FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

品格あぶり出し~若麒麟の退職金

2009-02-06-Fri
若麒麟が大麻所持で現行犯逮捕されて、相撲協会が若麒麟を解雇処分にして、尾車親方を二階級格下げしました。この「解雇」処分ってのは、相撲協会の規程では二度と土俵に戻れない非常に厳しいもののようですが、退職金に相当する「力士養老金」が請求により支給されるというものです。

おそらく、昨今の日本のサラリーマンの感覚からすると、大麻所持現行犯逮捕となると、懲戒免職が相当で、退職金はもらえないというのが相場なんでしょう(統計とったわけではないですが)、相撲協会の処分が甘いのではないかという批判が出ました。いろんな記事から見聞きしたところ、相撲協会の規則(寄付行為)では「解雇」「番付降下」「出場停止」「給与手当減額」「けん責」の5つがあって、この5つは理事会で決議できるが、それより重い処分である「除名」は理事会だけでなく、役員・評議員・横綱・大関のうちの4分の3以上の特別決議が必要なんだそうです。今回はその「特別決議」を避けて、「解雇」にしたのだそうです。

これに対していろいろ批判があります。養老金が10万や20万ならともかく、500万円ということも関係するかも知れませんが、再発防止委員会のやくみつるなども「信じられないくらい甘い」と言っています。文科大臣も「甘すぎる」とコメントしたようです。

大麻取締法違反(共同所持)で現行犯逮捕された大相撲の元若麒麟容疑者(25)に対し、日本相撲協会が最も重い処分となる除名を避け、退職金を受け取れる解雇としたことについて、塩谷立文部科学相(58)は3日の会見で、処分が軽すぎるとの批判的な見解を示した。だが、この発言を受けた協会ナンバー2の伊勢ノ海事業部長(62)=元関脇藤ノ川=らが“反発”。新たに大臣Vs協会の火花が散る。
 → iza:「元若麒麟を除名せよ!塩谷大臣、協会に激怒

こうした批判を受けて賞罰の規程を見直すんだそうです。ただし、今回の若麒麟についての処分は見直さず、若麒麟の側が退職金(養老金)を請求しないということで支払わないという形にするようです。

元若麒麟は2日の理事会で養老金が支給されない除名処分ではなく、請求すれば受け取れる解雇に決定。塩谷立文部科学相から「処分が軽すぎる」と批判されていた。これにより、武蔵川理事長は早急に規定の見直し作業に入る意向を示していた。
 → iza:「元若麒麟、養老金辞退 相撲協会が発表

う~む。大麻所持でも懲戒解雇でなくて、退職金がもらえるというのは、確かに一般サラリーマンの感覚からはずれていると思いますが、なにせ、相撲協会の甘さというのは、今に始まったことではなくて、弟子を暴行死させた(元)時津風親方も「解雇処分」であって、退職金は1500万円だったんですよねよ。

「退職金は今のところ考えておりません」
 解雇された時津風親方の退職金について質問された北の湖理事長はこう答えた。
 今のところというのは解雇されたとはいえ、返上の申し出がないかぎり親方に退職金を払わざるを得ないからだ。「日本相撲協会寄附行為施行細目 退職金支給規定」には「除名処分を受けた者には退職金は支給しない」とあるが、それ以外の懲罰(解雇、番付降格、給料手当減額、譴責には退職金の規定はない。ということは相撲協会は退職金支給を拒否することはできないのである。
 だからこそ北の湖理事長は「今のところ考えておりません」と答えたのである。規則では払うことになっているのを百も承知で、いかにも払わないようなポーズを取ることで、北の湖理事長は世間の強い風当たりをかわそうとしたのであろう。なんとも小賢しい考えである。
 相撲協会は財団法人だ。公益法人として財政面の優遇を受けている。となれば金銭に関しても、処分に関しても一般企業以上に厳しくしなければいけないはずだ。
 相撲協会が時津風親方に退職金を払わないつもりなら、きちんと手続きを取って解雇ではなく、より重い除名処分にすればいい。そうすれば退職金はビタ一文払わなくていい。退職金は規定に合わせて計算すると約1500万円になるという。あえて解雇にしたのは、退職金は協会内部や他の部屋の実情を封じる口止め料の意味合いがあるのでは、と勘繰られても仕方があるまい。
 → ゲンダイネット:「時津風は解雇、理事長以下は減俸 魂胆ミエミエの協会処分」(2007年10月6日)

ま、弟子の暴行死でも「解雇処分」どまりだったという事実があるのに、いくら騒動から再出発の最中だからとはいえ、大麻所持ごときに「除名」など適用できんでしょう。これでは、亡くなった時太山が大麻以下に軽く扱われることになってしまいませんか。

もう、(元)時津風親方の処分があんなのだったので、その後の大麻も何もかもがそれを超えた処分ができないのですね。規程を見直さなければならないというのは正しいかもしれません。

ただ、わたしがこの記事のタイトルを「品格あぶり出し」としたのは、「相撲協会が、除名にしたいが、まだ若くてかわいそうだから解雇にしてやるよ」と言ったのに対して、若麒麟が「さんざんご迷惑をかけて申し訳ありません。寛大な処分に感謝します。養老金は辞退します」と言ったのは、ま、まさに皆さんが欲している「品格」じゃないのかなぁと思ったからです。朝青龍の土俵上のガッツポーズを攻撃していた人たちが朝青龍に求めていた感覚、「勝っても敗者への配慮を忘れるな」という言葉を、相撲協会も、尾車親方も若麒麟も、土俵際で出しているのです。本当は許せないが許す、本当は欲しいけどもらえない……。

それを、「退職金が支払われるの支払われないの」という、非常に卑近な切り口でしか批判できないとしたら、今まで「品格、品格」ってのをわかっていらっしゃったの? 聞きたくなりますね。

ま、協会も、若麒麟や尾車親方の処分と同時に、若ノ鵬や露鵬らの事件で降格されていた間垣親方や大嶽親方の昇格を合わせて発表したりするから、品格のなさを露呈してしまうのだけれど。


▲わかるテレビ:「大麻」


▲NHK:「大麻の常用 深刻な影響が」

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
スポンサーサイト



問題は大麻じゃなくて、改革なんだろうな。~大麻騒動雑感

2008-09-10-Wed
大相撲の大麻騒動については、もうこれでケリをつけて欲しいという気持ちはあるのですが、若ノ鵬が解雇で、露鵬と白露山が解雇で、理事長や親方が解雇で、一応は決着……。でも、それでいいということには、もちろんならないわけで、わたしは非常に寂しいです。

大麻についていえば、いろいろ、若ノ鵬や露鵬、白露山についてはいろいろいいたいことがあるにはある。露鵬は会見し、白露山は会見をしなかった……。単に日本語能力の違いがそうさせた結果なのかもしれないけれど、今にして思えば、沈黙の方がむしろよかったのかなとか……。露鵬が白露山に「余分なことは言うな俺にまかせておけ」と言っていたのかもしれないし、白露山が性格的にそこまで図々しくなかっただけの違いなのかもしれない。

露鵬の言うようにロスアンゼルスで吸っただけであれば(仮定)、ロスアンゼルスの法律で裁くべきということも言える。ロスでは一応違法だけれどもかなり取り締まりは緩く、処方箋が必要だが、逆に処方箋があれば大麻の入っている鎮痛剤も買えるらしい。それも自動販売機で……。そもそも、6月(ロスアンゼルス場所)の吸引が、今反応が出るのはおかしいと思うけれど、たとえば、その時に買った鎮痛剤を8月末まで使っていた……とういシナリオも一応考えられる。露鵬や白露山が鎮痛剤を強調していたのも、あるいはそこに逃げ道を見出していたのかもしれないと、ゲスカンですね。

露鵬が開いた記者会見で、「そのような検査(結果)は絶対に信用しない」と言ってしまったことが、ちょっと大西さんでしたっけ、検査にあたった医師(だと思う)を本気にさせてしまったかなとか。たぶん、具体的な数値は依頼者への配慮もあって示さないでおこうと思っていたが、そうまで言われるならデータ公表しちまおうと……。通常の吸引とする目安と比較して、露鵬は10倍、白露山は5倍でご本人が吸引したとしか考えられない……と。

もう一言、ロスで売ってるって言う鎮痛剤だったらどういう反応になるのかという点を詰めてくれたら、わたしとしてはスッキリするのだけれど、まだ、その点が触れられてないのが、ちょっと不満。とっととケリをつけてしまわないと、秋場所が始まらない……って論理にやられてしまったような。

で、一番言いたいのはそんなことじゃなくて、評論家みたいな人が、「外国人が大相撲を舐めている」って言う言葉です。「舐めてる」とは思いますが、たぶんそれは、外国人だけじゃないと思います。逆に言えば、相撲協会というか親方たちも、外国人を舐めているんじゃないかと。そしてそれは、日本と外国という国際的な異文化だけじゃなくて、現代人と古い体質との間でも起きていると思います。武道なのか、スポーツなのか、興行なのか、神事なのか……とか含めて。

大麻検査ではなくて、ドーピング検査を導入するというのはいいのだけれど、「検査をすればなくなる」という考えが、古いというか、舐めているんです。「検査を導入する」というのは、検査をし、結果を公表し、クロならばどうするかを決め、場合によっては今回のようなドロドロの展開になり、果ては訴訟になる……ということでもあるわけです。そこまでの準備もなく、抜き打ち検査して、精密検査をする前からマスコミが報道して、混乱のうちに理事長が辞任する……。こんなのは耐えられませんね。

ま、大相撲の伝統、相撲の伝統ってよく知らないのですが、半端者、はぐれ者をも吸収し、力士として社会参加させるという一面が歴史的にはあったと思うのですね。悪いことをしていいとは言わないけれど、解雇ではなくて、半年でも、一年でも出場停止で部屋に置いてやって再起を待つ……、そういう懐の深さがあってもいいと思うのですけど、そういうことでは甘いと舐められてしまうのでしょうかね。


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ 

露鵬白露山ブラザーズの大麻反応にドリーム大相撲開催を悩む

2008-09-03-Wed
なんと、露鵬&白露山の兄弟に大麻検査陽性反応が出てしまいました。
 → iza:「大麻また出た!露鵬、白露山から陽性反応」(9/3付)
相撲協会の抜き打ち検査でわかったのです。そのため、より精密な検査を実施、結果が出るまでには2~3日(48時間だそうですけど)かかるようです。両力士は、若ノ鵬と違って否定しているようですが、時津風親方のときに本人が認めないということであんだけ協会の処分が遅くなり、若ノ鵬の時には本人が認めたということであんなに早く解雇されていることを見れば、やっててもやってなくても、認めないという答えが出ても、あまり驚かないのは事実です。

そもそもこういうことをしますよと報道されていたので、「抜き打ち」は確かに抜き打ちだったのですが、全くの抜き打ちでもないわけでして……、実際、関係者も潔白証明ができるはずだったのが、思惑が大ハズレというところなんでしょうね(ちなみに、大麻の体内残留時間は個人差があるのでしょうが、せいぜい2~3日というところらしいです)。
 → iza:「全力士への尿検査を検討 大麻事件受け相撲協会」(8/29付)

さて、この報道をうけて、ドリーム大相撲を主催しているバカピカさんが悩んでいらっしゃいます。

今回の発覚は逆の見方をすれば、協会の抜き打ち検査がガチで機能したことを示しており、協会の改革姿勢がポーズだけではなかった、
とも言えます。
この点を私は評価したい。したいんですが、いかんせん印象がorz

大相撲9月場所は9/14から始まりますが、
「D大相撲」をどうしようか正直迷ってます(´Д`;)。
不祥事続きの角界を呑気に応援している場合なのか
いや、こういう時だからこそ呑気に応援するべきなのか(爆)
  → バカピカ野球軍と配所の月:「露鵬と白露山 大麻反応('A`)

ここまで真摯に今回の不祥事をとらえていらっしゃるのはすばらしいです。

ドリーム大相撲の開催をやめて角界に反省をうながすか、こういう時だからこそ、あえて呑気に応援するかということですよね。ああ、すばらしいですね。愛ですね。

わたしもショックです。若ノ鵬だけでもかなりショックだったんですが、今回の露鵬、白露山はいっそうショックです。白露山は怪我のせいか最近パッとしませんが、三人とも有望な力士だと思っています。それだけにショックです。

また悩ましいのは、大麻は吸引に罰はなく、所持にのみ罰則があるという微妙なものだということです。
 → 過去記事:「若ノ鵬解雇と大麻と単純所持……。

たとえば、タバコの副流煙(受動喫煙)のようなケースで陽性反応が出ても、刑事的に処罰はないようです。その場合、協会としたらどうしたらいいか、ここが悩ましくもあります。

本人が認めない以上は処分がしにくい……これが過去の事例なんですが、今回の検査は、WADAの統一基準のドーピング検査としてではなく、ドラッグの検査として行われて、それに反応が出たのですから、再検査の結果を見てということでいいけれど、陽性なら、本人が認めなかろうが、ドーピングの観点からは問題ありということになりますね。上の記事でも大西委員が「大麻の使用はドーピング違反でもある……」とおっしゃってます。秋場所直前でもあり、また、協会の検査でわかるという初めてのケースだけに、慎重に審議する時間が協会にも欲しい、両力士を含めてすべての力士がそうしてほしいと思っているでしょう。再検査でシロならいいのですが、陽性なら一時的処置として、秋場所は出場停止でその後期限を決めて慎重審議……というところだと思いますけど。

そうそう、ドリーム大相撲ですけど、わたしはやってほしいです。角界のためというより、ファンのために……。

◆参考にしたページ
 → 「ドーピングとは
 → 「ドーピング禁止薬物と禁止方法
 → 「大相撲大麻問題とスポーツドーピング

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ 

若ノ鵬解雇と大麻と単純所持……。

2008-08-22-Fri
若ノ鵬は「解雇」でした。

というのは、「引退」とか、「廃業」とか用語があって、ちょっと違いがわからないでいたので、先日の記事で「廃業」という言葉を使ってしまって、ちょっと違っていたかもと思っていたのです。「解雇」とは、雇用者側(協会や親方)が主体的な言い方ですね。若ノ鵬がどう言ってこようと、「クビだよ」ということです。

これに対して、間垣親方は「理事職の辞任を申し出て了承された」わけで、これは親方が主体的に動いています。

若ノ鵬解雇 素早い対応に「容疑を認めているから」と北の湖理事長

大相撲の幕内若ノ鵬(20)=本名ガグロエフ・ソスラン・アレキサンドロヴィッチ、ロシア出身、間垣部屋=が大麻取締法違反容疑で逮捕された事件で、日本相撲協会は21日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、若ノ鵬を解雇した。解雇は理事会で決める処分では最も重く、現役力士に下されるのは初めて。また、師匠で理事の間垣親方(55)=元横綱二代目若乃花=も理事の辞任を申し入れ、了承された。

また、記事によると、協会のルールブックである「寄付行為」によると「協会所属員が引退、解雇、除名、脱走した場合、再び協会に帰属できない」と定めていて、若ノ鵬は事実上の永久追放となるのだそうです。残念な結果ですが、止むを得ないかもしれません。若ノ鵬の相撲が楽しみであっただけに……。
 
「悪いことは悪い」という考え方はいいのですが、大麻というのは、どうやら殺人や窃盗とは違うのですね。「殺人は悪い」「窃盗が悪い」というのは、国によって違うことはないものだと思うのですが、これが大麻ということになってくると少し微妙なんです。だからといって、日本で禁じられている現状に変わりはなく、若ノ鵬を許せというふうに論を展開するつもりはないのですが、なんというか、角界の常識や日本の常識とは違う常識が世界にはあるってことであって、もちろん、向こうが日本に来るのだから「郷に入りては郷に従え」でいいわけなんですが、そこはほら、未成年ってこともあるわけですからね。ちょっと、わたしは、若ノ鵬個人を見たときに、気の毒な思いがあるのですね。

世界の大麻に関する考え方が違うのは、ちょっと検索すれば出てきます。
 → Wikipedia:「大麻

ロシアではこんな感じのようです。こちら(大麻取締法変革センター)から。

若ノ鵬の出身国ロシアでは、こんな馬鹿げたことで騒ぎになったりしないだろう。ロシアでは、少量の大麻所持などは刑事罰の対象にならない。
薬物政策の研究者であるTakuさんにロシアでの薬物規制について情報を頂いた。

ロシアでは、2004年12月に刑法修正案が行われ、禁止薬物の個人使用目的での所持が「1回分の使用量」の10倍未満であれば、刑法犯としてではなく行政法違反者として扱われることになった。具体的には、禁固刑から40,000ルーブル以下の罰金刑かもしくは社会奉仕が義務付けられる。この「1回分の使用量」の10倍の具体的規定については、健康省、法務省および内務省の代表を含むロシア下院法制委員会、またロシア連邦保安庁やいくつかのNGO団体の代表などによって5か月間の長期にわたる議論が展開され、最終的にはマリファナ20グラム、ハシシ・メスカリン・アヘン5グラム、コカイン1.5グラム、ヘロイン・メサアンフェタミン(覚せい剤)1グラム、LSD0.003グラムと規定されている。
なお、罰金の額は裁判所によって決定され、また行政処分を受けた記録は残される。一方、この新たな法律が適用された後でも、外国人に対しては、非合法薬物の所持は、国外退去か再入国の拒否という処分が科されることを旅行者などは特に留意する必要がある。

こういう背景で若ノ鵬は育ってきているのかと思うと、ちょっと気の毒。

「悪いことは悪い」というのはいいのですけど、国柄の違いというのはあるわけです。

別に悪を行っていいとか、大麻を吸っていいとかいっているのではありません。ついこないだまで、日本では路上喫煙が禁止されてる地域なんてなかったのです。それが法律によって禁じられ、たとえば名古屋のあるエリアは路上で喫煙ができなくなったわけです。そこで、うっかり吸ってしまうということもあるだろうし、深夜などで周りに人がいないから迷惑をかけないのでいいだろうと吸っちゃう人もいると思います。

別に若ノ鵬を免罪したいわけではないのですが、法律はそうして人が決めるものであって、大麻というのは同じ薬物の中でも国によって扱いが違うものであるということです。日本でも30年前はこういう意見が大手新聞に堂々と載ったんだそうで、現実そのようには動いて来なかったのですが、大麻についていろいろなページを見ていくと、いったい本当はどうなの? という気さえしてくるから不思議なものです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
HOME