FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

仔猫のために、あえてひとこと。

2006-08-26-Sat
ずっと記事にしたかったけれど、なかなかできなかったんです。なんというか、わたしの結論は「わたしはペットを飼ってない」なんです。

ネットに転載された坂東眞砂子のエッセイやその反応などを読んで、坂東の考えを理解しようとつとめました。一応、自分なりには理解しました。(問題のコラムはここ

すべての動物、植物に関わらず、「生きること」「子孫を残すこと」がおそらく絶対善としてあるということですね。そして、「自分が生きるために他の生命を奪うこと」もありなわけなのでしょう。それは、生命の維持のために他の生命を食らうことであり、生存競争であり、正当防衛でもあります。

そういうことを考えていると、「まずもって自分が生きること」が第1になってしまうのでしょうね。で、坂東が言いたかったのは「人工中絶は胎児の命を奪うことってよく問題になるけど、避妊処置手術だって、生命の根元的権利の一つを奪うことだ」ってことだと思うんです。もちろん、「生まれてきた生命を奪うことは人工中絶よりももっと明確に悪(残酷)だとされてる」と思います。そんなこと、板東がわからないはずがないんだけれど、実際それをやっちゃってるって書いてるんで、そこは違うだろって話になってるんですね。

こういうのはひとつの確信犯的な行為かもしれないのだけれど、作家になってくると、「どういう行動をしたか」ということよりも、「どういう意識を持ってそれをしたか」の方が大切になってくるのかもしれません。

だから、平たく言えば、「猫の避妊手術して罪の意識を感じないでいる」ことと、「充分に罪の意識を感じながら仔猫殺しをする」ことって、残酷性(残虐)と精神性(罪の意識)という点でのプラスマイナスを考えると、ほとんど変わらないってなことに来るんじゃないかと、ま、解釈しています。板東の主張を。

ただ、その到達点が「(罪の意識を感じながら)実際殺しちゃってる」っていうのは、やっぱりちょっとまずったかも。本当は、坂東は「(中絶も避妊も含めて)同じ殺すなら、もっと罪の意識を感じなさいよ。感じる想像力がないなら、実際感じられる手法(仔猫殺し)でやりなさいよ」ってくらい書きたかったんだろうと思います。

だけど、実際やってしまうのはね。やっぱりそれはダメでしょう。結局坂東にいいたいことは、「実際に殺すのはおやめなさいよ。作品を通じてそれを知らせるのが、作家の仕事でしょうから」ってことになってきます。

猫たちの冥福を祈ります。

一応まとめというか、大相撲関連でお世話になっている、過去物語さんのこのあたりの記事を読んでいけば、いろいろリンクされてます。
局の独り言:≪直木賞作家・坂東眞砂子≫「私は子猫を殺している」
 〃 :≪直木賞作家・坂東眞砂子≫「子猫殺し」 背景に「日本嫌い」 

ま、わたしが記事を書く気になったのは、keeponさんが書いていたからですが。(→ シネマと寝言の日々:「今日の嫌なニュース」

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



HOME