FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

第61回正倉院展で琵琶を見る~奈良国立博物館

2009-10-30-Fri
先日やっといくつかの多忙な事情が一段落し、ふっと時間がとれましたので、奈良国立博物館で開催中の第61回正倉院展に出かけてきました。
 → 正倉院展の公式ページ

愛知県はクルマの町豊田があるおかげで、高速道路も整備されておりまして、朝8時前にこちらを出ますと、平日ですと、道路事情にもよりますが2時間余りで奈良に着くことができます。

公式ページによりますと、正倉院展開催中は休館なしで、しかも金~日曜日は午後7時まで開館しているということですが、なにぶん大混雑が予想され、道路の面でも、会場でのことを考えても、なんとかウィークデーに行けたらいいと思っていましたが、いろいろなやりくりがうまくいき、ふっと平日に時間がとれたのです。しかも、温かな、まさに小春日和と呼ぶにふさわしい日でした。

しかし、驚いたことに、最寄の駐車場はすでに満車、国立博物館を春日大社側にやりすごし大きく右に回ってしばらく進んだ兼営駐車場におかなければならないほどでした。徒歩15分……。土日でしたら、ここも満車だったかもしません。さらに、博物館には入管制限があり、15分待ちの行列でした。平日に言って正解とういべきか、平日でもこんな具合なんだと驚きました。

日本史について、はっきりいってわたしは詳しいほうではありません。いろいろ読んではいるのですが、ちっとも頭に入らないということもあって、正倉院がシルクロードの東の終点というようなことはわかっていても、あとは校倉造りだとか、そんな言葉しか思いつきません。
 → Wikipedia:「正倉院

だから、歴史的に意義あるものを見るというよりは、美しいものや素晴らしいものを見るという、そういう感覚で見に言ったのです。いくつも目玉があるのでしょうが、わたしが回った印象で、一番印象に残っているのは、「紫檀木画槽琵琶(したんもくがそうのびわ)」です。これは「平螺鈿背円鏡(へいらでんはいのえんきょう)」と並んで、今回の中心的展示でしょうが、これが楽器というところが、非常に不思議でした。琵琶というと琵琶法師しか思いつかないわたしには、どんな演者がどんな衣装でどんな曲を弾いていたのだろうかというのが、大いなる謎でした。

だって、そうでしょう。全く鳴りもしない形ばかりが琵琶で、見てくれだけが豪華な楽器……。そんな楽器が意味があるでしょか? 演奏するために作られたものでなければ、それはそもそも楽器ではなく、楽器に似せたオブジェとか小道具とかでしょう。音色のよさや、演奏のしやすさを追求していけば、見事なまでの装飾は蛇足も蛇足、むしろ邪魔もの以外の何ものでもない、そう考えるとここまでする意味は何? と思われてしまうのでした。もっとも、音楽鑑賞自体が一部の選ばれた人の、贅沢な娯楽であったときに、演奏を楽しむ側から見れば、見た目にもすばらしい楽器からきれいな旋律が流れてくることは、格別の意味、それは至福の時間であり、貴賓を接待するときなどには大いなる意味があったtも思われます。琵琶である以上は少なくともそこそこの音色を奏でなければ、そして、それが宝物であるからには並々ならぬ音色でなければならないはずだと思うのですが、楽器としてのできばえはどうなんでしょうか。

イヤホーンガイドからは「番假祟」という曲を流してくれていました。なんでも正倉院から発見された世界最古の琵琶の楽譜だそうで、天平19年(747年)の日付けのある写経所の書類の裏に書かれていたそうです。全体に、鹿の角だとか象牙や貝がらなどで、精緻なまでのモザイク画が施され、演奏の際に撥(バチ)があたる部分(「捍撥(かんばち)」というのだそうです)には、虎狩をする馬に乗る人々や、宴会をする模様が描かれている……この贅沢な琵琶から、こんな地味な感じの曲が流れていたとは、なんとなくギャップを感じていました。


スポンサーサイト



HOME