FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

ドラマ:「CHiLDREN チルドレン」~DVD

2009-09-04-Fri
NHKのドラマ「ハゲタカ」の大森南朋は、カッコよかったのですが、その他の作品の大森南朋はそうでもありません。ダサい役というとあれですが、もう少しぼんやりした役をやってるように思います。ま、全部見たわけではありませんけど。でも、この「チルドレン」に出てくる大森南朋はカッコいいです。見てくれのカッコよさというのではなくて、本物の持つカッコよさみたいな感じで。

若い家庭裁判所調査官のドラマです。主演は坂口憲二。経験不足と真面目すぎるという点があって、担当する子どもたちにナメられてしまいます。誠実で真剣なんですけど。その良き先輩の役に、ちょっとハチャメチャなところがあって、実はそれが子どもたちの信頼を得るのに役立っているという、ドラマにはありがちな役設定なんですが、そういう先輩を大森南朋です。二人のコンビは一種の凸凹コンビの典型なんですが、それがおもしろいです。

万引き常習犯の少年(三浦春馬)の事件の担当になった武藤(坂口)は、呼び出しに応じてきた親子の印象がひっかかりすっきりしないでいます。一方で先輩陣内(大森)は仕事のことよりも、堅物武藤が一目ぼれした女性三春(小西真奈美)をなんとか武藤に紹介し、うまくいかせてやりたいようで、おせっかいに見える行動をしてきます……。その女性に個人経営の書店に勤務しているのですが、万引きが耐えません。三春が、なぜだか、少年たちが日々万引きをしているのに気づきながら捕まえるどころか、注意一つしないでいるからです。そのわけは……。というような設定です。

話の中心に犯罪です。その一つに万引きがあります。罪を犯してしまったものの更生の問題があります。裁判とは人を罰するのが目的でなく更生させるのが目的であるという、建前論というか理想論と、その難しい現実の問題もあります。また、罪を犯す理由や事情、心理などもとりあげていると思うのですが、果たして、ドラマとしてどこまでそこを深く描ききれているかという点は、やや疑問です。

映画でなくて、WOWWOWのドラマWのシリーズです。連作でなくて、単発です。
 → WOWWOW:ドラマWのページ

原作は伊坂幸太郎。

スポンサーサイト



CyberBuzzにもらった「パンドラ」第1話を見る

2008-10-19-Sun
ドラマ「白い巨塔」の脚本家井上由美子の書き下ろし本格医療サスペンスドラマ「パンドラ」です。

その第一話のサンプルDVDをCyberBuzzが提供してくれるというので、申し込んでみましたら、当たりましたんで、さっそく見て、記事書くことにします。こうして紹介文を書くことがCyberBuzzとのお約束なんですが、そんな約束とは無関係に、続きを見たくなってしまっています。

「パンドラ」はWOWOWの連続ドラマWのシリーズ第1弾として、今春より放送されてました。それが、いよいよDVDになってレンタルが開始されるんですね(2008年11月5日よりレンタル開始)。

WOWOWは2003年からドラマWっていうシリーズを放送してて、先日記事にした東野圭吾原作の「宿命」だとか宮部みゆき原作の「長い長い殺人」(→過去記事)もそうなんです。もう40本くらいあって、中には劇場で公開したってのもあるんですね。
 → Wikipedia:ドラマW

ま、WOWOWにしたら映画と言っても通用するような高品質の作品というくらい意気込みで作っているのでしょう。WOWOW契約してないんで、DVDで見るしかないのですが、「理由」も「宿命」もこないだの「長い長い殺人」もよかったです。

さて、この「パンドラ」はが他の作品と違うのは、連続ドラマWの第1弾ってことで製作されてます。連続ドラマの長さというか、おもしろさが加わった、そこが従来のドラマWと違う、さらにおもしろい点なのでしょう。
 → 連続ドラマW:「パンドラ」公式ページ

内容はガンの新薬発見に関する本格医療サスペンス。

ありもしないものを探している……と、同僚からも後輩からも(まだ出てきてないけれどたぶん妻からも)誰からも相手にされなくなった、大学病院の内科医鈴木(三上博史)が研究し続けているものは、ガンの治療薬です。それも、すべてのガンをまるで風邪を治すように飲むだけで治療できるという、夢の特効薬です。そんなできるはずのないものができてしまったら……。

それがこのドラマの設定であり、「パンドラ」の意味で。「パンドラ」とは、神話の「パンドラの箱」のことを意味します。パンドラが箱を開けたので、中に入っていった幾多の災厄や不幸がこの世界にばら撒かれてしまったという神話です。ガンを撲滅することのできる薬が発見されるのなら、不幸がばら撒かれるなんてことはなくて、むしろみんなが幸福になれるんじゃないか……とわたしなどは思ってしまうのですが、ドラマの中では世界の価値観が大逆転して大変なことになると言われます。

ガンが現在のようななかなか治りにくい、死に至る病気だという前提で現在の世の中は回っているというのですね。高齢社会を迎えた日本ですが、さらにここでガンが治るとなったら、寿命はもっと延び高齢化はいっそう進みます。年金問題、介護問題……現実に起きている問題がそれなりに深刻になることは想像できるにしても、いいこともたくさんあるとは思います。ま、患者や家族にとってはもちろんいいことでも、それが全体的な数量的な総和となってくると、深刻なデメリットがあるのかもしれません。とりあえず、その薬の利権によって製薬会社だけではなく、政治、社会全体を巻き込んだ大混乱が起きる、人口爆発が起き戦争にだってつながりかねない……というような説明がなされます。だから、新特効薬はパンドラの箱なんですね。幸福になれると思って開けてみたら、実際は災厄を撒き散らす結果になりかねないというような、そんな説明です。

ガン新薬の発見に人生のすべてをかける医師(三上博史)と、ガンの再発を繰り返し、人生に絶望して荒んで生きる少女(谷村美月)が出会い、禁断の人体実験がスタートします。背景には、医学界の名誉と虚飾、製薬会社の利権、そして、全く無関係(?)の殺人事件を追う刑事や医療関係を専門とする新聞記者とその恋人……と複雑な人間関係はドラマをおもしろい展開になっていきます。実際、ガンの特効薬ができてしまうことが、パンドラの箱をあけてしまうようなそんなに悪いことなのか……、そいつもドラマの中で見られることなってます。

パンドラ コレクターズ・ボックス
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2008-12-03)
売り上げランキング: 8153


本格医療サスペンス「パンドラ」
 2008年11月5日 レンタル開始
 2008年12月3日 DVD コレクターズボックス発売
→ ソニー・ピクチャーズの公式ページ

にほんブログ村 映画ブログへ

映画:「叫(さけび)」~DVD

2008-01-19-Sat
ミステリーホラーの快作です。主役刑事に役所広司、恋人に小西真奈美、役所の同僚刑事に伊原剛志、幽霊(?)に葉月里緒奈、カウンセラーにオダギリジョーという、ま、人気キャストです。
叫 プレミアム・エディション
AVEX GROUP HOLDINGS.(ADI)(D) (2007/08/01)
売り上げランキング: 9131
おすすめ度の平均: 4.0
5 感覚的映画
3 ホラーPV?
2 見所はどこでしょうか


有能な刑事(役所)は、ある連続殺人事件の犯人が自分ではないかという疑念がおきてくるのですね。そもそも事件当夜の記憶がなんとなく曖昧で、そして、遺留品や証拠品と思われるものが、なんとなく自分と関連しているしなものだと思えてならなくなるわけです。

だからと言って、自分の記憶のどこにも自分が殺したという記憶は残ってないのですが、妙なことに間違いなく潔白であるとも言い切れないわけです。その不思議な気分。焦りというか、自信喪失というか、あるいは、ウツ(鬱)症状といえるかもしれません。

苦悩と混乱のうちにある刑事は、強引な捜査をして心配する同僚刑事(伊原)はカウンセリングを勧めます。カウンセラー(オダギリ)や恋人(小西真奈美)と話すうちに、刑事は、自分の記憶の中にある建物が存在することに気付いていくのです。ま、これ以上書くとネタバレになりそうなんでこのくらいにしますが、なかなか、背筋がぞっとするような怖さもあり、また、ミステリー的な意外な結末も用意されています。

 → 公式ページ
※ブログパーツがあるのですが、性別や年齢を入力しないとならないのですね。いったい、ブログパーツのタグに、性別や年齢を入れなければならない理由はなんなんでしょうか? おもしろそうな感じでしたが、うちはつけません。



にほんブログ村 映画ブログへ

映画:「うつつ」~DVDで

2007-03-16-Fri
おもしろい。設定はたわいもない話と言ってしまえばそれまでですけど、わたしは、ストーリーとしてもおもしろかったし、演技というかそうしたものを見てもおもしろかったです。「雨漏りが黒い汚水になる」とか、「殺意をスプーンとピストルで表す」というような、ああいうのは過剰な演出だと思いましたが、ま、だからダメとかそれでケチをつけるつもりはありません。好みの問題というか。
うつつ
うつつ
posted with amazlet on 07.03.15
ジーダス (2002/11/22)
売り上げランキング: 32612
おすすめ度の平均: 3.5
4 小西真奈美出てるよ!
4 映画として面白かった・・しかし
3 女優陣に感服!

(以下ネタバレってことはないですが、見てなくて見るつもりの人は知らないほうがいいと思います。最後まで見終えた方や読んでもかまわないって方は、 をドラッグしてください。)ミスリードもしっかり仕組んであって、そこにはまったときもおもしろかった。結末のどんでん返しはいらないという声もあるようですが、わたしはこれがあってこそ「うつつ」なんだと思います。いったいどこまでが……夢で、どこまでがうつつって感じで。

宮沢りえ、大塚寧々がヒロインで、次が小島聖でもって、脇に小西真奈美が、ちょっと?って感じで出ています。コニタン、おでこ丸すぎ~(笑)。

原作は連城三紀彦(▼連城三紀彦のDVD)


にほんブログ村 映画ブログへ
HOME NEXT