FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

合気道入門記(4)

2003-01-31-Fri
「つづく」などと書いてきたが、ちと、間延び。続かない(笑)

結局、わたしは、現在約2年間続けていて、道場内では、入門から最短と言えるスピードで初段を取得した。これは「合気道初段」なので、審査の中心は「形(かた)」。それ以外に、出席率とか大会参加状況なども加味される。出席もかなり良い方で(週2~3回)、自分で言うのもなんだが、態度もそれなりに積極的なので、ま、言わば「模範的」なので、その点は文句はない。

しかしながら、そういう真面目さと組手の強さはまた別なのだ。

わたしの流派の交流試合には「合気道」のはずなのに三つの「組手」のスタイルがある。

1)打撃組手
2)合気道組手
3)組討組手

「打撃組手」は、K-1のようなルール。ただし、顔面へのパンチはない(蹴りはOK)。また、拳、膝、スネ(足の甲まで)にはサポーターをつけ、ボディはプロテクターを着用と、安全性には配慮する。うちの流派では、主に、中学生以下の子ども達がする組手。

「合気道組手」は鎖骨より下の打撃(蹴りと掌打)と合気道技(主に立ち関節技)で勝敗を決する。打撃はあくまで補助的で、合気道技への導入とするのが申し合わせ。交流試合などで多用。

「組討組手」は、言わば「打撃のないプライドルール」。立ち位置から、テイクダウンに持ちこみ、関節技などでタップをとる。たとえば、腕ひしぎ十字固めとか、三角締めとか、アキレス腱固めとかもあり。また、柔道の寝技もすべていいし、押さえ込みも時間により技ありや有効になる。

さらに、大会には演武もあって、これは、日ごろの合気道技を披露する。来月(2月)の第3日曜には、流派内の交流試合・演武会がある。わたしも「合気道組手」「組討組手」「演武」の三つに参加予定。がんばろ!

(つづく)
にほんブログ村 格闘技ブログへ
スポンサーサイト



HOME