FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

再び朝青龍不在の九日~平成19年度九州場所

2007-11-20-Tue
九日目。

上位対戦を終えてる安馬が、調子は悪くないと思うのですが、ふっとばされる感じで1回転。土俵にうまく受け身をとりましたので、怪我はなかったのですが、これで4敗目です。上位との対戦が終わっているだけに、もったいないというか、油断したというか、あるいは、ま、上位には思い切りのいい相撲をとるが、下位への力の入れ具合がまだわかってない(?)、いつもの安馬という感じがしないでもないですが、ま、最重量で大関経験者の雅山を「下位」に含めてしまっていいのかどうかはちと疑問ですけど。

対戦とは直接関係ない話題で、北の湖理事長の記者クラブとの懇談会(19日)の発言の記事がありますね。
 → 不入りの九州場所会場 マス席改装(スポニチ)
・帰国中の朝青龍について「体を動かしているとは思うが、力士と稽古をしていない状況。相撲勘をどこまで戻せるか」と不安視。
・不入りが続く福岡国際センターの砂かぶりとマス席を来年から全面改装。「(マス席は)両国と同じ大きさにする」。

両国も九州もいったことがありませんけれど……。

千代大海はいいですね。あの細かい突っ張りが不思議なくらい通用します。それを殺されるような圧倒的な出足のある相手や、それをしなかやにしのぐような柔らかさをもってる相手にはちょっと苦戦するんでしょうが、ま、朝赤龍にはうまくヒットしました。

カド番魁皇4敗目。優勝争いをする上位との対戦が残っていますんで、あと3つはどうでしょう、ギリギリになってくるのでしょう。白鵬、大海、琴光喜に全部やられるということも、残念ながら大いにあるわけで、するともう下位には負けられないことになります。いよいよ正念場です。

白鵬、琴光喜はそろって勝ちましたが、豪栄道は連敗。一方、出島はいい。身体がもどってきているのと、やっぱり琴光喜の大関が効いてるんだと思います。同じくベテラン若の里と並んで2敗。番付的には下位の把瑠都も有利だったりしますね。

成績優秀者
 → サンスポ:19年度九州場所星取表
1敗千代大海
2敗白鵬、琴光喜、出島、若の里、把瑠都
・十両は境沢がただ一人九戦全勝。1敗力士なし。

大関予報
 → 野さいスープ:「大関予報番付発表(平成十九年九州場所前版)
場所安馬
5月場所関脇8勝7敗
7月場所関脇7勝8敗
9月場所小結10勝5敗
今場所小結5勝4敗


目多掘部屋勢
 → 「POG:ドリーム大相撲への参加
西横綱朝青龍ややややや・やややや全休★
大関琴光喜●○○○○・○○●○7勝2敗
小結安馬○○●●○・●○○●6勝4敗
前頭筆頭豊真将●●●●●・●●○●1勝8敗★
西前頭6豪栄道●○○○○・○○●●6勝3敗
前頭16把瑠都○○○○○・●●○○7勝2敗
前頭12露鵬●○○●○・○○●●5勝4敗
 今日の成績:2勝4敗
 → バカピカさんのブログのまとめ記事(全体個別

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
大関琴光喜●○○○○・○○●○7勝2敗
十両11市原○○○●○・●○○○7勝2敗
西幕下16玉飛鳥-○●-●・-●--1勝3敗
西幕下40武雄山●--○-・●-●-1勝3敗
西序二段35玉海山○--○-・○●--3勝1敗
西序二段56舛名大●--○●・-●-●1勝4敗★
市原7勝2敗!
・舛名大残念負け越し。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング

再び朝青龍不在の中日~平成19年度九州場所

2007-11-19-Mon
中日です。

福岡国際センターは満員御礼出てません。朝青龍の不在も影響あると思うんですけどね。白鵬じゃダメとか、千代大海と魁皇じゃダメとかいうのじゃないんです。二人横綱の方がやっぱりいいということは絶対に言えますね。そして、やんちゃ坊主で暴れん坊の、ちょいワル横綱を、優等生のぼんぼんさわやか横綱がやっつけちゃうのがいいんですわ。朝青龍がいてこそ白鵬が引き立つっていうか。

昨日(中日)だって、成績優秀者の全勝の千代大海と
1敗の白鵬、琴光喜、豪栄道の4人が全員負けちゃいました。バタバタって。こういうときに負けないのが朝青龍なんですわ。しめたとばかりに下舐めずりして、期待の新鋭なんかをば~んと叩きつけて、どうだと見栄を切るんですよ。もし、朝青龍がいたら……。そこが憎々しいんですよね。それがいないんですね。おもしろさが全然違いますわ。

ま、そんなふうにくさしてないで、安馬を誉めないといけませんね。巻き込むような下手投げ。いいじゃないですか。安馬は回転の力で下へ崩すような投げ技を使ってますね。うまく言えませんけど。
場所安馬
5月場所関脇8勝7敗
7月場所関脇7勝8敗
9月場所小結10勝5敗
今場所小結5勝3敗

まだ早いですけど、今場所はすでに上位対戦を終えてますから。そして白鵬を連破してますから。今場所2桁で、来場所は大関挑戦ですね。

豊真将に初日が出ました。しだいに相撲がよくなってきているので、後半期待です。

千代大海は出島に押し出されて初黒星。そんな気がしました。出島がいいんです。いいときの出島にはちょっと……。

豪栄道は善戦でした。同じ負けるにしても、こういう熱戦の末惜しくもってのは、やっぱいいです。

成績優秀者
 → サンスポ:19年度九州場所星取表
1敗千代大海
1敗白鵬、琴光喜、出島、豊ノ島、豪栄道、若の里、把瑠都
・十両は境沢がただ一人8連勝。
目多掘部屋勢
 → 「POG:ドリーム大相撲への参加
西横綱朝青龍ややややや・ややや全休
大関琴光喜●○○○○・○○●6勝2敗
小結安馬○○●●○・●○○6勝2敗
前頭筆頭豊真将●●●●●・●●○1勝7敗
西前頭6豪栄道●○○○○・○○●6勝2敗
前頭16把瑠都○○○○○・●●○6勝2敗
前頭12露鵬●○○●○・○○●5勝3敗
 今日の成績:3勝3敗
 → バカピカさんのブログのまとめ記事(全体個別

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
大関琴光喜●○○○○・○○●6勝2敗
十両11市原○○○●○・●○○6勝2敗
西幕下16玉飛鳥-○●-●・-●-1勝3敗
西幕下40武雄山●--○-・●-●1勝3敗
西序二段35玉海山○--○-・○●-3勝1敗
西序二段56舛名大●--○●・-●-1勝3敗
市原6勝2敗!

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング

朝青龍がいない五日め~平成19年秋場所

2007-09-14-Fri
ダイジェストを見ることができました。ちょっと見ようかなという気になってきて。ま、わたしがなんだかんだといっても、そもそも気まぐれですから。

滑稽本さんがコメント欄で教えてくださったように、安美錦がとってもいいですね。しぶとくて、巧くて、さらに勘もいいのでわたしも好きだったんですけど、朝赤龍とはそういう面の差が出ましたよね。土つかずの5連勝。mimuraさんが、安美錦の連勝を祝って、思わず「アミーゴを募集!」などと書いてます。ちなみに、無敗は春日王と二人だけ

それと、安馬が千代大海を破ったのもすごかったですね。左の踏み込みと伸びた左手。千代大海が突ききれず、そのまんまごろんと転がされました。大関がゴロン~。初日は横綱の背中にベッタリと土をつけましたしね。わたしは安馬すごいと思います。次の大関というか、次の横綱候補ですよね。まだ早いか~(笑)。

それと、今知りましたが、4日め通算勝利が武蔵丸に並んだ魁皇が6日目より休場のようです。「名古屋場所、勝ち越した後の12日目に左太ももを痛めて残り3日を休場。今場所も5日目まで1勝4敗と不振で、「力が入らない」などと話していた。」
 → BIglobeニュース:「大関魁皇が休場=大相撲秋場所6日目」

osumokaio706.jpg


ちょっと前ですが、「朝青龍に笑顔が戻る」ってニュースがありましたよね。ついでに、書いておきます。「精神的に落ち着き、無表情もなくなり少し笑顔も出るようになってきた。当初あった不眠や食欲不振も回復している」そうです。
 → asahi.com:療養中の朝青龍に笑顔も、オリヨル医師が記者会見

さらについでですが、横審の内館委員が引退勧告しています。「あくまで個人的な発言」だそうで、「引退声明を出した方がいい。自分で花道をつくる。早めに引退会見してお辞めになった方がいいのでは。それに匹敵することをしたのですから」「やっていることが女々しい。晩節を汚さないようにしてほしい」とおっしゃったそうです。
 → スポーツ報知:内館横審委員が朝青龍に引退勧告

晩節を汚そうが、なんだろうが、朝青龍に戻ってきて欲しいです。ってか、勝手に今が晩節だなんて決めんなよ~。晩節はまだまだ先だと思うけど~。(笑)

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧
西大関琴光喜○○●○○
幕下筆頭市原○-○-○
西幕下8玉飛鳥-●●-○
幕下26武雄山-●○-●
序二段82舛名大-○-○○
序二段116玉海山○--○-
市原あと1勝です。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング

安馬が出身地変更「ゴビアルタイ」~大相撲

2007-03-17-Sat
大相撲小結安馬が出身地を、今までウランバートルとしていたのが、「ゴビアルタイ」へと変更したとGacktohさんが書いてました。元ネタは読売新聞の記事だそうです。

今場所から出身地の登録を変えた。生まれ育ったウランバートルから、昨年末の交通事故で失った父、ダワーニャムさんの出生地ゴビアルタイ県に変更。モンゴルの西の端に当たる辺境の地だ。取組前に館内にその名が響くたび、闘争心が駆り立てられて、「気合が入る」。
   読売新聞:「安馬、緩急自在の攻めで春日王のパワーを封じ込め」の全文を読む……


別に意識して聞いているわけではないので気づかなかったのですが、一時期、モンゴル出身者ってみんな「ウランバートル出身」って言うけどほかにないんだろうか? って思っていたくらいで、それほどこのゴビアルタイってのは新鮮だった。

「ゴビアルタイ」と続けれられるとわからないが、「ゴビ」と「アルタイ」ならいくらかイメージがないでもない。「ゴビ」といえば「ゴビ砂漠」が思いつくし、「アルタイ」といえば「アルタイ語」という言語があって、そういえば日本語には「アルタイ起源説」みたいのがあったのだ。(参考:Wikipedia:「日本語アルタイ起源説」

んじゃま、ついでにちょっと検索してみようということになって検索してみました。まず。地図。いろいろ見ましたが、この地図が位置的にはわかりやすいです。「GOVI-ALTAY」と書いてありますね。でもって、こんな感じのところのようです。Human and Gioscience+:「モンゴルを行く~ゴビ・アルタイ地域」(http://www.human-g.com/MN2-1.html)

写真でも砂漠っぽいのがわかりますが、そもそも「gobi」の意味はがモンゴル語で「砂漠」ってことになっておるそうです(wikipedia「ゴビ砂漠」)ので、「ゴビ・アルタイ」の「ゴビ」はゴビ砂漠を踏まえているものと推測されます。

こちらのおもしろい記事(てんきやコラム「#25: 黄砂に吹かれて 」)がありまして、モンゴルと中国にわたるようにある「ゴビ砂漠」やそのさらに西方に位置する「タクラマカン砂漠」から、黄砂はやってくるのだそうです(この記事付属の写真で「ゴビ砂漠」の一般的な位置はわかりますが、境界とかわからないので「ゴビ・アルタイ」が、上で推測したようにゴビ砂漠と関連が深いか、それとも単に「砂漠」ってだけで、本当はタクラマカン砂漠と近いのかというは、ちょっと見極めかねますね)。

先日見た映画「蒼き狼 地果て海尽きるとも」(→関連記事)は現地ロケと現地の市民エキストラ、そしてモンゴル軍のエキストラなどの協力のもと壮大なスケールの作品にできあがっていました。「モンゴルでロケ」というだけで、モンゴルのどこでということを言ってないので(検索してもさっと見つからない)、ついでに調べようと思ったけれど、ちと残念です。



にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
RREVHOME NEXT