FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

映画:「キャタピラー」~DVDで

2011-09-16-Fri
先日、江戸川乱歩の「陰獣」をフランス人の監督が撮った「INJU」のレビュー記事を書いたのですが(→過去記事:「映画:「陰獣~INJU~」~DVDで」)、今回も乱歩つながりで「キャタビラー」を見たので、そのレビューのはずだったのですが、ちょっと、事情が変わりました。

というのは、乱歩の「芋虫」とはそうとう似ている話ではあったのですが、全く別の話でした。わたしはてっきり江戸川乱歩の「芋虫」の映画化だと思っていました。ああ「キャタピラー」としたのは、なかなかおもしろいアイディアだと内心に感心したくらいです。だって、小説の映画化にあたって、忠実な映画化というのは割合とすくなくて、テーマ性は共通しているものの、解釈がちがったり、犯人が違ったりしていることは、ままあることでした。全く忠実な映像化はそれはそれで意味がないとはいいません。おもしろい作品ができるだろうし、興行的にも成功するかもしれませんが、監督や脚本家の創作性というか、表現者としての意義はどの程度あるのかと思っています。だから、わたしは、原作と違う!という理由で作品を批判するという立場はあまりとりません。過去の作品を現代的にアレンジして解釈することに、むしろ意味があると感じ、それが成功しているのであれば、原作と違っていても評価できると考えています。だから、この「キャタピラー」が乱歩の「芋虫」を若松
監督が解釈したということであれば、素晴らしいと思いました。

ところが、作品を見てびっくりしたのは、どこにも乱歩の名前がなかったことです。ええ? ここまで設定を似せていて、乱歩の名前がなくて果たしていいものか? パクリではないかとさえ思ったほどです。乱歩のファンとしてはその点が不愉快でした(もっとも、似ているのは設定であって、テーマは全く別というか、少なくともわたしは、正直乱歩の「芋虫」の方がやっぱりすごいなと感じました。うまく言えるかどうかはわかりませんが、その理由はあとで述べるつもりです)。



なぜ、乱歩の名前がないかという点については、こんな記事がありました。

『芋虫』という小説自体、発表当時反戦的内容と勲章を軽蔑するような表現が物議をかもした小説。乱歩は「物のあはれを表現しただけ」とかわしていたが。また、言語表現的にも、今の"自主規制"時代では絶対に出版できない内容。そのあたりのしがらみで『芋虫』が原作と公に言いにくい諸事情があるのかなと思っていたら、どうもそれ以前の問題だったようだ。実際、当初は『芋虫』の映画化として企画されていた。若松監督が日本文藝家協会にタイトル使用の許可を求めたところ、150万円を請求された。「(小プロダクションゆえ)そんな金は払えない」と監督が断ると、「じゃあ、50万円でいいです」とあっさりダンピング。「バナナの叩き売りか!」と若松監督は激怒。題名を英語のキャタピラーに変え、脚本も『芋虫』に抵触しないように書き換えたという。こういうエピソード、若松監督らしいなと思う。
→ 映画のメモ帳+α:「キャタピラー


「バナナの叩き売りか!」と監督が激怒して、「原作者乱歩」を消し、脚本を書き換えたんだそうですね。う~む。そうなんだ……。確かに、「芋虫」とは似て非なる作品になっています。逆に、この内容で乱歩の「芋虫」が原作だと謳い文句にされてたりしたら、それはそれでひどいと思いますね。

いろいろな読み方があると思いますが、「芋虫」のテーマに「反戦」はありません。それは、乱歩自身が反戦的思想を持っていたかどうかということではなくて、作品のメインテーマとして「反戦」は成り立たないと思いました。この「キャタピラー」を見ると、その差がはっきりします。

若松監督の反戦の思想とはベクトルが全く違います。そりゃ、確かに、戦争は悲惨であり、軍神の妻になんてなりたくありませんよね。軍神でなくてもいいから、五体満足健康な夫を返してほしかったとすべての妻は思っただろうと思います。いや、父も母もそう思ったのです。大けがを負っても命拾いして戻った方が幸せだったか? それともそのくらいなら、いっそ死んだ方が幸せだったのか? それは難しい問題です。時代ということもあります。差別意識の問題でなくて、インフラとして。現代のように理解が進み、科学の進歩により環境が整備されている場合と、農家をやるにしても、機械化されておらず人の力が頼りであった時代に、四肢を失った男が戻ってきても、1どうにもならなかったであろうということも大きく関係します。愛すべき家族が戻ってきたという喜びなど、ふっとび大きすぎる重荷を背負うことになったと感じてもやむを得ないと思います。

それは、家族だけではなく、「軍神芋虫」と化した本人も同じだったと思います。いかに、軍神様として崇められようと、四肢を失うに至る戦地での体験は忘れられず、帰郷してもその記憶から逃れられず苦しみます。眠ることと食うことと、やることの生物としての三大本能を残したままなんですね。寺島しのぶ扮する妻シゲ子は、けなげにもそれを受け入れ、まさに必死で夫のために生きようとします。いや、「軍神の妻」などになってしまったら、立派にその役目を果たす以外に選択肢などありません。逃げ出すことはもちろん、泣き言をさえ許されなかったでしょう……。

戦争のもたらす様々な悲劇を、芋虫と化した軍神と妻という極端な例で描いているわけです。軍神でなく、生死すらも不明……。そんな家族はいくらでもいて、家族の分だけ不幸があった。それが戦争です。映画「キャタピラー」は反戦のメッセージは、作品の冒頭から、エンドロールまで、そして公開の日程でも強く示されています。


スポンサーサイト



映画:「大停電の夜に」~DVDで

2007-02-17-Sat
晴れって苦手。そもそも天気もそうでわたしはどっちかというと雨男なんて書くと、あ、そっちの話かとミスリードさせてしまうけれど、晴れ舞台とかの「晴れ」のこと。ま、そもそもは同じなんだと思うけれど。

わたしがそういうところに望もうとするときは、「おめでとう」よりも前に「馬子にも衣装」とか言われてしまったりして。もちろんそれは、わたしが「馬子」なのがいけないわけなのだろうけれど、せっかくの晴れ舞台にそれはない~(笑)。

結果、正月を祝う気も薄ければ(ないわけではない)、クリスマスも苦手。それはどうも、お商売のためにある、もしくは、誰かのためにあるものであるような気がして、普段怠け者のわたしが、否が応でも人様のために何かを買わねばならず、何かをしなければならないということなのかもしれない。そして、そういう特別の努力をするわりには、自分はちっとも満たされなくて、幸福そうなのはどうも回りにいる人ばかり……。そんな思いをつきつけられるようだ。

普段なら気づかなかった、あるいは気づいていてもなんとかごまかしがきいていた、不運とか不遇とか、不幸とか、不安を、なにかことさらに思い知らされる……そんな思いってたぶん、わたしだけじゃないと、ま、わたしは思っているのだけれど、「あ~あ、クリスマスなんてなければいいのに~」とまでは思っていない。

でも、何かあったらおもしろいのに……。たとえば、ちょっとしたアクシデントで全部停電しちゃうとか~って、こういう経路で発想されたとは思えないんですが、クリスマスイブに都心がほとんど停電しちゃう(それも長時間)って映画です。

大停電の夜に スペシャル・エディション (初回限定生産)
角川エンタテインメント (2006/05/12)
売り上げランキング: 13234
おすすめ度の平均: 4.5
5 隠れたクリスマス映画の名作
4 小さく温かいろうそくの灯火に癒されました
5 映画館のスクリーンで観なかったのが悔やまれる傑作!


たとえば、上司と不倫している女は。「わたしのクリスマスイブは23日なのよ」なんて言って、納得してるようにごまかしていた自分が、急に本当に寂しく感じてしまったり。やっと刑期を終えて娑婆に出てきた青年が、もう終わりだとわかっていても約束した女に会いたくなったり。よりによって入院している女だとか、なぜだか一人ぼっちでただ夜空の星を見つめて過ごしてる少年だとか、ちっとも帰ってこない夫を待ってる女だとか、果たされないと思いながら約束を信じてるジャズマンだとか、逆に無事に永年の重責から解放され退職を祝してパーティしようとしてる夫婦だとか、恋人が待つ母国への帰国を楽しみにしてる外国人ホテルマンだとか……。さまざまの人がいて、それぞれにクリスマスゆえに普段とはちょっと違った気分になるんですよね。

そして、それがいつものにぎやかなクリスマスだったら、なんだかこの世で自分だけが取り残されてしまってるように感じているのだろうけれど、町中が大停電になったんで、もうみんなが「こんなはずじゃなかったのに」って思う。そういう状況で、それぞれが、それぞれの思いで、自分を見つめなおし、過去を思ったり、受け入れたり、家族を思ったり、現実を受け入れたり、相手の見えない部分を発見したり……と、ま、そういう趣向になっている作品です。

それぞれ、20年なり、30年なり……60年なり、70年なり生きていると、もう考えられないほど人とであって、もうびっくりするほどの体験をしてることもあるのですよね。目の前にいる人は、ごく普通の、穏やかな人だとしても~。

おもしろい作品でした。また、見てみたい。「the有頂天ホテル」(→関連記事)が、大晦日の某ホテルのてんてこ舞いぶりをコミカルに描いているのとは対照的に、ひじょうにロマンティックに、落ち着いて、ムードたっぷりに描いています。もちろん、どちらもおもしろい作品だと思いました。
THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション
東宝 (2006/08/11)
売り上げランキング: 813
おすすめ度の平均: 4.0
4 盛りだくさんにしたかった、と言われれば反論できないが
3 期待してたほど面白くなかった…
4 こんなホテルに泊りたい


→ 映画「大停電の夜に」公式ページ

にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング

映画:「愛の流刑地」~コロナで

2007-01-16-Tue
「愛ルケ(=愛の流刑地)」を見てきました。

airuke.jpg


有能で多忙な夫と育ち盛りのかわいい子どもたち。いい暮らしぶり。そんな人妻冬香(寺島しのぶ)が望んだのは、そういう一見幸福な生活の中で埋もれてしまう自分の再発見だったのかもしれません。ひょっとしたら最初は、単調な生活から逃れるためのちょっとした恋のゲームだったのかもしれません。でも、最初はゲームのつもりでも、そんなことから真の愛の深まりが始まることもあるのですね。

それは、足を踏んだの、通路をふさいだの、肩がぶつかったのって、最初はほんとにうたいしたことのないことから、大きな喧嘩になって、相手を傷つけてしまう、そんな事件に発展してしまうように。「喧嘩」なら、あるいは腕に覚えがあったりなんかするのかもしれません。「恋愛」なら、心のどこかにわたしはまだまだいけるはず、俗に言う「もう一花咲かせたいわ」なんて気持ちがあるのかもしれません。あるいはそういう気持ちだったかも……。

作家村尾(豊川悦司)はかつて「愛の墓標」でベストセラーになりながら、今では全く売れません。売れないと言うより書けないのですね。もう老木のようなんです。なんとかしたい、蘇りたい。もう一度自分に情熱と勇気を与えてくれるような存在に出会いたい。村尾は強く願っていて、それを探していたのだと思います。二人は芽生えない老木と歌を忘れた小鳥だったのです。

村尾と冬香が、雨の日に神社で待ち合わせるシーン。それがポスターにもなっていた場面なのですが、村尾は老木に自分をたとえます。老木が再び芽吹くには光だけではだめで、水が必要だと。水は光のように老木に注ぎ、老木がもう一度ちいさな芽を生やすためには、そうした雨が必要だったと。確かそういってると最初はそう思いました。だが、あるいは、村尾は光だったのかもしれません。村尾は冬香にとっての光で、冬香は村尾におっての水……。そんな解釈もできそうです。そして、二人の愛はその日芽生えてしまいました。

身体ということもあるのでしょうね。眠っていた熱というか。エクスタシーというか。でも、それはただの肉体の快楽とは違います。渇いていたのは身体でなくて心なんです。じゃ、心が満たされればと思うのですが、それもちょっと違う。身も心もなんですね。身も心も相手に向けられること。相手を受け入れること。互いに求め合って、与え合っていけることなんです。心とだけいうのもちがっていて、身体と心とが一致することが大切なんです。全身全霊あるいはとでも言った方がいいのかもしれません。

現実的には二人の恋愛の先には破滅しかないってことはなかったのです。特に、村尾は一歩踏み出せば現実的な解決を示すことが可能な立場だったかもしれません。しかし、冬香にとってはそうではなかった。夫との生活も、子どもたちとの生活も全否定できないものだったはずなんです。だからこそ、自分がしてることは分裂なんですね。現実的な解決が可能であったとしても、その分裂は避けられない。

そして、なによりわかっていたのでしょうけれど、愛の結果としてそういう生活の安定みたいなものをを求めているわけではないってことなのでしょう。もっと、生活とは別のところにあるものなんです。もう、道が違う。修羅の道であり、獣道。バーのママ(余)が言うんですね。「世の中には二種類の男と女がいて、そうして、わたしはここにいる」って。破滅というか、捨て去って捨て去って、やっと一握りの真実を得たという感じなんでしょうか。それで生きていけるのか、それなくして生きていけないか、そのあたりがあれですね。

「愛」ということになるとそうなるかもしれませんが、同じく心の底から出てくる感情としては、「憎」ってのがあります。憎をむき出しにして追及していくと、暴力であったり、殺人であったり、放火とか、ま、そういう犯罪につながる。「欲」」というのもあります。欲をむき出しにしたら、社会でも、家庭でも、やはり破滅しかないでしょう。

安らかな生活、それは現実的愛かもしれません。夫婦の愛にしろ、家族の愛にしろ、満たされているのはすばらしいことです。憎悪でも、欲でも、足るを知るというか、自分を壊さない程度でなければならないものなのでしょう、きっと。そういう知恵というか、心構えみたいなものというか。時々、「緋夏集」に意味もなく、誰かを思うとか、恋の深淵に陥ったとか、迷路をさまよったとかいうような、詩とも落書きともつかぬ詩を公開していますが、ま、作家にしろ、詩人にしろ(ってことは詩人気取りなんですね)、こんなふうに作品化することで、実際は「破滅」のギリギリのところで踏みとどまっているのかもしれません。

お勧め度は、
熱病を知ってる人には★★★★★
熱病を知らない人には★★★
熱病が関係ない人には★★

主題歌は平井堅「哀歌(エレジー)」。★★★★★
哀歌(エレジー)
哀歌(エレジー)
posted with amazlet on 07.01.16
平井堅 亀田誠治 石成正人
DefSTAR RECORDS (2007/01/17)
売り上げランキング: 40
おすすめ度の平均: 5.0
5 さすがは平井堅!よく出来上がった曲です!


にほんブログ村 映画ブログへ

映画:「赤目四十八瀧心中未遂」~DVDで

2006-12-30-Sat
実は「ヴァイブレータ」見たときに、前後して借りていたのだけれど、記事にできてなかった作品。主演の寺島しのぶはこの年「赤目……」と「ヴァイブ……」との高評価で主演女優賞を総なめにしたそうです。

原作は直木賞受賞作家の車谷長吉の同名小説です。なんでも「最後の私小説作家」だそうですんで、ぱっとしない貧困生活もさることながら、そこから一抹の希望を抱き、そのはかない綱に賭けながらも貫徹することなく生きながらえ、自省的作品を残すってなことになっているようなのですけど、そのあたりはどんなもんでしょうね(自分で見てみて)。
赤目四十八瀧心中未遂
車谷 長吉
文藝春秋
売り上げランキング: 48417
おすすめ度の平均: 4.5
5 近年まれに見る傑作
5 小説家というより、今は懐かしい「文士」という呼び方が相応しい作家…のような気がする
5 物語的な面白さ


ストーリーとしては、なにやら生きるのに疲れ果てた青年が、あるアパートに流れ着くんです。彫物師や、売春婦などいかにもという住人たちが住んでいます。そもそも世話をしてくれた管理人の焼鳥屋(卸?)も、怪しげなんです。なんか密売とかしていそうで。アパートの前にはお地蔵さんがありまして、そこで瀧で死んだ子どもの親が、子どもを見立てたマネキンに話しかけているなんて状況は、反社会的な人たちとか、経済的に貧困な状況の人たちだけでない、精神的な面で苦しむ人たちの存在も示しています。

青年はそのアパートの管理人に言われ、焼き鳥の串を刺して食いつないでいます。これしか生きるすべがなくなったと言う感じなんですが、それにしてはきまじめで、そして意外に計画的に単純作業ができるんですね。こういうふうなら十分表社会で「普通に」生きていける可能性を感じさせるのです。それがちょっと謎というか、味噌かも。

そういう、世の中の裏というか、日陰というか、そうしたところに落ちぶれながら、青年は一人の女綾(寺島しのぶ)と知り合います。もちろん知り合う前は「謎の美女」であり、「妖しく怪しい女」でもあるわけなのですが、こういうアパートの住人ですからそれなりに訳ありなのです。お互いの孤独と困窮のが二人を結びつけ、理解しあい、やがて深い仲になっていく、そして突きつけられる現実に二人はタイトルにあるように、絶望を抱えながら、はかない愛を信じるように、赤目四十八瀧を登っていく……という感じなんですけど、タイトルは「……心中」ではなくて「……心中未遂」となっているところが、謎というか、味噌なんですね。

赤目四十八瀧心中未遂
ビデオメーカー (2005/02/22)
売り上げランキング: 30099
おすすめ度の平均: 4.0
5 面白いですよ
5 原作に劣らない映画
5 赤目で。


にほんブログ村 映画ブログへ
HOME NEXT