもある、と定めています。今回の事件はこの例にあたらないと判断しました。

なるほど。一理あります。「今さら公開することに意義を感じない」という点はわたしの感覚と同じです。

これは朝日新聞、日経新聞、産経新聞、山口新聞などにも共通しています。いわば、「少年犯罪は匿名報道が原則で、それを実名で報道するには再犯などの危険性があるなど特例的な措置で、死後もその原則をあてはめる」と考えていると言えるでしょう。NHKは死後のことに関してコメントしないので、こっちに近いのでしょう。

一方、実名報道した三社(読売新聞、日本テレビ、テレビ朝日)の意見も紹介されています。細かないいまわしはもちろん違いますが、「死亡により少年法の規定(61条)の対象外になった」ということと、「19歳という年齢(ほぼ成人)」「事件の凶悪さ、重大性、社会性」などの3点をその理由としてあげています。

また、匿名報道を続けている中には、東京新聞のように「取材拠点のない地域の事件」という理由で、共同通信の方針に従うというところもあります。あるいは独自に写真が手に入っていないのかもしれません。

この共同通信の考え方は「死亡で少年法の影響はなく、実名報道に切り替えることも可能だが、あえて実名を報道する理由が疑問」というもので、わたしの考えにもっとも近い。そして、いわば読売的立場と毎日・朝日的立場の中間と言えるでしょうか。共同通信のほか、TBSはこっちに近いと思います。

時事通信は「少年の自殺報道」という原則にあてはめています。「自殺報道で家族の名誉を傷つけるケースでは匿名で扱ってきた」という。これも一つの見識でしょう。さらに「容疑者死亡で少年法の規定の対象外になったともいえるが、今回は容疑者が今後裁判で釈明する機会も失われており、総合的に判断した」んだそうです。けっこうなことで。でもこの理屈なら、少年に限ることはないですよね。成人の自殺報道でも言えるし、成人の容疑者死亡でも言えます。

テレビ東京は「19歳という年齢を考慮すると、実名報道に切り替えるかどうか議論のあるところだった。しかし、本人の死亡で事件の真相解明は困難な状況になっており、罪が確定できない段階では少年法の趣旨を尊重する結論になった」んだそうです。死者にも少年法の趣旨をあてはめようという、毎日・朝日に近い立場かもしれませんが、ちょっと変。罪が確定したら(たとえば遺書でも出てきて)、報道するの? 成人の容疑者死亡で真相解明困難で罪が確定できないときは報道するの? その根拠は?と聞きたくなります。

あと、フジテレビ。「総合的に判断した」だけしかコメントしてません(笑)。ちょっと無責任かも。マスコミとしてちと恥ずかしくないの。問題外~。

ちなみに、週刊朝日は実名報道だそうです。
→ 「朝日新聞は匿名でも週刊朝日は実名報道…高専生殺害

そうそう、週刊新潮は9月7日発売(遺体発見前)にすでに、実名・顔写真報道でした。(少年法61条に罰則の規定はないようです)
→ 「高専生殺害の手配少年、週刊新潮が実名と顔写真掲載」 

ブログランキング・にほんブログ村へ

19歳に「逮捕状」~「保護」ってのはないのか?

2006-08-30-Wed
報道によると、29日山口県周南市の徳山工業高専で、同校5年生の中谷歩さんが絞殺体となって発見された事件で、周南署は同日、同級生の19歳男子学生に対し殺人容疑で逮捕状を取りました。男子学生は事件直前に現場で目撃された、その後行方不明になっており、通学につかっていた原付バイクで逃走の可能性が大というわけです。

19歳の男子学生は殺人事件の容疑者として逮捕状が出されたわけです。殺人犯ですからいわゆる「凶悪犯」ですよね。未成年ということを配慮して、氏名や顔写真、その他特徴などを公開されないままです。それは、法にのっとった一つの見識です。

しかし、ことは殺人容疑ですから。ですから保護でなくて逮捕でということになったのでしょう。しかし、少なくとも今記事を書いている時点では見つかっていません。もちろん、動機もはっきりしていないし、どんな精神状態なのかわからないわけです。

たとえば、ほかにも事件を起こすかもしれない。捜査の結果そういうタイプではないという判断があるのかもしれません。凶器を持っているという感じもないのでしょう。しかし、金がなければ逃亡中に盗みをするかもしれません。あるいは強盗、殺人を起こす可能性もゼロではないのです。可能性としてはある。そうしたら「公共の利益」ということは言えますよね。「他の安全」と言ってもいいかもしれない。「逮捕状」の出た男の氏名、特徴などを隠しておかねばならないものなのでしょうか。疑問に思います。 

もう一つは、犯人が19歳の少年だということです。少なくとも名前を公開されない対象ではあるらしい。彼が自殺をしてしまう可能性はないのでしょうか。高専ならばおそらくは優秀な少年であったろうと思います。一種の先見性と一種のもろさから、また、罪の意識から自殺してしまうこともあるのではないでしょうか。「未成年の保護」という観点から公開したらいけないんでしょうか。

少年法の見地から個人の特定される情報の公開については禁止されるのですが、それは、殺人事件を起こして逃走中でも、また、殺人容疑で逮捕状を出ていてもなんでしょうか。周囲の人たちの安全とか、未成年者の保護とかいう見地を超えてそうなんでしょうか。別に、公開したから見つかるというものでもないかもしれないけれど。ま、そこに非常に難しい問題があるように思います。

かたや、ネットの掲示板などでは興味本位で氏名と写真をアップしろというような、誰が書いてるのかわからないような書き込みもあるというのも事実なんですけどね。

また、厳密には「容疑者」であって、「犯人」って決まったわけじゃないというのもあります。また、論理的には、ひょっとしたら彼自身も事件に巻き込まれている可能性もゼロではないわけです。容疑者の人権、少年法の精神、少年の保護と入り組んだ問題です。早期発見が一番いいのですが、少年の特徴なども知らされないというのは、どんなものなんでしょうか。

こういうの難しいです。究極の選択というか、なにがわからない選択ですよね。警察も、マスコミも、学校側も、被害者側も、「加害者」側も、そういう矛盾というか、疑問というか、困難というか、法律と現実の間にはさまっているのでしょうね。

誰が、どういったことで決断しているのでしょうか。逮捕状の申請は警察(検察)で発行は裁判所でしたっけ。それは手続きどおりで、おそらくできるんでしょうけど、「19歳の保護のために特徴、顔写真、氏名を公開する」というのはできないんでしょうか。あとで「少年法」との絡みで訴訟されたりして不利になったり、賠償問題になったりするんでしょうか。それは、誰が判断しているのでしょう。それとも、事なかれ主義、前例主義で、誰も判断していないのでしょうか。

「容疑者」の両親が自殺するかもしれないから、公開して探して欲しいと言ったらいいんでしょうか? それとも、少年法はその場合でも、少年の人権を守るものなのでしょうか。

少年法が少年自身の救出の妨げになることがあるのかもしれないと、ま、そんなことを思う一日でした。

被害者のご冥福をお祈りします。

ブログランキング
RREVHOME