FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

「何もしない人の医療費、なぜ払う」って、それが福祉だからです。

2008-11-27-Thu

「何もしない人の分なぜ(医療費)払う」麻生首相」(iza)
麻生太郎首相が20日の経済財政諮問会議で、「たらたら飲んで、食べて、何もしない人(患者)の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」と発言していたことが26日に公開された議事要旨で分かった。

 首相は、努力して健康を維持している人が払っている税金が、努力しないで病気になった人の医療費に回っているとの見方を示した上で、「努力して健康を保った人には何かしてくれるとか、そういうインセンティブ(動機づけ)がないといけない」と話した。

同じことは、YOMIURI ONLINEでも記事になってました。「首相「何もしない人の医療費、なぜ払う」、諮問会議で発言

麻生首相が20日に開かれた政府の経済財政諮問会議で、社会保障費の抑制を巡って「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」と発言していたことが、26日に公開された議事要旨で分かった。

 与謝野経済財政相が社会保障費の抑制や効率化の重要性を指摘したのを受けて、首相は出席した同窓会の話を紹介しながら「67歳、68歳で同窓会にゆくとよぼよぼしている。医者にやたらかかっている者がいる」、「彼らは学生時代はとても元気だったが、今になるとこちら(首相)の方がはるかに医療費がかかってない」とも発言した。

 健康を維持し、病気を予防することが社会保障費を抑制することにつながることを強調する“麻生流”の発言とみられるが、病気になって医療費を支払う人が悪いとも受け取れる発言で波紋を呼びそうだ。

うへぇ~。断片的に聞いて、その言葉だけをとらえて批判するのは極力やめようと思っているのですが、ちょっと見過ごせないので、記事にしておきます。もし本当にこんな発言をしたとしたら、あまりにひどすぎ、お粗末すぎで、マンガチックな思考です。もう、マンガ読まなくていいですから、もう少し新聞でも読んでください……(苦笑)。

なぜって、それが「福祉」ってものだからでしょう。これを否定したら、「福祉」の全否定だと思います。老人だって、子どもだって、障碍者だって、病人だって……、見方によっては「たらたら飲んで、食べて、何もしない人」でしょう。そういう人をみんなで支えるのが福祉ってことになってるんだと理解して、真面目に税金払って、健康保険も払って、介護保険料も払って、年金も払って……してますけど、なんですか、拒否していいんですか? わたしが病気になったら、「お前は努力が足らなかったから、医療費の補助は減らしてもらう」とでもおっしゃるんですか? きっと、身近に理不尽な病気に苦しみ、生まれつきの障碍に辛い思いをなさってる方がいらっしゃらないんでしょうね。そういう家族をもち、自ら支えまた支えられながら生きている人の気持ちなど、きっとわからないのでしょうね。「なんで私が払うんだ」なんて言葉しか浮かんで来ない人が首相であるのが情けないです……。

こんなことを平気で発言するやつの給料を、なんで私が払うんだ?と言いたいです。

・総理大臣ってどうしてリコールできないんだろう……。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



「関東大震災が起こればチャンス」か……。

2008-11-12-Wed
偶然ですが、兵庫県の話題が続きます。

ちょっとにわかには信じられないのですが、兵庫県知事が、近畿ブロックの知事会議で、「関西経済の活性化」をテーマにした議論の中で、「関東大震災が起きれば相当ダメージを受けるから、これはチャンス。チャンスを生かさないといけない。防災首都機能、第二の首都機能を関西が引き受けられるように準備が必要だ」と持論を展開したのだそうです。

兵庫県知事「不適切」発言 広がる波紋

兵庫県の井戸敏三知事が11日、和歌山市内で開かれた近畿ブロック知事会議で、「関東大震災が起こればチャンスだ」などと述べたことに対し、会議に出席した他府県の知事らからは「不適切だ」と批判が相次いで。災害時の都市の補完機能の重要性を指摘した発言で、井戸知事は同日夜、「言葉遣いが適切でなかったとしたら、反省しなければならない」と釈明したが、阪神大震災を経験した県の知事の発言に、被災者らの反発は必至で波紋を広げそうだ。

一応、井戸知事の考えを理解はします。政治経済文化、すべてが東京一極集中という現状をなんとか打破したいと普段から歯がゆく感じていらっしゃったのでしょう。なんとか関西地域浮上のチャンスをといつもお考えだったんでしょうね。

確かに、実際このまま何にもなければ、東京一極集中という現状が変わるなんてことはありそうもないわけです。そういう意味では、大被害をもたらすだろう関東大震災の問題について語ること、そして、首都機能の分散もしくは補完ということについて考えが及んでくれば、それは、阪神地域のみならず、中部圏に住むわれわれにとっても、「うちにも首都機能の分散、補完を!」と、手を上げるいいチャンスであることは、一応理屈としてはアリなんでしょう。たとえば、「都市機能の一極集中について、大地震が予想されている現在、それは地方にとって、ある意味現実的なチャンス」という言い方になるのはわからないでもないんです。

しかし、それを、「関東大震災が起きれば相当ダメージを受けるから、これはチャンス。チャンスを生かさないといけない」なんていう言い方をしたらおかしいでしょう。「ダメージを受けるからチャンス」という、そこが問題なんですよ。

井戸知事、わからないんなら、うかがいましょう。その「ダメージ」の中身ってのは、具体的には何なのですか?と。阪神・淡路大地震の場合は

死者:6,437名 行方不明者:3名 負傷者:43,792名
死者の内訳は、県内6,402名(99.5%)・県外32名(0.5%)

負傷者のうち重傷者は県内10,494名(98.2%)・県外189名 (1.8%)
軽傷者:県内29,598名(89.4%)・県外3,511名(10.6%)
死者の県内県外の比率から見て県内の負傷者数は混乱のなか、正確には数えることができなかったと推定される。

避難人数 : 30万名以上
住家被害 : 全壊104,906棟、半壊144,274棟、全半壊合計約25万棟(約46万世帯)、一部損壊390,506棟
火災被害 : 住家全焼6,148棟、全焼損(非住家・住家共)合計7,483棟、罹災世帯9,017世帯
その他被害 : 道路10,069箇所、橋梁320箇所、河川430箇所、崖崩れ378箇所
被害総額 : 10兆円規模
  ※Wikipediaより

という……、これが「ダメージ」の中身なんですよね。まさかお忘れではないと思うのですよ。あの大災害の地獄のような状況を……。建物や道路などの崩壊、消しようのない大火災、恐ろしい数の住民の死傷……。住民の財産が破壊され、大切な命を落とすものが出てくることを、「ダメージ」という言葉でくくって、「ダメージを受けるからチャンス」なんていうのは、さすがにちょっとおバカと思います。想像力が欠けているというか、机上の空論というか。

この言い回しを生かしつつ、舌足らずを補えば「関東大震災が起きれば相当ダメージを受けるということははっきりしているのだから、これについて考え、そなえておくことはチャンス。チャンスを生かさないといけない。防災首都機能、第二の首都機能を関西が引き受けられるように準備が必要だ。今のうちから備えておくことが、関西地区はもちろん日本全土にとってもよかったということになる。阪神淡路大震災のときには、皆さんにいろいろと助けられた。真に恩返しをするのはその時だ」くらいなら、むしろよかったと思うのです。

この後、マスコミやワイドショー、ネットなどがどのようにとらえ、どう扱うかわかりませんが、ひょっとしたらご本人が思っている以上に重い発言だったとうことになるかもしれません。「東京に行った企業が関西にカムバックするよう呼びかけていかねばならない」なんておっしゃってるんですけどね、自分とこの県が大震災に見舞われた時には全国各地から助けてもらっておきながら、「関東大震災が起きれば相当のダメージを受けるから、阪神地区のチャンスだ」なんていけしゃぁしゃあと言ってる知事がいる県に、日本を代表するような企業は行きたいんでしょうか? いるかもしれませんね。ぜひ、そういう会社は、「関東大震災が起きたときには相当ダメージがあるからチャンス。うちの会社はそのチャンスを狙って兵庫に来ました」と広言して欲しいもんです。

それにしても、知事というのは、国会議員から選ばれる総理と違って、県民が直接選挙で選んでいるわけなのですから、もっとまともな人であってほしいと思いますよ。

あの日をわすれない はるかのひまわり (PHPにこにこえほん)
指田 和子 鈴木 びんこ
PHP研究所
売り上げランキング: 264527
おすすめ度の平均: 5.0
5 阪神大震災で亡くなったはるかちゃん
5 風化させないように
5 伝えること、つなぐこと、生きること。
5 涙・涙・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ

「事故米」が「汚染米」になった今、太田農相の「やかましい」発言を見直す。

2008-09-18-Thu
「事故米」という言葉が、何か、事態を軽く印象付けてるようで気に入らないと思っていたら、最近、「汚染米」という言い方に変わってきてますね。この言葉はこの言葉で、ちょっと、「お洗米」っぽくて嫌なありがた迷惑な響きだと思わないでもないのですが、「事故米」よりはいいかもしれません。実際は、水に濡れてカビてしまったような、純粋事故米もあるかもしれませんが、メタミドホスが検出されたりしているようでして、やっぱり「汚染米」なんでしょう。ちょっとしっくりしませんが。

詳しく読んだわけじゃないので、正確なことはわからない……というか、かなり一生懸命読んでも、正確なことはわからないくらい複雑らしいのですが、簡単にいうと、日本は農業政策というか、食料自給率のことももちろん関係するのでしょう、農家を保護するということで、輸入米には高い関税をかける一方で、WTOの取り決めて、ある一定料の米を輸入しなければならないということになってるようなんです。

で、輸入米を検査すると、カビが生えていたり、メタミドホスが入っていたりして、食用にするには不適切ということになってしまうんで、これを工業米として扱うということになるようなんです。で、そもそもどうなんでしょう、食用として適切な米でなければ返品し、きちんと食べられるものをもらうべきだと思うのですが、どうしてそうしないのでしょう? ちょっとここに、全くの素人ながら、ゲスカンしてしまうのは、同じく農家保護の立場からは、「おいしく食べられる高価な輸入米」であるよりも、「食用には適さない安価な事故米(汚染米)」くらいの方が、むしろ農水省にとって、都合がよかったのではないかということです。むしろ、おいしく高価な輸入米の方が、日本の農家にとっては同じく都合が悪いというか……。ま、これはゲスカンというか、ちょっと【邪推】です。

で、事故米(汚染米)ですが、建前で説明されているような「接着剤」や「糊(のり)」の原料として使用されるということは皆無に近く、実際は、ストックが増えて増えて困ってしまっていたようなんですね。だから、安く買ってくれる三笠フーズのようなところはありがたかったと……。三笠フーズが工業用に転売してるといえば、渡りに船とばかりにありがたくその仕組みを利用して、円滑に事故米(汚染米)がさばかれていくことを、農水省としても喜んでいたような印象さえあります。

そして、「焼酎」「米菓(せんべい・あられなど)」そして「病院や福祉施設などの給食」にまで流通していたことがあきらかになっています。マジで? ほんと、驚くというか、怒るというか、その前に開いた口が塞がりません。ここで思いついたのは「未必の故意」……。メタミドホス入りの餃子であんな事件になってるのです。メタミドホス入りの米が危険であることを知らないはずがない……。製品を回収した焼酎会社や製菓会社もお気の毒ですが、あるいは被害額がきちんと算定できたら、三笠フーズに請求できるかもしれませんが、給食で食べてしまった人たちは、泣き寝入りなんでしょうか? 徹底的に責任をとってもらいましょう~。

さて、農水省です。この三笠フーズに繰り返し検査に入ったが、全くわからなかったそうです。それどころか、担当の課長が三河フーズ三笠フーズに接待を受けていたというような報道もあります。ご当人は「接待ってほどのものじゃない」と言ってるようなんですけど、問題になってます。

そして、ついでに思い出されるのが、ちょっと前の、太田農水相の「国民がうるさいから発言」です。YouTubeに載ってました。



う~む。どうなんでしょうか、これ。問題にされてるような「消費者や国民がやかましいから、一生懸命やる」というふうに言ってるわけではないと思います。むしろ、逆だと思います。太田農相の考えの根底にあるのは「消費者や国民がやかましいから、企業や農家、つまり生産者がきちんとそれに応えないとならない、そういう状況にある。(つまり、国が出る幕はありませんよ~)」と言ってるように聞こえます。つまり、基本的には、ほかっておいても安全だろうという甘い考え方あると思うのですね。

このYouTubeの最後のところだって、「今でも日本は安心なんだけれども、消費者や国民がやかましいから。だけども、さらにそれを徹底してやっていきたい」というように言ってると思います。「消費者や国民がやかましいから、基本的に安全ということでいけるだろう」という発言だと、理解しました。

そこで記事にとりあげたかった麻生太郎の擁護。これ違ってると思いましたよ。「やかましい」は「よく知っている」という意味なんてのは、牽強付会、こじつけもはなはだしいです。

「やかましい」は、「よく知っている」という意味--?

太田誠一農相が食の安全について「消費者がやかましいから徹底する」と発言した問題で、「問題視する方がおかしい」との意見が19日の自民党役員会で出席者から出た。麻生太郎幹事長も役員会後の記者会見で、太田氏擁護論を展開した。
 → 毎日新聞:「やかましい発言:麻生自民幹事長が太田氏擁護論

たしかに、「味にうるさい」とか、「演技にはうるさい」という言い方をすると、ただ、「やかましい」という意味ではなくて、「目が肥えていて評価が甘くなく、いろいろと注文をつける」というような意味です。そういう意味の「うるさい」もある。だから、「やかましい」にもそういうニュアンスの使い方が、ひょっとしたらあるかもしれません。

ただ、太田農相は「消費者としての国民が、いろいろとやかましく言う。それに応えざるを得ない」という言い方をしてるわけで、「やかましく言う」という言い回しです。ここを、麻生のいうように「よく知ってる」なんていう意味には置き換えられません。あとづけの言いわけでしょう。「岡崎でよかった」発言がなくても、ちょっと麻生ってどうかなぁと、ま、このとき(というか、前々から)思っていたのです。

それに対して、福田総理が何か擁護したようですが、この「チャンネル桜」の言うとおりなら、むしろ福田総理の解釈が正しいと思います。

福田首相が「日本の消費者がよい選択眼を持っていて、生産者を育てた。クルマなどはいい例だ」というような擁護論展開していて、それはそのとおりだと、この「チャンネル桜」の人(すみません、お名前存じ上げてません)は指摘するのです。

問題にされた太田農相の「やかましい発言」については、わたしも福田総理の「日本の消費者がうるさいがゆえに、生産者ががんばり、品質が向上した」という解釈で全然構わないと思うので、その点はそれでいいのです……。そして、農業もそうでした。形がきれいでおいし野菜。大きさが揃っていて、均一な作物。そうしたものが1年中安定的にある。日本の農業はすばらしい品質を提供することで、うるさい消費者に応えてきたと思います。

ところが、こうして「汚染米」がこんなに大事件になった今、この太田農相の発言を聞くと、「やかましい」という言い回しが不適切かどうかという問題ではなくて、やっぱり全然危機感がなかったと言わざるを得ないんですね。いわば、「やかましい消費者にあぐらをかいていた」のではないかと。

太田農水大臣が言わねばならなかったのは「消費者がやかましいから安全、でも、さらにやる」というようなことではなくて、「従来消費者がやかましいから安全と言われてきたが、本当にそうなのか? 今一度再点検し、もっと徹底的にやる」というような言葉でなければならなかったのではと思うのです。

後に、他人事みたいと聞かれて、あなたとは違うんですと開き直った福田総理なんですけど、この、太田農水相の、NHKでの「答弁」も、まるっきり他人事で的外れだったといわざるを得ないのですけど……。太田農相の責任は、失言だけじゃなくて、今回の件でも問われるべきだと思うのですけどね。どうなんでしょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ

「友人の友人がアルカイダ」~鳩山法相失言

2007-10-31-Wed
10月29日午後、自民党の鳩山邦夫法務相が東京・有楽町の日本外国特派員協会でスピーチを行ったそうです。その席で、どうも「友人の友人がアルカイダで、事前にバリ島の中心部を爆破するから近づくなと言われていた」というような趣旨のスピーチを行ったらしいのですね。

オーマイニュースに、そのスピーチの動画が掲載されています。
 → オーマイニュース:「私の友人の友人がアルカイダ

全体が30分余りのスピーチなんですけれど、26分50秒くらいから再現すると、こんなことを言っています。

私の友人の友人がアルカイダなんですね。私は会ったことはないんですけども、……(中略)……彼はあのバリ島の中心部の爆破事件に絡んでおりましたけれども、私は彼の友人の友人ですけども、バリ島の中心部は爆破するから近づかないようにというアドバイスは受けておりました。私は。


確かにこうおっしゃってます。誤解とかミスリーディングとか、舌足らずとかじゃなくて、何度聞いてもこうおっしゃっています。

9・11の例の同時多発テロ(2001年)以来、テロとの戦いを展開してきたようなことをおっしゃっているんですが、どうして、バリ島爆破事件の関係者と友人の友人で、その発生以前に「近寄るな」ってアドバイスを受けていたなんて、どう考えても「テロとの戦い」をしていませんよね~。法相ご自身はお忘れなのかも知れませんけれど、日本人だって9・11で命を落としているし、「近寄るな」とアドバイスされたというバリ島でも邦人の被害者も出てるのですよ。知っていたならなんで言わないって話ですよね。まして外国人記者クラブで話していったいどうするの……って感じですね。こんな意識で「国際テロと戦うために外国人の写真と指紋を取らせてもらうことになった」なんて言っちゃダメでしょう~国際感覚ゼロ。一国平和主義なんてものでさえありません。自分さえ危険に近づかなきゃそれでいいって感じです。あんまり書きたくないが、国益に反するどころか国辱ものです。

このことを福田首相に軽率だと注意されて、

「事実を言ってはいけないことだろうか。国際的な信用にかかわるとは思わない」  →iza:「「友人の友人はアルカーイダ」発言 福田首相が鳩山法相を注意


とおっしゃったようなんですね。はぁ? 国際的な信用どころか、国内的な信用にも関わりますって。邦人だって巻き添えで亡くなってるんですよ~。万が一、友人の友人にアルカイダがいて、事前に自分だけ「近づくな」とアドバイスをされていたのに黙っていたなんて、事実だろうが事実でなかろうが、信用にかかわりますね。今言うことが問題じゃなくて、知っていたのに黙っていたことが問題なんですよ。それを、言っていけないのか?なんて開き直るのは、もう泣きそうです。そりゃ、事実なんだから隠しておくより白日のもとに晒すほうがマシというのでしたらわからなくもないですが、その場合には、言い方があるでしょう。悔恨なり謝罪なりを込めて語るものです。法務大臣ってことを考え合わせると亀田の親父以下ですね。

もっとも、この話、後で訂正が入ったようなんです。

法相は記者会見に先立ちコメントを発表。自らの発言について「趣味の“チョウ”の同好の士には海外も含め大勢の仲間がおり、『中にはテロ組織の構成員と思われる者がいて、日本にも入ってきたことがあることや、バリ島事件にも関与していた』との話を聞いたことがある。これを友人の話として発言した」と釈明。「私自身、組織の者と思われる者と友人でもなければ、面識を有するものでもない」とした。
  → ニッカンスポーツ:「鳩山法相「アルカイダ」発言を訂正

あー。これがなにか釈明というか、何かの免罪になるわけでしょうか? 邦人も命を落としたバリ島爆破事件に関与する人物の所在の手がかりを知っていたということなんですよね。事前に、計画段階で情報を知っていて黙っていたとすれば問題なんですが、実際に爆破事件が発生後に、バリ島事件に関わっているとされる人物が身近にいる可能性がありながら、よく調べるようにしかるべき局に通報しなかったのは、それはそれで、国会議員として自覚が足りないし、卑しくも「テロとの戦い」などと引き合いに出して語れる話ではありません。また、あるいはそのバリ島事件の関係者の存在が、ま、ちょっとしたホラ話であるとしたなら、ま、それを「友人の友人がアルカイダで……」などと外国人特派員を前に話し出す意味が全くわかりません……。

あんまり政治的なことをブログでとりあげるつもりはないのですが、今回ばかりは、ほんとうにただただ呆れるというか、こんな人に法務大臣やられたらかなわないなぁと感じたので、ちょっと書いてみました。

これはひどい……。

ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME