FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

「ヴィーナス展」~名古屋ボストン美術館

2009-08-23-Sun
ヴィーナスは世界で最も有名な女神でしょう。日本でも。現代も、そして今後とも。

有名なのはミロのヴィーナス像とか、ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」とかあります。あとは、なんでしょう、どちらかというと、そのヴィーナスのイメージを利用しての、シンボル的というか、比喩的なヴィーナスで、じゃ、神話の中でヴィーナスがどんな女神だったのかってことは、どうでしょう、名前ほどはよく知らないのじゃないでしょうか? 別にそれだってかまわないのでしょうが、美しい絵や、歴史的な美術品を見て、そうした神話の一端を知ることができる、それが、名古屋ボストン美術館で開催中の「愛と美の女神 ヴィーナス展」です。見てきました。

venus.jpg
 → 公式ページ

展覧会のタイトルにもなっていますが、ヴィーナスは「愛と美の女神」として知られています。同時に、「豊穣の女神」ということになっています。豊穣というと実りであり多産です。

Wikipedia(→「ウェヌス」)によると、ヴィーナス(ウェヌス)はそもそもローマ神話では菜園の神であったのが、ギリシア神話の愛と美の女神アフロディーテと同一視されるようになったのですね。「愛と美」というイメージはギリシア系で、「豊穣」というのはローマ系ということなのでしょう。そして、現在残っているヴィーナスに関するエピソードはアフロディーテに由来するものばかりだそうです。名前はローマ系、逸話はギリシア系というわけで、双方のイメージによって作られたようです。

ボティチェリの「ヴィーナスの誕生」にある、大きな帆立貝のようなものの上に立つ挑発でふくよかなヴィーナスは、海の泡から生まれたという伝説に基づいています。残念ながらボッチチェリの本作は来ていませんが、この逸話に基づく展示も数々あります。

そして、トロイア戦争の原因となった言われる「パリスの審判」を題材にとった作品。展覧会に入場するとその作品群をまず見ることになります。

少し長くなりますが、興味深かったので「パリスの審判」とトロイア戦争の話を少し書いておきましょう。

ゼウスがペーレウスとテティスの結婚の祝宴を開くということがありました。このとき争いの女神エリスは招待されなかったのです。エリスはそれを怒り、黄金の林檎に「最も美しい女神に(贈る)」と書いて祝宴の会場に投げ入れたのです。そこに、 3人の女神、ヘーラー、アテーナー、アプロディーテ(=ヴィーナス)がいて、その林檎を争うことになってしまったのです。

そこでゼウスは、トロイの王子パリスに判定させることにしました。これを「パリスの審判」と呼ぶのですが、パリスが選ばれた理由は依然雄牛の判定会で公正公平な審判をしたことが評価されたからです。

さて、三人の女神たちはそれぞれがパリスに賄賂を贈ることを申し出ます。ヘーラーは「有力な国の王位」を、アテーナーは「戦いに勝利する力」を、アフロディーテ(=ヴィーナス)は「最も美しい女」を約束します。そして、パリスはアプロディーテを選ぶのですが、この時の「最も美しい女」というのは、すでにスパルタ王の妻となっていたヘレネーです。

こうして、ヘレネーはスパルタからトロイに連れて行かれ、これがきっかけでトロイア戦争(スパルタとトロイの戦争)が勃発することになってしまうのです(トロイア戦争を描いたの映画に「トロイ」というのがあったけれど、それはちょっと神話的でないのだそうです)。

音声ガイドでこんな説明を聞きながら、その題材をとった絵画や双耳壷(アンフォラ)を見ることになりますが、この双耳壷(アンフォラ)を見ながら、わたしは高校時代の教科書の載っていた西脇順三郎のことを思い出していました。具体的な作品は思い出せなかったのですが、なぜだか、黄色い双耳の壷がイメージされたのでした。

im_venus-200907_10.jpg
 → 「見どころ」より


それ以外にも、火と鍛冶屋の神ウルカヌス(=へファイストス)と結婚したものの軍神マルス(アレース)と熱愛をして、エロースをもうける話や、そのエロースのエピソード。恋の相手になった、アドニスの逸話や、アンキセスとその子アイネアースの話(ローマ開国の祖なんだそうです)話など、美術鑑賞をしながら、ギリシア・ローマ神話の世界に浸ることができます。

なんでしょう、ちょうど疲れていた心身をゆったりと癒してくれるような、そんな非日常の時空への小旅行ができます。

ゴーギャンの時も思ったのですが、8月30日まで開催の「ノリタケデザイン100年の歴史」は圧巻です。見る価値あり。
noritake.jpg
 → 公式ページ
 ※「ヴィーナス展」のチケットで見ることができます。

□■NOTE■□■□■□■□■□■□
会場:名古屋ボストン美術館(金山駅前)
 → 公式ページ
期間:2009年7月18日~11月23日
時間:10:00~19:00、土・日・祝・休日は10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館:毎週月曜日(祝・休日の場合はその翌日)
料金:入館料/一般1200円、シルバー・学生900円、中学生以下無料
 → ホームページに割引券・ケータイページにも割引画面あり。
■□■□■□■□■□■□■□■□

そうそう、ここまで律儀に紹介することもないのでしょうが、ノリタケ展が終了した後、「よみがえる400年前の輝き —名古屋城本丸御殿障壁画復元模写展— 」(9月19日~11月23日)というのが始まるようで、「ヴィーナス展」と併行して見られるようです。
 → 概要はこちら

スポンサーサイト



「ゴーギャン展」~名古屋ボストン美術館

2009-06-05-Fri
名古屋ボストン美術館には正直初めて行きました。金山駅はよく乗換えで利用するし、スタバとか、回転寿司とかよく利用してたので、前はしょっちゅう通過していたのですが、今ひとつ、興味のある展示がなかったりしたので。それに、なんとなく、存続が危ういというようなニュースも読んでいたこともあって、しょぼいというイメージがあったのですね。
 → Wikipedia:「名古屋ボストン美術館

ところが、今回のゴーギャン「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」(長いですがこれがタイトルです。米国外へは過去に2度しか出ていないそうです)は、ゴーギャンの「最高傑作」にして本邦初公開(このあと東京の国立近代美術館にいくようです)、名古屋ボストン美術館の開館10周年の記念展覧会なんです。普段は地味だが、結婚式は派手という、倹約というか、見栄っ張りというか、それが名古屋人気質なんですけど、まさに10年の節目の周年記念展覧会なんです。力が入っています。

我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか

メインの「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」は大作です。

どう見ましたか?

ここからはわたしの鑑賞です。まず、幻想的な青が印象的です。そこにいる人々は、最も生き生きとしている、中央でリンゴを授かる女性さえ笑みがありません。すべては、深く濃い青い闇のベールを蚊帳のようにすっぽりとかぶせられたという感じです。中央左の、神の像でさえその鬱々とした闇をどうすることもできないのです。世界のすべてを覆い、人生を貫く鬱々とした闇のドームの外では、無関係に黄色い太陽(フランスでは普通太陽は赤くありません)が照っているということを、両端上の印象的名黄色が表しているようです。

この作品は、ゴーギャンが10歳の愛娘(まなむすめ)を亡くし、妻からも離婚を告げられた後に作られました。画家としての技術面ではピークを迎えながら、内面は深い哀しみ、喪失感、絶望感、虚脱感、挫折感、不信感、自己否定などが渦巻く、まさに修羅の中で作られた作品なのでしょう。

絵の解釈は、日本の絵巻や屏風的です。絵の右から左へとテーマが流れていきます。三分割して、タイトルと照らし合わせて鑑賞するのがいいようです。画面右側の子供と共に描かれている3人の人物は人生の始まりを示しています。つまり、「我々はどう生まれ」、中央の人物たちは成年期をそれぞれ意味しています。つまり、「我々はどう生き」。最後に左側の人物たちは「死を迎えることを甘んじ、諦めている老女」です。「我々はどう生き終えるか」ということです。ゴーギャン自身の言葉によると、老女の足もとでは「奇妙な白い鳥が、言葉がいかに無力なものであるかということを物語っている」のだそうです。

この作品についてゴーギャンは「これは今まで私が描いてきた絵画を凌ぐものではないかもしれない。だが私にはこれ以上の作品は描くことはできず、好きな作品と言ってもいい」としています。そして、未遂に終わるのですが、この作品の完成後ゴーギャンは自殺しようとしているのです。
 ※参考 Wikipedia:「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか

展覧会は、ゴーギャンが印象派の影響の下に本格的に創作を始めたブルターニュ時代の作品、印象派から離れ独自の作風を模索していた頃の作品、そして、有名なタヒチ時代とタヒチの成果をフランスに持ち込もうとした時期やその頃の版画連作などを展示、ゴーギャンの作品を時代ごとにたどりながら、メインの「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」との関連を見せるしくみにもなっています。

今までゴーギャンがそれほど好きでなかったのは、有名な「かぐわしき大地」(→大原美術館:Web展示室)の女性が、わたしにはあまり魅力的でなかったからでした。ところが今回の展覧会で見て、赤い翼を持つトカゲのような怪物(怪鳥「キマイラ」らしいのですが)の存在と、花を摘む意味を知ることができたのは幸いでした。だから、この絵が好きになったわけではありませんけれど、それはゴーギャンを理解するうえで収穫でした。

木彫レリーフの「恋せよ、さらば幸福ならん」(写真はここで見られます)も印象に残っています。というか、欲しいです。(笑)

名古屋ボストン美術館のページから展覧会の情報を転載しておきます。
■NOTE
展覧会名 「ゴーギャン展 -我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか-」
 会期 2009年4月18日(土)~6月21日(日)
 会場 名古屋ボストン美術館 4階ボストンギャラリー
 主催 名古屋ボストン美術館・ボストン美術館・NHK名古屋放送局
 入館料金 一般 1,200円(1,000円) シルバー・学生 900円(700円) 中学生以下 無料
     ※( )内は前売/団体(20名様以上)および平日17:00以降の割引入館料金。
     ※シルバーは65歳以上 シルバー・学生の方は証明書をご提示ください。
     ※中学生の方は生徒手帳のご提示をお願いしております。

「関連企画」となっていますが、このあと、「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」は東京国立近代美術館でも展示されます。全体的な展示内容は異なるそうですが、参考までに情報を書いておきましょう。

■「ゴーギャン展」
会期 2009年7月3日(金)~9月23日(水・祝)
会場 東京国立近代美術館(千代田区北の丸公園3-1)
主催 東京国立近代美術館、NHK、NHKプロモーション
特別協力 ボストン美術館、名古屋ボストン美術館
Webサイト http://www.gauguin2009.jp/

※そうそう、書き忘れました。同時開催で「ノリタケデザイン100年の歴史」を開催しています。実は、陶磁器など興味もなく、見てもしょうがないと思いましたが、ちょっと時間があったし、追加料金も必要がなかったので、ちょっとのぞいてみるかという気分で入りましたが、凄いです! 圧倒されます。燦然と輝く豪華陶磁器。美術品であり、実用品であり、そして、財宝であるという感じさえしました。

興味がなくても、時間がなくても、ちょっとのぞいてみることをお勧めします。重苦しいゴーギャンから解放されたということもあるのかもしれませんけど、とっても印象に残りました。
 ※「ノリタケ」が見られるのは東京でなく名古屋の方です。念のため。



ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME